FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

日本鼬

ニホンイタチ (イタチ科イタチ属)

山で草花を撮っていると、小さな生き物が道を横切って草むらに入りました。
イタチより小さかったのでなんだろう?
と、しばらく立ち止まっていると、草の影から可愛い生き物が顔を見せました。
愛らしい丸い目が合ったとたん再び隠れてしまいました。
イタチにしては小さいし、オコジョなどいる訳がないし・・・。
もう一度出てくるまで待っていようと、カメラを構えて10数分。
出てきました。あたりをキョロキョロと見渡しているので、その間に何枚も撮りました。
そしてレンズと目が合って、驚いて隠れてしまいました。
30分程待ちましたが二度と姿を見せませんでした。

ニホンイタチ 1901


ニホンイタチ 1902


ニホンイタチ 1903


ニホンイタチ 1904


ニホンイタチ 1905


ニホンイタチ 1906

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/04/30(火) 22:09:19|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅小灰蝶

ベニシジミ (シジミチョウ科ベニシジミ属)

小さくて可愛くて美しい、そして愛嬌もあってお嫁さんにしたくなるような蝶々です。


ベニシジミ  1701


ベニシジミ  1702


ベニシジミ  1703


ベニシジミ  1704


ベニシジミ  1705

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/08(日) 21:57:41|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本鼬

ニホンイタチ (イタチ科イタチ属)

「イタチのプー助」は人形劇チロリン村とクルミの木に出ていましたね。
アニメ白蛇伝でも狡賢いイタチが出てきます。
古来からイタチは可愛くない動物、狡い動物として見られていたようです。
そもそも顔が黒いのは悪者でしょう?

ニホンイタチ 1701


ニホンイタチ 1702


ニホンイタチ 1703


ニホンイタチ 1704

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/04(水) 20:25:23|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏茜

ナツアカネ (トンボ科アカネ属)

真っ赤な赤とんぼですが、先月撮ったミヤマアカネとは翅の模様が違います。
アキアカネは顔まで赤くはなりませんので、ナツアカネということにしました。

ナツアカネ  1701


ナツアカネ  1702


ナツアカネ  1703


ナツアカネ  1704


ナツアカネ  1705

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/02(月) 21:11:58|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薄羽白蝶

ウスバシロチョウ (アゲハチョウ科ウスバシロチョウ属)

半透明の翅をもった地味な蝶です。
ぎこちなくヒラリヒラリと舞う姿が印象的で、儚さを感じます。


ウスバシロチョウ 1701


ウスバシロチョウ 1702


ウスバシロチョウ 1703


ウスバシロチョウ 1704


ウスバシロチョウ 1705



ウスバシロチョウ 1706


テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/15(月) 23:36:03|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本穴熊

ニホンアナグマ (イタチ科アナグマ属)

クマとかイノシシとかエゾシカとかカモシカとかタヌキとかキツネとかは見たことがありましたが、
この動物は初めてでした。近くの温泉施設の受付で聞いたところ「テンではないか?」ということでしたが、
ネットでテンをググると、とっても可愛い小動物です。
写真のように顔が長くてアリクイのようなのはアナグマでした。
名前からしてクマの仲間と思ったらイタチの仲間のようです。
クラブの友人の話ではアナグマはとっても美味しいのだそうです。


ニホンアナグマ 1701


ニホンアナグマ 1702


ニホンアナグマ 1703


ニホンアナグマ 1704


ニホンアナグマ 1705

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/12(金) 23:20:14|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岐阜蝶の産卵

ギフチョウ (アゲハチョウ科ギフチョウ属)

この季節、山へ行くと時々ギフチョウを見かけます。
カタクリの群生地ではたくさんのギフチョウが見られますが、忙しそうに飛び回っているのでなかなか撮れません。
吸蜜シーンはよほど運がよくないと撮れません。
カタクリの花も時期遅れとなっているのにギフチョウが林床を飛び回っているのは、産卵場所となるヒメカンアオイの葉を探しているものと思われます。
産み付けられた卵が1か月後に孵化する様子は昨年のブログでご覧ください。

ギフチョウの産卵 1701



ギフチョウの産卵 1702



ギフチョウの産卵 1703


ギフチョウの産卵 1704


ギフチョウの産卵 1705

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/16(日) 22:37:28|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する