「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

二人静

フタリシズカ (センリョウ科チャラン属)

姦しいとは、2人から5人の昔若かった女性グループの楽しげな会話のことで、おるごどんとIGNのような静かな二人連れにとっては列車の中での携帯電話以上にヒジョ~に迷惑な存在です。
下品な会話に花が咲いて盛り上がるのも興ざめです。

フタリシズカも花序が2本~5本あって姦しいです、小花は中指を立てて「ファ○ク ユー」と下品な仕草です。
この仕草は花の構造を知ろうと、オシベとベシベの拡大写真を撮っているおるごどんに対する抗議なのでしょう。

フタリシズカ1001



フタリシズカ1002



フタリシズカ1003



フタリシズカ1004



フタリシズカ1005



フタリシズカ1006



フタリシズカ1007



フタリシズカ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/31(月) 21:44:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

イチゴ (バラ科オランダイチゴ属)

本文↓は昨日の自分のブログからパクリました、パクリのパクリです。

イチゴはノイバラと同じバラ科ですが、大まかに分けると木に成るのはキイチゴ属、食用で売られている一般的なイチゴはオランダイチゴ属に分類されます。
実の付き方をネットからパクルと

キイチゴ状果(集合核果 etaerio of drupelets)
1つの花に由来する多数の小核果が集合したもの。キイチゴ属(バラ科)などに見られる。

イチゴ状果(etaerio)
花托が肥大して液質になり、表面に多数の痩果があるもの。偽果である。オランダイチゴ属やヘビイチゴ属(バラ科)などに見られる。

ということです。

近所のお庭のイチゴが花を付けていました。普通のイチゴは白い花で赤い実が成りますから、この花の色ならさぞかし美しい色の実が成るのかと思いきや、実は出来ないそうです。

イチゴ1001



イチゴ1002



イチゴ1003



イチゴ1004



イチゴ1005



イチゴ1006



イチゴ1007



イチゴ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/29(土) 22:29:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

苗代苺

ナワシロイチゴ (バラ科キイチゴ属)

苗代を作る頃に花が咲くので苗代苺と名付けられたのでしょう。
イチゴはノイバラと同じバラ科ですが、大まかに分けると木に成るのはキイチゴ属、食用で売られている一般的なイチゴはオランダイチゴ属に分類されます。
実の付き方をネットからパクルと

キイチゴ状果(集合核果 etaerio of drupelets)
1つの花に由来する多数の小核果が集合したもの。キイチゴ属(バラ科)などに見られる。

イチゴ状果(etaerio)
花托が肥大して液質になり、表面に多数の痩果があるもの。偽果である。オランダイチゴ属やヘビイチゴ属(バラ科)などに見られる。

ということです。
ナワシロイチゴの実はキイチゴ状果(集合核果)で真っ赤な小果が一つから数個くっ付いた形状です。
子どもの頃は美味しいので良く食べましたが、最近は美味しく感じなくなってしまいました。

蕾からガクが開くとしっかりと閉じた5枚の花弁の先端にはすでにメシベが顔を覗かせています。
オシベは花弁に包まれていて花弁が落ちるまで表に出れません。ナワシロイチゴはこうやって自家受粉を防いでいるようです。

ナワシロイチゴ1001



ナワシロイチゴ1002



ナワシロイチゴ1003



ナワシロイチゴ1004



ナワシロイチゴ1005



ナワシロイチゴ1006



ナワシロイチゴ1007



ナワシロイチゴ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/28(金) 22:43:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

野茨

ノイバラ (バラ科バラ属)

毎年撮っている手取川河原のピンク色のノイバラが伐採されてしまいました。
近くを捜し歩いてようやく色の付いている花を見つけて撮りました。
蕾はピンク色ですが開くにしたがって花弁の色が白くなっていきますが、
花弁の裏側に少しピンク色が残っているようです。

ノイバラ1001



ノイバラ1002



ノイバラ1003



ノイバラ1004



ノイバラ1005



ノイバラ1006
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-203.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/27(木) 21:38:33|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

蓮華草

レンゲソウ (マメ科ゲンゲ属)

