「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

三菱ケロッピー ドアストッパー交換

三菱アイ (三菱の軽自動車(2006年~2013年)

リコールとは
1 国または地方公共団体の公職にある者を、任期満了前に国民または住民の意思によって罷免する制度。日本では、最高裁判所裁判官の国民審査、地方公共団体の長・議員などの解職請求などがこれにあたる。直接民主制の一形態。国民罷免。国民解職。「市長をリコールする」
2 欠陥のある製品を生産者が回収し、無料で修理すること。
なのだそうです。

乗用車のドアの止まる位置は全閉、全開、半開の3ヶ所ですが、私のケロッピーは半開の位置で止めるには「そ~っと」開けなくてはなりません。車から降りる際にドアを開ける時はとなりの車にドアが当たらないように注意が必要です。
ネットでググると発売当初は貧弱でユルユルであったが、その後弾力が強い部品に代わったということですが真偽の程は確かめよもうありません。 
部品を交換すれば直るであろうが、経費節減というかポンコツの車に新品の部品は似合わない、
ということで、助手席の部品と交換することにしました。

↓交換するにはボルトを3ヶ所外すだけです。簡単そうです。
三菱 アイ ドアストッパー交換 1801

↓ボルトは簡単に外れましたが、部品はドアの内側から引き抜くようになっているので、ドアの内張りを剥がす必要があります。
三菱 アイ ドアストッパー交換 1802

↓ドアの内張りをバキバキと引っ剥がします。
三菱 アイ ドアストッパー交換 1803

↓ドアストッパー(ドアヒンジ)は20Rと20Lとなっていますが、同一のものです。ひっくり返すとRとLが入れ替わるようになっています。
で、左右交換でどう変わったかというと、気休め程度でございます。
三菱 アイ ドアストッパー交換 1804

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2018/06/20(水) 10:19:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

吊花

ツリバナ (ニシキギ科ニシキギ属)

マユミの仲間ですが花柄が長いことが特徴で、
花がつるされている様子というより
秋に赤く実った実が花をつるした様に見えることから吊り花と名付けられたのでしょう。
春の花はとても地味ですが、秋に実が開いて花の様になってぶら下っている風情がとても素敵です。

↓秋のツリバナ
ツリバナ901

↓春のツリバナ
ツリバナ 1801


ツリバナ 1802


ツリバナ 1803


ツリバナ 1804


ツリバナ 1805


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/06/16(土) 22:08:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

藪手毬

ヤブデマリ (スイカズラ科ガマズミ属)

花弁が1枚足りていません。
っていうか内側の花弁が一枚だけ小さいのが特徴です。
ヤマアジサイと同じように外側に装飾花 内側に両性花があるわけです。
装飾花の役割は昆虫を引き寄せるのが目的と思われますが、
装飾花の花弁(ガク片)が大きいと両性花が隠れるので「内側の一枚だけ小さくしちゃいました」ってことなんでしょうか?

ヤブデマリ 1805


ヤブデマリ 1804


ヤブデマリ 1803


ヤブデマリ 1802


ヤブデマリ 1801

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/06/13(水) 21:46:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

花筏

ハナイカダ (ハナイカダ科ハナイカダ属)

別名が「嫁の涙」って、
夫からのモラハラでしょうか?
それとも姑からのパワハラでしょうか?

ハナイカダ 1801


ハナイカダ 1802


ハナイカダ 1803


ハナイカダ 1804


ハナイカダ 1805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/06/11(月) 21:54:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

立牛尾菜

タチシオデ (サルトリイバラ科シオデ属)

日当たりの悪い林床で見つけたときに、「なんでこんなところにサルトリイバラの若木が?」と思いました。
それほどサルトリイバラに似ていたので、ネットでググると「立牛尾菜」と出ました。
アスパラガスに似た山菜だそうで、薄塩で茹でて食するから「シオユデ」と名付けられた? なんちゃって!

タチシオデ 1801


タチシオデ 1802


タチシオデ 1803


タチシオデ 1804


タチシオデ 1805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/06/11(月) 07:56:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

白糸草

シライトソウ (ユリ科シライトソウ属)

白糸というと帯状に広がった白い滝を連想しますが、
糸の様な細く長い茎の先端に白いブラシ状の花序が付いています。
花序の中の小花はどうなっているのか知りたかったのですが、
虫眼鏡を持っていなかったので小さすぎて確認できませんでした。

シライトソウ 1801


シライトソウ 1802


シライトソウ 1803


シライトソウ 1804


シライトソウ 1805


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/06/10(日) 22:37:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黄華鬘と紫華鬘

キケマンとムラサキケマン (ケシ科キケマン属)

黄と紫の色違いですが同種ではありません。
キケマンは日当たりが良い場所が好きで、ムラサキケマンは日陰が好きです。
そのせいでキケマンの方がムラサキケマンより強そうです。
どちらも水っぽい茎で柔らかく美味しそうですが有毒です。食べてはいけません。

キケマン 1801


キケマン 1802


キケマン 1803


ムラサキケマン 1801


ムラサキケマン 1802


ムラサキケマン 1803

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/06/10(日) 21:57:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する