「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

謹賀新年

あけまして おめでとうございます

本年もよろしくおねがいします

年賀08




壁紙つくりました

Holiday1024x768
Holiday1024x768


Holidy1280x1024
Holidy1280x1024
  1. 2007/12/31(月) 23:47:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

山茶花

サザンカ (ツバキ科ツバキ属)

つばきか?
さざんか?
サザンカ001




サザンカ002




サザンカ003

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/12/30(日) 23:52:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

秋炎

オータムファイアー (バラ科シャリントウ属)

「秋炎」なんて木がある訳ではありません。
紅紫檀の仲間で正式には「コトネアスター・オータムファイアー」という名前です。
冬になっても紅葉が落ちず実も真っ赤で、まさに炎という名が相応しいです。
オータムファイアー001



オータムファイアー002



オータムファイアー003

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/29(土) 22:56:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

猿獲茨

サルトリイバラ (ユリ科サルトリイバラ属)

美味しそうな赤い実ですが、カスカスの林檎よりもカスカスで美味しくありません。
私の記憶が確かなら、
この実は青い時の方が林檎に似た味わいがあります。もちろん青林檎の味です。
腹を空かした餓鬼の頃の記憶で、最近は食べていません。
サルトリイバラ001



サルトリイバラ002



サルトリイバラ003

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/28(金) 23:30:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鎌酸実

ガマズミ (スイカズラ科 ガマズミ属)

葉が緑色の頃から赤い実を着けています。
紅葉も落ちて赤い実だけになり、すこし萎びた頃が食べごろです。
名前の通り「酸い実」です。滋養強壮の薬効もあるそうな。
一般的には「莢迷」という中国名を当てますが、幹を鍬や鎌の柄に利用したとのことで
「鎌酸味」を当てる方がピッタリですね。
ガマズミ001



ガマズミ002



ガマズミ003

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/27(木) 22:21:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

冬青

ソヨゴ (モチノキ科モチノキ属)

「戦ぐ」
漢字検定準1級の問題で、「そよぐ」と読みます。
河原の葦が風に吹かれて葉が擦れてザワザワと音をたてる様子なら「戦ぐ」でも良いかな~。
でも扇風機の風量調整で「そよ風」というのはもう少し弱く優しい風をイメージします。
ソヨゴという語源は硬い葉が風に吹かれてサワサワと音をたてるからと謂うことです。
当て字が「戦ご」でなく「冬青」と書くのが粋でステキですね。
ソヨゴ001



ソヨゴ002



ソヨゴ004

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/26(水) 21:39:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

山茱萸

サンシュユ (ミズキ科サンシュユ属)

熊本民謡のヒエツキ節に出てくる「♪庭のサンシュウの木・・・」は山椒の木か、山茱萸の木かってのが気になる木ですが、山茱萸は「サンシュユ」と読むのか「サンシュウユ」と読むのかも気になるところです。

この赤い実は本当に美味しそうですね。一つ盗って食べてみたところ「酸っぱくて、ちょっと渋くてちょっと苦くて、ちょっと甘い」味でした。果汁を薄めてハチミツでも加えれば美味しく飲めそうです。それとも干しブドウのように乾燥させると良いかも。
サンシュユ002




サンシュユ001




サンシュユ003




サンシュウユ003




サンシュウユ001




テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/25(火) 23:19:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

Merry Christmas

Merry Christmas To You

Merry Christmas To You
  1. 2007/12/24(月) 19:15:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梔子

クチナシ (アカネ科クチナシ属)

他所のお宅の玄関先に植えてあるクチナシにオレンジ色の実が付いていました。
梔子の名前の由来は、食用の色素(クチナシ色素)となる実に出口がない(口が無い)ことによるものです。クチナシ色素は最近髪に優しい「毛染め」にも使われているそうです。

一重のクチナシは花の中央にタコが吸い付いているようで面白いです。
ヤクシマクチナシのタコの足は近所のクチナシより足の絡め方がリアルで生きている様でした。
八重のクチナシには実が付かないそうですが、白い花は夕闇に甘い香りを漂わせます。
この香りを嗅ぐと自然と歌ってしまいます。
♪い~までは ゆび~わも ま~わるほど~ 

クチナシ701
クチナシの実(1)



クチナシ702
クチナシの実(2)



ヤクシマクチナシ001
ヤクシマクチナシ(沖縄)



クチナシ003
一重のクチナシ(近所の植え込み)



クチナシ005
八重のクチナシ(近所の公園)




テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/23(日) 22:24:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

飯桐

イイギリ (イイギリ科イイギリ属)

葉が緑の時期には葉の影に隠れた実は目立ちません。(写真5)
周りの木々が紅葉の時期も目立ちません。
冬の落葉樹林で真っ赤な実をたわわに付けたイイギリの大木(樹高5m~10m)に出会うと、あまりの鮮やかさに感動します。
イイギリ001



