「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

馬酔木

アセビ (ツツジ科アセビ属)

昨日アップした木五倍子(キブシ)や今日の馬酔木(アセビ)は熟字訓(じゅくじくん)と呼ばれる読み方で、
植物では外にも 翌檜 馬酔木 公孫樹 銀杏 金雀児 落葉松 銀杏 辛夷 石楠花 柘植 合歓木 山毛欅 紫陽花 女郎花 杜若 胡桃 梔子 山茶花 百日紅 土筆 躑躅 万年青 団栗 覇王樹 仙人掌 蒲公英 雛罌粟 向日葵 酸漿 木瓜 糸瓜 木槿 百合 勿忘草 など沢山あります。
大抵は読めると思いますがチョット難解のもありますので、読みを記しておきます。
あすなろ あしび いちょう いちょう えにしだ からまつ ぎんなん こぶし しゃくなげ つげ ねむのき ぶな あじさい おみなえし かきつばた くるみ くちなし さざんか さるすべり つくし つつじ おもと どんぐり さぼてん さぼてん たんぽぽ ひなげし ひまわり ほうずき ぼけ へちま むくげ ゆり わすれなぐさ 。

アセビ1001



アセビ1002



アセビ1003



アセビ1004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/31(水) 22:14:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

木五倍子

キブシ (キブシ科キブシ属)

どうでも良い様な花ですけど、簪の様に垂れているところがチョット可愛いです。
漢字で五倍子(フシ)と書くところがどうしても分らず語源はギブアップです。

キブシの詳細に付いてはpole poleさんのブログが詳しいので参照して下さい。

キブシ1001



キブシ1002



キブシ1003



キブシ1004



キブシ1005



キブシ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/30(火) 23:36:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

菊咲一華

キクザキイチゲ (キンポウゲ科イチリンソウ属)

この花は気温25℃の先々週の土曜日3月20日に撮ったものですが、今日の気温との差は葯20℃。
暑さ寒さも彼岸まで、とか言いますがだんだん寒くなってきています。
明日の最低気温はマイナス1℃の予報です。ウ~、寒ッ!

キクザキイチゲ1001



キクザキイチゲ1002



キクザキイチゲ1003



キクザキイチゲ1004



キクザキイチゲ1005



キクザキイチゲ1006



キクザキイチゲ1007



キクザキイチゲ1008



キクザキイチゲ1009



キクザキイチゲ1010



キクザキイチゲ1011



キクザキイチゲ1012

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/29(月) 22:14:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

雪割草

ユキワリソウ (キンポウゲ科ミスミソウ属)

例年ですと、雪割り草祭りの行われる3月20日前後が見ごろですが、今年のユキワリソウの開花は少し遅れているようです。
昨日(3月27日)、目覚めると晴天だったので歯医者をキャンセルして猿山岬の雪割り草の自生地へ出かけました。金沢は晴れていたのに能登海浜道路の山の上で雨が降り出し、みぞれに変わり、そして雪が・・・。それでも門前町に入るころには雪も止んで曇り空でした。
猿山岬燈台の駐車場には車が数台しか停まってなくてガラガラです。数少ないお客様も高高年の娘さんばかりで目の保養にもなりません。
雪割り草の自生地は保護活動のおかげで花の数は増えてきているようです。岬の反対側から登ってきた人の話ではあちらの方が色が付いた花が多いし、オウレン、イカリソウ、スミレ、もたくさん咲いて綺麗だったというので、山越えすることにしたのですが、途中から雨が降りだして止む気配もありません、寒いし足元がぬかるんで滑るし、花も寒さと雨で蕾が開ききりません。傘をさしながらの撮影です。

ユキワリソウ1001



ユキワリソウ1002



ユキワリソウ1003



ユキワリソウ1004



ユキワリソウ1005



ユキワリソウ1006



ユキワリソウ1007



ユキワリソウ1008



ユキワリソウ1009



ユキワリソウ1010



ユキワリソウ1011



ユキワリソウ1012

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/28(日) 21:26:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

猩猩袴

ショウジョウバカマ (ユリ科 ショウジョウバカマ属)

花びらの色の濃淡は生育環境の違いなのでしょうか?
葯の色の色は閉じていると濃紫で、開いた葯の花粉が薄紫なのでしょうか?