大きな田んぼ一面に咲くレンゲ草を久し振りに見ました。
周りの田んぼにはもう稲の苗が植えられているのに、一枚だけレンゲ畑(田)ですから休耕田なのでしょうか?
田んぼにレンゲ草が咲いている昔懐かしい田舎の風景を思い出しました。
レンゲ畑で花を摘んだり、相撲をとったりしたのは遠い昔のことです。
これだけ見事に咲きそろっていると足を踏み入れることもできません。

レンゲソウ1001



レンゲソウ1002



レンゲソウ1003



レンゲソウ1004



レンゲソウ1005



レンゲソウ1006



レンゲソウ1007



レンゲソウ1008



レンゲソウ1009



レンゲソウ1010

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/26(水) 22:19:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

庭石菖

ニワゼキショウ (アヤメ科 ニワゼキショウ属)

漢字名に菖蒲(ショウブ)の菖の字が充てられている事からアヤメ科であることが分ります。
小さな草ですが葉はアヤメ科らしくアヤメやショウブのミニチュアです。
理容店の看板の様にクルクルと巻いた花弁はこれから開く蕾のように見えますが、撮影したのが午後3時ですから展開後に縮む寸前なのでしょう。
花はアヤメやショウブとは似ていませんが、花弁が巻いて強制受粉するところはキショウブやヒオウギスイセンと似ています。

ニワゼキショウ1001



ニワゼキショウ1002



ニワゼキショウ1003



ニワゼキショウ1004



ニワゼキショウ1005



ニワゼキショウ1006



ニワゼキショウ1007



ニワゼキショウ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/25(火) 23:28:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

綾目

アヤメ (アヤメ科アヤメ属)

紋様、文様を文目といい、模様が斜めに連続するから綾目?
"あやめ"と入力して漢字変換し"菖蒲"を選択するのは変換ミス?

我が家のアヤメは絶滅危惧種になりつつあり、今年は2、3株しかありません、ここ2~3年花も咲きません。
そこで兄弟株である近所のお庭で撮りました。我が家では雑草ですが、そのお宅では山野草です。

アヤメ1001



アヤメ1002



アヤメ1003



アヤメ1004



アヤメ1005



アヤメ1006



アヤメ1007



アヤメ1008
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-841.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/24(月) 21:42:17|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:6

キャノン リモートスイッチ RS-80N3

朝から雨模様の天気なので、趣味のDIYで一日過ごしました。
昨日は久し振りに手取川の河原で日がな一日雑草撮りしましたが、暑いのとカメラのレリーズスイッチの調子が悪くてストレスが溜まりました。

デジカメは2台目ですが、ケーブルレリーズは初代から修理して使い続けています。
キヤノンのリモートスイッチのケーブルコネクターは一台目で使っていたときは背面液晶側に向いていたのに、二台目はカメラの前面へ出ており取り回し上切れやすい仕様です。
コネクター付け根やスイッチ付け根の内側で断線するのでその度に修理して使っていたのですが、切れにくいように仕様を変更することにしました。
カメラを分解してメスコネクターを180度回転して取り付けるだけで良いのですが、分解に失敗したらカメラが再起不能となるのでケーブルを改造することにしました。


↓以前の修理は見た目を気にしないプロ仕様で、コネクター付け根でケーブルを折り曲げてテーピングしてあります。
レリーズスィッチ1001


↓手元スイッチも何度か修理してプロ仕様で見た目は頑丈そうですが、今回も内部で断線しかかっています。
レリーズスィッチ1002


↓コネクターの金具を外します。ただ引っ張っても外れませんチョットしたコツがあります。
レリーズスィッチ1003


↓ケーブルを切断してゴムのコネクターカバーを外します。もう元へは戻れません。
レリーズスィッチ1004


↓コネクターの付け根を半分削ってケーブルを露出させます。
レリーズスィッチ1005


↓ケーブルの出る方向を変える為にゴムカバーの側面に穴を空けます。
レリーズスィッチ1006


↓コネクターを半田付けします。ゴムカバーを先にケーブルに通しておかないと・・・・・。
レリーズスィッチ1007


↓ハンダしたケーブル同士でショートしないように被覆を被せます。被覆チューブを先に通しておかないと・・・・・。
レリーズスィッチ1008


↓接続した線を90度曲げて被覆を被せます。被覆チューブを先に通しておかないと・・・・・。
レリーズスィッチ1009


↓接着剤でケーブルを固定しゴムカバーを被せます。金具は可動式なので接着剤で固定されないようにゴムカバーの接着剤が乾いたのを確認してから取り付けます。
レリーズスィッチ1010


