「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

亀甲麒麟

キッコウキリン (トウダイグサ科ユーフォルビア属)

花は、
同じユーフォルビア属の花キリンの花から総苞(くちびるの形に見える花びらの部分)を取り去った形に似ています。
一見してサボテンの様に見えますが、棘座(シザ=棘が生えてくる部分の白い綿毛の生えている部分)がないのでサボテン科には分類されません。
棘のように見える部分も先端で枝分かれしているみたいですし、この尖がった棘の様な物は枝なんでしょうか?葉なんでしょうか?
亀甲キリン801



亀甲キリン802



亀甲キリン803

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/31(木) 20:57:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

花月錦

カゲツニシキ (ベンケイソウ科クラッスラ属)

斑入りで紅葉すると「錦」となります。
五円玉をくっ付けられて俗に言う「金の生る木」ですが、
守銭奴団体からは、「お金を粗末にするな~」とか
植物愛護団体からは、植物虐待だとか言われております。
虐待ついでに
なかなか出番の無かった鉄を食べる植物の写真も掲載させていただきました。
花月錦801



花月錦802



花月錦803



花月錦804



金属食植物001



金属食植物002

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/30(水) 20:11:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ユリオプスデージー

ユリオプスデージー (キク科ユリオプス属)

多年草で、年中花を咲かせています。
旺盛な成長力と強靭な生命力で切っても刈ってもへこたれません、雪を被ってでも咲いています。
ユリオプスデージー801



ユリオプスデージー802



ユリオプスデージー803

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/01/29(火) 19:22:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

蝋梅

ロウバイ (ロウバイ科 ロウバイ属)

花びらが蝋細工の様に見えることから蝋梅と名付けられていますがウメ科ではありません。
そもそもウメ科という科はなく、梅はバラ科サクラ属です。
ロウバイ801



ロウバイ802



ロウバイ803

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/01/28(月) 19:22:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

六華

リッカ(雪)

今朝は今年一番の冷え込み、今年一番の積雪でした。
(といってもたかが15cm、午後には解けてしまいました)
リッカ801



リッカ802



リッカ803



リッカ804

テーマ:四季 -冬- - ジャンル:写真

  1. 2008/01/27(日) 16:56:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

花麒麟

ハナキリン (トウダイグサ科ユーフォルビア属)

くちびるの様な形の花は、別名キスミークイックと言われています。
どれが花びらでしょうか?

花キリン801



花キリン802



花キリン803



花キリン804



花キリン805

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/26(土) 17:54:07|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寿珠姫

ジュジュヒメ (ベンケイソウ科クラッスラ属)

同じクラッスラ属ですが生真面目な私の様なキムナッキーや南十字星の様に規則正しい堅苦しさはありません。
この姫はうちの嫁さんのような団子形で、穏やかで優しい感じです。(花より団子?)
ジュジュヒメ001



ジュジュヒメ002



ジュジュヒメ003



ジュジュヒメ004

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/24(木) 21:18:58|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

南十字星

南十字星 (ベンケイソウ科クラッスラ属)

昨日のキムナッキーに比べると葉が薄いですが、
やっぱり規則正しく並んでいます。
和名の由来は先端部の葉の斑文様が十文字に見えることによるものでしょう。
サザンクロス001



サザンクロス002



サザンクロス003

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/23(水) 20:21:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

寺院

キムナッキー (ベンケイソウ科/クラッスラ属)

寺院という名前の植物ではありませんが、学名が「Budda's Temple」(仏の寺院)です。
本当に規則正しく積み重ねられています。
キムナッキー801



キムナッキー802



キムナッキー803

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/22(火) 19:08:24|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

燈台躑躅

ドウダンツツジ (ツツジ科ドウダンツツジ属)

ドウダンツツジを漢字で書くと「満天星躑躅」とか「燈台躑躅」「灯台躑躅」となっています。
「満天星躑躅」は小花が満天の星の様に咲くから付けられたのではないかと容易に想像できましたが、「灯台躑躅」の方は枝分かれの形が「結び灯台」に似ているからだということでした。
この写真を見ると枝の様というより芽が「灯火」の様に見えることから付けられたのではいかと思えます。
「冬来たりなば 春唐辛子」のようにも見えるし
春を売る少女(マッチ売りの娼女)が暖をとっていた「燐寸」のようにも見えます。
ドウダンツツジ801



