FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

三菱ケロッピー マフラーボルト交換

三菱アイ (三菱の軽自動車(2006年~2013年)

冬用タイヤに交換する為に後輪を外したところ、マフラーのエキゾーストパイプを繫いでいたボルトが見当たりません。
そういえば、数か月前に走行中バコーンと遮熱板に何か当たった音がしたことを思い出しました。
石でも当たったのかな~! と思っていたのですが、ボルトが折れてバネごとぶっ飛んだようです。

↓昨年6月にマフラーの塗装をした時のマフラーの取り付けボルト、錆びついて回らないし痩せ細っていました。
三菱 アイ マフラー塗装 1805


↓ボルトはバネの力で千切れてぶっ飛んだ様です。どういう訳か溶接されていたナットも無くなっています。
マフラーボルト交換 1901


↓ネットで買ったボルトとバネです。
ミツビシ (1575)スプリン,パイプ 1575A036 (税込¥561)
ミツビシ (MR43)エキゾーストスタッドボルト MR431025 (税込¥286)
送料はクーポン値引で 0円でした。
マフラーボルト交換 1902


↓ホームセンターでワッシャーとナットを買いました。全部で100円です。ナットはM10(10mm)の細目(1.25ピッチ)です。ワッシャーとゆるみ止めの座金も買いました。ナット1個と座金1個は予備です。
マフラーボルト交換 1903


↓取り付け順は写真の様になります。
マフラーボルト交換 1904


↓ナットを締めました。
マフラーボルト交換 1905


↓車がポンコツの為、ナットが錆びる前に廃車になるのですが、念の為耐熱塗装しました。
マフラーボルト交換 1906


↓修理完了です。
マフラーボルト交換 1907

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/12/09(月) 18:35:14|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

汽船トランク (その3 完)

汽船トランクは船旅用のトランクです。船旅では船上での生活が長いため荷物も多くなります。
外国の汽船トランクはワードローブ型の超大型で縦置きのものが多いですが、日本では和箪笥型で横置きの物が殆どです。
最近金沢港では大型のクルーズ船が寄港することが多くなりました。
死ぬまでに一度は豪華クルーズ船で船旅をしたい、と買った汽船トランクです。(USO)
ドレスコードのあるバーティでは、私は羽織袴、BA3は黒留袖で良いのでしょうか? 考えるだけで気が重くなります。
この汽船トランクは横置きなので、持ち手は左右に1個づつあります。運ぶにはポーターが二人要ります。
ポーターへのチップが二人分要ります。箱も重いですが気も重いです。

↓骨董のトランクの革の取っ手を持って持ち上げたら取っ手が切れてしまいました~。空でも10KG近くある重いトランクです。
取っ手補強の為にステンレスワイヤーで補強します。耐荷重は太さ1mmで75KGですからリング状では150KGまで良いのでしょうか?
汽船トランク 1921

↓革の取っ手に負荷が掛からないように取っ手の内側にワイヤーを取り付けます。
汽船トランク 1922

↓手が痛くならないように取っ手の内側に革を貼り付けます。
汽船トランク 1923

↓こちらは千切れた革の取っ手です。ボンドで補修しました。もちろんワイヤーで補強しました。
汽船トランク 1924

↓横から見るとこのような状態になります。補修したことがバレバレです。
汽船トランク 1925

↓取っ手の補修完了です。
汽船トランク 1926

↓トランクのヒンジ側です。
汽船トランク 1927

↓トランクの底です。骨董屋の爺さんが塗った錆び隠しが見っともないですが、赤さびが見えるよりマシでしょう。
汽船トランク 1928

↓蓋の横ずれを防ぐ金具です。分厚い真鍮製です。無くならない様にと蓋に取り付けたキーの厚みが2mmですから金具はそれ以上でしょう。
汽船トランク 1929

↓金具もリベットも真鍮製なのが、アンティークレジスター好きの私にはたまりません。
汽船トランク 1930

↓内側はそれなりに汚れています。道具入れに使うのでリメークをするつもりはありません(今のところ)
汽船トランク 1931

↓正装用の和服を入れるには丁度よい大きさです。
汽船トランク 1932

↓ポーター用のシールが良い味を醸しています。大阪商船と日本郵船のものです。
汽船トランク 1933

↓ベンチシートの下にピッタリと収まりました。
汽船トランク 1934

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/11/20(水) 11:35:42|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