↓カメラ前面から見て、見える穴が修理前にケーブルが出ていた穴、修理後は上側へ開けた穴からケーブルを出しました。
レリーズスィッチ1011


↓テストして異常なしを確認して完成です。
レリーズスィッチ1012

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2010/05/23(日) 22:38:45|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キリ (ゴマノハグサ科キリ属)

公園の芝の上にキリの花がたくさん落ちていて、絵になりそうなので翌朝カメラを持って現場へ行ったところ、
おじさんが二人して落花を掃除している最中でした。
掃除のおじさんたちが、グランドゴルフを楽しむ人達を見ながら「昔の王様より良い生活だなぁ」と話し合っているのが聞こえてきました。
「そんなことはないでしょ、することがないから平日の朝からこうやって集まって暇をつぶしているのじゃないの?
仕事があるあなた達の方が幸せですよ」と、おるごどんのつぶやき。
「通勤途中でのんびりとお花の写真を撮っているお前はどっちなの?」とは天の声。

中学生のとき足駄で通学したあやふやな記憶があるのですが、それも桐の高下駄だったんです。旧制中学じゃなくて新制中学でのことです。ひょっとしてテストの成績が悪くて下駄を履かせてもらったのと勘違いしているのかもしれません。

桐1001



桐1002



桐1003



桐1004



桐1005



桐1006



桐1007



桐1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/22(土) 23:00:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

釣鐘葛

ツリガネカズラ (ノウゼンカズラ科ツリガネカズラ属)

いつも通勤で横切る公園で最近カレーの臭いがします。毎朝多くのご老人がグラウンドゴルフを楽しんでおられるのですが、そのカレー臭ではありません。おるごどんの華麗な香りでもなく、気が利かない鼻が利かないおるごどんでもはっきり分るその臭いはターメリックの香りです。
花の色がカレー色で香りもカレー臭だからカレー葛ともよばれています。

ツリガネカズラ1001



ツリガネカズラ1002



ツリガネカズラ1003



ツリガネカズラ1004



ツリガネカズラ1005



ツリガネカズラ1006



ツリガネカズラ1007



ツリガネカズラ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/21(金) 22:30:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

雪笹

ユキザサ (ユリ科ユキザサ属)

葉が笹の葉に似て、花が雪の結晶のように白いことから付けられた名前と思われます。とても可憐で素朴で清楚で私の好みです。
今年の大雪でお隣の垣根の木が3本私の雑草地の歩道に倒れた為に、近所の餓鬼供が私の大事な雑草地を道にしてしまいました。踏みつけられて、もともと3本しかなかったユキザサのうち1本は完全に消滅し残り2本の内1本が茎が折れて花が途中で枯れました。残るは写真の1本のみです。
地下茎で繁殖するらしいので、来年に期待したいところです。
「おるごどんレッドデーターブック」に登録申請中です。

ユキザサ1001



ユキザサ1002



ユキザサ1003



ユキザサ1004



ユキザサ1005



ユキザサ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/20(木) 21:45:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

春紫菀

ハルジオン (キク科ムカシヨモギ属)

ハルジオンとハルジョオンの違いはなかなか分りません。
従いまして写真の花がハルジオンであるという確証はありません。

ハルジオン1001



ハルジオン1002



ハルジオン1003



ハルジオン1004



ハルジオン1005



ハルジオン1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/19(水) 21:27:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

カエデ (カエデ科カエデ属)

写真1、2、3は新芽が赤く葉が広がると緑色になり、秋には紅葉するカエデで早朝に撮りました。
写真4、5、6は新芽が赤く葉が広がっても赤い我が家のカエデでお昼に逆光で撮りました。

カエデ1001



カエデ1002



カエデ1003



カエデ1004



カエデ1005



カエデ1006

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/18(火) 23:22:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ケヤキ (ニレ科ケヤキ属)

