「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

浜豌豆

ハマエンドウ (マメ科レンリソウ属)

MA5は砂浜で砂遊び、G3は砂丘で草遊びをしました。
ハマエンドウの花は赤紫色から青紫色へと美しく変わります。
ハマエンドウ801



ハマエンドウ802



ハマエンドウ803



ハマエンドウ804



ハマエンドウ805



ハマエンドウ806



ハマエンドウ807



専光寺浜801

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/30(水) 22:18:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

烏豌豆

カラスノエンドウ (マメ科ソラマメ属)

会社帰りに夕日に照らされたカラスのエンドウの群生がとても綺麗だったので、
朝、撮りに行って来ました。
朝露に濡れたカラスのエンドウも素敵でした。
カラスノエンドウ801



カラスノエンドウ802



カラスノエンドウ803



カラスノエンドウ804



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/29(火) 22:53:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

蝮草

マムシグサ (サトイモ科テンナンショウ属)

名前に相応しく、茎のこげ茶色の模様がマムシにソックリです。
薄緑色の個体が多いのでマムシグサの特徴は花(仏炎苞)がヘビの鎌首のように見えるからという説の方が説得力があるかもしれません。
雌雄異株ですが雌雄の特徴は仏炎苞の中にあって外見では判断がつきません。
花の中に入った昆虫の運命は、ああ可哀想・・・ですが食虫植物ではありませんよ。
マムシグサ801



マムシグサ802



マムシグサ803



マムシグサ804



マムシグサ805



マムシグサ806



マムシグサ807



マムシグサ808



マムシグサ809



マムシグサ810

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/28(月) 21:31:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

蛇苺

ヘビイチゴ (バラ科ヘビイチゴ属)

誰がつけたか知りませんが、嫌な名前です。
毒イチゴとも言われていますが毒はありません、
見た目は美味しそうですが、ちっとも美味しくないそうです。
花ビラが散ると、顎が閉じて果実を包み込み、熟するまで守ります。
ヘビイチゴ801



ヘビイチゴ802



ヘビイチゴ803



ヘビイチゴ804



ヘビイチゴ805



ヘビイチゴ806



ヘビイチゴ807

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/27(日) 22:37:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

野原紫

ノハラムラサキ (ムラサキ科ワスレナグサ属)

花の形と大きさはキュウリグサにそっくりです。
花は忘れな草と瓜二つですが、大きさは大違いでこちらは2~3mmです。
蕾はピンク色ですが開くと薄青紫です。
花壇で見かけることもなく、野原で見かけるのも稀です。
ノハラムラサキ801



ノハラムラサキ802



ノハラムラサキ803



ノハラムラサキ804



ノハラムラサキ805

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/26(土) 21:29:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

白雪芥子

シラユキゲシ (ケシ科エオメコン属)

うな垂れて咲く白い花が、淑やかで清楚で可愛い~。
この花にたとえられる女性に遭遇したことがありません。
シラユキゲシ801



シラユキゲシ802



シラユキゲシ803



シラユキゲシ804



シラユキゲシ805



シラユキゲシ806



シラユキゲシ807



シラユキゲシ808

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/25(金) 21:32:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

亜米利加山法師

ハナミズキ (ミズキ科ヤマボウシ属)

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと
どうか来てほしい 水際まで来てほしい
つぼみをあげよう 庭のハナミズキ
薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと 終わりますように
君と好きな人が 百年続きますように ...

この歌好きです、カラオケの定番です。

ハナミズキ801



ハナミズキ802



ハナミズキ803



ハナミズキ804



ハナミズキ805



ハナミズキ806



ハナミズキ807

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/24(木) 21:02:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

満天星躑躅

ドウダンツツジ (ツツジ科ドウダンツツジ属)

満天星躑躅と書いてドウダンツツジとは読めないので、春先に葉芽が出だしの頃の枝の出方が燈台の様に見えることから燈台躑躅と言うのでしょう。
満天星躑躅も、小さな花が星の数ほど咲く、見た目から付いた名前なのでしょう。
ドウダンツツジ801



ドウダンツツジ802



ドウダンツツジ803



ドウダンツツジ804



ドウダンツツジ805



ドウダンツツジ806

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/23(水) 22:41:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

華鬘草

ケマンソウ (ケシ科 コマクサ属)

