「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

嫁菜

ヨメナ (キク科ヨメナ属)

ヨメナは名前に「菜」が付くところをみると食用になるようです。
野紺菊(ノコンギク)と見分けが付かないくらい似ていますが
ヨメナはヨメナ属、ノコンギクはシオン属です。

写真の2枚目~4枚目は虫が写っています。虫が苦手な人はクリックしないでください。
ハナグモは、隠れもしないで花の真ん中で獲物を待っていますが、他の昆虫からは見えないようになっているのだそうです。
ヨメナ001



ヨメナ002



ヨメナ003



ヨメナ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/31(水) 19:57:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

白山菊

シラヤマギク (キク科シオン属)

清楚で可憐な花を連想する名前ですが、度が過ぎて哀れさを感じるほど地味な花です。草丈も高く葉も大きいので婿菜(ムコナ)とも言われます。
シラヤマギク001



シラヤマギク002

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/30(火) 22:24:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

胡麻菜

ゴマナ (キク科シオン属)

野菜の様な名前ですが、キク科の野草です。
引き付けるような美しさはありませんが、素朴な美しさを感じます。
若芽は山菜として食用になるそうです。
ゴマナ001



ゴマナ002



ゴマナ003

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/29(月) 20:30:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

薙刀香需

ナギナタコウジュ (シソ科ナギナタコウジュ属)

花序が薙刀(ナギナタ)に似ているので付いた名前と思われます。
小花が可愛いかなぁと拡大してみましたが、ガッカリでした。
ナギナタコウジュ001



ナギナタコウジュ002



ナギナタコウジュ003



ナギナタコウジュ004



ナギナタコウジュ005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/27(土) 19:49:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

野紺菊

ノコンギク (キク科シオン属)

舌状花は薄紫で筒状花は黄色、野にあって清楚な花です。
ノコンギク001



ノコンギク002



ノコンギク003



ノコンギク004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/26(金) 22:22:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

車葉白熊

クルマバハグマ (キク科コウヤボウキ属)

名前の由来は葉の形が矢車に似ていて、花が終わった後の綿毛がハグマに似ていることから・・・
ハグマは白熊と書きますが、毛槍の先に付いている白い毛のことを言います。この毛はヤクの毛で作られていて、白い毛をハグマ(白熊)、赤い毛をシャグマ(赤熊)、黒い毛をコグマ(黒熊)と言います。
クルマバハグマ001



クルマバハグマ002



クルマバハグマ003



クルマバハグマ004



クルマバハグマ005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/25(木) 20:01:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

鵯花

ヒヨドりバナ (キク科ヒヨドリバナ属)

これは、フジバカマの野生種ではないかとせっせと写真を撮ったのですが、先日撮った我が家のフジバカマとは葉っぱが全く違うし8月の下旬に撮ったヒヨドリバナ(写真5枚目)と同じ花でした。
ヒヨドリバナ001



ヒヨドリバナ002



ヒヨドリバナ003



ヒヨドリバナ004



ヒヨドリバナ005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/24(水) 21:00:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

雄山火口

オヤマボクチ(キク科オヤマボクチ属)

大昔、葉の繊維が火打石の火を受けることに使われたのでその名が付いたのです。
黒色の花を付けるがこれはオシベの色が黒いからそう見えるのです。
冠毛は薄茶色、筒状花は赤褐色で、オシベの下半分が白、そして黒いオシベの先端には白い花粉が付き、そこを突き破って薄紫のメシベが出てきます。
オヤマボクチ001



オヤマボクチ002



オヤマボクチ003



オヤマボクチ004

オヤマボクチ005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/23(火) 22:52:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

北国薊

ホッコクアザミ (キク科アザミ属)

アザミ属は本当に分りづらくて、同定が難しいんです。
同定不能では「童貞で不能」で役立たずみたいなので、より近いと思われるホッコクアザミとしました。
ホッコクアザミの特徴は総苞片があまり反り返らないことと総苞(ガク)が短いことなのだそうです。
ホッコクアザミ001



ホッコクアザミ002



ホッコクアザミ003



ホッコクアザミ004



ホッコクアザミ005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/22(月) 20:58:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

加賀野薊

カガノアザミ (キク科アザミ属)

カガノアザミを漢字にする場合「加賀の薊」なの「加賀の野薊」なのかよく分りません。
総苞が捲れていないところがタムラソウと良く似ていますが、それがカガノアザミの特徴です。葉に棘があるのでアザミ属です。
カガノアザミ001



カガノアザミ002



カガノアザミ003



カガノアザミ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/22(月) 00:06:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

丹群草

タムラソウ (キク科タムラソウ属)

和名の当て字が、田村草とか多紫草とかなんですが丹群草というのもあって、これが気に入りました。
丹とは丹頂鶴の頭のような赤い色を指すので、タムラソウの紫色とはちょっと違うんですが・・・。
アザミと良く似ていますが総苞片(ガク片)が開いていないのと、葉に棘がないのでタムラソウ属なのだそうです(「なんの花」サイトで教えてもらいました)。
タムラソウ001



