「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

猩々袴

ショウジョウバカマ (メランチウム科ショウジョウバカマ属)

ショウジョウバカマは山地の湿ったところ、林道脇の切り立った崖の様な場所でよく見られます。
花色は紫色系で、同じ場所で色の濃い花から薄い花まで色々楽しませてくれます。

ショウジョウバカマ 1801


ショウジョウバカマ 1802


ショウジョウバカマ 1803


ショウジョウバカマ 1804


ショウジョウバカマ 1805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/04/19(木) 22:34:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

越の小貝母

コシノコバイモ (ユリ科バイモ属)

毎春、数株しか生えて来ない里山へコシノコバイモを撮りに行っています。
今年も同じ場所に同じ数だけ咲いていました。
コシノコバイモの花は竹篭を逆さにしたような形で地味です。
ユリ科なので地下に栗に似た球根を持っています。
カタクリの別名である堅香子(かたかご)は「かたむいたかご(傾いた籠)」の万葉語ですが、
「傾いた籠」⇒「堅香子」⇒「堅香子栗」⇒「片栗」となったようです。
この片栗の呼び名は大昔の「越の小貝母」の名称であったものらしいのですが、
食料が少なかった大昔に乱獲によって絶滅してしまった堅香子(越の小貝母)の名称が、
同じように地下に球根を持ったユリ科カタクリ属の赤い花に引き継がれたと考えられています。
石川県では絶滅危惧種に指定されていて、私も数株しか確認していませんでしたが、
先日、神社の境内に咲くカタクリ群生地でカタクリの花を撮っていて、コシノコバイモが数株(数十株?)混ざっていることを見つけました。

コシノコバイモ 1801


コシノコバイモ 1802


コシノコバイモ 1803


コシノコバイモ 1804


コシノコバイモ 1805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/04/19(木) 08:07:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

菫細辛

スミレサイシン (スミレ科スミレ属)

スミレは言い易いのですが、サイシンは言い難いです。
最新とか再審をイメージして発声しないと、スミレ三振といってしまいます。
正式な漢字は細辛と書くようで、根っこが細くて辛いのだろうと想像します。
ところが、名前の由来は葉がサイシン(ウマノスズクサ科)に似ているからだそうです。

スミレサイシン 1801


スミレサイシン 1802


スミレサイシン 1803



スミレサイシン 1804


スミレサイシン 1805


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/04/18(水) 08:35:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

菊咲一華

キクザキイチゲ (キンポウゲ科イチリンソウ属)

春まだ早い3月中旬から5月中旬まで、木漏れ日の林床や日当たりの良い山道脇などでよく見かけます。
一華と名付けられていますが、数株の群れて咲くところが一輪草属らしいところです。

キクザキイチゲ 1801


キクザキイチゲ 1803


キクザキイチゲ 1802


キクザキイチゲ 1804


キクザキイチゲ 1805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/04/15(日) 21:50:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

片栗

カタクリ (ユリ科カタクリ属)

食べたのではありませんが、カタクリはもう食傷気味です。
昔はカタクリの鱗茎から澱粉を採っていたというので、今でも馬鈴薯の澱粉が片栗粉として売られています。
カタクリが食べられる山菜だとは思いもしませんでしたが、タケノコ掘りのご婦人によりますと、
「最近は食べないが、昔はお浸しにして食べた」そうです。

カタクリ 1801


カタクリ 1802


カタクリ 1803


カタクリ 1804


カタクリ 1805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/04/14(土) 21:30:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

筋黒白蝶

スジグロシロチョウ (シロチョウ科モンシロチョウ属)

モンシロチョウに似ていますが、翅の黒い筋が特徴です。

スジグロシロチョウ 1801


スジグロシロチョウ 1802


スジグロシロチョウ 1803


スジグロシロチョウ 1804

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/12(木) 22:05:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

岐阜蝶

ギフチョウ (アゲハチョウ科ギフチョウ属)

春先、広葉樹林で産卵の為にカタクリの群生地でヒメカンアオイの葉を探し回っています。
多くのカメラマンがギフチョウを狙っていますが、常に動き回っていてなかなかカタクリの花には止まってくれません。
時折近くの落ち葉の上に止まり、慌ててピントを合わせようしますが模様が独特で頭と尻尾を勘違いしてしまいます。

ギフチョウ 1806



ギフチョウ 1802


ギフチョウ 1803


ギフチョウ 1804


ギフチョウ 1805

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/11(水) 20:06:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する