「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

深山烏揚羽

ミヤマカラスアゲハ (アゲハチョウ科アゲハチョウ属)

カラスアゲハとミヤマカラスアゲハはよく似ています。
写真のアゲハは山にいたのでミヤマカラスアゲハとしました。
一羽しかいなかったうえに、警戒心が強くてなかなか近くで撮らせてくれませんでした。
よって、同一個体を遠方から撮って無理やりのトリミングです。
カラスアゲハとの違いは後翅のオレンジ色の文様の前に白い帯があるところです。
モンキアゲハのようにお腹に白い線はありません。


ミヤマカラスアゲハ 1701


ミヤマカラスアゲハ 1702


ミヤマカラスアゲハ 1703


ミヤマカラスアゲハ 1704

↓4月14日 排水写真追加
ミヤマカラスアゲハ 1705

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/10(水) 22:03:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

紋黄揚羽

モンキアゲハ (アゲハチョウ科アゲハチョウ属)

庭のツツジの花に黒い大きな蝶が吸蜜に来ていました。
カラスアゲハではないかとネットをググって調べていると、黒い蝶にはクロアゲハという蝶もいるようです。
カラスアゲハとクロアゲハの違い調べていると、両方とも翅に白い紋はないことが分かりました。
白い紋のある黒いアゲハはモンキアゲハでした。
モンキアゲハの特徴は後翅に白い紋があって、お腹に白い線が入っていることらしいです。
因みに、大きさは日本の蝶では最大級なのだそうです。


モンキアゲハ 1701


モンキアゲハ 1702


モンキアゲハ 1703


モンキアゲハ 1704




テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/10(水) 21:39:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

碇紋蛾

イカリモンガ (チョウ目イカリモンガ科)

名前の由来は翅にイカリのマークがあるからです。
翅を広げて止まれば碇の紋が見えるのですが、
蛾なのにタテハの様に翅を閉じて止まります。
オスは腹の先端にフェロモンをまき散らす為の刷毛が付いているので、雌雄の見分けは比較的簡単です。
チョウとガの違いの見分け方はビミョ~ですが、触覚で見分けがつきます。
チョウは先端が丸いですが、ガは先細りです。

イカリモンガ 1701


イカリモンガ 1702


イカリモンガ 1703


イカリモンガ 1704

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/08(月) 22:42:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

逆八蝶

サカハチチョウ (タテハチョウ科サカハチチョウ属)

名前の由来は羽根の文様が八の字が逆さまになっているように見えるからですが、
残念ながら、タテハなので羽根を閉じて止まることが多くて羽根の裏しか見えませんでした。
タテハチョウも羽根を広げて日光浴をするのですが、生憎後ろから撮れなかったので模様は見られませんでした。

サカハチチョウ 1701


サカハチチョウ 1702


サカハチチョウ 1703


サカハチチョウ 1704

↓5月16日 逆八文字紋様の写真追加
サカハチチョウ 1705

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/08(月) 22:06:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

曼殊沙華

マンジュシャゲ (彼岸花の別名)

彼岸花に訪れる蝶々を撮ってみました。
キアゲハ、クロアゲハ、モンキアゲハ、モンキチョウ、サクラノハッパ等です。

彼岸花とキアゲハ 1601


彼岸花とクロアゲハ 1602


彼岸花とモンキアゲハ 1603


彼岸花とモンキチョウ 1604


彼岸花とサクラのカレハ 1605


彼岸花とサクラのカレハ 1606

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/26(月) 20:55:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

逆八蝶

サカハチチョウ (タテハチョウ科サカハチチョウ属)

ミヤマカラスアゲハと同じような場所に数匹群れていました。
この蝶も給水所で塩分を補給しているのでしょうか?
あまり近寄るとすぐに逃げるので、大きく撮れないのですが、トリミングしてエッジを利かせたらなんとか見られるようになりました。
日照時間の違いによって文様が異なるようで、春型と夏型がいるようです。

サカハチチョウ 1601


サカハチチョウ 1602


サカハチチョウ 1603


サカハチチョウ 1604


サカハチチョウ 1605

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/13(金) 22:27:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

深山烏揚羽

ミヤマカラスアゲハ (アゲハ科アゲハ属)

ヤマツツジが満開となるこの時期になると、春型のミヤマカラスアゲハがヤマツツジの花から花へと飛び回ります。
崖から滴る水が、林道の中に小さな川となって流れる場所で吸水していました。
林道の水たまりで水分補給をするのは、水分と同時に塩分も補給するためではないかと言われています。
飛んでいるのを撮るのは難しいですが、吸水中は比較的近くに寄れますし、警戒して飛び立ってもまた集まって来るので、撮りやすいというか撮り放題です。

ミヤマカラスアゲハ 1601


ミヤマカラスアゲハ 1602


ミヤマカラスアゲハ 1603



ミヤマカラスアゲハ 1604

ミヤマカラスアゲハ 1605

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/12(木) 21:59:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する