FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

揚羽蝶

ミヤマカラスアゲハ (アゲハチョウ科アゲハ千ョウ属)
モンキアゲハ (アゲハチョウ科アゲハ千ョウ属)
キアゲハ (アゲハチョウ科アゲハ千ョウ属)

蝶々の種類の中でもアゲハ蝶とタテハ蝶は綺麗な蝶が多いです。
昨日、白山麓で撮ったスミナガシはタテハ蝶でしたが、アゲハ蝶も撮りました。

↓深山烏揚羽(ミヤマカラスアゲハ)は、鱗片の緑色が美しい蝶で、
ミネラル補給の為に濡れたアスファルト道路で吸蜜するので撮り易いです。
あまりにも近くで舞っているので飛翔を撮ろうと粘りましたが、没写真の山でした。
ミヤマカラスアゲハ 2021
ミヤマカラスアゲハ 2022
ミヤマカラスアゲハ 2023

↓モンキアゲハは和服正装の黒地に黄色の紋があることに由来している名前で、見た目も上品です。
モンキアゲハ 2021
モンキアゲハ 2022
モンキアゲハ 2023

↓キアゲハは街中や庭で見られるアゲハ蝶のなかではオーソドックスな蝶ですが、際立って美しい蝶です。
キアゲハ 2021
キアゲハ 2022
キアゲハ 2023

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/04(火) 20:46:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

墨流し

スミナガシ (タテハチョウ科スミナガシ属)

先週白山麓の道の駅で買ったスイカが安くて美味しかったので、
今日買いに行ったのですが、残念なことに休館していました。
山道を運転中、前方で蝶々が栄養補給していたので、その場に車を止めて撮りました。

見たことのない涼しげな蝶々ですが、赤いストローが気色悪いですぅ。

スミナガシ 2001


スミナガシ 2002


スミナガシ 2003


スミナガシ 2004


スミナガシ 2005


スミナガシ 2006

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/03(月) 20:37:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

花蓮

ハナハス (ハス科ハス属)

ハスの根はレンコン、レンコンの花はハスと呼ばれています。
花を観賞用とするものは花に名前をもっていますが、この花の名前は分かりません。
以前近所に咲いていたハスは誠蓮(マコトハス)という名前で切り花として出荷していました。
その蓮田は今は焼肉屋の駐車場になっていて、コロナ過というのに繁盛しています。
毎晩お散歩でその店の前を通るのですが、
歩道に向けた大きな排気筒から焼肉の匂いをばらまいていて、前を通る時には息を止めています。


ハナハス 2001


ハナハス 2002


ハナハス 2003


ハナハス 2004


ハナハス 2005


ハナハス 2006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2020/08/02(日) 22:06:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蝶蜻蛉

チョウトンボ (トンボ科チョウトンボ属)

実家の柿畑の空を飛んでいた飛行機蜻蛉、お盆のお墓参りに行ったら蓮畑で撮ってやろうと考えていました。
コロナ感染拡大防止で緊急事態宣言が出されたら、お墓参りは出来ません。
能登の田舎にコロナウィルスなどいないのですが、外出自粛は最低限のモラルです。
今日、公園で蓮の花を撮っているとチョウトンボがたくさん飛び回っていました。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」と300枚も撮りました。

チョウトンボ 2001


チョウトンボ 2002


チョウトンボ 2003


チョウトンボ 2004


チョウトンボ 2005


チョウトンボ 2006

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/07/31(金) 17:59:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

小鬼百合

コオニユリ (ユリ科ユリ属)

小さいオニユリだからコオニユリなんでしょう。
そもそも大きなユリだから鬼百合と名付けられているのに、
小さい鬼百合だからと言って「小」を付ければよいってものではないと思うのですが・・・。

コオニユリ 2001


コオニユリ 2002


コオニユリ 2003


コオニユリ 2004


コオニユリ 2005


コオニユリ 2006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2020/07/29(水) 18:25:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

紅虎杖

ベニイタドリ (タデ科イタドリ属)

イタドリは山菜としては知っていましたし、スイバの大きいやつと思っていましたが、
白山麓の国道脇で見たものは人の背丈以上で接写レンズでは撮れず望遠で撮りました。
イタドリは白い花と思っていましたが、花序は白い花の他に紅色の実がたくさん成っていて全体が紅色に見えます。
イタドリを撮ろうと思ったことはないのですが、雨に濡れて紅色に輝いているイタドリの花が美しいので撮っちゃいました。

ベニイタドリ 2006


ベニイタドリ 2005


ベニイタドリ 2004


ベニイタドリ 2003


ベニイタドリ 2002


ベニイタドリ 2001

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2020/07/26(日) 20:23:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

糊空木

ノリウツギ (ユキノシタ科 アジサイ属)

花はアジサイに似ています。
樹皮から和紙で使う糊を採るのと、木質の幹の髄が空洞になっているので糊空木という名前になりました。
和紙の糊として用いる地域では、ノリノキ、ノリギ、キネリ、トロロノキ、ネバリノキなど等の別名でよばれています。
初夏に花を咲かせる木が少ないせいで、沢山の昆虫が吸蜜に訪れています。

ノリウツギ 2001


ノリウツギ 2002


ノリウツギ 2003


ノリウツギ 2004


ノリウツギ 2005


ノリウツギ 2006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2020/07/24(金) 21:41:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する