「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

海緑

ウミミドリ (サクラソウ科ウミミドリ属)

磯の低地に群生していました。低地と言っても真水が海に注ぐ汀線の陸側です。
満潮や海の荒れた日には海水に浸かることもあるような場所ですが、他にコウボウシバなども生えていました。
名前の由来は常緑であることと、群生しているのであたり一面が緑色であることによるものでしょう。
草丈は20cmほどで花径は5mmほどです。

ウミミドリ1101



ウミミドリ1102



ウミミドリ1103



ウミミドリ1104



ウミミドリ1105



ウミミドリ1106


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/30(木) 22:33:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

浜払子

ハマボッス (サクラソウ科オカトラノオ属)

磯の岩礁部の岩の窪みや草地に生えています。
姿が、殺生を禁じられている坊さんが蝿や蚊を払うのに使った払子(ホッス)に似ているから付けられた名前らしい。
果実は枯れた茎と共に残り、潮風により頂部に空いた穴から種を飛ばすものと思われます。

ハマボッス1101



ハマボッス1102



ハマボッス1103



ハマボッス1104



ハマボッス1105



ハマボッス1106



ハマボッス1107



ハマボッス1108



ハマボッス1109

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/29(水) 23:09:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大唐米

タイトゴメ (ベンケイソウ科マンネングサ属)

荒磯の岩の窪みに咲いていました。河川のコンクリート護岸でも群生しています。
多肉植物の一種で、紅葉した赤い葉と真黄色の花が美しいです。

タイトゴメ1101



タイトゴメ1102



タイトゴメ1103



タイトゴメ1104



タイトゴメ1105



タイトゴメ1106

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/28(火) 22:34:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

波来草

ナミキソウ (シソ科タツナミソウ属)

磯の岩礁部に近い草地に群生しています。
庭のタツナミソウと同じ科に属しているのでそっくりですが、こちらの方がずっと大きいです。
タツナミなんて言う恐ろしい名前よりナミキの方が花らしいです。
対性の葉の付け根に花を付けますので花も対性で二つづつ上に向かって咲いていきます。

ナミキソウ1101



ナミキソウ1102



ナミキソウ1103



ナミキソウ1104



ナミキソウ1105



ナミキソウ1106

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/28(火) 18:57:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

さくらんぼ

さくらんぼ (バラ科サクラ属)

昨日、ヤマアジサイの花を撮ろうと石川県樹木公園へ行ってきました。
林道の途中に「クマ注意」と写真入りの立札があり、よく見ると日付が6月20日です。いつの年なのかとみると23年と書いてあります。「ヘ~」から「ヒエ~ッ!」となりました。リュックサックに付けてある熊除けの鈴を外して手で鳴らしながら歩いて行くと、大きな鈴のおとでパニックになった小熊の悲鳴が遠くで聞こえます。親熊を呼んでいるのでしょうか?アジサイの花など撮っている場合ではあ~りません。日本庭園のトイレの近くの桜の木の枝が滅茶苦茶に折られていました。人間の腕ほどある太い枝でも簡単に折るんですね。クマ注意の看板も倒れ掛かっています。折れた枝や食べ残しのサクランボの写真をを2・3枚撮って大慌てで林道を下りました。途中でニホンカモシカが臥して休んでいましたが、もし藪からガザゴソと出てきたのだったら私の心臓は止まっていたことでしょう。
林道の下までおりると「クマ出没 立ち入り禁止」となっていました。おまけに看板の熊はヒグマではあ~りませんか。(ヒグマは北海道にしかいません)

サクランボ1101



サクランボ1102



サクランボ1103



サクランボ1104



サクランボ1105



サクランボ1106



サクランボ1107



サクランボ1108

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/27(月) 23:32:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ポプラ

ポプラ (ヤナギ科ヤマナラシ属)

先日久しぶりに県立陸上競技場の裏を通ったら、ポプラの綿毛がふわふわと飛んでいました。
吹き溜まりでは雪のように積もっていますし、蜘蛛の巣にもくっ付いて雲の巣状態です。
雪だるまのように丸く寄り集まったのがコロコロと地面を転がり、追っかけっこをしているのも楽しそうです。
樹形は北海道の観光ポスターのようなホウキみたいな形ではなく枝が彼方此方に広がっています。ネットでググるとポプラは雌雄異株で雄株はホウキみたいな樹形で雌株は枝が広がっているのだそうです。

