「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

八重桜

サクラ (バラ科サクラ属)

八重桜が今が盛りと咲いています。
八重桜って一体どれだけの花びらがあるのかと数えてみました。
白い桜は30枚、濃いピンクの桜は40枚でした。

八重桜1001



八重桜1002
八重桜1003



八重桜1004



八重桜1005



八重桜1006



八重桜1007



八重桜1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/30(金) 17:20:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

胡瓜草

キュウリグサ (ムラサキ科キュウリグサ属)

家の近所にたくさん咲いていますが、我が家には全く咲いていないという雑草です。
小さいから見逃しでいるわけでもありませんので、生育環境のせいなのでしょう。
それとも酢の物にするのに摘んでいるとか、モロキュウにしても美味しいし(嘘)。

キュウリグサ1001



キュウリグサ1002



キュウリグサ1003



キュウリグサ1004



キュウリグサ1005



キュウリグサ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/27(火) 22:50:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

満天星躑躅

ドウダンツツジ (ツツジ科ドウダンツツジ属)

秋は葉が鮮やかなな紅葉を見せてくれて、春は無数の白い花が夜空の満天の星のように咲きます。
壷を逆さまにしたような可愛いくて小さな花で、壷の口には緑色のメシベの先端が見えるだけでオシベは見えません。
花の構造を見るために壷の一部を割って見ました。
小さな昆虫により受粉するのに都合の良い構造となっています。

ドウダンツツジ1001



ドウダンツツジ1002



ドウダンツツジ1003



ドウダンツツジ1004



ドウダンツツジ1005



ドウダンツツジ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/26(月) 20:14:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

蒲公英

タンポポ (キク科タンポポ属)

寒い日が続きましたが、今日は気温が低いながらも春の陽気でした。
近所の田では田植えが始まりました。
タンポポの季語は春ですが、近年は真冬でも咲くセイヨウタンポポが日本タンポポを駆逐して、年中咲いている花となりました。

タンポポ1001



タンポポ1002



タンポポ1003



タンポポ1004



タンポポ1005



タンポポ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/25(日) 00:07:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

犬芥子

イヌガラシ (アブラナ科イヌガラシ属)

イヌガラシは田の畦や道端に咲く雑草です。辛くないカラシだからイヌカラシと名付けられたのでしょう。
辛いカラシはカラシ菜の種を練ったものですが、カラシは辛いのに「辛し」ではなく「芥子」の漢字を充てるのはカラシ菜の種が芥子(けし)の種のように小さいからしょうか?

イヌガラシ1001



イヌガラシ1002



イヌガラシ1003



イヌガラシ1004



イヌガラシ1005



イヌガラシ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/24(土) 00:14:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

野原紫

ノハラムラサキ(ムラサキ科ワスレナグサ属)

マイフィールドは開発の波に洗われて年々縮小していますが、このノハラムラサキが咲く場所も環状線の工事でなくなってしまいました。
草丈は30センチにもなるのに花径は3mmほどでキュウリグサと同じくらいです。

オシベもメシベも花の奥に隠れていて観察できないのが残念です。

ノハラムラサキ1001



ノハラムラサキ1002



ノハラムラサキ1003



ノハラムラサキ1004



ノハラムラサキ100



ノハラムラサキ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/22(木) 22:13:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

繁縷

ハコベ (ナデシコ科ハコベ属)

うちの奥様は台所の窓ぎわに鉢植えのお花を飾って、枯れたら庭に放置するのが趣味です。
その鉢が2年も3年もすると繁縷の花でいっぱいになります。

ハコベ1001



ハコベ1002



ハコベ1003



ハコベ1004



ハコベ1005



ハコベ1006



ハコベ1007



ハコベ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/21(水) 23:10:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

山吹

ヤマブキ (バラ科ヤマブキ属)

我が家の山吹は八重ではありませんが、山吹と言えば、越後屋(お前も悪よのう)、じゃなくて道灌(同感)です。貧しても鈍することなく重い槍でもてなすのが茶”の心です。(尻滅裂=痛いよ~)

道灌の山吹伝説よりパクリました。

太田道灌は扇谷上杉家の家宰でした。ある日の事、道灌は鷹狩りにでかけて俄雨にあってしまい、みすぼらしい家にかけこみました。道灌が「急な雨にあってしまった。蓑を貸してもらえぬか。」と声をかけると、思いもよらず年端もいかぬ少女が出てきたのです。そしてその少女が黙ってさしだしたのは、蓑ではなく山吹の花一輪でした。花の意味がわからぬ道灌は「花が欲しいのではない。」と怒り、雨の中を帰って行ったのです。

