FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

浮塵子

ウンカ (ウンカ科?)

健康の為に徘徊は欠かせません。芭蕉の碑などを見つけると 俳諧 をやっていて良かったと思うこともあります。
虫塚も昔からそこにあるのに発見した喜びを感じました。この塚はカナ書きなのでなんとなく読めます。もちろん教育委員会の由緒書が掲示されているから読めるのですが・・・・。
浮塵子は中国でのウンカを表す漢字ですが虫塚に書かれている、「コヌカ虫」もウンカのことで田の水に落ちた虫の様子が米ぬかを撒いたようだとか、塵が浮いているように見えることから付いたようです。
碑によるとウンカが大量に発生したのは旧暦の7月上旬とのことなのでトビイロウンカ(秋ウンカ)ではないかと思われいます。ウンカは中国大陸から1000kmも飛んでくるというのですから驚きです。

先日、白山市の農村を俳諧していて二宮尊徳さんの像を見つけました。小学校の校庭に必ずあった金次郎さんも学校の校庭から排除されて久しいですが、こちらの村の集会所では尊農興村の碑と共に村おこし農業振興のシンボルとなっています。向かいには「力耕不吾欺(労働に励んでおれば欺かれないものだ)の碑」もありました。
「至誠実行」も良いですが「力耕不吾欺」はもっと良い言葉ですね。
俳諧 していれば健康で居られるってことですね。

虫塚1001



虫塚1002



虫塚1003



虫塚1004



二宮尊徳像1001



二宮尊徳像1002



力耕不吾欺の碑1001

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/29(金) 23:19:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

能登島水族館

能登島水族館 (石川県七尾市)

20年ぶりに能登島水族館に行きました。
蒸し暑い日にはクラゲのプール前のベンチが一番快適です。

能登島水族館801



能登島水族館802



能登島水族館803



能登島水族館804



能登島水族館805



能登島水族館806



能登島水族館807

テーマ: - ジャンル:写真

  1. 2008/09/08(月) 20:36:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

珈琲

クリープを入れないコーヒーなんて?

晴れたので久しぶりに徘徊しました。
これはいったい何?
氷河?801



\残雪?801




石?801




クリープ?801



洗濯?801



クリープ?802



手取川?801




水の泡(報われない努力)でした。
水の泡

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/10(日) 21:15:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

花キリン

ハナキリン (トウダイグサ科ユーフォルビア属)

ハナキリンの英名は「kiss me quick」で、「はやく チュ~してぇ~」ってな感じのタラコ唇に似ていますね。
タラコ唇と言えば 癒し系の井上和香とか井川遥ですね。
タラコ唇でも,アンジェリーナ・ジョリーや高島礼子はハナキリンの様に鋭い棘を持っていそうで,不用意にキッスなどねだると蹴りを入れられそうで怖いですぅ。
そういう訳なんでしょうか、三枚目の蛾さんはかなり遠くからチュ~っとしていますね。
花キリン5_01



花キリン5_02



花キリン5_03

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2007/01/28(日) 14:49:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花キリン

ハナキリン (トウダイグサ科ユーフォルビア属)

ショッキングピンクで花びらの様に見えるのは苞で、花は二枚の苞の中間に小さく見える部分です。(苞とは蕾を包み保護する小形の葉)
苞と花の間に見える尖った物が次の蕾の苞です。
トウダイグサとは花の形が昔の照明器具の燈台に似ているから付いた名前で、ハナキリンは一段目に二つの燈台ができて、その二段目の燈台に四つの燈台ができ、三段目では八つの燈台ができ、四段目では十六の燈台ができ五段目では三十二の燈台が......
花キリン2_01



花キリン2_02

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2007/01/25(木) 23:07:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

万両

マンリョウ (ヤブコウジ科ヤブコウジ属)

センリョウは葉の上に上向きに実が付いていますが、
マンリョウは実が葉より下にぶら下がっています。
千両より重くて実を持ち上げられないということで
万両と名付けられたとか?
マンリョウ01



マンリョウ02

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2006/12/18(月) 22:23:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

太藺

フトイ (カヤツリグサ科フトイ属)

最近の若い娘っ子もそうですが、こんなに細いのにフトイって、何と比べて太いのでしょうね。
フトイ01


『太藺』の藺の字は藺草(イグサ)の藺ですから、イグサに比べて太いってことですね。
すらりと伸びているのは葉でも茎でもなく桿(カン)と言われるものです。桿という字は棒のような物(操縦桿とか踏切遮断桿とか)に使われる漢字です。
フトイ02

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/07/02(日) 09:00:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する