イイギリ002



イイギリ003



イイギリ004



イイギリ005

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/22(土) 20:00:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

マサキ (ニシキギ科ニシキギ属)

ニシキギ科らしい赤い実が生ります。
真弓・小真弓・錦木の葉は紅葉しますが柾は常緑です。
マサキ001



マサキ002



マサキ003



マサキ004


テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/21(金) 23:29:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

錦木

ニシキギ (ニシキギ科ニシキギ属)

秋になると錦のように紅葉するから錦の木と名付けられた、のでしょう。
幹に付くコルク質の翼は何のためにあるのか未だに不明です。
コルク質は熱伝導がわるいので放熱のためという説は×
葉がなくなっても、葉の変わりに光合成をするという説もコルク質には葉緑素がないので×
鳥がとまり難い様にという説も種族保存の法則に反しているので×
空を飛ぶためという説は植物には当てはまらないので×
で、わたしの考えた説、害虫が卵を産み付けにくいようにという説は○か?×か?
ヒントは写真の中に。
ニシキギ001



ニシキギ002



ニシキギ003

  1. 2007/12/20(木) 20:35:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

小真弓

コマユミ (ニシシギ科ニシシギ属)

小さい真弓です。
実は真弓のようにきれいではありません。
コマユミ001



コマユミ002



コマユミ003

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/19(水) 19:55:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

真弓

マユミ (ニシキギ科ニシキギ属)

野生の真弓はピンクですが、公園では園芸種と思われる白い真弓や緋色の真弓も見かけます。
マユミ001



マユミ002



マユミ003



マユミ004

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/18(火) 22:59:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

越前水仙

エチゼンスイセン (ヒガンバナ科スイセン属)

越前水仙は越前岬に咲く野生の水仙のことで、日本海を望む断崖に咲き誇る水仙の群生は一見の価値があります。時期的には崖一面に咲き揃う1月頃が見ごろですが、日本海から吹き付ける風雪が厳しくってなかなか出かける気になりません。写真を撮るなら天気が落ち着く2月頃が良いでしょう。彼女は花よりカニのほうが好きで、わたしは花よりお酒が好きです。
宿の窓の下は直ぐに日本海でした。
エチゼンスイセン001



エチゼンスイセン002



エチゼンカイガン001



エチゼンカイガン002

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/12/17(月) 18:47:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

棘鬼蘇鉄

トゲオニソテツ (ソテツ科オニソテツ属)

♪赤い蘇鉄の 実も熟れる頃~♪ 
バタやんの「島育ち」で唄われているのは蘇鉄の実ですが
写真に写っているのは蘇鉄の雌花(雌球果)だそうです。
植物園の説明書には「雌株の果実で南アフリカ原産、現地では食用にもされている。生きた化石」とあるが、ネットでググルとワシントン条約で保護されている植物だそうです。
実(?)の大きさはラグビーのボールほどもあります。
これが花だといっても誰も信じないでしょうが、マツボックリ(松の雌花)と同じだと思えば納得できるかも・・・・
トゲオニソテツ001



トゲオニソテツ002



トゲオニソテツ003

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/15(土) 18:14:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

鵯上戸

ヒヨドリジョウゴ (ナス科ナス属)

柄の部分の形と色がナスビにソックリなので好きです。
赤い実の中が透き通って種が見えます。
ヒヨドリジョウゴ001



ヒヨドリジョウゴ002



ヒヨドリジョウゴ003

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/14(金) 22:43:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

野葡萄 山葡萄

ノブドウ (ブドウ科ノブドウ属)
ヤマブドウ (ブドウ科ブドウ属)

良く似ているといわれていますが、実は全く似ていません。
野葡萄の実はは白とか青とか紫でとても綺麗ですが、食べられません。
子どもの頃、「クチマガリ」と言っていました。
山葡萄の実は黒く本物の葡萄を小さくした感じで、食べられます。
子どもの頃、美味しいと感じましたが、今はちっとも美味しくありません。
ノブドウ001



ノブドウ002



ノブドウ003



ヤマブドウ001



ヤマブドウ002



ヤマブドウ003

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/13(木) 21:50:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

一両 十両 百両 千両 万両

ツルアリドウシ (アカネ科ツルアリドウシ属)
ヤブコウジ (ヤブコウジ科ヤブコウジ属)
カラタチバナ (ヤブコウジ科 ヤブコウジ属)
センリョウ (センリョウ科センリョウ属)
マンリョウ (ヤブコウジ科ヤブコウジ属)

縁起物の植物ですが、お金持ちの家では見かけません。
一両は蟻通なんですが、何処のお宅にも見当たりませんので山の蔓蟻通で代用しました。
十両は藪小路で、我が家の玄関先にいくつも生っています。(極貧なのか赤貧なのか?)
百両は通勤途上の他所のお宅の玄関にありまりました。(国民年金受給者?)
千両も同情
万両も同上
一両001