ショウジョウバカマ1001



ショウジョウバカマ1002



ショウジョウバカマ1003



ショウジョウバカマ1004



ショウジョウバカマ1005



ショウジョウバカマ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/26(金) 23:59:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

越の小貝母(3)

コシノコバイモ(ユリ科バイモ属)

杉林でひっそりと咲いているものと思っていましたが、林道の斜面にも咲いていました。
愛人に『ほら、こんなに地味で可憐な花が咲いているんだよ」と教えてあげると、
『あら、ここにもあっちにも咲いているわよ』だって。
地味すぎて目立たないだけであちらこちらに咲いていることがわかりました。
斜面だから無理して覗かなくてもちょっと屈めば簡単にスカートの中も見ることができます。
ジョウジョウバカマとツーショットも見られました。

コシノコバイモ1017



コシノコバイモ1012



コシノコバイモ1013



コシノコバイモ1014



コシノコバイモ1015



コシノコバイモ1016

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/25(木) 23:32:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

越の小貝母 (2)

コシノコバイモ (ユリ科バイモ属)

今日の気温は25℃でシャツの袖を捲り上げるほどの暑さ。
先週、蕾だったコシノコバイモも花を開いていました。

コシノコバイモ1006



コシノコバイモ1007



コシノコバイモ1008



コシノコバイモ1009



コシノコバイモ1010



コシノコバイモ1011

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/20(土) 22:24:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

蕗の薹

フキノトウ (キク科フキノトウ属)

日当たりの良い斜面に咲くフキノトウに蜜蜂がたくさん訪れていました。
フキノトウは雌雄異株で雄株と雌株があるのですが、雌花を雄花と、雄花を雌花と勘違いします。
筒状花の中心にあるのがオシベ、モジャモジャと白い糸状なのがメシベです。
写真の1~4が雄花で5~6が雌花です。
納得がいかない方は昨年のブログでご確認ください。
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1251.html
よけいに分らなくなるかもしれませんが・・・・。

フキノトウ1001



フキノトウ1002



フキノトウ1003



フキノトウ1004



フキノトウ1005



フキノトウ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/18(木) 21:57:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

座禅草

ザセンソウ (サトイモ科ザゼンソウ属)

座禅僧とは座禅をしている僧侶のことですが、
座禅草の名の由来はお坊さんが座禅をしている様に見えるからだそうです。
艶のある赤茶色の炎の様に見えるのが仏炎苞と言われる苞で花弁ではありません。これは仏像の光背の一種で火焔光
に似ていることから名付けられたものと思われます。座禅僧にあたる部分は花弁のない小さな花が集合した肉穂花序なのでしょう。
花は花弁がなく雄しべが4つ、雌しべが1つだそうです(最後の写真参照)


ザセンソウ1001



ザセンソウ1002



ザセンソウ1003



ザセンソウ1004



ザセンソウ1005



ザセンソウ1006



ザセンソウ1007



ザセンソウ1008



ザセンソウ1009

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/17(水) 20:41:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

越乃小貝母 (1)

コシノコバイモ (ユリ科バイモ属)

オウレンの咲く杉林で見つけました。
まだ蕾でした。

コシノコバイモ1001



コシノコバイモ1002



コシノコバイモ1003



コシノコバイモ1004



コシノコバイモ1005



↓昨年同じ場所で撮ったものです。
コシノコバイモ906


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/16(火) 22:56:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

菊葉黄連

キクバオウレン (キンポウゲ科オウレン属)

久し振りに愛人と温泉に行きました。まだ肌寒いですが車の中は春の陽でポカポカです。
杉林ではザゼンソウやコシノコバイモも咲き出していました。
昨日アップしたオウレン(キクバオウレン)も満開でした。