ポプラ1101



ポプラ1102



ポプラ1103



ポプラ1104



ポプラ1105



ポプラ1106



ポプラ1107



ポプラ1108



ポプラ1109



ポプラ1110



ポプラ1111



ポプラ1112

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/25(土) 23:21:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

野蒜

ノビル (ユリ科ネギ属)

「板野サーカス(一斉発射された絡み合うミサイルの航跡)」のように青空に向かって「伸びる」ところがこの雑草の面白さです。花も花火のように弾けて開くところが花火やミサイルを連想させます。
薄紫色の小花のひとつひとつがまた美しい。

ノビル1101



ノビル1102



ノビル1103



ノビル1104



ノビル1105



ノビル1106



ノビル1107



ノビル1108



ノビル001

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/25(土) 08:13:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

河原撫子

カワラナデシコ (ナデシコ科ナデシコ属)

別名:大和撫子
ヤマトナデシコ七変化は漫画の話ですが、私の知っている限りでは、赤色、ピンク色、橙色、白色です。
河原や海岸の草地に咲く雑草なのですが、花壇に咲いていても見劣りしないほで艶やかです。

カワラナデシコ1101



カワラナデシコ1102



カワラナデシコ1103



カワラナデシコ1104



カワラナデシコ1105



カワラナデシコ1106



カワラナデシコ1107



カワラナデシコ1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/22(水) 22:29:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小坊主弟切

コボウズオトギリ (オトギリソウ科オトギリソウ属)

オトギリは草本ですがコボウズオトギリは木本で、同属のビョウヤナギやキンシバイとよく似た花を咲かせます。
一昨年まで、成長の悪いビョウヤナギだと思っていたのですが、花弁が分厚く、色付いた実がとても可愛いのに気がつきました。
花が散ったらもう実が稔っているという期の短い花です。
オシベが取れて花びらが散ると剃りたての青い小坊主の頭となり、止まったアブもすってんころりんです。
この実が赤く色づくとまた可愛いです。

コボウズオトギリ1101



コボウズオトギリ1102



コボウズオトギリ1103



コボウズオトギリ1104



コボウズオトギリ1105



コボウズオトギリ1106



コボウズオトギリ1107



コボウズオトギリ1108



コボウズオトギリ1109



コボウズオトギリ1110
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-342.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/21(火) 22:50:48|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

野薊

ノアザミ (キク科アザミ属)

咲いているところには群生して見事ですが、私の周りでは最近あまり見かけなくなりました。
平野部の田の畔では見られなくなりましたし、こんなに美しい花なのに花壇ではまず見かけません。

ノアザミ1101



ノアザミ1102



ノアザミ1103



ノアザミ1104



ノアザミ1105



ノアザミ1106



ノアザミ1107



ノアザミ1108



ノアザミ1109



ノアザミ1110

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/20(月) 18:43:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

牛繁縷

ウシハコベ (ナデシコ科ウシハコベ属)

近所の空き地で大きなハコベを見つけました。そのハコベは花径が10mmちかく、葉は10cmもあって「放射能の影響で大きくなったのかな?」なんて疑いをもってしまいました。
よく見るとメシベの先が4~5列なのでウシハコベと思われます。ハコベといえば小鳥の餌というイメージがありますが、ウシハコベは大きいので牛の餌としても使えます。

ウシハコベ1101



ウシハコベ1102



ウシハコベ1103



ウシハコベ1104



ウシハコベ1105



ウシハコベ1106



ウシハコベ1107



ウシハコベ1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/16(木) 22:46:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

