「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

犬蓼

イヌタデ (タデ科イヌタデ属)

鮎の塩焼は蓼酢で食べると美味しいそうで、蓼酢はヤナギタデの葉でつくります。
蓼の辛味成分はタデオナールというそうですが、
犬蓼は辛くないので役に立たないということから、その名(犬)が付いたそうです。
イヌタデ01



イヌタデ02



犬蓼の撮影をしていたら背景のクズの葉に虫の影が
ムシカゲ01



虫が何かに驚いてこちら側に瞬間移動しました。
イヌタデ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/31(木) 21:45:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白花鴎蔓

シロバナカモメヅル (ガガイモ科カモメヅル属)

ガガイモの花から毛を取ったような花ですが、かなり小さいです。
名前の謂れもよく分かりません。
白い色ではなく薄黄緑色ですし、どこがカモメなの?って感じです。
それに、4枚目の写真では蚊のような小さな虫がオシベとメシベの間に手足を拘束されて身動きできなくなっています。食虫植物なの?
シロバナカモメヅル01



シロバナカモメヅル02



シロバナカモメヅル03



シロバナカモメヅル04

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/30(水) 23:00:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

立薊

タチアザミ (キク科アザミ属)

石川県立自然公園条例(昭和38年石川県条例第45号)第13条第4項第8号の規定により、許可を受けなければ採取し、又は損傷してはならない高山植物として指定されていますので慎重に撮影させていただきました。
しかし、この条例には数十種の植物が指定されていますが、条例自体も知らないし花の名前も知らない人が殆どですね。
タチアザミ01



タチアザミ02



タチアザミ03



タチアザミ04

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/29(火) 23:02:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

大根草

ダイコンソウ (バラ科ダイコンソウ属)

珍しい花だと思って撮ったのですが、名前が分かりませんでした。
ネットをググリまくっても分からずギブアップ。
何の草花掲示板のお世話になり、花ではなく実(花後=未熟な実)だということが分かりました。葉っぱが大根の葉に似ているので大根草と名付けられています。
ダイコンソウ01



カニの足みたいですが先端の第一関節がとれてカギ状になります。
ダイコンソウ02



ダイコンソウ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/28(月) 21:59:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

自然薯

ジネンジョ (ヤマノイモ 科ヤマノイモ属)

能登海浜道路沿いにはジネンジョが沢山生えていて、若い頃は家族連れで自然薯掘りに出かけたものです。
砂地ですから比較的簡単に掘り出すことができました。
自然薯は地面に落ちたムカゴから根と芽を出して増えたり、風に飛ばされた実で増えることもできます。
自然薯は雌雄異株で、写真の実は雌花が受粉して結実したものです。


ジネンジョ01



雌花
ジネンジョ02



雄花
ジネンジョ03




ジネンジョ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/27(日) 22:26:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

水玉草

ミズタマソウ (アカバナ科 ミズタマソウ属)

実にカギが密生して付いているのでミズタマソウと名付けられたらしいのですが、水玉に見えます?
私には、見えません!
ミズタマソウ01



ミズタマソウ02



ミズタマソウ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/26(土) 00:14:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

苔弟切

コケオトギリ (オトギリソウ科ヒメオトギリ属)

弟切草よりかなり小さく、花や葉に弟切草のような血シブキのような黒い点もありません。
コケオトギリ01



コケオトギリ02



コケオトギリ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/24(木) 22:22:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

秋の田村草

アキノタムラソウ (シソ科アキギリ属)

秋らしい名前ですが「田村草」というのが気に掛かります。
田んぼとか村に咲いているのか? 田村さんが発見したのか?
インターネットでググってみたところ「多紫草」ということもあるらしい。
紫の小花がたくさん付いているからということです。
写真の色目を濃くして鮮やかな紫色の花にしました。
オシベは分かりやすいのですがメシベが見当たりません。
アキノタムラソウ01



