「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

ビン玉の編み込み(5)

さて、出来上がったビン玉はどうしましょう。
床の間に飾る、とか玄関につるすとか、居間に飾るとか、は家族の許可がいります。
「居酒屋じゃないんだから」と柔らかく拒否されることでしょう。
雑草の生えた庭に放置するか、煙たなびく苫屋(とまや)の軒下に吊るすのが似つかわしいと思われます。 

↓吊るす場合は適当に紐を掛ければよいのですが、漁網用の浮きにする場合は下の例のようにビン玉のヘソが隠れるように、最後の網目を結び終わったらそのままヘソを中心とした向かい側の網目にロープを通し又その向かい側の網目にロープを通して、と互い違いに締め込んで最後に網に取り付ける大きな輪をつくります。
IMG_9177



↓こちらの例は、簡単な方法で最後の締め込みを行っています。単に最後の段の網目に残りのロープを順に通して引き絞っただけです。
IMG_9176



↓下の例は直径10cm弱の可愛いビン玉なので家族の許可がでて、台所のレトロな場所に掛けさせていただきました。
小さなビン玉



↓たいていは粗大ゴミ扱いです(ビン玉が)。老後にはこのビン玉を吊るせるようなレトロな苫屋(とまや)に住むのが夢です。
♪われは海の子白浪(しらなみ)の 騒ぐ磯辺の松原に 煙たなびく苫屋(とまや)こそ 我がなつかしき住家(すみか)なれ
庭のビンダマ

ビン玉の編み込み(応用編)へ

ビン玉の編み込み(4)へ戻る
ビン玉の編み込み(3)へ戻る
ビン玉の編み込み(2)へ戻る
ビン玉の編み込み(1)へ戻る

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/02/29(金) 19:48:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ビン玉の編み込み(4)

浜(磯)歩きの楽しみは色々な漂流物に出会うことです。魚介類から農産物、生活廃棄物に産業廃棄物等々・・・・。今でもを時々プラスチックの丸い浮きが流れ着いているのを見かけますが、昔は全てガラス製の玉でした。


↓網目が段ごとに少し大きくなるようにロープの長さを調節しながら編みこみを続けます。時々ビン玉に被せて網の大きさを確認します。網目がビン玉の赤道を越えたら、別のロープでビン玉に仮固定します。
IMG_2593


↓赤道を越えたら網目が段々小さくなるように編み込みます。
IMG_2594


↓後2段ぐらいでビン玉のヘソ(吹き口の蓋)に届きそうな時点で、耳の大きな網目(耳輪)を作ります。
一周し一段分の大きな耳を作り終わったら残りのローブの束を解きます。たぶんこの時点でロープの残りは5mから10m位と思われます。
IMG_2596


↓写真のように長い耳輪の先端をクルリと回して小さな輪が2つ出来るようにし、解いたロープの端を通します。
IMG_2597


↓次々と長い耳をくるりと回し穴を二つ作ってロープ端を通していきます。最後の耳輪まで通したらゆっくりとロープを引き徐々に輪を狭めていきます。
IMG_2598



↓ビン玉のヘソの縁まで引き絞ったら、緩まないように今までと同じ結び方で適当な場所にロープを結びます。
ビン玉を吊り下げないのであればこれで終わりです。残りのロープを切ってしまってもよいのですが、将来吊り下げることも考えて余ったロープは切らずに纏めておきます。
IMG_2601


ビン玉の編み込み(3)へ戻る
ビン玉の編み込み(5)へ続く

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/02/28(木) 21:10:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ビン玉の編み込み(3)

北海道の小樽でガラス製品作りが発達したのは魚網用のガラス玉作りが元祖です。
オークションでも北海道から大きなビン玉がよく出品されますが、殆んどが帆立貝の養殖用に使われたものだそうです。

↓最後の耳輪を作り終わったらロープの束を環の中に通してから全体をひっくり返します。
ガラス玉に被せた場合、こちら側が外側になります。
IMG_2573


↓最後の耳輪側のロープを一番目の耳輪の中へ差し込みます。ロープ全体を通すのではなく、途中を折り曲げて耳輪の小さな穴へ差込み、ロープの束が通るくらいに広げます。
IMG_2575


↓広げたロープの輪を反時計方向に180度捻ります。
IMG_2581


↓180度反時計回りに捻るのは、耳輪の中で最後の耳輪側のロープが下で束側のロープが上になるようにクロスさせるためです。
IMG_2582


↓広げられた輪の中に下からロープの束を通します。輪の中に上から手を入れてロープの束を掴んで引き上げる要領です。
IMG_2583


↓最後の耳輪側のロープが大きく緩むくらいに調整しながら束側のロープを引いて締めます。
最後の耳輪と一番目の耳輪の間に出来た「ロープの緩んだ輪」も網目の一つになります。
IMG_2584