写真1、2、3は4月24日の午後の逆光で、4、5、6は5月16日の朝の逆光で撮りました。

欅1001



欅1002



欅1003



欅1004



欅1005



欅1006

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/17(月) 22:25:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

栃の木

トチノキ (トチノキ科トチノキ属)

清々しい新緑の候となりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
ちょうど一ヶ月前に新芽を出していた樹木の枝に三兄弟を見つけました。
名前は一郎、二郎、三郎と別の枝の四郎と名付けました。
三郎が一番やんちゃな顔をしています(おるごどんも三男です)
樹皮や若葉を見ただけでは苗字が分らず、今日再確認に行ってトチノキと分りました。

栃の木1001



栃の木1002



栃の木1003



栃の木1004



栃の木1005



栃の木1006



栃の木1007



栃の木1008

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/16(日) 22:22:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

耳菜草

ミミナグサ (ナデシコ科ミミナグサ属)

名前に「菜」の漢字を含む植物は食用にした名残です。
耳菜草も春の七草として枕草子に載っているそうです。
以下ネットからパクリました。

能因本を底本とした枕草子本文
3、正月一日は、まして空のけしきうらうらとめづらしく、霞みこめたるに、世にある人は、姿、かたち心ことに <つくろひ、君をも我身をも祝ひなどしたる、さま殊(こと)に> をかし。
 七日は、雪間(ゆきま)の若菜摘み青やかに、例は、さしも、さる<も>[こ]の目近(めぢか)からぬ所(=高貴な所)に、持てさわぎ、
134、七日の若菜を、人の六日(むいか)<も>[ま]てさわぎ取り散らしなどするに、見も知らぬ草を、子供の持て来たるを、「何とかこれを言ふ」と。頓(とみ)にも言はず、「いさ」など、これかれ見合はせて、「耳無草(みみなぐさ)となむ言ふ」と言ふ者のあ[は]れば、「むべなりけり、聞かぬ顔(がほ)なるは」など笑ふに、またをかしげなる菊の生(お)ひ出でたるを持て来たれば、摘め(=つねる)どなほ耳無草こそ(=無反応で)つれなけれ数多(あまた)しあれば菊(=聞く)もまじれり
と言はまほしけれど、(=子供は)聞き入るべくもあらず。


現代語訳では
「枕草子」の三段には
「七日雪間の若菜摘み青やかに
例は、さしも、さるもの目近からぬ所に、もてさわぎ、
白馬見むとて、里人は車清げにしたてて、見に行く」
白馬(あをうま)とは宮中における正月七日の行事「白馬の節会」のこと。

百三十四段には
「七日の若菜を、人の六日もてさわぎ取り散らしなどするに
見も知らぬ草を、子どもの持て来るを
「何とかこれを言ふ」と。
とみにも言はず「いさ」など、これかれ見合はせて
「耳無草となむ言ふ」といふ者のあれば
「むべなりけり。聞かぬ顔なるは」など笑ふに
またをかしげなる菊の生ひ出でたるを持て来たれば、
つめどなほ耳無草こそつれなけれあまたしあれば菊もまじれり
と言はまほしけれど、聞き入るべくもあらず」

ミミナグサ1001



ミミナグサ1002



ミミナグサ1003



ミミナグサ1004



ミミナグサ1005



ミミナグサ1006



ミミナグサ1007



ミミナグサ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/15(土) 23:15:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

紫露草

ムラサキツユクサ (ツユクサ科ムラサキツユクサ属)

金相場が高騰しています。
今日の価格は1gあたり3,700円です。
我が家にはどこを探しても見当たりません。IGNの耳にも指にも私の入れ歯にも見当たりません。
どこかに落ちていないものかと探していると、お向かいのお庭の花の中に金色に光るものが・・・・
お花の中を覗いてみると、金以外にもダイヤモンドやら水晶やら真珠まで・・・。

ムラサキツユクサ1001



ムラサキツユクサ1002



ムラサキツユクサ1003



ムラサキツユクサ1004



ムラサキツユクサ1005



ムラサキツユクサ1006



ムラサキツユクサ1007



ムラサキツユクサ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/14(金) 22:29:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

姫風露

ヒメフウロ (フウロソウ科フウロソウ属)