その夜、道灌がこのことを語ると、近臣の一人が進み出て、「後拾遺集に醍醐天皇の皇子・中務卿兼明親王が詠まれたものに【七重八重花は咲けども山吹の(実)みのひとつだになきぞかなしき】という歌があります。その娘は蓑ひとつなき貧しさを山吹に例えたのではないでしょうか。」といいました。
驚いた道灌は己の不明を恥じ、この日を境にして歌道に精進するようになったといいます。

ヤマブキ1001



ヤマブキ1002



ヤマブキ1003



ヤマブキ1004



ヤマブキ1005



ヤマブキ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/20(火) 23:32:24|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:7

クリスマスローズ

クリスマスローズ (キンポゲ科ヘレボルス属)

何で今頃クリスマスローズが咲くのか知りませんが、名前が季節に合っていないだけなのでしょう。
ネットでググルとガーデンハイブリッドという名前らしいが、ガソリンと電気の混合ではなさそう。

玄関の脇に1本だけ生えてきて、何の世話もしなくても毎年残雪が溶けると顔を出します。
生育環境が適しているのでしょう。この場所はドクダミと水引草の群生となるので花の後は、初冬に水引草が枯れるまで存在に気がつきません。

メシベは4本なのにオシベの数が多すぎます。花びらのように見えるのはガクで、花びらはオシベの周りに切れの悪い包丁で切った青ネギを並べたように並んでいます。

クリスマスローズ1001



クリスマスローズ1002



クリスマスローズ1003



クリスマスローズ1004



クリスマスローズ1005



クリスマスローズ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/19(月) 21:57:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

一人静

ヒトリシズカ (センリョウ科チャラン属)

花粉症の症状が出たので、久し振りの好天ですがお山に出かけず、お家で一人静かにしています。
離れの裏の一人静もひっそりと咲いていました。
ひっそりと咲いているといってもこの花は群生する性質です。
花序はパイプを洗う白いブラシのように見えます。メシベ1本に対してオシベ3本が1セットとなっています。
オシベの付け根には黄色い葯がついています。
名前から連想する清楚で可憐な花ではありません。

ヒトリシズカ1001



ヒトリシズカ1002



ヒトリシズカ1003



ヒトリシズカ1004



ヒトリシズカ1005



ヒトリシズカ1006



ヒトリシズカ1007



ヒトリシズカ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/18(日) 21:25:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

山葵

ワサビ (アブラナ科ワサビ属)

ワサビは清流の小石の間に生えているイメージがありますが、このワサビ清流の脇の土砂の堆積しているところに生えていました。これってヤマワサビなのかな?と思いましたが、ワサビは山葵と書きますから山山葵ってことになります。それではワサビと山ワサビの違いは何なのかとググってみたところ、清流で育てたのがワサビで、畑で育てたのが山ワサビってことでした。同じものでした。
おすし屋さんで使われるおでこがツーンとくるワサビはセイヨウワサビの粉を練ったものです。

ワサビ1001



ワサビ1002



ワサビ1003



ワサビ1004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/17(土) 23:37:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

片栗

カタクリ (ユリ科 カタクリ属)

カタクリに片栗の漢字が使われているのは何故か?
カタクリの語源はなにか?
ネットをググって見ました。

①、万葉集が詠われた昔は、カタカゴと呼ばれていた。カタカゴの由来は、葉に鹿の子模様があり、発芽から7~8年までは、開花せずに、片葉しかなく、「片葉鹿の子」からカタカゴとなり、その後、カタクリと呼ばれるようになった。
②、茎の先の大型の花は、花弁が反って籠のような形となり、片方に傾いているから傾いた籠(かご)のユリ、カタカゴユリが転じてカタクリとなった。
③、花が終わったあとの実が栗のイガの中にある1つ1つの実に似ていることから「片栗」と呼ばれるようになった。
④、食用にする根の燐片が栗の片割れに似ていることからカタクリと呼ばれるようになった。

ウ~ン、どれも嘘臭いですぅ。

カタクリ1001



カタクリ1002



カタクリ1003



カタクリ1004



カタクリ1005



カタクリ1006



カタクリ1007



カタクリ1008



カタクリ1009



カタクリ1010



カタクリ1011



カタクリ1012
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-189.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/17(土) 00:24:10|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:10

深山傍食

ミヤマカタバミ (カタバミ科カタバミ属)