ドウダンツツジ802



ドウダンツツジ803



ドウダンツツジ804



ドウダンツツジ805

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/21(月) 19:34:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

山茶花

サザンカ (ツバキ科ツバキ属)

雪の解けた芝生の上に山茶花の花びらが美しく散っていました。
雪も殆んどなくなりましたが、寒いです。
落ちた椿の花も冷たそう・・・
サザンカ001



サザンカ002



サザンカ003



ツバキ001

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/01/20(日) 19:42:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

アリオカープス

アリオカープス (サボテン科アリオカープス属)

棘がなくても棘座があればサボテン科で、
写真の黒牡丹の白い産毛の部分が棘座です。
趣味が高じると道楽となり、「見る」から「集める」になり、
「育てる」から「創る」になり、その道を極めるための苦労が絶えないようです。
黒牡丹001



アリオカープス001



アリオカープス002



アリオカープス003



アリオカープス004



アリオカープス005

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/18(金) 22:31:49|
  2. サボテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アストロフィツム

アストロフィツム (サボテン科アストロフィツム属)

棘の無いサボテンです。
本来は緑色なのですが、赤や黄色の斑が入ったものが珍しがられます。
形も三稜、四稜、五稜から丸いもの、イボイボが着いたものなど多種多様です。
アストロフィツム001



アストロフィツム002



アストロフィツム003



アストロフィツム004



アストロフィツム005



アストロフィツム006



アストロフィツム007



アストロフィツム008

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/17(木) 21:11:48|
  2. サボテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ギムノカリキウム

ギムノカリキウム (サボテン科ギムノカリキウム属)

「美人は三日で飽きるがブスは三日で慣れる」とは愛妻の口癖、
グロテスクな植物も三日で見飽きるのでもっともっとグロテスクなものを・・・・
で、今日はサボテンは緑色であるとの常識を翻す赤いサボテンです。
ギムノカリキウム属001



ギムノカリキウム属002



ギムノカリキウム属003



ギムノカリキウム属004



テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/16(水) 21:48:47|
  2. サボテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

熊童子

クマドウジ (ベンケイソウ科属名コチレドン属)

葉が熊の手に似ているのでつけられた名前でしょうね(爪が多すぎるけど)。
中国の「四大山海珍味」は『熊の手』『フカヒレ』『ナマコ』 』『山伏茸』、食べたことがあるのはナマコ(酢の物)とフカヒレ(春鮫?)。
最後の写真、孫の手より可愛いでしょ、小熊の手ってこれくらい可愛いのかな?
クマドウジ001



クマドウジ002



クマドウジ003



クマドウジ003(斑入り)

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/15(火) 18:51:00|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

緑の鈴

グリーンネックレス (キク科セネシオ属)

蔓性ですから吊り下げるとネックレスのように見えます
多数の小花が集まって花序を形成しているのが菊科の特徴で、
鈴のように見えるのは肉厚の葉で、多肉植物の仲間です。

最後の写真は連休を利用して編み込んだグリーンのビンダマです。
同じ緑色の玉なので同種かと・・・・・。
グリーンネックレス001



グリーンネックレス002



グリーンネックレス003



グリーンのビン玉

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/14(月) 20:51:06|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

唐崎の松 (マツ科マツ属)

冬の兼六園の写真を一枚所望されましたが、
白一色の雪景色ってどう撮るの?

兼六園といえば唐崎の松と雪吊りでしょう。
一本の松の木に雪吊りが4本、吊縄の数にすれば千本くらいになるのではないでしょうか。
兼六園001



兼六園002



唐崎の松001



雪つり001



カンザクラ



マンサク



ロウバイ



コウバイ



テーマ:四季 -冬- - ジャンル:写真

  1. 2008/01/13(日) 21:16:55|
  2. 樹木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

怒涛

ドトウ (メセン科フォーカリヤ属)

ゲテモノとかグロテスクな花が続きましたので、
お目々直しにどうぞご覧ください。
ドトウ001



ドトウ002



ドトウ003



ドトウ004



ドトウ005

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/12(土) 22:35:43|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハート蔓

