FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

石蕗

ツワブキ (キク科ツワブキ属)

冬の足音が近づいて、晴れたり時雨たりと慌ただしく天気が変わります。
撮る花も少なくなって最後に残るのがツワブキです。
チョウの吸蜜もこの花が最後でしょう。
艶やかな緑の葉に鮮やかな黄色の花が映えます。

ツワブキ 1901


ツワブキ 1902


ツワブキ 1903


ツワブキ 1904


ツワブキ 1905


ツワブキ 1906


ツワブキ 1907

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/11/21(木) 22:30:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

野菊

ノギク (キク科)

野菊と云えばの野紺菊とか嫁菜ですが、同定が面倒なので...。
っていうか、蝶々がメインなので・・・。
この秋に撮った野菊の写真を並べていたら、見たことのない黄色い蝶が・・・。
モンキチョウでもキタキチョウでもない・・・。.
ひょっとしたら貴重なキチョウではないか?
新種なのか? と調べたら山黄蝶でした。

ヤマキチョウ 1901


ノギク 1901


ノギク 1902


ノギク 1903


ノギク 1904


ノギク 1905


ノギク 1906


ノギク 1907


ノギク 1908


ノギク 1909


ノギク 1910

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/11/15(金) 09:12:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

背高泡立ち草

セイタカアワダチソウ (キク科アキノキリンソウ属)

昔は有害外来種として有名でしたが、最近は無視されているようで寂しい限りです。
人間にとっては有害かもしれませんが、昆虫さんには歓迎されているようです。
地球的規模でみたらセイタカアワダチソウより人間の方が有害かも・・・。

セイタカアワダチソウ 1901


セイタカアワダチソウ 1902


セイタカアワダチソウ 1903


セイタカアワダチソウ 1904


セイタカアワダチソウ 1905


セイタカアワダチソウ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/11/10(日) 21:58:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雄山火口

オヤマボクチ (キク科ヤマボクチ属)

赤く見えるのは雌しべの先端で、それ以外は枯葉色です。
とっても地味な花ですが、秋の野山の風情を醸しています。
私のテリトリーの中では希少種となって久しく、今年は3株しか見つけられませんでした。

オヤマボクチ 1901


オヤマボクチ 1902


オヤマボクチ 1903


オヤマボクチ 1904


オヤマボクチ 1905


オヤマボクチ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/11/08(金) 17:46:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

田村草

タムラソウ (キク科タムラソウ属)

アザミの様な花ですが、タムラソウという草です。
人の姓のような名前ですが、田村さんが発見したのでしょうか?
田舎の村に咲いている草だからでしょうか?
総苞の菱形の色合いとデザインが素敵です。

タムラソウ 1901


タムラソウ 1902


タムラソウ 1903


タムラソウ 1904


タムラソウ 1905


タムラソウ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/11/06(水) 23:42:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白山薊

ハクサンアザミ (キク科アザミ属)

ハクサンアザミかホッコクアザミかで同定に悩むところですが、
今回はハクサンアザミということに・・・。
白山に咲いていればハクサンアザミで平地に咲いていればホッコクアザミとか?
白山麓に咲いていればハクサンアザミで白山麓以外の地域に咲いていればホッコクアザミとか?
ハクサンアザミとホッコクはアザミは同種で別名とか?
私は、加賀野薊でも沢薊でもなければ白山薊としようかなと・・・。

ハクサンアザミ 1901


ハクサンアザミ 1902


ハクサンアザミ 1903


ハクサンアザミ 1904


ハクサンアザミ 1905


ハクサンアザミ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/11/04(月) 10:40:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

加賀野薊

カガノアザミ (キク科アザミ属)

アザミの同定は難しいのですが、カガノアザミとサワアザミは比較的簡単です。
学術的にどうのこうのではなく、見た目ですぐに分かります。
花が下を向いていて、茎が細く弱々しく、総苞片が反り返っていなければ、たぶんカガノアザミです。
加賀のアザミではなく、加賀の野薊です。

カガノアザミ 1901


カガノアザミ 1902


カガノアザミ 1903


カガノアザミ 1904


カガノアザミ 1905


カガノアザミ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/11/01(金) 00:05:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する