耐寒性多年草ということで、毎年庭の同じ場所に咲きます。
別名を「鯛釣り草」といいますが、こんなに鯛が一度に釣れるはずもなし、
ハート形の花も色が似ているだけで鯛には見えません。
でも、なんか不思議な花です。
ばらして、オシベとメシベの観察をする気にもなれない、宗教的な美しさを感じます。
タイツリソウ801



タイツリソウ802



タイツリソウ803



タイツリソウ804

  1. 2008/04/22(火) 23:59:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

山吹

ヤマブキ (バラ科ヤマブキ属)

八重のヤマブキは「蓑ひとつなき」だそうですが、我が家の庭に咲く一重のヤマブキも「蓑ひとつなき貧しさ」です。
ヤマブキ801



ヤマブキ802



ヤマブキ803



ヤマブキ804

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/21(月) 22:54:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

猫の目草

ネコノメソウ (ユキノシタ科ネコノメソウ属)

花を中心とした黄色い部分が闇夜に光る猫の目を連想させます。
が、名前の由来は実が割れた状態が猫の目に似ているからだそうです。
私は見たことがないのでピンときませんが・・・。
一枚目と二枚目がネコノメソウ、水辺に生えています。
3~5枚目がヤマネコノメソウ(やま・ねこのめそう)、林の中に生えています。
ネコノメソウ801



ネコノメソウ802



ヤマネコノメソウ801



ヤマネコノメソウ802



ヤマネコノメソウ803

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/20(日) 21:41:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

小哨吶草

コチャルメラソウ (ユキノシタ科コチャルメラソウ属)

♪チャララ~ララ チャラララララ~♪

チャルメラソウ801



チャルメラソウ802



チャルメラソウ803



チャルメラソウ804

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/19(土) 23:43:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

立犬陰嚢

タチイヌノフグリ (ゴマノハグサ科クワガタソウ属)

ゴマノハグサ科ですが花もゴマ粒大で2mmほどです。
お昼前なのに開花した花がなかなか見つかりません、殆んどが蕾か半開きです。
開いた花を見つけて覗いてみるとメシベが見当たりません、4枚の花弁とオシベだけが見えます(写真5枚目)。花にちょっとでも触れるとポロリと落ちてしまいます。
どうやら開いている花はもう受粉が終わってメシベの軸から離れてしまっているようです(写真6枚目)。
半開きの花を覗くとメシベも付いていますが、写真2枚目の状態でもう自花受粉していまっています。
花が小さすぎて昆虫による受粉も無理なのか?
タチイヌノフグリ801



タチイヌノフグリ802



タチイヌノフグリ803



タチイヌノフグリ804



タチイヌノフグリ805



タチイヌノフグリ806



タチイヌノフグリ807



タチイヌノフグリ808

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/18(金) 23:06:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

蓮華草

レンゲソウ (マメ科ゲンゲ属)

数年前まで時々見かけたレンゲ畑(田)ですが、今年は探しても見当たりません。
て、いうか殆んどの田んぼはすでに耕されて水が張られています。
田んぼにレンゲが生えていたら直ぐに撮らないと、翌日には耕されてしまいます。
田植えの時期が早くなって、レンゲが咲く前に田起こしが始まっているのでしょうか?
レンゲソウ801



レンゲソウ802



レンゲソウ803



レンゲソウ804



レンゲソウ805



レンゲソウ806



レンゲソウ807

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/17(木) 21:30:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

蒲公英

タンポポ (キク科タンポポ属)

むかしむかし、西洋タンポポと日本タンポポの戦争があって、西洋タンポポが日本タンポポを駆逐するのではないかとの見方が優勢でした。その理由は、日本タンポポは雄しべの花粉が雌しべに受粉して増える有性生殖ですが、西洋タンポポは雄しべの機能が失われ単為生殖で自ら種子を作ることから繁殖力が強いという説でした。
ところが、劣勢に見えた日本タンポポが最近では増えてきて和洋共存共栄とか適材適所という見方に変わってきたようです。役立たずの西洋タンポポの花粉も日本タンポポのメシベの中に入り込んで雑種タンポポが増えているらしいのです。一般的な和洋の簡単な見分け方は、西洋タンポポは総苞片が外側に反り返っていて、日本タンポポは反っていないということらしいのですが混血ではどうなんでしょ?下の写真でどれが西洋タンポポでどれが日本タンポポかを検証されてみてはいかが・・・・。
タンポポ801



タンポポ802



タンポポ803



タンポポ804



タンポポ805



タンポポ806



タンポポ807

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/16(水) 22:43:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

浜大根

ハマダイコン (アブラナ科ダイコン属)