ハートカズラ (ガガイモ科セロペギア属)

葉の形がハート型で蔓性植物なのでハート蔓と名付けられています。
葉が肉厚なので多肉植物の仲間に入るのでしょう。
吊るすとハート型の葉が鎖状に連なって見えるのでラブチェーンとか、葉にピンク色の斑模様が入って可愛いのでレディハートとも呼ばれます。
葉は女型なんですが、花は男型でちょっとヒワイです(考えすぎか?)。
写真5左下の芋(ムカゴ?)から根が出て簡単に増やせます。写真5中央のようにガガイモ科特有の細長い実から沢山の種も採れます(勝手な想像ですが)。
ハートカズラ001



ハートカズラ002



ハートカズラ003



ハートカズラ004



ハートカズラ005

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/11(金) 19:29:45|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

鸞鳳玉

ランポーギョク (サボテン科アストロフィツム属)

サボテンの接木の台座に茶色のボール!
これナーニ?生きているの?
ボール?サボテン?
1枚目と2枚目を見る限りでは茶色のボールです。
3枚目でサボテンになるのかな~?って感じぃ
4枚目は多分このようなサボテンになるんだろうな~って感じぃ(おるごどんの勝手な想像)
5枚目は先日から凝っているビンダマの網掛けです、肩凝ったよ。
ランポーギョク001



ランポーギョク002



ランポーギョク003



ランポーギョク004



ビンダマの網掛け

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/10(木) 19:39:40|
  2. サボテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Asclepiadaceae

Asclepiadaceae (ガガイモ科)

昨日に引き続き同定不能です。
写真2は鉄の兜の様な頑丈そうな蕾です。
写真5は細長い実で、野山で見かけるカモメヅルの実によく似ています。
Asclepiadaceae001



Asclepiadaceae002



Asclepiadaceae003



Asclepiadaceae004



Asclepiadaceae005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/01/09(水) 21:54:50|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Stapelianthus

Stapelianthus (ガガイモ科スタペリアンサス属)

ガガイモ科なんですが同定不能です。
ネットでググって見ましたがギブアップしました。
Stapelianthus001



Stapelianthus002



Stapelianthus003



Stapelianthus004

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/08(火) 23:19:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

犀角

サイカク (ガガイモ科スタペリア属)

冬に咲くので寒くて襟巻きを着けているのです(ウソだよ~)。
写真1、2より3,4の方が寒がりのようです。
写真5は蕾です。
サイカク001



サイカク002



サイカク003



サイカク004



サイカク005

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/07(月) 22:16:12|
  2. 多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

木の葉女王

プリンセス・リーブス (サボッテン科アッタリマーエ属)

お正月は実家で両親と兄姉揃って過ごしました。
実家は明治以来の家父長制の厳格な家庭で、産まれたときから身分が決まっておりました。長男はアンカ(当て字不明)、次男はオジ(伯父?)、三男の私が木っ葉王子(木っ端伯父)、我が家にはいませんでしたが世間では四男はワンタタキ(椀叩き)と呼ばれておりました。女性はワンタタキ以下とみなされており、姉の身分は不明ですが・・・・。

ということで、木の葉王子の嫁は木の葉王妃でございますが、今は女王様と呼ばされております、ハイ。
サボテンの台木

テーマ:☆☆☆世界美女図鑑☆☆☆ - ジャンル:写真

  1. 2008/01/06(日) 20:43:47|
  2. サボテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初夢

ナス (ナス科ナス属)

初夢の「一富士 二鷹 三茄子」の茄子って何の為? 
越前二之宮(織田劔神社)の境内にある茄子って何の為?


写真の茄子は公園の遊具ではありません。
灯篭の横に「ぞんざい」に放置されておりましたが、
何のため神社に「ナスビ」かが分らず今朝まで悶々としてきました。
今朝、神のお告げで解決しました、年越しの難問が。
ナスビ=成す実=子宝=子孫繁栄
一、富士(不死)  二、鷹(多嘉)  三、茄子(子孫繁栄)

そういうわけで?
これに跨れば、少子化問題も一挙に解決?

ナス001



ナス002



ナス003

テーマ:青い実 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/02(水) 10:22:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する