FW-3070E

そろそろストーブを片付ける季節となりました(遅すぎる?)が片付ける前に調子の悪いところを直しておくと良いです。

冬になって寒いからとストーブを出したら調子が悪く、寒い部屋で修理をするのは嫌だし、直らないと慌てて買いに行くハメになります。
我が家のダイニチ・ブルーヒーター(FW-3070E)が「換気」ランプがついて停止することが多くなりました。
隙間だらけのボロ家で部屋の空気の入れ替えなど必要ないはずです。どこに二酸化炭素を検知するセンサーが付いているのかと分解してみましたが見当たりません、ネットでググると炎検知のセンサーにヘアスプレーなどのシリコンが付着するとセンサーの感度が悪くなって燃焼不良と勘違いするらしいことが分かりました。センサーに付いたシリコンはワイヤーブラシで簡単に取れるということなのでやってみました。

↓02年製のダイニチ・ブルーヒーター(FW-3070E) 3年保証ですがとっくの昔に保証が切れています。
FW-3070E 1101


↓配線が分からなくならないように写真を撮っておきます。
FW-3070E 1102


↓シリコンが付着して白くなった炎センサー(右)、左は着火用のイグナイター
FW-3070E 1103


↓分解したついでに燃料噴射ノズルの掃除もしました。取り外した気化器ユニット。
FW-3070E 1104


↓気化器のノズル。
FW-3070E 1105


↓気化器のニードルにカスがこびりついています。
FW-3070E 1106


↓ブラシでクリーニングしました。
FW-3070E 1107


↓炎センサー。スプレーなどのシリコンが室内の空気に混ざって炎センサーに焼き付いて白くなっています。
FW-3070E 1108


↓ワイヤーブラシで磨いてシリコンを落として取り付けました。
FW-3070E 1109

----------------------------------------------------------------


シャープ石油ファンヒーターの「らくらくタンク」シリーズの炎センサーもクリーニングしました。
「らくらくタンク」シリーズは素人でも簡単に直せます。

↓フロントカバーを外して燃焼室前のカバーを外します。(カバーの無い機種もあります)
シャープらくらくタンクシリーズ 1111


↓カバーを外すとセラミックの炎センサーユニットがネジ1本で止められているのが見えます。
シャープらくらくタンクシリーズ 1112


↓短いスクリュードライバーでネジを外し、炎センサーユニットを引き出します。
シャープらくらくタンクシリーズ 1113


↓取り外した炎センサーユニット。下が点火用のイグナイター、上が炎センサーでどちらもシリコンが付着して白くなっています。
シャープらくらくタンクシリーズ 1114


↓ワイヤーブラシでこすってシリコンを落とし、取り付ければOK。
シャープらくらくタンクシリーズ 1115

シャープ石油ファンヒーターの修理記録は別の記事もあります。下記のURLも参考にしてください。
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2580.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2412.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2391.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2364.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1971.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1834.html

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2011/06/15(水) 22:28:15|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブラザー COMPAL DELUXE ZZ3-B727 (その1)

ブラザー コンパル デラックスは30年前に製造された家庭用ミシンです。

愛人が子供の洋服を作るのに買ったものですが長い間使っていませんでした。
先日買ったプリーツシャツの袖があまりにも長いので、押し入れからミシンを出してきて久しぶりに使おうとしたところ電源ボタンや速度ボタンが押せません。縫い方の操作ダイヤルもボタンカガリの位置から変わらないので使用不能です。シャツの袖詰めの為にミシンを買うのも無駄なのでとりあえず直すことにしました。

↓電子ミシンなのに電子なのはモーターの速度制御だけです、ICやマイコンは使っていません。
ブラザー ミシン1101


↓サイドカバーを外します。
ブラザー ミシン1102


↓底板を外してモーターとスイッチユニットを外します。
ブラザー ミシン1103


↓スイッチユニットのネジ部のプラスチックが割れていたので穴を開けてボルトとナットに交換しました
ブラザー ミシン1104


↓縫い方の選択ダイヤルとインジケーターの位置を決めているプーリーのネジが緩んでいました。手前のパーツを外さないとドライバーが入らないのでネジをプライヤーで挟んで締め直しました。
ブラザー ミシン1105