汽船トランク (その2)

キーを作成する為にトランクのロックを分解してみました。
汽船トランクのロック部は金具を押し込むと内部でカンヌキ(爪)がバネで外側に開いてロックされるようになっています。
キーが無くてもロックできる様になっていますが、キーをトランクの中に入れてロックしてしまうともう開きません。
旅行先でそのような失敗をしたらロックを焼き切るしか方法がないのは困ったことです。
ロック部を分解できればキーは作れます。

↓バネで押されてロックの爪が上下に開いてカンヌキが掛かるようになっています。
汽船トランク 1910

↓銀色の丸い円盤を時計方向に回すとロック爪が外れて鍵が開くようになります。
汽船トランク 1911

↓丸い円盤の中心にカギの先端が嵌って円盤を回すことが出来るようなキーの構造です。
汽船トランク 1912

↓ロックの爪を動かす円盤の上に薄い円盤が乗っています。キーが回れるようにするにはキーに細い溝を切る必要があります。
汽船トランク 1913

↓ロックの爪を動かす円盤に付いているスタッド(出っ張り)の動きを制限するコマをセットします。スタッドがコマの中央を通れる様にキーを削って高さを調整します。
汽船トランク 1914

↓2つ目のコマをセットします。このコマもスタッドが中央を通れる様にキーを削って調整します。
汽船トランク 1915

↓コマの板バネとキーの回転を助ける回転子をセットします。鍵の金具にロックを仮止めして更に鍵が回転できるように最後の溝を切ります。
汽船トランク 1916

↓キーが完成しました。予備キーも含めて2日間も掛かりました。
汽船トランク 1917

↓真鍮の釘で作ったリベットでロック部分を金具に取り付けました。
汽船トランク 1918

↓リベットをカシメてロックを完全に金具に固定します。
汽船トランク 1919

↓鍵の修復完了です。
汽船トランク 1920

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/11/19(火) 13:50:53|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

汽船トランク (その1)

先日、骨董屋でBA3が「おとうさん、ここに良いトランクがあるよ~」と、革張りで真鍮の金具やリベットが沢山付いたカバンを見つけました。とっても頑丈な造りだし、たくさん物が入りそうです。工具や部品をいれるのに良さそうです。
現代では海外旅行は旅客機で行きますが、昔は船旅が一般的でした。
英語ではスチーマー トランク(蒸気船トランク)で日本では汽船トランクとか船トランクと言われている大型のトランクです。

↓N.O.KURIHARAさんの汽船トランク
汽船トランク 1901

↓鍵が壊れていて閉まりません。キーがないので閉まったら開けられませんけど・・・。
汽船トランク 1902

↓キーを作る為にロック部分を外すことにしました。リベット3個で固定されています。
汽船トランク 1903

↓リベットのカシメられた部分を削ってリベットを外すことにしました。
汽船トランク 1904

↓リベットを歯医者のドリルで削りました。
汽船トランク 1905

↓リベットを裏から押し出しました。
汽船トランク 1906

↓ロック部分が外れました。
汽船トランク 1907

↓曲がった金具を板金します。
汽船トランク 1908

↓金具の整形を完了しました。
汽船トランク 1909

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/11/18(月) 22:25:10|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お風呂の換気扇

昨晩、お風呂の換気扇からイオンが発生しました。
シャープのイオンならどうということもないのですが、換気扇からの異音は最悪の場合、火災となります。
この換気扇、何時買ったのだろうか?と自分のブログをググったら2013年10月でした。
毎日8時間使って6年間ですから交換時期になったのでしょう。
3000円ほどの換気扇を自分で直し、火災にでもなったらと思うと本当に怖いです。
分解修理は危険だからやってはいけないと自分で書いておいてあれですが、生活が苦しいので修理することにしました。


