「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

野原紫

ノハラムラサキ (ムラサキ科ワスレナグサ属)

数年前に近所の農業協同組合のビオトープ見つけた雑草です。
野焼きにも除草剤にも耐えて、今年も元気に花を咲かせました。
けな気で愛おしいです。

ノハラムラサキ 1701


ノハラムラサキ 1702


ノハラムラサキ 1703


ノハラムラサキ 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/04/26(水) 19:56:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

翁草

オキナグサ (キンポウゲ科オキナグサ属)

腰が曲がって白髪のお爺さんみたい。けど禿げてはいません。
家で育てていた九州産の翁草は数年前に枯れてしまいましたが、もし、今までまともに育っていたなら
「石川の環境を守り育てる条例」に基づき、所持しているだけで1年以下の懲役又は50万円以下の罰金となるところでした。
立証責任はどちらにあるのでしょうか? おっそろしい法律(条例)があるものですね。
怖いですね~共謀罪とおなじですね~。

オキナグサ 1701


オキナグサ 1702


オキナグサ 1703


オキナグサ 1704


オキナグサ 1705


オキナグサ 1706


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/04/23(日) 21:25:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

犬雁足

イヌガンソク (イワデンダ科コウヤワラビ属)

山菜としてのワラビとかゼンマイとかコゴミは知っています。
もらって食べることもあります。好きです。
でも、自分で採ってまで食べたいとは思いません。
なので、ワラビはわかりますがゼンマイとコゴミの区別がつきません。
イヌガンソクがゼンマイなのかコゴミなのか、それとも別物なのかも分かりません。
鴈の足の様な黒く枯れたシダの葉が、犬鴈足と呼ばれる「胞子葉」なのでしょうか?

イヌガンソク 1701


イヌガンソク 1702


イヌガンソク 1703


イヌガンソク 1704



テーマ:里山の植物 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/21(金) 22:50:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

猩々袴

ショウジョウバカマ (メランチウム科ショウジョウバカマ属)

名前の由来は紫色の花が少女の袴のように見えるから、
ではありません。赤い色の花を猩々、緑色の葉を袴になぞらえたものです。
もっと簡単な名前はなかったのでしょうか?

ショウジョウバカマ 1701


ショウジョウバカマ 1702


ショウジョウバカマ 1703


ショウジョウバカマ 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/04/20(木) 23:12:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

越の小貝母

コシノコバイモ (ユリ科バイモ属)

毎年生えてくる林道脇の崖を目を皿にして探して、ようやく二株見つけました。
他の場所にも生えていないかと探して見ても見つからないので、元の生えていた場所に戻ると、もう見つけられない。
葉も花も緑色なのでとても見つけづらい植物です。
無骨な花ですが、そこが可愛いです。
花の中を撮るのに、花弁の内側にくっ付いていたゴミを取ろうとしたらクモでした。

コシノコバイモ 1701


コシノコバイモ 1702


コシノコバイモ 1703


コシノコバイモ 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/04/20(木) 22:08:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

深山片喰

コミヤマカタバミ (カタバミ科カタバミ属)

街中で見かける黄色い小さな花をさかせるカタバミは可愛いですが、木漏れ日の差す林床に咲いているミヤマカタバミは可憐です。
漢字では片喰とか酢漿草とか書きますが、「片喰」は葉が半分食べられたような形をしているからで、「酢漿草」は葉が酸っぱいからです。

ミヤマカタバミ 1701


ミヤマカタバミ 1702


ミヤマカタバミ 1703


ミヤマカタバミ 1704


ミヤマカタバミ 1705


ミヤマカタバミ 1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/04/20(木) 21:00:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

岐阜蝶の産卵

ギフチョウ (アゲハチョウ科ギフチョウ属)

この季節、山へ行くと時々ギフチョウを見かけます。
カタクリの群生地ではたくさんのギフチョウが見られますが、忙しそうに飛び回っているのでなかなか撮れません。
吸蜜シーンはよほど運がよくないと撮れません。
カタクリの花も時期遅れとなっているのにギフチョウが林床を飛び回っているのは、産卵場所となるヒメカンアオイの葉を探しているものと思われます。
産み付けられた卵が1か月後に孵化する様子は昨年のブログでご覧ください。

ギフチョウの産卵 1701



ギフチョウの産卵 1702



ギフチョウの産卵 1703


ギフチョウの産卵 1704


ギフチョウの産卵 1705

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/16(日) 22:37:28|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する