↓同様に二つ目の耳輪にロープを通し、同様に180度反時計回りに捻ります。
IMG_2586


↓一つ目の耳輪と二つ目の耳輪の間のロープの長さが写真のような感じになるように調整して束側のロープを引いて締めます。
IMG_2587


↓同様に最後の耳輪まで順番に繋げていきます。最後の耳輪と一番目の耳輪の間に出来たロープの輪も同様に結ぶと第一段目の網目が完成です。
IMG_2588


↓順次、一段目の網目の先端を一段目と同様に結んでいくと2段目が完成します。
結び目の間隔が同一になるように注意しないと網目が均等になりません。
IMG_2591


ビン玉の編み込み(2)へ戻る
ビン玉の編み込み(4)へ続く

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/02/27(水) 23:32:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ビン玉の編み込み(2)

ビン玉の編み込みは最初から最後まで1本のロープで編込みます。
レース編みの要領ですが編み棒は使いません。


↓先ず、ロープの先端を二重にして結びます。
単に二重の輪を作るだけなんですが、細いロープや紐の場合は適当に結ぶか、結び目が気になる場合は単によじるだけでもなんら問題ありません。
IMG_2519



↓今回は、見た目を良くする為にロープ継ぎの要領でやってみました。
ロープの先端を解き、ロープの途中を捻りが緩む方向に捻って出来た隙間に1本づつ交互に鋏んでいきます。
IMG_2558



↓最後まできたらバラケない様にとめていたテープの先端をハサミで切り落とします。
IMG_2559



↓出来上がりましたが少し輪が大きかったようです。こういう場合はもう一ひねりして3重にすることも出来ますが、ちょっと長さが微妙なので止めました。
IMG_2563



↓ここからは、網の目の第一段目を作っていきます。
左側のウサギの耳状態のロープに、上から右の輪を被せます。写真では見えませんが右側のロープの先は40mのロープの束、左側のウサギの耳の左側の先は最初に作った二重の輪の接合部です。
IMG_2565



↓被せたロープの輪を絞るように束側のロープを引きます。
IMG_2566



↓結び目を引締めた状態です。
IMG_2567



↓ひっくり返して結び目を裏から見た状態です。
IMG_2568



↓元にひっくり返して右側に二つ目の耳輪を作ります。
耳輪と耳輪の間隔は網の目の大きさに関係してきます。
IMG_2569



↓耳輪の数が8個から12個位がちょうど良い大きさの網の目になります。耳輪の数が少ないほど網の目が大きくなります。
IMG_2571


ビン玉の編み込み(1)へ戻る
ビン玉の編み込み(3)へ続く

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/02/26(火) 19:17:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ビン玉の編み込み(1)

ビン玉とはガラスで出来た網の浮子(フシ)のことです。
ガラスで出来ている玉なので瓶玉(ビンダマ)といわれているのではないでしょうか。
ガラスの玉が割れないように、網を掛けることをビンダマの網掛けと言います。小さなガラス玉には細かな網でも保護作用がありますが、大きなガラス玉の場合は太いロープで作った網でないと保護作用がありません。そこでロープを使ってビン玉に保護用の網を掛けることをビン玉の編み込みといいます。
今時、ビン玉の網込みなんて何の役にも立たないのですが、時々当ブログに「ビン玉の編み込み」の検索で訪れる人がいますので、自己流ではありますが編み方を載せて置こうと思ったしだいです。
ビンダマ801




準備するものは、ビン玉とロープだけです。

ビン玉はリサイクルショップで買い求めるか、ネットオークションで競り落とします。
リサイクルショップではかなりの値引きが可能ですので、まずは売価の半値から交渉しましょう。相手にされない場合は別の店へ。
ネットオークションの場合は値引き交渉ができませんので、競り合いにならないように冷静に対処しましょう。自分で決めた値段以上になったらさっさと別の出品を探します。
今回準備したビン玉は直径35cmで800円と超格安でした。オークションではビン玉・ビンダマ・ガラス玉・ガラスの玉・ガラスの浮きなどで検索します。売主が北海道とか沖縄の場合はは送料の方が高くなる場合もあります。
ビンダマ802




ロープはホームセンターで切り売りを買います。種類も多く太さも色々ですが最初は柔らかくあまり伸び縮みしないものが作業がし易いと思います。
今回は実用的な漁業用で太さ6mmを40m準備しました。ちょっと固くて扱いにくいですが30円X40m=1200円と格安でした。
ロープ801


ビン玉の編み込み(2)へ続く

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/02/25(月) 22:14:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