オシベを強調しました。
アキノタムラソウ02



こちらはメシベを強調してみましたが、ちょっと分かりづらいですね。
アキノタムラソウ03



アキノタムラソウ04

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/23(水) 19:20:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

釣鐘人参

ツリガネニンジン (キキョウ科ツリガネニンジン属)

キキョウ科のツリガネニンの花は五裂ですが、写真の花は七裂でした。
蕾の状態では五裂の花が咲くようなので、先端の花のみが七裂なのかもしれません。
釣鐘人参は田んぼの畦や土手など、どこにでも咲いています。
ツリガネニンジン01



ツリガネニンジン02



ツリガネニンジン03



ツリガネニンジン04

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/22(火) 23:38:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

クズ (マメ科クズ属)

川原を覆い尽くすほどの勢いで成長しています。
昔は家畜の飼料として有用でしたが、近頃は全く用を成しておらず、雑草としか見られていません。

葛は石川県の宝達山でとれる宝達葛が有名で、金沢の夏の和菓子には葛きり、葛饅頭があります。
我が家の薬箱には葛根湯が入っています。風邪のひき始めに葛根湯を飲めば大事に至りません。
クズ01



クズ02



クズ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/21(月) 22:49:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

蘿摩

ガガイモ (ガガイモ科ガガイモ属)

ジャガイモではありません。
ガガイモの名の由来には葉がガガ(スッポン)に似ている等の諸説があります。
花はヒトデにそっくりです。
捻じ曲がったフェンシングの剣みたいのがメシベで、オシベは5枚でメシベを取り囲んでいる鍔(ツバ)のようなものです。
ガガイモ01


ガガイモ02


ガガイモ03


ガガイモの実(2005/09/24撮影)
ガガイモ04

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/19(土) 22:55:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

長葉水葵

ナガバミズアオイ (ミズアオイ科ポンテデリア属)

ナガバミズアオイ01


ナガバミズアオイ02


ナガバミズアオイ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/18(金) 22:57:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小水葱

コナギ (ミズアオイ科ミズアオイ属)

コナギは最強にして最悪の水田の雑草といわれています。
小さい水葱(ナギ)と書くように水葱(別名:水葵(ミズアオイ))によく似ています。
ミズアオイは絶滅危惧種で田んぼの除草剤によって急激に減少しましたが、コナギの方はしぶとく生き残って雑草としての面目を保っているようです。
コナギ01



雄蕊(オシベ)は6本あって、不思議なことに5本が黄色で1本が紫色です。なんでかなぁ~?
コナギ02



農道の側溝に生えていたのを見つけたときは、ミズアオイだとおもったのですが、葉の特徴からコナギだろうということになりました。
ミズアオイの葉は名前が示すようにアオイの葉ににてハート型で、コナギの葉は細長い。
コナギ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/18(金) 08:58:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黄烏瓜

キカラスウリ (ウリ科カラスウリ属)

黄烏瓜から採れる澱粉がアセモの薬となる天花粉(ベビーパウダー)だってこと知っていました?
キカラスウリ01


素麺のような細い花びらがどのように収納されているのかが知りたくて開花の様子を観察してみました。
上の写真は早朝に撮ったものですが、左下に2個見えるのが蕾です。
日中の蕾は閉じたままですが、下の写真のように夕方の7時頃から徐々に開き始めます。
キカラスウリ02


30分もすると、この位開きます。
キカラスウリ03


1時間でほぼ開花しました。
キカラスウリ04


黄烏瓜は雌雄異株(シユウイシュ)で、上の写真の花は雄株の雄花です。
雄株は多く見られますが雌株は少なくなかなか見つけられませんでした。
下の写真が雌株の雌花です。
キカラスウリ05



雌花には小さな丸い実が付いています。
キカラスウリ06

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/16(水) 21:22:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

水稲

スイトウ (イネ科イネ属)