オウレンの花の詳しい解説は当ページ最後のトラックバック :セリバオウレン:をクリックして下さい。


キクバオウレン1001



キクバオウレン1002



キクバオウレン1003



キクバオウレン1004



キクバオウレン1005



キクバオウレン1006



キクバオウレン1007



キクバオウレン1008
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-789.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/15(月) 22:42:27|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

黄蓮

オウレン (キンポウゲ科オウレン属)

よそ様の和庭に咲いているのを撮ったので確認しておりませんが、根が黄色だから付いた名前と思われます。

オウレン1001



オウレン1002



オウレン1003



オウレン1004



オウレン1005



オウレン1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/13(土) 22:43:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

市民芸術村の梅

ウメ (バラ科ウメ属)

出勤経路の金沢市市民芸術村の梅です。

市民芸術村の梅1001



市民芸術村の梅1002



市民芸術村の梅1003



市民芸術村の梅1004



市民芸術村の梅1005



市民芸術村の梅1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/12(金) 22:58:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

黄梅

オウバイ (モクセイ科ソケイ属)

樹形は細長い緑色の枝が枝垂れるところがマメ科のエニシダやバラ科のヤマブキに似ている。
黄色い梅と書いてオウバイ、花の形も色も梅とは似ていないが、梅の咲く時期に咲くので黄梅と呼んだのであろう。

黄梅1001



黄梅1002



黄梅1003



黄梅1004



黄梅1005



黄梅1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/11(木) 21:30:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

針金苔

ハリガネゴケ (ハリガネゴケ科ハリガネゴケ属)

陸上競技場の外壁の水抜きパイプの中に小さな宇宙を見つけました。

ハリガネゴケ1001



ハリガネゴケ1002



ハリガネゴケ1003



ハリガネゴケ1004



ハリガネゴケ1005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/10(水) 23:26:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

気多大社の梅

ウメ (バラ科バラ属)

気多大社は縁結びの神様として、近年若い娘に人気があります。
うちの末娘もお参りしてきましたが、ご利益があるのかどうか?

ウメの木はゴツゴツしていて男性的ですが、写真のウメの木は枝がほっそりして女性的でした。

気多大社の梅1001



気多大社の梅1002



気多大社の梅1003



気多大社の梅1004



気多大社の梅1005



気多大社の梅1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/09(火) 23:16:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

モモ (バラ科バラ属)

花を見ると梅のようで、枝をみると桜のようです。
でも全体的には梅でもないし桜でもない、残るのは桃?

桃1001



桃1002



桃1003



桃1004



桃1006



桃1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/08(月) 22:17:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

茶゛道(5)

素晴らしい日本の伝統文化である茶道も華道も家元制度にしがみついていては衰退の一途ではないでしょうか?
誰でも気軽に楽しめるようにしてほしいものです。

今日は朝から炉壇を嵌めこむ溝や炉の蓋を削って微調整し、畳がちょうど良い高さになるように調整しました。
炉の底受けの高さ調整、炉の中心の確認、灰の量の調整など最後の仕上げをしました。
1ヶ月に渡って茶道を外側から研究しましたが、茶”の道(ぢゃのみち)は蛇(ヘビー)ってことで、疲れましたのでこれでお仕舞いにします。


↓蛭環(ヒルカン=ヒルクギとも言う)に錘を垂らして炉の中心が合っているか確認します。
蛭環(ヒルカン)


↓3mm程中心からズレていましたが、想定の範囲内です。
炉の位置確認


↓鋳物の炉壇なので底を支えなくても大丈夫でしょうが、石橋を叩く性質なので煉瓦とコンクリートブロックを積んで炉壇の底に触れる程度の高さに調整します。炉壇の底が傷つかないように炉壇の底にアルミテープを貼りました。
炉壇の底受け