カタバミを漢字で傍喰とか片食と書くのは葉の形が半分食べられたように見えることによるもので、酢漿草と書くのは噛むと酸味がすることによるものです。
家の周りや道端で見かける黄色やピンクのカタバミの葉はハート型に切れ込んでいますが、ミヤマカタバミの葉は切れ込みがほとんどなく半分食べられたように葉の角が立っています。
四つ葉のクローバーはハート型の葉が4枚集まっているように思いますが、ハート型はカタバミでクローバーは丸型です。

ミヤマカタバミ1001



ミヤマカタバミ1002



ミヤマカタバミ1003



ミヤマカタバミ1004



ミヤマカタバミ1005



ミヤマカタバミ1006



ミヤマカタバミ1008



ミヤマカタバミ1009



ミヤマカタバミ1010

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/15(木) 22:44:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

深山黄華鬘

ミヤマキケマン (ケシ科キケマン属)

エンゴサクと同じケシ科キケマン属でこちらが本種です。
どちらも水分が多く、なよっとした草です。

ミヤマキケマン1001



ミヤマキケマン1002



ミヤマキケマン1003



ミヤマキケマン100



ミヤマキケマン1005



ミヤマキケマン1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/14(水) 22:34:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

近畿延胡索

キンキエンゴザク (ケシ科キケマン属)

昨年まではヤマエンゴサクだと思っていたのですが、苞葉が櫛の歯状に切れ込む特徴からキンキエンゴサクとしました。キンキエンゴサクの苞葉の方がヤマエンゴサクより細かく切れ込むようです(写真5,8)

キンキエンゴザク1001



キンキエンゴザク1002



キンキエンゴザク1003



キンキエンゴザク1004



キンキエンゴザク1005



キンキエンゴザク1006



キンキエンゴザク1007



キンキエンゴザク1008



キンキエンゴザク1009



キンキエンゴザク1010

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/13(火) 23:13:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

小米柳

コゴメヤナギ (ヤナギ科ヤナギ属)

桜の花見の帰り道、手取川の土手下に黄色い花を咲かせる大木が見えました。そのまま車で通り過ぎたのですが気になるので戻って、田んぼの畦を歩いて近くに寄って見ると黄色い花に見えたのは黄色い葉でした。
木の大きさや樹皮の感じがニセアカシアに似ていましたが、写真6枚目をトリミングして見ると小さな黄色い花が写っていました(写真8)。マメ科のニセアカシアは白い花の花序ですから、ニセアカシアではなさそうです。葉は浅いノコ葉でヤナギの葉に似ています。

コゴメヤナギ1001



コゴメヤナギ1002



コゴメヤナギ1003



コゴメヤナギ1004



コゴメヤナギ1005



コゴメヤナギ1006



コゴメヤナギ1007



コゴメヤナギ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/12(月) 20:27:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

二輪草

ニリンソウ (キンポウゲ科イチリンソウ属)

♪ ほうら ごらん
少しおくれて 咲く花を
いとしく思って くれますか…
咲いて清らな 白い花
生きてゆくのに
下手なふたりが さゝやかな
夢をかさねる ふたりは二輪草♪


清らかな白い花は撮りにくいです。
色があったほうが撮りやすい、人間と同じです。
先に咲いたら先に逝く、残された悲しみを知らないままに・・・

ニリンソウ1001



ニリンソウ1002



ニリンソウ1003



ニリンソウ1004



ニリンソウ1005



ニリンソウ1006



ニリンソウ1007



ニリンソウ1008



ニリンソウ1009



ニリンソウ1010
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-185.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/11(日) 21:45:33|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:8

金沢市民芸術村の桜

サクラ (バラ科サクラ属)

毎朝この公園を横切って通勤しています。
毎朝グラウンドゴルフを楽しむ自称無職の人達に有効に利用されています。
全面芝生ですからメンテナンスが大変でどれだけの予算が使われているのかと思うと、「使用前使用後に草取りぐらいしろ!」と心の中で愚痴る毎日です。

金沢市民芸術村の桜1001



金沢市民芸術村の桜1002



金沢市民芸術村の桜1003



金沢市民芸術村の桜1004



金沢市民芸術村の桜1005



金沢市民芸術村の桜1007

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/11(日) 00:28:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

犀川河原の桜

ソメイヨシノ (バラ科 サクラ属)

通勤途上の犀川河原の桜が満開になりました。
昨日カメラを持って通勤しましたがメモリーを入れ忘れてしまいました。
今日はメモリーを確認してカメラを持って出勤しました。
金沢伏見ライオンズクラブが昭和62年3月に植樹した桜並木で、無料の桜桟敷が5面施設されています。