夏休みの宿題(高砂大学?)の自由研究でイネの開花を調べてみました。

6時52分4秒
風がほとんどなく撮影には最適です。ショッピングセンターの屋上から田んぼに朝日が射し始めました。
イネ065204


7時22分58秒
朝日とクモの巣の角度によって虹の出方に変化があってなかなか面白い。暫らくクモの巣の撮影で暇つぶし。
イネ072258


7時28分40秒
この水稲には角(ツノ)があります。穫り入れの時に肌に刺さると痛いでしょうね。
イネ072840


7時29分54秒
まだ開く様子がありませんね。
って言うか、これらのモミは昨日開いたと見えて中身が空です。
薄茶色の袋は昨日開いた時空になった雄蕊の残骸です。
露の影が小さな丸となって写っています。
イネ072954


9時24分18秒
田んぼの畦を行ったり来たりして、ようやく開花した花を発見しました。
雄蕊の葯(ヤク)には花粉がたっぷり入っています。
エイ(青いモミ)の間からメシベが顔を出しているのも見えます。
イネ092418


10時26分00秒
あっちこっちの穂からいっせいに花が開き始めました。
写真中央に写っているのが開いた花で、白く写っているのは花粉を出し終わった雄蕊(オシベ)の葯(ヤク)、黄色いのはまだ花粉が残っている葯です。
その上に写っているのはもうすぐ開くエイで雄蕊の花粉の黄色が薄っすらと透けて見えます。
イネ102600


10時28分24秒
上の写真で上部に写っていた閉じていたエイが開いたところです。
イネの花には花びらがありません。
オシベのヤクは満タン状態です。
イネ102824



10時36分02秒
上の写真から1分30秒後にはもう完全に開きました。
雄蕊(オシベ)の葯(ヤク)に入っている花粉は風に飛ばされてすぐに空になり白く見えます。
イネの花が白くみえるのは、空になった葯(ヤク)のせいなんですね。
イネの開花は2時間程の間で、この後エイが閉じて二度と開くことはないのだそうです。
閉じるまで確認したかったのですが、あ~腹へったぁ!
イネ103602

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/13(日) 16:47:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

水引

ミズヒキ (タデ科タデ属)

上の花びらが赤、下の花びらが白、左右の花びらは上半分が赤、下半分が白。
花全体では上半分が赤、下半分が白となって熨斗(のし)の水引に似ています。
ミズヒキ01


後姿
ミズヒキ02


ストロボで撮りました。
ミズヒキ03



ミズヒキ04

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/13(日) 15:24:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

露草(黄色)

ツユクサ (ツユクサ科ツユクサ属)

花びらの一部が黄色のツユクサを見つけました。
同じ株の3個の花は全て同じように黄色い色がついていました。
ツユクサ004



ツユクサ005


ツユクサ006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/12(土) 22:52:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

露草(白花)

ツユクサ (ツユクサ科ツユクサ属)

花びらだけでなく、花びらにいちばん近い3本の雄蕊も白色でした。
真ん中の1個の雄蕊と先端の2個の雄蕊は普通のツユクサの黄色でした。
ツユクサ004



ツユクサ002



ツユクサ003



ツユクサ001

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/12(土) 20:33:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

檜扇

ヒオウギ (アヤメ科ヒオウギ属)

花が檜扇ににているのでこの名前が付いたのかと思っていましたが、葉の生え方が檜扇に似ているからだったんですね。
この花、朝寝坊の為8時を過ぎないと開きません。
ゆっくり写真を撮っていると会社に遅刻してしまいます。
真っ黒の枕詞「ヌバタマ」はこの花の実のことです。
萎んだ花がねじれているのは強制受粉の為らしいですね。
ヒオウギ01



ヒオウギ02



ヒオウギ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/12(土) 00:04:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

西洋風蝶草

クレオメ (フウチョウソウ科クレオメ属)

