FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

National Cash Register Class 1000 Model 1055G  (その11 完了)

雨にも負けず 風にも・・・ではなく、熊にも負けず 猪にも負けず 猿や狐にもコロナにも・・・。
3か月半もかかりましたが、ようやく完成しました。



National Cash Register CLASS1000 model1055G  2081


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2082


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2083


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2084


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2085


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2086

↓最後にプリンタードアにダミーのノブを取り付けました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2087

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2020/11/25(水) 16:15:50|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

National Cash Register Class 1000 Model 1055G  (その10)

Model 1055GはAutographic Cash Registerで売り上げ登録の明細を手書きで記入できるのが特徴です。その為に明細記録紙の窓に記入窓を開けておく必要があります。アクリル板を加工して取り付けました。
またアンティークレジスターにはコインスラブという大理石の硬貨吟味板が付いています。Class1000では乳白色のミルク硝子となっていますがこれが割れていたので人工大理石を加工して代用しました。

↓3mmのアクリル板を加工しました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2074

↓プリンターの窓に取り付けました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2075

↓人工大理石を加工します。石ではないので鋸で切れます。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2076

↓新旧の比較です。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2077

↓取り付けた状態です。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2078

↓キャビネットを組み上げました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2079

↓キャビネットの内側は組み上げると見えなくなるので磨いていません。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2080

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2020/11/24(火) 17:14:22|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

National Cash Register Class 1000 Model 1055G  (その9)

メカの組立調整が終わり、ベース(引き出しの筐体)も出来上がりましたので乗せて動作の確認をしました。
メカの動作は動画で確認できます。




National Cash Register CLASS1000 model1055G  2069


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2070


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2071


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2072


National Cash Register CLASS1000 model1055G  2073

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2020/11/23(月) 10:19:26|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

National Cash Register Class 1000 Model 1055G  (その8)

メカニズムの修理と調整が終わりましたので、いよいよ本体の組立を始めます。

↓好天に恵まれて順調に仕上がったキャビネットがお座敷で出番を待っています。ウレタンクリアー塗装が完全硬化するのに1週間ほどかかります。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2062

↓不要なネジ穴などを塞ぎ、表面を磨いた木製ベース。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2063

↓ニスを塗りました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2064

↓ボロボロの引き出しもニスで補強します。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2065

↓ベースやキャビネット用のインチネジは近くのホームセンターに売っていました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2066

↓不足していたネジも全部取り付けました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2067

↓出来上がったレジスターのベースです。重たいレジ本体を乗せるのには婿さんの手が必要です。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2068

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2020/11/22(日) 09:53:32|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

National Cash Register Class 1000 Model 1055G  (その7)

表示器(インジケーター)の文字が擦れて薄くなっていますので、シールを貼り付けました。
金額の表示器はA4用紙よりも長さが長くなるので断念し、取引種別の表示器だけ作成しました。

↓SHOPの文字はシールを貼り付けてあったので剥がれかかっていました。凸凹した表面を磨いて平坦にしました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2056

↓PCでシール用の写真用紙に印字します。前面と後面で2枚作成します。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2057

↓減色しないように表面にラミネートシールを貼りますが、曲面のシールになる様に曲面の上でラミネート加工します。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2058

↓ブラインドが剥げていましたので、塗装を剥がして錆びも取ります。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2059

↓ブラインドを塗装しました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2060

↓表示器を取り付けました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2061

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2020/11/21(土) 09:35:49|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

National Cash Register Class 1000 Model 1055G  (その6)

アンティークレジスターでは100年も使っているうちに何度も修理を重ね、壊れた部品が取り外されていることが多いです。
特にプリンターは消耗部品が多く、インクリボンやハンマーラバーが劣化して使えなくなっています。
幸いなことにこのレジスターのプリンターは取り外されている部品がなく、インクリボンとハンマーラバーを交換すれば使えそうです。

↓100年使ったとは思えないほどきれいなプリンターです。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2045

↓写真上のひび割れたゴムロールがハンマーラバーです。
プリンターハンマーラバーを切り出します。100円ショップの段ボールカッターで切れました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2046

↓13.5mmのドリルを買い、切り出したハンマーラバーの中心に金属芯を入れる穴を開けました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2047

↓金属芯を圧入してハンマーラバーロールの完成です。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2048

↓インクリボンスプール、エンドレスではなく交互に巻き取ります。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2049

↓近所の手芸ショップでリボンを買ってインクを塗ります。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2050

↓インクリボンを取り付けました。綺麗な藍色です。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2051

↓ハンマーラバーロールを取り付けました。印字圧は偏心ロールで調整できます。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2052

↓芯穴17mmで幅広のレシートは現存しませんので、45mm幅のレシートの芯をくっ付けて自作しました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2053

↓自作したレシートロールをセットしました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2054

↓右側にはレジスターで印字される取引種別のシンボルと金額が印字され、左側は詳細を手書きできるようになっています。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2055

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2020/11/20(金) 11:12:50|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

National Cash Register Class 1000 Model 1055G  (その5)

分解と各部品のクリーニングが終わりましたので、劣化した塗装などの修復作業をしながら組み立てていきます。

↓劣化した金額ボタンのリングを交換します。リングはカシメが強く外れないのでカットして外しました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2038

↓写真用紙に印字してラミネートフィルムを貼り付けます。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2039

↓シートから切り取ったシールと購入したキーリングをキーステムに取り付け、キーバンクを組み立てます。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2040

↓擦り減ったキーステムはポンチで打ち出して調整します。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2041

↓左からキーバンクを取り付けて、ディファレンシャルユニットを組み上げます。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2042

↓フレームにディファレンシャルユニットを取り付けました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2043

↓続いて合計器ユニットを取り付けました。
National Cash Register CLASS1000 model1055G  2044

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2020/11/16(月) 22:09:01|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する