繁殖力が旺盛で我が家では雑草扱いです。
コンクリートの割れ目や砂利の隙間などに根を差し込んで根上の松のように生えています。
枝分かれして次から次ぎと咲きますが、開花に時間差があって先に咲いた花は五列したメシベだけだったり、後から咲いた花はメシベが未熟でオシベだけのように見えたりで、雌雄同株と勘違いします。
毎年撮っているのに良く分からなくて、今回は念入りに観察してみました。
結論から言うと雌雄同株でも雌雄異株でもありません、ごくありふれた普通の花でした。
花弁は5枚、オシベが10本、メシベが1本です。

以下、写真を使って説明します(写真が小さくて見づらい場合はクリックすると多少大きくなります)


↓花が開くと10本のオシベのうち内側の5本が先に熟して中央に寄り集まります。
この写真では中央に赤く見えるのがまだ熟していないメシベでオシベは1本だけ熟して葯袋を開いています。
ヒメフウロ1006



↓右の花はオシベ10本が中央に寄り集まってメシベが出てくるのを待っています。
左の花は葯の出尽くしたオシベの間から五裂したメシベが見えています(自家受粉)
ヒメフウロ1004


↓上の花はオシベが数本残っています。下の花はオシベが落ちてメシベだけ残っています。
ヒメフウロ1002


↓上の花には外側に開いた熟していない5本のオシベと、内側に寄り集まった熟して葯袋を開いた5本のオシベが見えます。下の花は花びらが散ってしまっていますがオシベは数本残ってしつこく受粉中です。
ヒメフウロ1003

------------------------------------------------------------------



ヒメフウロ1001



ヒメフウロ1009



ヒメフウロ1005



ヒメフウロ1007



ヒメフウロ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/13(木) 23:43:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

都忘れ

ミヤコワスレ (キク科ミヤマヨメナ属)

素朴な感じで園芸種というより山野草としての野春菊(ノシュンギク)と呼ばれるほうがお似合いです。
普段のハナグモさんは人見知りして花びらの裏に隠れるのですが、おるごどんの顔には親近感を感じるようで、ポーズをとってくれました。
おるごどんの素顔が見たい方は最後の写真をクリックして見てね(恐)

ミヤコワスレ1001



ミヤコワスレ1002



ミヤコワスレ1003



ミヤコワスレ1004



ミヤコワスレ1005



ミヤコワスレ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/12(水) 23:22:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

浦島草

ウラシマソウ (サトイモ科テンナンショウ属)

貧乏な我が家の狭い雑草園には、こんな気色悪い花が咲くようになってしまいました。
ウラシマソウは宿根性の多年草ですから、ず~っと前から生えていたのでしょうが初めて気が付きました。
仏炎苞の中の肉穂花序から伸びている釣竿が地面に付くほど長く、フライフィッシングのようにして昆虫を釣り上げているようで、仏炎苞の底には小魚が何十匹も横たわっています。
こんな気色の悪い男にに釣られる乙女がいるはずがないと、調べてみますと巻きスカートのような仏炎苞の下部に虫が入れる穴が開いているのでした。

ウラシマソウ1001



ウラシマソウ1002



ウラシマソウ1003



ウラシマソウ1004



ウラシマソウ1005



ウラシマソウ1006



ウラシマソウ1007



ウラシマソウ1008
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-200.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/11(火) 23:23:34|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

白雪芥子

シラユキゲシ (ケシ科 エオメコン属)

葉の上の水玉が風に揺れて落ちるのも、純白な花びらが風に散るのも儚さを感じさせます。

シラユキゲシ1001



シラユキゲシ1002



シラユキゲシ1003



シラユキゲシ1004



シラユキゲシ1005



シラユキゲシ1006



シラユキゲシ1007

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/10(月) 22:32:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

裏木戸

『裏木戸に立てかけさせし衣食住』とは「衣食住に事欠いて裏木戸も傾いている」ということではありません。
レトロ好きの「おるごどん」ですが、裏木戸の傷みがここまでいくとレトロというよりボロという感じで、我が家の経済実態が見え見えです。
金はないけど暇がある、知恵がある、やる気がある、見栄もある。