↓ジグザグ縫いで振り幅を最大にすると針が穴よりずれて折れるので、トップカバーを外し、偏心ナットを回して振りの中心を微調整しました。
ブラザー ミシン1106


↓ついでなので、オカマの周りの清掃と注油をしました。
\ブラザー ミシン1107


↓カフスを外して袖を8cmばかり切りました。切った布で糸調整をしました。
プリーツシャツ1101


↓小野小町針で仮止め。
プリーツシャツ1102


↓しつけ糸で仮縫い。
プリーツシャツ1103


↓出来上がり。
プリーツシャツ1104

*********************************************************
追加画像

COMPAL DELUXE ZZ3-B727 仕様シール

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2011/06/13(月) 22:48:42|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

山法師

ヤマボウシ (ミズキ科ミズキ属)

薄紅色の花水木は可憐ですが、純白のヤマボウシは素朴です。
咲き始めのガクの縁は緑っぽい白色ですが、日が経つと赤色に変わってきます。
このガクが美味しいらしく円形に食べる虫がいるので調べていましたらミノムシでした。蓑の中身はどんな虫かしりませんが、冬眠している訳ではないので、私が知らない間に蓑から出てきて食事をしているのでしょう。
ガクの先を円形に食べられて大阪万博のシンボルマークみたいのもありました。万博のシンボルマークは桜をイメージしているので葉は5枚ですが、ヤマボウシのガクは4枚で、中には3枚のもありました。

ヤマボウシ1101



ヤマボウシ1102



ヤマボウシ1103



ヤマボウシ1104



ヤマボウシ1105



ヤマボウシ1106



ヤマボウシ1107



ヤマボウシ1108



ヤマボウシ1109



ヤマボウシ1110
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-339.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/12(日) 21:48:46|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

野茨

ノイバラ (バラ科バラ属)

イバラは我が家の雑草園にも生えているのですが、花が咲くころには葉も花も虫に食べられて無惨で撮る気にもなりません。
写真の花は川原に薄紅色の花を咲かせるのが一株だけあって毎年撮っているものです。
蕾が開くに従って薄紅色から白色になります。写真の最後の2枚は蕾も花も白い種類ですが、花床がほんのりと薄紅色になって、これも可愛いです。


ノイバラ1101



ノイバラ1102



ノイバラ1103



ノイバラ1104



ノイバラ1105



ノイバラ1106



ノイバラ1107



ノイバラ1108



ノイバラ1109



ノイバラ1110



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/11(土) 21:36:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

薔薇

バラ (バラ科バラ属)

我が家の雑草園には似合わない薔薇が咲きました。一株だけなのでアジサイの影になって外からは見えないので気にはなりません。せっかく生えているのに抜くわけにもいかないし、綺麗に咲いたので撮ってあげました。

バラ1101



バラ1102



バラ1103



バラ1104



バラ1105



バラ1106

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/09(木) 22:16:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

マンテマ

マンテマ (ナデシコ科マンテマ属)

河原や道路の植え込み脇や中央分離帯などに雑草として生えています。
よく見るととても可愛い花なので好きです。

マンテマ1101



マンテマ1102



マンテマ1103



マンテマ1104



マンテマ1105



マンテマ1106

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/08(水) 22:24:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

毒溜

ドクダミ (ドクダミ科ドクダミ属)

日陰の玄関にも日当たりの良い離れの裏にも半日蔭の雑草園にも沢山の花が咲いています。
薬効のありそうな香りを嫌う人もいますが葉を痛めたり雑草扱いして抜いたりしないかぎり臭いません。
ずぼら、貧乏くさいイメージが我が家によく似合って、私は好きです。

ドクダミ1101



ドクダミ1102



ドクダミ1103



ドクダミ1104



ドクダミ1105



ドクダミ1106



ドクダミ1107



ドクダミ1108



ドクダミ1109



ドクダミ1110
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-337.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/07(火) 22:37:24|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:6

苗代苺

ナワシロイチゴ (バラ科キイチゴ属)

石川県では昔から苗代を作るのは4月初旬です。5月中旬から6月初旬に苗代を作るのはどの地方でしょうね。 ガクが開くと閉じた花弁の先端からメシベが顔を出しますが、オシベは花弁に包み込まれていて花粉を出すことはできません。こうして自家受粉を防いでいるようです。