犀川河原の桜1001



犀川河原の桜1002



犀川河原の桜1003



犀川河原の桜1004



犀川河原の桜1005



犀川河原の桜1006



犀川河原の桜1007



犀川河原の桜1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/09(金) 23:59:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

徳保の千本椿

ヤブツバキ (ツバキ科ツバキ属)

徳保の千本椿といっても特保(特定保健食品)の椿ではありません。
能登半島珠洲市の椿の原生林に咲く藪椿のことです。
ちなみに金沢市のお隣の野々市町の中村酒造が、野々市町の花ツバキ(国指定文化財末松廃寺跡の椿)から採取した酵母を活用した花酵母のお酒、「ichi椿(いちつばき)」を造っていますが、特定保健食品ではありません。

能登のヤブツバキは濃い赤色の花弁に赤黒い葉脈が目立つのが特徴です。

徳保の千本椿1001



徳保の千本椿1002



徳保の千本椿1003



徳保の千本椿1004



徳保の千本椿1005



↓おまけ(1)
阿岸、本誓寺の椿1001


↓おまけ(2)
阿岸、本誓寺の椿1002

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/08(木) 20:41:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

州浜草

スハマソウ (キンポウゲ科ミスミソウ属)

お天気が良いのでIGN(あいじん)にこの美しい花を見せてあげようと一緒に出かけました。
今年の雪割り草の開花はかなり遅れていて、4月に入ってようやく満開となりました。
三角草は葉が三角だから、州浜草は葉の縁が州浜のように緩やかなカーブをしているから付けられたものですが、どちらも一般的には雪割り草と呼ばれています。
7,9,10,13の写真に写っている葉はギョウジャニンニクです。群生地で保護活動をされているお姉さんが、『いつも一束60グラムですが、今日は100グラムで作ったのでお徳ですよ』というので2束買いました。

スハマソウ1001



スハマソウ1002



スハマソウ1003



スハマソウ1004



スハマソウ1005



スハマソウ1006



スハマソウ1007



スハマソウ1008



スハマソウ1009



スハマソウ1010



スハマソウ1011



スハマソウ1012



スハマソウ1013

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/05(月) 22:42:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

花ノ木

ハナノキ (カエデ科ハナノキ)

葉が出る前に小さな赤い花をたくさん付けます。木が大きいのと花が小さいので遠目では花が咲いているのに気が付きません。花が散って葉が茂るとふつうのカエデの木です。
高校総体石川大会(1985年)の記念に、都道府県の木の森に愛知県の木として植えたものです。

ハナノキ1001



ハナノキ1002



ハナノキ1003



ハナノキ1004



ハナノキ1005



ハナノキ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/03(土) 21:46:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

TL125 ihatovo

ホンダ TL125 ihatovo (1981年製)

青春のシッポである単車とお別れする為にお見合いのページを作ったのが2003年4月。
整備して磨き上げたので、20数年乗り続けたわりには高額で落札されてデジイチを買ってもお釣がきました。
久し振りに覗いてみたらアクセスカウンターがアップしていました。
ホームページビルダーの使い方も忘れてしまって苦労しましたが、写真を2枚アップしました。

HONDA TL125 ihatovo
癒し系バイク HONDA TL125 ihatovo



--------------------------------------------------------------------------------
1981年4月22日
ファッショナブルな125ccのトレッキングバイク
ホンダ イーハトーブを発売

--------------------------------------------------------------------------------
 本田技研工業(株)は、野や山など、雄大な自然の周辺をゆったりとツーリングするトレッキングバイクの第2弾として「ホンダ イーハトーブ」を4月23日より発売する。

 このイーハトーブは、トレッキング走行はもとよりツーリングやトライアル的な走行にも応えられる用途の広いスポーツバイクとして開発されたもので、さらに都会の情景にもとけこむファッ ション性もそなえている。エンジンは信頼性の高い4サイクル124ccの単気筒8.5馬力エ ンジンを搭載。サスペンションはフロントにセミ・エア式を、リヤには加圧式を採用するなど、 走破性を高めた走る機能の充実を図っている。またトライアル走行も可能な設計の車体は、スリムな形状のなかに、新鮮で個性的なデザインを施すなど、スポーツ性とファッション性の高いバ イクである。

  なお、販売計画は国内で年間4,800台を予定している。
  標準現金価格は248,000円
    (・北海道価格は253,000円 ・一部離島を除く)である。

 これによりトレッキングバイクは、先のシルクロードと今回のイーハトーブで2機種と充実。また125ccクラスのスポーツバイクは、CB125T、CM125T、CB125JXとイー ハトーブで4機種と充実、ヤングからアダルトまで幅広いユーザーに応えられるものとなった。