一両002


十両002


十両001


百両001


百両002


千両001


千両(黄色)


万両001


万両002

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/12(水) 21:22:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

柿木

カキノキ (カキノキ科カキノキ属)

甘柿なのか渋柿なのか?
昔は他所の庭に生っている柿でも一つや二つは盗って食べたものですが、
誰も盗ろうとしないところをみると渋柿かな。
熟すまで待って「蕎麦柿」で食べると美味しいのだが・・・・・
で、ソバガキをネットでググってみたところ私の思っていたものとは別の食べ物でした。

私の記憶が確かなら、
炒った蕎麦粉に砂糖と塩を少々入れて、そこに熟した柿を入れてまぶして食べたような気がするのだが、我が家だけの食べ方だったのか?
そこで、兄貴に電話で確認したところ、たしかにそのようなものは時々食べたけど、その時の柿は井戸の横にあった「ショウブガキ」であったそうな。ショウブガキってどんな柿だったっけ?
その電話を横で聞いていたコイ女房が「それは、蕎麦粉ではなく『はったいこ』じゃないの、炒った麦を挽いて粉にしたものに熟し柿を入れたものを『おちらし』と言っておやつに食べたわよ」と おっしゃいます。
私の記憶が不確かなら、
「蕎麦柿」という食べ物は存在しない。
カキ001



カキ002


カキ003

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/10(月) 22:23:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

野大角豆

ノササゲ (マメ科ノササゲ属)

薄紫の鞘(サヤ)の色が素敵です。
一ヶ月も前に撮ったのですが、なかなか出番がありませんでした。
ノササゲ001



ノササゲ002



ノササゲ003

テーマ:青い実 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/09(日) 21:59:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ススキ (イネ科ススキ属)

秋の七草のひとつ、尾花は花穂が動物の尻尾のようだから付いた名前です。ススキのほうは、「スクスク育つからススキと言われるようになった」との説があるそうですが、かなり無理があります。
ススキも紅葉するんですね。
オバナ001



オバナ002



オバナ003



オバナ004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/12/07(金) 23:38:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

南京櫨

ナンキンハゼ (トウダイグサ科シラキ属)

櫨の木はウルシ科で秋には紅葉し、実から蝋(ロウ)が採れます。
ナンキンハゼはトウダイグサ科ですが、秋には紅葉しますし、ロウが採れることから櫨(ハゼ)の名が付いています。「ナンキン」は中国原産だから付いたものと思われます。
ナンキンハゼ001



ナンキンハゼ002



ナンキンハゼ003



ナンキンハゼ004

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/06(木) 21:15:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ツタ (ブドウ科ツタ属)

古い女房(「こいにょうぼう」と読む)が高熱を出してダウンしました。
モトカノとか愛人とか恋女房とか、わがままな亭主に尽くし過ぎたのでしょうか。可愛い孫が帰ったとたんに寝込みました。
病院の予約とか、生ゴミ出しとか、娘の送り迎えとか、ご飯の支度とか、会社のお仕事とかで休む暇がありません。
早く良くなってチャブダイ、お願い。

葉っぱの落ちたツタの太い幹を見ると草本ではなく木本であることがわかりますし、実をみるとブドウ科であることにも再認識させられます。
ツタ001



ツタ002



ツタ003



ツタ005



ツタ006

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

  1. 2007/12/05(水) 21:11:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

満天星躑躅

ドウダンツツジ (ツツジ科ドウダンツツジ属)

近所の垣根や街路樹に使われているのですが、紅葉になるまで人目を引きません。我が家でも玄関に植えています。
ドウダンツツジ701



ドウダンツツジ702



ドウダンツツジ703



ドウダンツツジ704

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

  1. 2007/12/04(火) 23:23:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ケヤキ (ニレ科ケヤキ属)

会社の前の街路樹にケヤキが植えてあって、毎日大量の葉っぱが落ちて困っています。
掃除するのは止めました。
風に飛ばされて無くなる事を願うのみです。
ケヤキ001



ケヤキ002



ケヤキ003

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

  1. 2007/12/04(火) 00:02:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

山紅葉

ヤマモミジ (カエデ科カエデ属)

モトカノと山中温泉へ行く途中、紅葉の名所「那谷寺」で紅葉狩りをしました。
芭蕉が奥の細道で「石山の 石より白し 秋の風」と詠んだのはこの山(写真10)です。
ヤマモミジとイロハモミジはちょっと違うのだそうで、わたしには分りませんがいずれにしてもカエデ科カエデ属です(そんなの関係ねぇ!)
写真のカエデがヤマモミジということではなく、お山が紅葉だったので「山紅葉」とお題をつけました(苦しい言い訳)
ナタデラ001


ナタデラ002


ナタデラ003


ナタデラ004


ナタデラ005


ナタデラ006


ナタデラ007


ナタデラ008


ナタデラ009


ナタデラ0010

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

  1. 2007/12/02(日) 17:33:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する