通勤途上のサイクリングロード脇に群生しています。
誰かが、引っこ抜いて放置してありましたが、根は人差し指位の太さです。
浜ダイコン801



浜ダイコン802



浜ダイコン803



浜ダイコン804



浜ダイコン805



浜ダイコン806

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/15(火) 22:51:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

胡瓜草

キュウリグサ (ムラサキ科キュウリグサ属)

手で揉むと胡瓜の臭いがするからキュウリグサ。
なんと安直な名付けでしょうか。
ムラサキ科というステキな名前の科に属するんですからもうちょっとオシャレな名前をつけてくださいね。
最後の写真は同じムラサキ科で花も大きさも良く似た同じ雑草の「野原ムラサキ」です。
キュウリグサ801



キュウリグサ802



キュウリグサ803



キュウリグサ804



キュウリグサ805



野原ムラサキ
ノハラムラサキ070526

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/14(月) 21:37:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

春蘭

シュンラン (ラン科シュンラン属)

子どもの頃から「じじばば」で覚えています。
春蘭という名は大人になって知りました。口伝で引き継がれる男の子の性教育の教材です。
蘭は受粉しにくく花が長持ちするので贈り物として重宝するようですが、西洋では女性に蘭を贈ってはいけないそうです。日本ではスナックの開店祝いとか、ママの誕生日なんかに贈るようですが、下心見え見えって気もします。
花は吸い物の具に使うそうですが、そんなに美味しいものではありませんから旬のものとして珍しがられるだけでしょう。因みに春蘭は多年草ですから花を採っても種の保存には影響ないのでしょう。

ガク片は3枚で真っ直ぐに立っているものと左右に手を広げている様に見えるもの。
花弁は、恥ずかしそうに蕊柱を隠そうとしている緑色の2枚と紫のほくろがある白い唇弁1枚の合計3枚。
シュンラン801



シュンラン802




上の先が丸くて白いのが蕊柱、下の先端が裏側へ折り曲がって四角く見えるのが唇弁。
シュンラン803



蕊柱の先端部の葯帽というふたの中に花粉が入っています
シュンラン804



葯帽は昆虫が吸蜜の為に花の奥に入るときや出るときに昆虫の背中に擦れて外れるようです。
シュンラン805



落ちそうで落ちない葯帽です。
シュンラン806



唇弁は昆虫を導き入れる誘導路の役目でしょうか。
シュンラン807



葯帽は花粉の塊を守る蓋の役割をしています。
シュンラン811



葯帽を外してみました。黄色い塊が花粉塊という花粉の塊です。
シュンラン810



葯帽、ポロリと簡単に外れると思いきや、粘液の糸でビョーンの伸びて又縮む感じでなかなか外れませんでした。
シュンラン812



昆虫が訪れてくれなかったのか外れずに茶色く変色して縮んだ葯帽。
シュンラン808



花粉塊も付いたままです。
シュンラン809



葯帽の表側、最初は白いのですが、日にちがたつと共に茶色く変色するようです。
シュンラン813



葯帽の裏側、花粉塊を包む空洞が二つ見えます。
シュンラン814



花粉塊の付いている場所の奥(写真では下)に四角く窪んだ場所があり、中が粘々しています。
昆虫がバックで出る際にここに花粉をくっ付けるのでしょうか?
815



マチ針の先端で花粉塊を外してみました。お菓子のグミのような硬さの塊です。
シュンラン816



粉末でもなく、液体でもありません、固体でした。これでは虫の背中にくっ付くことは無いでしょう。
ということで、我が家の春蘭に実が付かないのは花粉塊が硬すぎるから、という結論になりましたが本当のところは分りません。
シュンラン817

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/13(日) 23:55:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

雀の鉄砲

スズメノテッポウ (イネ科スズメノテッポウ属)

田起こしする前の田んぼに群生している雑草です。
雑草といっても田起こしすれば土の中に鋤きこまれるので、そんなに厄介者扱いはされません。
スズメのテッポウ801



スズメのテッポウ802



スズメのテッポウ803



スズメのテッポウ804



スズメのテッポウ805



スズメのテッポウ806

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/12(土) 22:55:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

つばめ

若いツバメ (年下の恋人(男性))

