FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

沢胡桃

サワグルミ (クルミ科サワグルミ属)

外出自粛で出遅れたのか?早すぎたのか?
いつもの沢のクルミの木に花が咲いていません。
いつもなら(昨年のクルミの木)雄花がたわわにぶら下がっているのです。
ところが、対岸のクルミの木には沢山の花がぶら下っていました。
でもどこか違う? 木肌も葉も木の大きさもクルミの木なのですが、花が違う? 
雄花に実が付いている?.
家に帰ってググってみると、オニグルミではなくサワグルミだったのです。
雄花だと思っていたのは雌花で、青い実が付いていたのでした。

サワグルミ 2001


サワグルミ 2002


サワグルミ 2003


サワグルミ 2004


サワグルミ 2005



サワグルミ 2006

テーマ:青い実 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/16(火) 22:20:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蝮草

マムシグサ (サトイモ科テンナンショウ属)

秋に真っ赤な実をつけるマムシ草、今はどうなっているのでしょう?
こも被りの内側には垢がいっぱいなのでは?
でも青い実の皮を剥がすのは気が引けます。
もう少し皮が剥けそうなのはないでしょうかと見渡すと剥けそうなのがありました。
萎びた皮をそ~っと中ほどまで剥いてみました。
大きな虫が干からびていました。
いっそのこと付け根まで一気に剥いてみました。いろいろな虫が干からびていました。

マムシグサ 2001


マムシグサ 2002


マムシグサ 2003


マムシグサ 2004


マムシグサ 2005


マムシグサ 2006

テーマ:青い実 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/12(金) 20:34:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

洋梨の石細胞

洋梨 (バラ科ナシ属)

今朝、朝食に洋梨を食べていて、硬く白い欠片(1mm弱)が口の中から出てきました。
歯が欠けたかな?と舌で口腔内をチェックしましたが、そのような感触はありません。
歯ではなく食べ物のカスかな?と欠片を虱潰し(自分の爪)で潰そうとしましたが硬くてつぶれません。
洋梨を食べていてジャリジャリした感触がするのはいつものことなので、ネットでググってみました。
ジャリジャリ感は出てきませんが、シャリシャリとした食感は和梨にあるそうで、
細胞壁が石細胞となってシャリシャリとした食感になるそうです。
私が感じているジャリジャリ感は砂粒を噛むような、硬いツブを噛む感じなのです。
虫眼鏡で確認してみました。種の周りにある粒状の石は何なんだ?
貧乏人が種の周囲ギリギリまで食べないように異物を混入しているのかな?

洋梨 石細胞 2001


洋梨 石細胞 2002


洋梨 石細胞 2003


洋梨 石細胞 2004


洋梨 石細胞 2005


洋梨 石細胞 2006


テーマ:黄色い実 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/23(木) 17:18:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

檀の実

マユミの実 (ニシキギ科ニシキギ属)

真っ赤で艶やかで美味しそうですが、檀の実は有毒です。
檀とも真弓とも書きますが、真弓は弓を作るのに使ったからこの名になったといわれています。
サントリーの「金麦(キンムギ)」のCMをしている「檀れい」は名前がはキリンの「淡麗(タンレイ)」に似ているからでしょうか?

マユミの実 1901


マユミの実 1902


マユミの実 1903


マユミの実 1904


マユミの実 1905


マユミの実 1906

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/15(日) 20:07:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

栴檀の実

センダンの実 (センダン科センダン属)

センダンは落葉高木で日本では四国,九州,沖縄に自生するそうです。
写真のセンダンは公園に植生されていたもので、さほど大きくありません。
葉が落ちて黄色い実がたわわについていました。

唱歌の「夏はきぬ」の
4番
楝(おうち)ちる 川べの宿の
門(かど)遠く 水鶏(くいな)声して
夕月すずしき 夏は来ぬ

で唄われている、
楝(おうち)散るというのは栴檀の花だそうです。
ついでに、水鶏(くいな)声してのクイナも近くで撮ったので載せておきます(ピンボケですが)。

センダン 1901


センダン 1902


センダン 1903


センダン 1904


クイナ 1901


クイナ 1902

テーマ:黄色い実 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/14(土) 22:24:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

南京櫨の実

ナンキンハゼの実 (トウダイグサ科ナンキンハゼ属)

紅葉が美しいナンキンハゼですが、実が開いたら紅葉の葉と一緒に撮ろうと思っていたのに、時期を逸しました。
葉っぱが落ちて白い花が咲いたように見えます。
骨の様な白い実は硬そうですが、ムクドリがチャレンジしていました。

ナンキンハゼの実 1901


ナンキンハゼの実 1902


ナンキンハゼの実 1903


ナンキンハゼの実 1904


ナンキンハゼの実 1905


ナンキンハゼの実 1906
  1. 2019/12/11(水) 18:16:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

飯桐の実

イイギリの実 (ヤナギ科イイギリ属)

高木の為、下から見上げることが多いのですが黄色い葉と赤い葉脈や葉柄が青空に映えます。
たくさんぶら下がった房状の赤い実もとても美しいです。

イイギリの実 1901


イイギリの実 1902


イイギリの実 1903


イイギリの実 1904


イイギリの実 1905


イイギリの実 1906


テーマ:青い実 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/07(土) 12:09:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する