六辺香

ロクヘンコウ (H2O)

「雪は天から送られた手紙である」は、郷土の偉人中谷宇吉郎氏(元北海道大学教授)の有名な言葉です。中谷氏は加賀市片山津の生まれで、片山津温泉には氏の偉業を讃える「中谷宇吉郎雪の科学館」があります。
中谷氏は苦労の末ウサギの毛の先端に雪の結晶を、世界で初めて創ったそうです。

その「手紙」を読もうと、今日は一日中庭で奮闘しました。
気温が低すぎると雪は結晶を作る前に細かい水滴の氷の塊である霰(アラレ)となったり、十分に結晶が発達しないで粉雪となって落ちてきます。
逆に気温が高いと途中で解けて結晶の形が崩れてしまいます。
条件が揃い結晶が十分に発達してふわりふわりと落ちてきても、ファインダーを覗くと結晶同士が絡み合っていて綺麗な六角形の結晶は見えません。
直径1Cm程のふわふわの雪の塊からピンセットで結晶を一枚一枚剥がしてレンズの前に置き、結晶が形を保っている20秒以内にピントを合わせシャッターを切ることなど出来るはずがありません。
六辺香802



六辺香801



六辺香803



六辺香804



六辺香805



テーマ:マクロレンズで撮った写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/24(日) 17:44:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

リトープス(白)

リトープス (ツルナ科リトープス属)

リトープスが石ころの様な形をしているのは動物に食べられないように擬態していると思われます。
昆虫には受粉してもらう必要があるので花はキレイです。
リトープス805



リトープス806



リトープス807



リトープス808



リトープス809

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/22(金) 19:17:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

リトープス(黄)

リトープス (ツルナ科リトープス属)

花が咲くと植物だと分るのですが、砂漠の砂礫の中では石ころと同化して見分けがつき難いようです。
黄色い花が萎れると赤くなって、枯れると岩海苔のように石ころにくっ付きます。
リトープス801



リトープス802



リトープス803



リトープス804

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/21(木) 22:41:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

女仙

メセン (メセン科)

仙人は「山の人」と書いて、処女の精気を吸い千年も生きるという。
女仙は「女の仙人」と書いて、男の精気を吸い取り万年生きるという?
メセンに漢字の「女仙」を充てたのはそういう意味なんだろうか?
メセン801



メセン802



メセン803



メセン804



メセン805



メセン806



メセン807

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/20(水) 23:02:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コノフィツム(橙色)

コノフィツム橙色 (ツルナ科コノフィツム属)

みーちゃんがコノフィツムの足袋型は男性型だといっております。
それでは鞍型(写真1,2)は女形ということでしょうか?
その分類方法ですと、写真3.4は一応男性型に分類されています。


コノフィツム橙色801



コノフィツム橙色802



コノフィツム橙色803



コノフィツム橙色804

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/19(火) 23:21:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

コノフィツム(黄)

コノフィツム・少将 (ツルナ科コノフィツム属)

コノフィツム足袋型の少将です。
形はバルタン星人の手、というかカニの爪、というか和バサミみたいです。
コノフィツム・少将801



コノフィツム・少将802



コノフィツム・少将803

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/18(月) 21:19:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コノフィツム(赤)

コノフィツム (マツバギク科コノフィツム属)

ツルナ科に分類するのが一般的なのかも知れませんが、今回はキクの花のように見えるのでマツバギク科としてみました。
葉の形から丸型(写真1枚目)、足袋型(2枚目以降)、鞍型に分類されます。
コノフィツム赤801



コノフィツム赤802



コノフィツム赤803



コノフィツム赤804

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/17(日) 11:36:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

群玉

グンギョク (ツルナ科フェネストラリア属)

郡玉と書いてグンギョクと読みます、玉が群れているので・・・・
この玉、ところどころナメクジさんの餌にされております。
グンギョク803



グンギョク802



グンギョク801

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/16(土) 08:20:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

七宝樹

シッポウジュ (キク科セネシオ属)

干支のネズミが頭にリボンを付けている様に見えました。
ミニィーちゃんかな?
花はキク科の特徴を良く表わしています。
名前の由来は葉が「七宝焼きみたいにきれい」だからと勝手に想像しました。
七宝樹801



七宝樹802



七宝樹803



七宝樹804



七宝樹805

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/14(木) 19:12:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

ブルゲリ

ブルゲリ (メセン科コノフィツム属)

ブルーベリーより大きく、マスカットより小さく、デラウェアの一粒程の大きさです。
でもブドウじゃありません。天辺に一輪咲かせて脱皮します。
ブルゲリ801



ブルゲリ802



ブルゲリ803

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/12(火) 22:25:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

赤花満作

アカバナマンサク (マンサク科マンサク属)

今日は、心なしか暖かく感じました。
青空の下で写真を撮るのは何ヶ月ぶりでしょうか。
マンサクの枝を上に向けて、陽光に輝く赤いリボンを写しました。
アカバナマンサク801



アカバナマンサク802



アカバナマンサク803



アカバナマンサク804



アカバナマンサク805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/02/11(月) 18:53:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

珈琲

クリープを入れないコーヒーなんて?