おるごどんは通勤は徒歩か自転車です。
交通費不正需給や地球環境保護の為ではありません。
いつまでも若いツバメとして愛され続けたいという強い願望からです。
毎朝毎夕、公園や犀川サイクリングロードのサクラの下をツバメのように颯爽に走っているのです。
犀川の河川敷は犀川走歩会の人達が、毎日ゴミ袋を持ってゴミを集めながら散歩やジョギングをしています。
サクラの花が咲くとお花見の桟敷を施設するグループもあります。
こういう優しい人々のおかげで私達が気持ちよく生活ができているのですね。
なんちゃって~。

金沢市の小学生は地球環境調査のバロメーターとしてツバメの生息調査をしています。
写真のお宅では、毎年この少年少女の学習活動に協力しており、入り口のガラス戸にツバメが帰ってきた日を張り出しています。ツバメの巣の下には碍子で配線された古い電線を残してツバメの子育てを応援しています。
こういう優しい人たちのおかげでツバメ達も安心して生活ができているんですね。
なんちゃって~。
ツバメ801



ツバメ802



ツバメ803



ツバメ804



花見801



花見802



花見803

テーマ:なんだこれ - ジャンル:写真

  1. 2008/04/12(土) 08:16:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

一人静

ヒトリシズカ (センリョウ科センリョウ属)

林の中の湿ったところに咲く多年草ということですが、
どういうわけか、毎年我が家の離れとブロック塀の間に咲いてくれます。
葉は最初は茶色で4枚の葉で花をで包んでいます。葉が開いて白い花が顔を出すと共に葉もだんだん緑色に変わっていきます。
花は白いブラシみたいで、ブラシの毛にあたるのがオシベで、メシベはオシベとオシベの間にありますが目立ちません。
メシベ1本に対してオシベ3本で1セットです。細長いオシベのつけ根に黄色い葯が付いています。
コバンザメの吸盤みたいです。
ヒトリシズカ802



ヒトリシズカ801



ヒトリシズカ803



ヒトリシズカ804



ヒトリシズカ805



ヒトリシズカ806

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/11(金) 21:36:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

菊咲一華

キクザキイチゲ (キンポウゲ科イチリンソウ属)

昨日のミヤマカタバミと同じ場所に咲いていました。日の当たらない杉林です。
賞味期限の切れたデジカメではカメラマンの多い日の当たるところには行けないおるごどんです。
おるごどん自身も賞味期限が切れておりますが、これまた賞味期限の切れた女房を大切にしております。
キクザキイチゲ801



キクザキイチゲ802



キクザキイチゲ803



キクザキイチゲ804



キクザキイチゲ805



キクザキイチゲ806



キクザキイチゲ807

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/10(木) 20:36:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

深山片喰

ミヤマカタバミ (カタバミ科カタバミ属)


カタバミは花壇や植木鉢など、日当たりの良い場所のあっちこっちに出没して困り者です。繁殖力が旺盛で雑草扱いされますが、結構綺麗な花を咲かせる種類もあります。
深山片喰は名前のように山地に咲く片喰です。薄暗い杉林の余り陽の当たらない場所に咲いていて、素朴な白い花を咲かせます。開ききらない状態で木漏れ日が中るのを待っています。
ミヤマカタバミ801



ミヤマカタバミ802



ミヤマカタバミ803



ミヤマカタバミ804



ミヤマカタバミ805

  1. 2008/04/09(水) 21:50:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

片栗

カタクリ (ユリ科 カタクリ属)

3月に寒い日が続き、カタクリの花も咲くのも遅れるのかと思っていましたが、
すでに咲いていました。
人ごみから離れた場所でのんびりと撮ることができました。
カタクリ801



カタクリ802



カタクリ803



カタクリ804



カタクリ805



カタクリ806

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/08(火) 21:30:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

杉菜

スギナ (トクサ科 トクサ属)

「ツクシ誰の子 スギナの子」
「スギナ誰の子 ツクシの子」
ツクシの語源は澪標(みおつくし)で、澪の串に似ているからだそうです。
澪(みお)は海や川の水深の深い部分で、そこに杭を打って船の水路の案内としたのが澪の串です。
ツクシとスギナは同じ根っこでつながっていますので「ツクシとスギナ」は兄弟なのです。
スギナ801



スギナ802



スギナ803



スギナ804



土筆801



土筆802

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/07(月) 19:47:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

辞令

金沢港

岸壁延長:260m
構造形式:直杭式PC桟橋
上部構造:PCホロー桁
下部構造:受梁・鋼管杭
土留構造:ケーソン式(既設)、ブロック式

帝(みかど=女帝)より、「掃除の邪魔だから、こどもをつれてどこかに言って来なさい!」と、
有難い任務を拝命いたしました。
「加賀の守(かみ)」でもなく「能登の守(かみ)」でもなく、「孫の守」です。
巷の庶民は花見で浮かれていると言うのに・・・・・。
近所の公園にも飽きたので、金沢港に行ってきました。
金沢港801