↓昭和レトロの木戸、オークションでも運賃の方が高くて買い手が見つかりません。
裏木戸1001


↓支柱のナットもボルトも錆び付いてボロボロです。ナットがゆるまないとボルトごと交換しなくてはなりません。
裏木戸1002


↓なんとかナットが取れたので、新しいナットで新しい支柱を取り付けました。
裏木戸1003


↓コスト最優先でB級品の腰板を1セット1980円でゲット。透明水性塗料で防水加工しました。
裏木戸1004


↓腰板5枚を連結して裏木戸の大きさにカット、腰板だけでは薄くて弱くて支柱に取り付けられないので安物の胴縁板を四辺と中央に打ち付けます。
裏側も同じように四辺に胴縁を打ち付けます。構造は単なる腰板ですが、見た目は「なんちゃってドア」です。
裏木戸1005


↓なんちゃってドアの四辺は3層構造なので、チョウバンを取り付ける時にネジが夫々の板の中央に来るようにチョウバンに新しくネジ穴を開けます。
裏木戸1006


↓ルーターで桟の角を削っててドアらしく偽装しました。
裏木戸1007


↓鍵とか取っ手などを取り付けます。(桟が3層サンドイッチ構造であることが分るでしょうか?)
鍵は新しく購入しましたが、取っ手とストッパーは古い木戸から外して再利用しました。
裏木戸1008


↓家族は全員右利きなので鍵と取っ手は右側に付けました。MA5が『どこでもドア作っているの?』と言いました。
裏木戸1009


↓支柱をノミで削って、ストッパー受けや鍵受けの金具を取り付けます。
裏木戸1010


↓チョウバンを支柱にネジ止めします。ドアの裏側から見ると板塀にしか見えません。
裏木戸1011


↓透明防水塗料を塗って裏木戸の完成です。表側はドアのように見えるでしょ。
裏木戸1012

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2010/05/09(日) 22:33:18|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

天の川

アマノガワ (バラ科サクラ属)

サクラらしくない名前が付いていますが、とても美しいサクラです。
花が上を向いて咲くのもサクラとしては珍しい品種です。

アマノガワ1001



アマノガワ1002



アマノガワ1003



アマノガワ1004

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/08(土) 20:41:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

火打谷菊桜

ヒウチダニキクザクラ (バラ科サクラ属)

飽きもせずというか、飽きていますけど今日も石川県の天然記念物の菊桜です。
ヒヨドリザクラと同じじゃないか!って言われても反論できませんので、解説は例によって石川県のホームページよりパクリました。

----------------------------------------
県指定天然記念物 昭和43年8月6日指定

ヒウチダニキクザクラ
 羽咋郡志賀町火打谷

 ヤマザクラ系菊咲き品種。ケタノシロキクザクラに比し、葉・芽の若い部分はより赤褐色の赤芽で、花も桜色である。花径は3.3~4.0cm、花托は底部から隆起し、かつ、がく筒は上部を外側に反巻して、ここにも花葉をつける。反巻がく筒の花(外輪花)を開かせたあとに隆起花托につく花葉を伸長して内輪花を開かせる、いわゆる二段咲きが普通である。隆起花托の頂部が二裂しておのおのに花葉多数をつけ、内輪花の中心が二つある双旋花をみることも多い。がく筒は野生のヤマザクラやケタノシロキクザクラの長円筒状錘形でなくて、反巻させたがく筒の分の長さを減じ、隆起花托の膨大のために内部から圧し広げられたような上部の広がった円錐状となっている。花葉員数は150~300で、うち花弁は110~210、雄ずいはほとんど不完全で90~40、雌ずい2~15はまれに完全な形もあるが、ほとんど不稔で雄ずいの花弁、雌ずいの葉化、さらには弁化の傾向が甚だしい。結実しない。
 学名:Prunus jamasakura SIEBOLD cv. Hiuchidani-kikuzakura
---------------------------------------------------------------

ヒウチダニキクザクラ1001



ヒウチダニキクザクラ1002



ヒウチダニキクザクラ1003



ヒウチダニキクザクラ1004



ヒウチダニキクザクラ1005



ヒウチダニキクザクラ1006



ヒウチダニキクザクラ1007



ヒウチダニキクザクラ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/07(金) 23:19:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