晴れたので久しぶりに徘徊しました。
これはいったい何?
氷河?801



\残雪?801




石?801




クリープ?801



洗濯?801



クリープ?802



手取川?801




水の泡(報われない努力)でした。
水の泡

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/10(日) 21:15:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天女

テンニョ (メセン科アロイノプシス属)

天女って、羽衣を身にまとって天空を舞っている、麗しい乙女を連想するのでございますが・・・・
天女801



天女802



天女雲801



天女雲802

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/09(土) 21:39:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ムカデゲジゲジシラミ

白いゲジゲジ (ムカデ科シラミ属)ウソですよ~!

サボテンに寄生する白ゲジゲジです
きれいに整列しています。
気色悪いですぅ。
ペレキフォラ属精巧殿801



ペレキフォラ属精巧殿802



ペレキフォラ属バラ丸801



ペレキフォラ属 バラ丸802



スルコレブチヤ属ラウヒィ801



スルコレブチヤ属ラウヒィ802
  1. 2008/02/07(木) 22:42:49|
  2. サボテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

蜘蛛巣万代草

クモノスバンダイソウ (ベンケイソウ科 センベルビブム属)

園芸名が巻絹とか蜘蛛巣万代草とか・・・・
蜘蛛がせっせと糸を掛けてくれるのでしょうか?
生命の神秘というかDNAの悪戯というべきか?
巻絹801



巻絹802

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/06(水) 21:36:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

ヘレー

レッドドリアン (ベンケイソウ科アドロミスクス属)

形が果物のドリアンに似ていて、色が赤いからレッドドリアン
緑色のはグリーンドリアン
細長いのはゴーヤ?
レッドドリアン



グリーンドリアン



レッドゴーヤ



グリーンゴーヤ

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/05(火) 19:16:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

支那満作

シナマンサク (マンサク科マンサク属)

春を告げる花です。
名前の由来は他の花に先駆けて咲くからとか、葉が出るより先に花が咲くからと「先ず咲く(まんずさく)」と言われているようです。
常盤満作は緑の葉が茂っている状態で花が咲きますし、支那満作は枯れ葉がたくさん残っている状態で花が咲きます。
シナマンサク801



シナマンサク802



シナマンサク803



シナマンサク804



シナマンサク805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/02/04(月) 19:46:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

素心蝋梅

ソシンロウバイ (ロウバイ科ロウバイ属)

朝帰りの帰宅途中で発見しました。
たまには朝帰りも役に立ちます。
大型の蓑虫みたいな蝋梅の実もたくさんぶら下がっており、
割ってみるとゴキブリの卵にそっくりでした。
蝋梅の花は良い香りがするらしいのですが、嗅ぎ忘れました。
ソシンロウバイ801



ソシンロウバイ802



ソシンロウバイ803



ソシンロウバイ804



ソシンロウバイ805



ソシンロウバイ806



ソシンロウバイ807



ソシンロウバイ808



ソシンロウバイ809

  1. 2008/02/03(日) 18:31:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

紅麒麟

ベニキリン (トウダイグサ科ユーフォルビア属)

紅キリンなのか紅彩閣なのか紅彩角なのか名前が分りませんが
刺が赤いので紅キリンが相応しいのです。
これもサボテン見たいですがサボテン科ではありません。
刺があってもサボテン科に分類されないのは棘が棘座から生えていない植物です。
サボテンのトゲを「棘」と書いて、それ以外の植物のトゲを「刺」と書くのはサボテンの形が「棘」に似ているからです(ウソだよ~)
追記のページにサボテン科に属するものとサボテン科に属さない植物のサンプル写真を掲載しておきました。サボテン科かどうかのヒントは「トゲ」?にあります。
紅キリン801



紅キリン802



紅キリン803



紅キリン804
続きを読む

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/02(土) 12:13:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

白樺麒麟

白樺麒麟 (トウダイグサ科ユーフォルビア属)

亀甲キリンの変種だと思われますが
白樺キリンの方が一般的で亀甲キリンの方はあまり見かけません。
亀甲キリンに斑が入ったというか、全体が斑の状態です。
花も殆んど同じです。
白樺キリン801



白樺キリン802



白樺キリン803

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/01(金) 23:01:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する