和名の西洋風蝶草は西洋の風蝶草で、西洋風の蝶草ではありませんよ。
クレオメ01



クレオメ02



クレオメ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/10(木) 22:35:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

虫達

花撮影の合間に撮った小動物です。

ショウリョウバッタ:白いのはクモの抜け殻です。バッタは何処?
ショウリョウバッタ



ナナフシ:只の枯れ枝ですね。
ナナフシ



シオヤアブ:お陀仏のアブさんは複眼なのに閉じているように見えます。
シオヤアブ

http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-370.html
ザトウムシ:胴体が2mm位ですから50頭身です。
ザトウムシ



アマガエル:朝日にお腹を暖めていました。
アマガエル


クモ:本当は背中側を撮りたかったのですが、この撮影後に巣が破れてしまいました。
クモ

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/09(水) 23:17:10|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

蒲公英

タンポポ (キク科タンポポ属)

ビーズのワイングラスみたい?です。
タンポポ01



タンポポ02



タンポポ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/09(水) 21:34:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

薄荷

ハッカ (シソ科ハッカ属)

とても爽やかな臭いが、   しません。
私には強くて嫌な臭いに感じます。
ハッカ01



ハッカ02

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/09(水) 21:29:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

睡蓮

スイレン (スイレン科スイレン属)

スイレン01



スイレン02

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/09(水) 20:28:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

匙雁首草

サジガンクビソウ (キク科 ガンクビソウ属)
これほど目立たない花も珍しい。
色も無く形も地味で色気も何も無いのです。
煙管の雁首に似ています。
サジガンクビソウ01



サジガンクビソウ02



サジガンクビソウ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/08(火) 23:29:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

苦草

ニガクサ (シソ科ニガクサ属)

花びらが破けて雌蕊や雄蕊が花ビラより上に突き出ている様に見えますが、破けているのではなく、本来こんな花です。
残念なことに、名前が分かっていれば味を確認するところですがあとの祭りです。
ニガクサ01



ニガクサ02




ニガクサ03

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/07(月) 19:30:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

弟切草

オトギリソウ (オトギリソウ科オトギリソウ属)
物騒な名前が付いていますね。
訳(情報の漏洩)あって兄が弟を切った時の血シブキが黒い斑点となって残っているのだそうです。
薬草としてはかなりの薬効がみられ、うつ病にも効くらしい。
オトギリソウ01



オトギリソウ02

http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-79.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/07(月) 19:19:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

房藤空木

フサフジウツギ(フジウツギ科フジウツギ属)

フサフジウツギ01



フサフジウツギ02

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/07(月) 19:04:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

溝隠

ミゾカクシ (キキョウ科ミゾカクシ属)

ミゾカクシは雄性期から雌性期と変化する植物です。
どれが花びらで、どれが雄蕊で、どれが雌蕊かわかりませんね。

この写真は雄性期で蛇が鎌首を持ち上げたように見えるのが雄蕊です。
ミゾカクシの雄蕊は葯がくっついた袋状になっていて内部に花粉がたまります。
ミゾカクシ01



こちらが雌性期で雄蕊の袋を破って雌蕊が出た状態です。露がついて丸く見えます。
ミゾカクシ02



雄蕊の袋を突き破って雌蕊が出ようとしています。
ミゾカクシ03



雌蕊が完全に出た状態で、雌性期。
ミゾカクシ04



雌蕊を後ろから撮って見ました。
ミゾカクシ05

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/06(日) 12:16:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

向日葵

ヒマワリ (キク科ヒマワリ属)

夏の花の代名詞ヒマワリには青空が似合う。
って、ただ下から撮っただけ。
4枚とも同じ花です。
ヒマワリ01


朝日に向かうヒマワリ。
ヒマワリ02


背景が青いと爽やか。
ヒマワリ03


こちらは、暑そうな感じが出ているかな?
ヒマワリ04

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2006/08/06(日) 00:44:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する