「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

梔子

クチナシ (アカネ科クチナシ属)

♪今では指輪も 回るほど・・・・
  クチナシの白い花 お前の様な花だった♪

渡哲也のヒット曲ですが、この歌に歌われているのは、八重咲きのクチナシでしょう。
美しい八重咲きのクチナシは実をつけません。
クチナシ1003


実を付ける一重咲きのクチナシは蕊をタコが覆っている気色悪い花です。
♪お前の様な~ と言われても嬉しくありません。
クチナシ003

実が開かないことから「口が無い」というのが名前の由来ですが。
タコの足の付け根が口になっているのですが、ここが「朽ちない」ので実が開かないのです。
クチナシの実からは赤、青、黄の3色の食紅が作れます。
おせち料理の栗きんとんにもクチナシの黄色が使われることがあります。
クチナシの実を潰して水に漬けて見たところ、栗きんとんの黄色が出来ました。

クチナシ 1801


クチナシ 1802


クチナシ 1803


クチナシ 1804


クチナシ 1805

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/07(日) 22:27:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

野茨

ノイバラ (バラ科バラ属)

なんの役にも立たないノイバラです。
クリスマスリースなどに使ったらいかがでしょうか?
キリストの受難の象徴でもありますし。

ノイバラ 1701


ノイバラ 1702


ノイバラ 1703


ノイバラ 1704

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/25(月) 23:46:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

蔓梅擬

ツルウメモドキ (ニシキギ科ツルウメモドキ属)

リースとして飾られていたり売られているのは時々見かけますが、野生の物は初めて見ました。
飾りとしてのリースは円形に束ねられてることが多いですが、野生の物は直線的にぶら下がっている感じです。
花や実が梅に似ているというのではなく、葉が梅の葉に似ていることよりツルウメモドキと名付けられているのは、
モチノキ科のウメモドキと同じです。

ツルウメモドキ  1701


ツルウメモドキ  1702


ツルウメモドキ  1703


ツルウメモドキ  1704


ツルウメモドキ  1705

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/21(木) 23:23:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小真弓

コマユミ (ニシキギ科ニシキギ属)

赤い実の表皮がくるっとむけて、アジャリの帽子を被った可愛い種になります。
因みにアジャリ(阿闍梨)の帽子は開きかけのハスの葉を模したものです。
因みに阿闍梨とは千日修行(千日回峰行)を終えた比叡山天台宗の坊さんのことです。
因みに千日回峰行は975日間です。

コマユミ  1701


コマユミ  1702


コマユミ  1703


コマユミ  1704

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/20(水) 23:40:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

射干玉

ヌバタマ (檜扇(ひおうぎ)の種子)

黒色の枕詞で、
万葉集には何首もの歌が詠まれています。

ぬばたまの、黒髪(くろかみ)変(かは)り、白(しら)けても、痛(いた)き恋(こひ)には、逢(あ)ふ時ありけり
( 黒髪(くろかみ)が白くなって(年をとって)も、せつない想いに出会うこともあるのです)

ヌバタマ 1701


ヌバタマ 1702


ヌバタマ 1703


ヌバタマ 1704

テーマ:黒い実 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/17(日) 20:45:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

青葛藤

アオツヅラフジ (ツヅラフジ科アオツヅラフジ属)

葉っぱが無いとエビヅルと間違えて食べてしまいそうですが、不味くて食えません。
白い粉をふいていて美味しそうですが、有毒植物です。
「つづら」とは昔の衣装ケースですが、旅行に持って行くことから「行李」とも呼ばれます。
お相撲さんが巡業に行くときに持っていくアレです。大昔はつづらの蔓で編んであったのですね。

アオツヅラフジ  1701


アオツヅラフジ  1703


アオツヅラフジ  1702


アオツヅラフジ  1704

テーマ:青い実 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/14(木) 23:03:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

野葡萄

ノブドウ (ブドウ科ノブドウ属)

毒毒しい色の実ですから食べられないのでしょう。
子どもの頃は「くちまがり」と言われて、食べると口が曲がるので口にしたことはありません。
ブドウ科なので食べられるのかもしれませんが、人柱になろうとは思いません。

ノブドウ  1701


ノブドウ  1702


ノブドウ  1703


ノブドウ  1704

テーマ:青い実 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/10(日) 21:50:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する