タムラソウ002



タムラソウ003

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/20(土) 20:53:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

金木犀

キンモクセイ (キンモクセイ科キンモクセイ属)

昨晩、娘がクッキーを焼いていまして思い出しました。
『金木犀の花に似ているなぁ』と。
芳香剤の香りのクッキーって食べる気になりますか?
キンモクセイ001

キンモクセイ002

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/20(土) 20:08:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

藤袴

フジバカマ (キク科フジバカマ属)

秋の七草の一つです。
野生のフジバカマは絶滅危惧種で殆んど見かけることはなく、
たいていは園芸種(サワフジバカマ)が野生化したものだそうです。
写真の花は我が家の物置の裏に咲いているので、間違いなく園芸種です。
フジバカマ001



フジバカマ002



フジバカマ003



フジバカマ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/19(金) 23:06:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

秋桐

アキギリ (シソ科アキギリ属)

桐の花に似ていることから秋桐と名付けられたのでしょう。
山地の日陰に生える和製のサルビアです。
鮮やかな青紫色がとても美しい花ですね。
アキギリ001



アキギリ002



アキギリ003

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/18(木) 22:30:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

山陰引起

サンインヒキオコシ (シソ科ヤマハッカ属)

同じシソ科ヤマハッカ属のアキチョウジやカメバヒキオコシとそっくりなので、同定するのに苦労しました。
小さな花ですが鮮やかな青紫がきれいです。
サンインヒキオコシ001



サンインヒキオコシ002



サンインヒキオコシ003



サンインヒキオコシ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/17(水) 22:10:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

姫紫蘇

ヒメジソ (シソ科イヌコウジュ属)

ヒメジソに良く似たイヌコウジュというのもあって同定は難しいのですが、とりあえずヒメジソということで・・・
あまり深い詮索は精神衛生上避けましょうね。
ヒメジソ001



ヒメジソ002



ヒメジソ003



ヒメジソ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/16(火) 19:06:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

落花生

ラッカセイ (マメ科ラッカセイ属)

今の今まで、落花生は根っこに生るものだと思っていました。
『この花が受粉して落花生になります(冗談ですよ~)』って書こうと落花生で検索したところ、その通りでした。

ではありません。
受粉した花の子房が槍のように地中に向かって伸びていって地面に潜り込み、地中で実を付けるのだそうです。
しらんかったー。
ラッカセイ001



ラッカセイ002



ラッカセイ003

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/15(月) 22:05:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

浜栲

ハマゴウ (クマツヅラ科ハマゴウ属)

ハマゴウの実は熟すると表面が黒く枯れた実となって海水に浮きます。
潮風に飛ばされた実は潮流に乗って別の浜に流れ着き、子孫を増やすのでしょう。
早朝に浜で写真を撮っていましたら、大きな桃が流れてきました。(?)
家に持って帰ると、婆さんが「どうすんのよ、こんな粗大ゴミ!」と恐い。
ハマゴウ701



ハマゴウ702


砂浜に半分以上埋まったプラスチックの巨大な浮きを見つけました。
これほど大きな物は滅多とお目に掛かりませんから
『ラッキー、早起きは三文の得だね~』とほくそ笑んだ「おるごどん」でした。
ところが、どれだけ引いても、どれだけ掘っても砂浜から掘り出すことができません。底に付いた綱が地球に埋まっているのでした。
まさか、ドッキリカメラではないでしょうねと周りを見渡しました・・・。
早朝の砂浜で孤軍奮闘しましたが、地球に根を張っている以上掘り出すのは無理と判断し、カッターナイフをとりに一旦帰宅・・・。
 家に持って帰って計ると直径50cmで、自己新記録でした。
左のガラスのビン玉が直径一尺一寸ですから、いかに大きいか分ると思います。
ビンダマ001


左は先日オークションで競り落とした、一尺二寸の超レアな茶色いビン玉。
右は20年程前に能登島で拾った超レアな一尺三寸のオーシャンブルーのビン玉で、先日クレモナロープ30mで編み上げました。
ビンダマ002


ビン玉にはブランドマークの刻印がされたものもあります。
これは日本語ではナダと読めます。
ビンダマ003


これは漢字で「北」です。
ビンダマ004


可愛い2寸玉。
左は数ヶ月前に海で拾った無印。
右はバッタ屋で300円で買ったもので、ハングル文字が刻印されています。韓国から流れてきたもので、今流行りの「韓流」です。
ビンダマ005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/14(日) 21:17:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

大毛蓼

オオケタデ (タデ科イヌタデ属)

蓼食う虫も好き好きといいますが、そろそろタデ科の花にも飽きてきました。
オオケタデはオオイヌタデより大きくて花も美しく、観賞用に庭や畑に植えられています。
オオケタデ001



