FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

蔓竜胆

ツルリンドウ (リンドウ科リンドウ属)

リンドウの赤い実はとっても美しいので毎年のようにブログに載せるのですが、今回はエゾリンドウとツルリンドウの花を比較する為に花を撮ってみました。
花はリンドウ属らしく、先端が5裂した薄紫の清楚な花ですが、中を覗くと雄しべと雌蕊が大変なことに・・・・。
本来は雄性先塾の花ですから、先に雄しべが熟して花粉が他の花に運ばれてしまってから、雌しべの先端が割れて他の株の花粉で受粉する仕組みですが、この株の花は雄しべと雌しべが絡み合って情念と執念と怨念の修羅場となっていました。

ツルリンドウ 1801


ツルリンドウ 1802


ツルリンドウ 1803


ツルリンドウ 1804


ツルリンドウ 1805


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/10/15(月) 22:37:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

蝦夷竜胆

エゾリンドウ (リンドウ科リンドウ属)

白山麓の林道脇に咲いていたリンドウですが、野生のリンドウは初めて見るので同定に迷いました。
草丈は40~50センチ、花の大きさは3~4センチ、で数株が乾いた草地に生えていました。
白山の花ガイドでは、オヤマリンドウ、エゾリンドウ、ミヤマリンドウの3種が載っていて、
オヤマリンドウ:花は茎の先端に数個かたまって付く、上段の葉腋にも付くこともある。亜高山帯~高山帯に生える。
エゾリンドウ:花は茎の先端と、上部の葉腋に付く。山地帯~亜高山帯の湿った草地や湿地に生える。
ミヤマリンドウ:高さ5~10センチ。高山帯の湿った草地に生える。

咲いていたのが湿地ではなく日当たりの良い山地(荒れた草地)ではありますが、草丈や花の大きさや付き方から
エゾリンドウということにします。

エゾリンドウ 1801


エゾリンドウ 1802


エゾリンドウ 1803


エゾリンドウ 1804


エゾリンドウ 1805


エゾリンドウ 1806

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/10/14(日) 21:52:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

田村草

タムラソウ (キク科タムラソウ属)

一見するとアザミと思われますが、アザミ属とは別属でタムラソウ属です。
アザミとの見分け方は総苞に黄土色の乾いた粉がくっ付いているところや、
草丈が大きいが茎は細くひょろっとした感じで、上部の葉は小さく棘はありません。
花序の小花はすべて筒状花ですが一番外側だけはシベが出てきません。

タムラソウ 1801


タムラソウ 1802


タムラソウ 1806



タムラソウ 1803


タムラソウ 1804


タムラソウ 1805




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/10/08(月) 09:12:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

糊空木

ノリウツギ (アジサイ科アジサイ属)

初夏に咲いていたノリウツギはもう実が付いていますが、いまだにツボミや花が咲き始めた木も見られました。
露に濡れた白い花は梅雨に濡れた白い花より美しく感じました。

ノリウツギ 1821


ノリウツギ 1822


ノリウツギ 1823


ノリウツギ 1824


ノリウツギ 1825

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/10/06(土) 21:16:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

百日紅

サルスベリ (ミソハギ科サルスベリ属)

近所の交差点の角に咲いていました。
夏の花だと思っていましたが、100日も赤い花が咲くという名前のとおり10月になっても咲いています。
歩道の縁石と同じくらいの背丈ですが、沢山の花を付けていました。

サルスベリ 1801


サルスベリ 1802


サルスベリ 1803


サルスベリ 1804

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/10/05(金) 18:19:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

朝顔

アサガオ (ヒルガオ科サツマイモ属)

アサガオは夏の花だと思っていたら、秋にも咲いているんですね。
朝露の玉にアサガオが写って面白いので、思い切ってトリミングしてみました。


アサガオ 1801


アサガオ 1802


アサガオ 1803


アサガオ 1804


アサガオ 1805


アサガオ 1806

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/10/04(木) 22:23:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大二十八星天道虫

オオニジュウヤホシテントウ (テントウムシ科マダラテントウ属)

イヌホウズキの葉に団地の地図を描くのが上手ですね。
いえいえ、これはお茶畑の地図じゃないの?
葉の表面だけを食べるのは、筋が不味いからでしょうか?
いえいえ、年取ると固いものが食べられないので・・・・。

オオニジュウヤホシテントウ 1801


オオニジュウヤホシテントウ 1802


オオニジュウヤホシテントウ 1803


オオニジュウヤホシテントウ 1804


イヌホウズキ 1801

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/10/03(水) 23:25:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する