鵯桜

ヒヨドリザクラ (バラ科サクラ属)

花びらの数が650枚の日本新記録をもつ桜です。
長い花柄、濃紅色の花、花弁多数という特徴からヒヨドリザクラであろうという推定に基づいて同定された桜です。
おるごどんが童貞同定したのではありません。
気多の白菊桜では、花弁の枚数に誇張があるのではないかとのご指摘がありましたので、今回は正確に誇張してみたいと、以下石川県のホームページよりパクリました。

------------------------

県指定天然記念物 昭和47年8月23日指定

いがわ
飯川のヒヨドリザクラ
 七尾市飯川町2-48甲

 ヒヨドリザクラ(鵯桜)は、元禄年間(1688~1704)以来、その名が見えるが、学術的には、三好学氏の『日本の山桜』(1907年・独文)にいう「葉は単きょ歯があり、その下面と葉柄は有毛、花柄は長さ3.6~6.8cm、有毛、花径は3.5cm、花冠は約90枚、雄ずいは僅かにあるかまたは欠、雌ずいは1ないし数個または欠、産地金沢。(抄訳)」の記載が基準となっている。原木については、その後不詳。川崎哲也氏は、明治43(1910)の柵葉標本(明治43年《1909》、神田正梯採取)を確認し、記載の一部を追加した(『北陸の植物』八巻二号、1945年)。
 法京邸のものは、昭和44年(1911)の再発見で、葉・葉柄・花柄が有毛であること、長い花柄、濃紅色の花、花弁多数という記載がヒヨドリザクラに一致するため、選定基準標本とされた。しかし、原記載に比し、花葉が著しい増数(220~650)を示し、既知の日本の菊咲き諸桜では最高値である。花径3.4~4.6cm、まれに一段咲(原記載類似)、多くは多段咲、外輪花托(反巻がく筒)・内輪花托(隆起花托)には、さらに瘤状隆起花托をつけ、それにもまた鱗片状花葉をつけることがある。
学名:Prunus lannesiana WILSON cv.Longipedunculata

--------------------------------------

ヒヨドリザクラ1001



ヒヨドリザクラ1002



ヒヨドリザクラ1003



ヒヨドリザクラ1004



ヒヨドリザクラ1005



ヒヨドリザクラ1006



ヒヨドリザクラ1007



ヒヨドリザクラ1008

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/06(木) 20:32:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

気多の白菊桜

ケタノシロキクザクラ (バラ科サクラ属)

気多大社の菊桜は山桜の八重咲でとっても珍しい桜です。花弁は100~150枚、メシベは筒状のガク筒の底からから生えていて、完全なものが多く2~6個の実をつけます。

気多大社は縁結びの神社でゴールデンウィークとあって年頃の娘さんや若いカップルで賑わっていました。

気多の白菊桜1001



気多の白菊桜1002



気多の白菊桜1003



気多の白菊桜1004



気多の白菊桜1005



気多の白菊桜1006



気多の白菊桜1007



気多の白菊桜1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/04(火) 09:15:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

兼六園

ケンロクエンキクザクラ (バラ科サクラ属)

ゴールデンウィークなので、たまには観光地などで散財してデフレ克服・景気回復しようと、で石川県の兼六園に行ってきました。

本当は、メーデーの集会が兼六園のとなりだったので、ついでに兼六園の桜を見てきたのです。今日はお日柄も良く県民入場無料の日でした。
兼六園菊桜は天然記念物ですから、盗って花びらを数えることは適いません、お散歩レンズなのでマクロも出来ませんでしたが、ピンク色の丸い花が薄緑色の葉に映えて上品に見えました。
福桜も今が旬でしたが、兼六園熊谷桜はほとんど散っていました。
デフレ克服が国家の喫緊の課題ですが、兼六園にはインフレの松(値上り 根上の松)もあります。

兼六園菊桜1001



兼六園菊桜1002



兼六園菊桜1003



-----------------------------------

福桜1001



福桜1002



福桜1003



-----------------------------------

兼六園熊谷桜1001



兼六園熊谷桜1002



-----------------------------------

根上の松1001


-----------------------------------

霞が池排水口1001

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/01(土) 23:11:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する