オオケタデ002



オオケタデ003



オオケタデ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/13(土) 21:00:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

丸葉藍

マルバアイ (タデ科イヌタデ属)

「君子曰く、学は以(も)って已(や)むべからず。青は藍より出でて藍より青く、冰(こおり)は水これを為(な)して、水よりも寒(つめた)し」

藍の花は赤い。
藍もタデ科の仲間です。
マルバアイ001



マルバアイ002



マルバアイ003



マルバアイ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/12(金) 22:42:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

大犬蓼

オオイヌタデ (タデ科イヌタデ属)

花穂が大きくて枝垂れているのでイヌタデでは無いようだし、
かといって園芸種のオオケタデ(大毛蓼)ほども美しくなく、花も小さいのでオオイヌタデでしょうね。
オオイヌタデ001



オオイヌタデ002



オオイヌタデ003



オオイヌタデ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/11(木) 22:25:03|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:6

犬蓼

イヌタデ (タデ科イヌタデ属)

朝日や夕日に照らされた様は、役に立たない蓼(犬蓼)も眼の保養になります。
殆んどが閉鎖花ですが、それでも確実に実っています。
イヌタデ001



イヌタデ002



イヌタデ003



イヌタデ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/10(水) 22:17:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

秋の鰻攫

アキノウナギツカミ (タデ科イヌタデ属)

茎に小さな棘が無数にあって、この草を手に巻くとヌルヌルしたものでも滑りにくいようです。継子のシリヌグイのように手に刺さることはないので、本当にうなぎを掴むときに使えそうです。
閉鎖花ではないかと思うくらい、開いた花が見当たらず撮影に苦労しました。
アキノウナギツカミ001



アキノウナギツカミ002



アキノウナギツカミ003



アキノウナギツカミ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/09(火) 22:47:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

溝蕎麦

ミゾソバ (タデ科タデ属)

どこにでも咲いていて撮りやすい花ですし、
タデ科では一番美しい花ではないかと思います。
ミゾソバ001



ミゾソバ002



ミゾソバ003



ミゾソバ004



ミゾソバ005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/08(月) 23:36:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

姫蔓蕎麦

ヒメツルソバ (タデ科イヌタデ属)

タデ科では花序が細長いものと丸いものがあり、ヒメツルソバは1mmくらいの小花が密生して1cmくらいの丸い花序となります。
見た目は可愛いんですが、我が家では普通の雑草です。
ツル性でよく伸びるんですが車のタイヤで轢かれて適当に剪定されています。
ヒメツルソバ 001



ヒメツルソバ 002



ヒメツルソバ 003



ヒメツルソバ 004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/07(日) 22:08:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

柳蓼

ヤナギタデ (タデ科イヌタデ属)

ヤナギタデは別名をホンタデ(本蓼)とか マタデ(真蓼)と言われます。
見かけはボントクタデと良く似ていますが、葉を噛んでみるとボントクタデには辛みがありませんが、ヤナギタデは辛いので簡単に区別がつきます。
ヤナギタデ001



ヤナギタデ002



ヤナギタデ003

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/06(土) 20:31:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

凡篤蓼

ボントクタデ (タデ科イヌタデ属)

ボントクは「愚か者」という意味ですが、漢字にどの字を当てはめるのが正しいのか分りません。
葉が酸っぱくない為に、鮎の塩焼き用のタデ酢の材料にならないことから「役立たず」=「ボントク」と名付けられているようです。
蕾の色は鮮やかですし開いた花も可愛いのですが、人の役には立たないようです
ボントクタデ001



ボントクタデ002



ボントクタデ003

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/05(金) 22:14:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

浜栲

ハマゴウ (クマツヅラ科ハマゴウ属)

浜の栲と言うからには丘拷とか山拷とか言うのがあってもよさそうなのですが、ありません。
拷は拷問の拷ですし、名前の謂われは全く分りません。
ハマゴウ001



ハマゴウ002



ハマゴウ003



ハマゴウ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/04(木) 21:50:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

石見川

イシミカワ (タデ科イヌタデ属)

名前の由来は定かではないが、草木名の話が詳しく解説しています。
要約すると
地名に由来した、大阪府河内長野市の『石見川村』説
実の形に由来した、藍色の花被で硬くまいた果実をつけることから『石実皮』説
薬効に由来した、硬い骨でもよく接ぐという意味から『石膠(いしにかわ)』説

黒くて丸い果実を、藍色の厚いガク片で包み込んでいるのが特徴
イシミカワ001



イシミカワ002



イシミカワ003

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/03(水) 22:34:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大春車菊

コスモス (キク科コスモス属)

別名を秋桜というが、秋桜が本名で別名が大春車菊なのかも?
と言うことで、ちょっと変ったコスモスを撮ってみました(笑)

コスモス001



コスモス002



コスモス003



コスモス004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/10/02(火) 22:10:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する