[イーハトーブ]
 〈IHATOVO:雄大な自然の中で、風と語り、透き通った空気を人生の“糧”とする、子供等のドリームランドとしての岩手県。
 宮沢賢治が正しい者の種子の発芽をたくして、世界中の子供達に贈った言葉です。
 ホンダは、自然との融和の中に、人間の幸せがあり、それを育む1つの手段としてのモーターサイクルを考えました。人間と自然との関わりを、モーターサイクルを介して、より良いものに しようとの願いをこめて、“イーハトーブ”と命名いたしました。

[トレッキングバイク]
 TREKKING(英語)、「牛車でゆっくりと旅をする、骨の折れる旅行をする」の意味であり、現在国民スポーツ用語として、「山歩き、スキーの平地滑走など、主として健康とレクリ エーションのために行う徒歩運動」「自然のふところめくり」といった風に使われている。
 ホンダはこうした意味をさらに発展させ、2輪車によって雄大な自然の周辺をゆったりとツーリングする楽しみを提唱するものです。


◎主な特長
○ 4サイクル、124cc、8.5馬力の耐久性にすぐれた粘り強いエンジンは、低中速域での 使い易さを狙い開発されたもので、トライアル走行やオフロード走行にも適した力強いトルク特性を得ているとともに、すぐれた経済性(燃費60km/L:50km/h時定地走行テス ト値)もかねそなえている。また、CDI点火装置を採用するなど、メンテナンスフリーへの 配慮もしている。
○ フロントサスペンションは、乗り心地や路面追従性にすぐれたセミ・エア式を採用。リヤサス ペンションの倒立型加圧ダンパーとあいまって乗り心地、走破性を高めている。
○ 軽量(乾燥重量95kg)でスリムな車体設計は、すぐれた取り回しと低いシート高(800 m/m)を実現。トライアル走行など、巾広い用途に応えられる設計としている。
○ 街中でも、大自然の中にでもとけこむ車体デザインは、スリムな車体を生かした新鮮で個性的 なものとしている。
○ 数々の充実した装備 ・ ツーリング時の小物入れに便利なバッグを装備。
・ グリップラバーは適確な操作が行なえるようフット性にすぐれたラバーを採用。また、ハンドルレバーは操作性を向上させたドッグレッグリバースボール型としている。
・ バックミラーは角度調整が自在に行なえるボールジョイントタイプ。



イーハトーブ主要諸元表
型式 JD 03
全長×全幅×全高(m) 1.995×0.835×1.095
軸距 (m) 1.290
最低地上高 (m) 0.265
車両重量 (kg) 99
乾燥重量 (kg) 95
乗員定員 (人) 1
燃費(km/L) 60(50km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ) 0.67
最小回転半径 (m) 1.6
燃料タンク容量(L) 4.5
エンジン型式 JD03E
総排気量 (cm3) 124
内径×行程 (mm) 56.5×49.5
最高出力(PS/rpm) 8.5/8,000
最大トルク(kg-m/rpm) 0.86/4,000
始動方法 キック式
点火装置 CDI式
変速機形式 常時噛合式(5段リターン)
変速比        1速 2.769
2速 2.125
3速 1.450
4速 1.000
5速 0.724
タイヤサイズ     前 2.75-21-4PR
後 4.00-18-4PR
ブレーキ形式 前、後とも リーディングトレーリング
懸架方式      前 テレスコピック
後 スイングアーム
フレーム形式 セミダブルクレードル



テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2010/04/03(土) 13:18:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小哨吶草

コチャルメルソウ (ユキノシタ科チャルメルソウ属)

♪チャララ~ララ チャラララララ~
果実の形がチャルメラに似ているからチャルメルソウと名付けられたそうです。
チャルメルソウの果実もチャルメラも見たことがありません。
どうしてこのような花になっているのかダーウィンの進化論なのでしょうか?
それともネオダーウィニズムで説明がつくのでしょうか?

コチャルメルソウ1001



コチャルメルソウ1002



コチャルメルソウ1003



コチャルメルソウ1004


2010/04/12 写真追加
コチャルメルソウ1005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/02(金) 23:05:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

北陸猫の目

ホクリクネコノメ (ユキノシタ科ネコノメソウ属)

「猫の目草」だと思っていたら「北陸猫の目」というらしい、どうでもよいけど・・・。
と思うようなどうでも良い草です。

ホクリクネコノメ1001



ホクリクネコノメ1002



ホクリクネコノメ1003



ホクリクネコノメ1004



ホクリクネコノメ1005

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/01(木) 22:10:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する