↓炉に灰を入れたり片付けたり、灰を固めたり、均したりする囲炉裏用具や五徳。(安物ばかり)
囲炉裏用具


↓炉壇のオマケに付いてきた本物の茶灰、茶人にとっては火事になったら真っ先に持って逃げるという、丹精込めて造った灰です。
茶灰


↓全部入れましたが灰の量がすくなくて、鉄瓶が炉の中にスッポリと隠れてしまいました。茶釜なら調度良いのかも?
鉄瓶の位置決め 1


↓ネットで買った桜の木で作った灰。6.5kg全部入れてこの程度の量です。
囲炉裏灰(桜灰)


↓鉄瓶の高さも調度良いようです。
鉄瓶の位置確認 2


↓小さい鉄瓶だともう少し灰が必要なようです。五徳も少し大きいようですが・・・。
鉄瓶の位置確認 3

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2010/03/07(日) 23:00:55|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

妙成寺の藪椿

ヤブツバキ (ツバキ科ツバキ属)

能登滝谷の妙成寺は日蓮宗の北陸における本山です。
妙成寺の裏には鬱蒼とした原生林があって、入山料を払わない輩が入り込まないように?有刺鉄線が張り巡らされていて「入らずの森」となっています。
こちらの藪椿は気多大社の藪椿よりほっそりしています。

妙成寺の藪椿1001



妙成寺の藪椿1002



妙成寺の藪椿1003



妙成寺の藪椿1004



妙成寺の藪椿1005



妙成寺の藪椿1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/06(土) 23:56:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

気多の森の藪椿

ヤブツバキ (ツバキ科ツバキ属)

能登一の宮 気多大社に咲く藪椿です。
気多大社の森は万葉の昔から入らずの森として、住民の出入りが禁じられ守られてきた原生林です。


気多の森の藪椿1001



気多の森の藪椿1002



気多の森の藪椿1003



気多の森の藪椿1004



気多の森の藪椿1005



気多の森の藪椿1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/03/05(金) 23:50:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

茶゛道(4)

石橋を叩いて割るほど慎重なおるごどんにとって(取っ手?)、
炉壇の取っ手が銅線では持ち憎いし、何時切れるか心配で夜も眠れません。
そこで何か良い方法はないかと考えました。
ロダンの考える人、なんちゃって~。


↓安物の鋳鉄の炉壇の取っ手が針金なので余計に安っぽいですぅ。
炉壇の取っ手1001



↓物置を物色して5mmΦの真鍮のパイプを見つけました。
炉壇の取っ手1002



↓深さ5mmの溝に太さ5mmならピッタリのはずですが、僅かにパイプが出っ張るので万力で4mmに圧縮しました。
炉壇の取っ手1003



↓楕円になったパイプは回転すると置き方によっては高さが6mmになるので、取っ手が回転しないように両端に溝をつけてステンレス線が嵌まるようにしました。
炉壇の取っ手1004



↓溝にピッタリと嵌まりました。針金もステンレス線ですから丈夫です。
炉壇の取っ手1005



↓安物の炉壇ですが、取っ手がとっても素敵です。炉縁で隠れてしまうのが残念ですぅ!
炉壇の取っ手1006

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2010/03/04(木) 22:31:19|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マルギナリス

マルギナリス (ベンケイソウ科クラッスラ属)

花はあまり美しくはありません。
ギザギザした葉が特徴で花より葉を楽しむ植物ですね。

マルギナリス1001



マルギナリス1002



マルギナリス1003



マルギナリス1004



マルギナリス1005



マルギナリス1006

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/03(水) 22:54:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ベンケイソウ (2)

ベンケイソウ科

ベンケイソウ科1006



ベンケイソウ科1007



ベンケイソウ科1008



ベンケイソウ科1009



ベンケイソウ科1010

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/02(火) 19:12:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ベンケイソウ (1)

ベンケイソウ科

ベンケイソウ科にはたくさんの属がありどれもこれも似たような葉と花なので同定は困難です。
いずれにしても園芸名なので本当かどうかも分りません。
花の咲いていたものだけアップしました。

ベンケイソウ科1001


ベンケイソウ科1002




ベンケイソウ科1003


ベンケイソウ科1004




ベンケイソウ科1005

テーマ:多肉植物 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/01(月) 23:36:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する