金沢港802



金沢港803



金沢港804



金沢港805

テーマ:なんだこれ - ジャンル:写真

  1. 2008/04/06(日) 20:15:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鬱金香

チューリップ (ユリ科チューリップ属)

キスするときのくちびるみたいだからチュー・リップ?
虫食いの花びらから光が見えました。
チューリップ姫の誕生でしょうか。
チューリップ801



チューリップ802



チューリップ803



チューリップ804



チューリップ805

  1. 2008/04/05(土) 22:25:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

能登漂流物博物館

パラダイス (狭義の楽園、マイナーなガラクタ蒐集博物館)

輪島市には、輪島塗の逸品を展示する「県立漆芸美術館」、欧州の王侯貴族の調度品や美術品を展示した「稲忠美術館」、国宝級の古美術を展示する「南惣美術館」があります。
私のお奨めは「南惣美術館」です。ここは美術館というよりカテゴリー的には博物館という感じで、「お宝なんでも鑑定団」でおなじみの作家の古美術が「なんでこんな田舎に?」と思わせるほどの蒐集です。展示館の海鼠壁は昨年の能登沖地震で崩落したそうですが、見事に復元されていました。ここでは美味しい能登茶を振舞ってくれます。美味しいお茶を飲みながら雪割草やササユリの咲く庭園を眺めて至福の時間を過ごされてはいかがでしょうか。
「南惣美術館」は国道249号を輪島市内から海岸線を珠洲方面に走って約30分ぐらいです。
道路に案内板が出ていますが、目印は写真の仮称「能登漂流物博物館」(おるごどんが勝手に付けた名称)です。この漂流物博物館が右手に見えたら後1kmほどです。
「おるごどん」が「パラダイス」とよぶこの能登漂流物博物館を「南惣美術館」と間違ってはいけませんよ。
こちらのオーナー、日本漂流物学会会員かどうか知りませんが、とても素晴らしい蒐集です。ど素人から見るとただの漂流ゴミとしか見えませんが、ビン玉蒐集家の私から見ると「お宝です」。
博物館から自宅へ通じる坂道の入り口に並ぶ可愛いオブジェのセンスもステキですし、そこから自宅までの緩やかな坂道にはイカ釣り船の集魚灯が並べられて街灯の役割をしています(多分芯が切れていると思いますが)。
漂流物博物館801



漂流物博物館802



漂流物博物館803



漂流物博物館804

テーマ:なんだこれ - ジャンル:写真

  1. 2008/04/04(金) 21:50:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪割草(6)

スハマソウ  (キンポウゲ科ミスミソウ属)

雪割草はミスミソウ(三角草) スハマソウ(州浜草) オオミスミソウ(大三角草)など、産地によって呼び名が違い、同じ種類ですが微妙に葉の形が違うようです。 州浜草の名の由来は、三角の葉が州浜のように緩やかにカーブして丸っこい三角形だからです。地元では雪割草と呼んでいます。
南惣美術館の雪割草の株の近くにはササユリの芽が出だしており、6月には200本ほどの薄桃色の可憐なササユリが咲くそうです。
ユキワリソウ833



ユキワリソウ834



ユキワリソウ835



ユキワリソウ836



ユキワリソウ837



ユキワリソウ838



ユキワリソウ839



ユキワリソウ840



ユキワリソウ841

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/04(金) 19:32:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

雪割草(5)

スハマソウ  (キンポウゲ科ミスミソウ属)

雪割草の生育環境として適しているのは、春先に陽が十分に当たり、暑い夏には木陰となり、晩秋から冬は落ち葉に埋もれる落葉広葉樹林です。
自生地の猿山岬は自然が創った雪割草の生育に最も適した場所ということです。
一方、南惣美術館の庭はといいますと、苔むした日本庭園です。夏場には日陰となる木陰に咲いていますが秘境の猿山岬とはかなり違う環境なのに、このように美しく咲いているのはオーナーさんが愛情込めて育てているからなのでしょう。
ユキワリソウ824



ユキワリソウ825



ユキワリソウ826



ユキワリソウ827



ユキワリソウ828



ユキワリソウ829



ユキワリソウ830



ユキワリソウ831



ユキワリソウ832

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/04(金) 18:22:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する