「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

菅藻

スガモ (科目不明)

菅藻ってなに?
早春の磯で採れる海藻です。カテゴリーとしては草になるのか苔になるのか分かりません。
そもそもこの海藻の名称がスガモなのかどうかもわからないのですが、実家ではそう言っていましたからそうなんでしょう。
日本でこの海藻をスガモと呼んでいるのは私の実家と越前海岸の海女さんぐらいなものです。
能登の珠洲の狼煙では「こな」と言っています。焼いてご飯に振りかけるので「粉」なのか? 昔から食べていた春の野菜なので「古菜」? それとも「小菜」?

輪島の朝市でも売っている店は少なく、年によって出来不出来があって売っていない年もあります。今年はどこにも売っていませんでした。
写真の「こな」は道の駅「のろし」で買ったものです。5枚で1300円は安いです。
スガモ 1701

千切って火で炙ると磯の香りが香ばしいです。熱々ごはんの上で揉んでふりかけにして食べます。美味しいので何杯も食べてしまいます。
スガモ 1702

この海藻「こな」がスガモと言われる海藻なのか? 調べてみました。
水に浸したところ短く切ってあることが分かりました。本当は長い藻だったが、海苔のように板状に乾燥させるには長いままだと厚さが均一にならないからでしょう。
スガモ 1703

岩に株状になって生えてるようです。
スガモ 1704

葉が管(パイプ)状になっているので菅藻と名付けられたのではないでしょうか?
スガモ 1705


奥能登では海藻を食べる習慣があります。ワカメやモズクに岩ノリやアオサはどこでも食べますが、奥能登では名前もわからないようなその辺に生えている海藻も食べます。地域や集落によって食べる藻が違っていたり、呼び名も違います。
早春の凪いだ磯では柔らかな海藻が簡単に採れます。
毎年恒例の能登旅行では「海藻しゃぶしゃぶ」を食べるのも楽しみのひとつです。
ところが、海藻しゃぶしゃぶのお店はお昼なのに「準備中」でした。ここから能登の先端まで食事をとれるお店はありません。
運よく、いつもは冬季休業の「つばき茶屋」がやっているようなので入ってみました。
辺ぴな能登半島の峠の茶屋では、チャーハンかカレーライスぐらいしか出来ないと思っていたら定食もあるそうなので、
BAさんは「でまかせ定食」
でまかせ定食 1701
Gさんは「さしみ定食」
さしみ定食 1701

村の漁港で獲れたての魚を使っているので新鮮で美味しいです、材料が揃わないことがあるのでメニューは「でまかせ」なのだそうです。
予想に反してどの料理も美味い旨い、「板さんはどこで修行を・・・・」と聞こうと思ったら。「舳倉島の海女」さんでした。
おかあさんも海女でマライーニのモデルにもなったそうです。
名刺は石で出来ていました。BAさんが首から下げるというので穴の開いたのを数個もらってきました。(無理やり)
石の名刺 1701



  1. 2017/03/29(水) 23:28:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

千本槍

センボンヤリ (キク科センボンヤリ属)

倶利伽羅峠は石川県と富山県との県境で、古くは源平の古戦場となり、牛の角に松明を付けて木曾の義仲が平家の大群を破ったとされ、江戸時代には前田家が参勤交代で通った古道です。
最初の写真は今も残っている旧北陸道でここを毛槍を先頭に加賀前田家の大名行列が通ったのです。
センボンヤリ(千本槍)の名前の由来は花柄が細く長く毛槍に似ていて、群生することからなのでしょう。
旧北陸道倶利伽羅峠1301


センボンヤリ1301


センボンヤリ1302


センボンヤリ1303


センボンヤリ1304


センボンヤリ1305


センボンヤリ1306


センボンヤリ1307

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/15(金) 23:58:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

清白

スズシロ (アブラナ科ダイコン属)

日焼けしてたくましい!
ダイコン

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/24(土) 07:17:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

摘花菜

ツバナ
クズ
ヘラオオバコ

草食植物その2、クズの餌食となったツバナとヘラオオバコです。
ツバナ01


ツバナは
子供の頃、田んぼの畦などに生えていたのを抜いて食べました。
なかなか見つけられなかったのに、穂がでると彼方此方に沢山あったことが分かります。でも穂が出てしまうと硬くて食べれないのでした。
ツバナ02

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/06/27(火) 19:20:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

麦草

ムギクサ (イネ科オオムギ属)

どう見ても麦ですが、実が入っていません。
ムギクサ01


麦の茎でストローを作ってシャボン玉を作って遊びましたが、
この細い茎ではストローは無理っぽいですね。
ムギクサ02


ここまで群生していると本当に麦ではないだろうかと思ってしまいます。
麦秋にしては黄色くない。
穂先が少し赤い。
ムギクサ03

テーマ:*野草/雑草* - ジャンル:写真

  1. 2006/06/08(木) 22:49:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

唐楓

唐楓

フウもカエデも漢字で書けば「楓」です。
違いはカエデは対生、フウは互生ということだ。
葉っぱ一枚で楓といわれてもわからないのですが、
写真の葉っぱは補色の見本の様なトウカエデです。

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2005/11/24(木) 23:42:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

秋狗尾草

アキノエノコログサ

狗児(エノコロ)=子犬
子犬の尾に似ているから狗尾草というらしい。
母親(85歳)が犬のことを「えんころ」と言っていたのを思い出した。

テーマ:野草の写真 - ジャンル:写真

  1. 2005/09/20(火) 00:57:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する