↓浴室の湿気で錆びています。
換気扇 1901


↓ファン取り付けのナットは逆ネジでした。
換気扇 1902


↓モーターの回転子です。左右にベアリングが入っています。
換気扇 1904


↓ベアリングを洗ってグリスアップしました。
換気扇 1903


↓組み立てました
換気扇 1905


↓組み上げました。
換気扇 1906


↓カバーを掛けて完成です。
換気扇 1907

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/11/05(火) 14:20:02|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

National Cash Register Model 3  (その2)

型番と製造番号

オークションで落札したアンティークレジスターの型番と製造番号を調べます。

↓製造番号のプレートが外されています。
national cash register model 3 19013

↓レジスターの型番や製造番号等は引き出しの裏に書かれています。
national cash register model 3 19014

↓オハイオ州デイトン市のナショナルキャッシュレジスター製で製造番号は18696番です。1890年に販売されたことが分かります。
national cash register model 3 19015

↓購入者名や型番等が書かれています。SIZE.と書かれている部分が型番となります。
ナショナルキャッシュレジスターの初期のレジスターの型番にはクラスやモデルという概念はなく、金額キーの数によって「SIZE」を分類していました。一般的には「SIZE=モデル」としていたようです。
このレジスターはがSIZE=3となっていますのでモデル3です。
因みにモデル0は11キー、モデル1は11キーの拡張ベース、モデル1½は20キー、モデル2は25キー、モデル3は30キー、モデル4は40キーでした。
national cash register model 3 19016

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/07/25(木) 22:10:47|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カクダイ サーモスタットシャワー混合栓 174-323

お風呂の温水シャワー混合栓から水漏れがするようになりました。
長年使っていると漏れるのは人間と同じです。
交換するか、修理するかと聞かれれば、お金があれば業者を呼んで交換してもらいます。
お金が無いので、自分で修理します。と答えます。
ネットでググると新品は2万円くらいです。部品なら3千円くらいです。

↓止水レバーを閉めてもポタンポタンと水漏れします。蛇口から漏れている水滴を撮ってみました。タイルの目地が汚れているのは見なかったことにして下さい。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1901


↓どういう構造なのか? ネットをググって展開図を見つけました。
カクダイ 混合栓 174-323 展開図


↓展開図Aの切り替えしハンドルをどう外すか? ネジは見えませんので強引に右側へ引っ張ったら取れました。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1902


↓展開図Bの止水固定ナットを外す前にプラスネジを外します。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1903


↓六角形の止水固定ナットが見えます。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1904


↓大きなモンキーレンチで止水固定ナットを外します。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1905


↓止水固定ナットが外れると展開図Cの混合栓切替部が取り出せるようになります。手で引っ張っても簡単には外れません。
何かを手掛かりにして強引に引っ張るしか方法が無いので、止水固定ナットを外す前に外したプラスネジに大きなワッシャーを入れて取り付け、そのワッシャーを手掛かりにして、強引に引きます。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1906


↓写真下の黒い部品が展開図Cの混合栓切替部です。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1907


↓混合栓切替部のクリップを外して軸を抜き、Oリングの付いたプラスチックリングを抜き出します。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1908


↓写真上部の「竹輪リング」と写真下部の「豚の鼻」の間にОリングが挟まっている構造です。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1909


↓長年の使用でОリングが擦り減っています。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1910


↓さて、このОリングは何処に売っているのでしょう? 寸法を測ってホームセンターの水道用品売り場でそれらしきものを購入しました。混合栓と同じメーカーですからこれで問題ないのでしょう?
カクダイ 温水シャワー混合栓 1911


↓外した逆の手順で混合栓切替部を組み上げて止水栓に挿入します。取り付け位置決め切り込み線を真下にして普通に押し込めばピタッと入ります。後は外した手順と逆にして組み上げます。組み立てる時の注意点は、各部品は綺麗に掃除して、シリコングリスを塗布することです。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1912


↓修理完了です。
カクダイ 混合栓 1913






テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/05/29(水) 12:49:06|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する