ナワシロイチゴ1101




ナワシロイチゴ1102




ナワシロイチゴ1103




ナワシロイチゴ1104

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/06(月) 21:57:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黄菖蒲

キショウブ (アヤメ科アヤメ属)

菖蒲(ショウブ)はサトイモ科ショウブ属で黄菖蒲(キショウブ)はアヤメ科アヤメ属ですから全く別の科です。
旧暦の5月5日は端午の節句で新暦では今日がその日にあたります。
子供が小さかった頃は菖蒲とヨモギが束になったのをお風呂にいれて無病息災を祈願したものですが、その日が5月5日だったか6月5日だったかは記憶にありません。お陰様でどの子も丈夫に育ちました(頭は弱いですが)。
私も子供の頃は菖蒲湯に入りました。沼田の一角に菖蒲が生えていて、水田の雑草なのですが、菖蒲湯の為に除草しなかったようで、毎年その田で育った菖蒲の湯に入りました。昔の我が家ではヨモギは入れなかったように思います。菖蒲の独特の臭気(芳香?)と赤い茎に薬効がありそうで、お陰様で頭だけは丈夫に育ちました(頭髪のことよ)。
で、今日の写真のキショウブですが、昔は黄色いカキツバタなど見たことがなかったのですが最近は彼方此方の水辺で見ます。繁殖力が旺盛の様で湿地や水辺だけではなく川土手の上部でも群生しています。
花弁が萎れると濡れタオルを絞るようにオシベとメシベを包み込んで強制受粉することも繁殖力が旺盛な要因なのでしょう。

キショウブ1101



キショウブ1102



キショウブ1103



キショウブ1104



キショウブ1105



キショウブ1106



キショウブ1107



キショウブ1108



キショウブ1109

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/05(日) 22:52:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

杜若

カキツバタ (アヤメ科アヤメ属)

杜若→ 八橋→ 京都みやげ→ 井筒→ 能 と連想するのですが、近年いただく八ッ橋は生八ッ橋で種類も豊富です。昔の固いニッキの八ッ橋は売っていないのだろうか?
能を観たことはありませんが、郷土ゆかりの井筒 杜若 歌占 安宅 祇王などはネットで読みましたがなかなか興味深いです。

カキツバタ1101



カキツバタ1102



カキツバタ1103



カキツバタ1104



カキツバタ1105



カキツバタ1106



カキツバタ1107



カキツバタ1108



カキツバタ1109



カキツバタ1110

  

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/04(土) 23:11:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

菖蒲

アヤメ (アヤメ科アヤメ属)

「何れ菖蒲か杜若」よく似ていて分かり難いものの例えですが、アヤメとカキツバタの区別は簡単です。
乾燥した場所に咲いているのがアヤメで水辺などの湿地に咲いているのがカキツバタです。
花弁の模様でも簡単に判別できます。綾目の模様があるのがアヤメ、カキツバタは白い筋だけです。
我が家の雑草園に咲いているのがアヤメ、公園の水辺に咲いているのがカキツバタ、黄色いのがキショウブでしょう。


アヤメ1101



アヤメ1102



アヤメ1103



アヤメ1104



アヤメ1105



アヤメ1106



アヤメ1107



アヤメ1108



アヤメ1109

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/03(金) 22:09:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コトネアスター・オータムファイアー

コトネアスター・オータムファイアー (バラ科シャリントウ属)

秋に燃えるような真っ赤な紅葉と実をつけます。
花はバラ科らしい5枚の花弁を持った白い花でノイバラに似ています。花弁はノイバラよりも厚くシャリンバイ(車輪梅)の花にも似ています。因みに属名のシャリントウは車輪桃と書きます。

コトネアスター・オータムファイアー1101



コトネアスター・オータムファイアー1102



コトネアスター・オータムファイアー1103
コトネアスター・オータムファイアー1104



コトネアスター・オータムファイアー1105




コトネアスター・オータムファイアー1106



コトネアスター・オータムファイアー1107



コトネアスター・オータムファイアー1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/06/02(木) 22:04:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

OK-R58CR OK-P58SR OK-M40GX

シャープ石油ファンヒーター

今年の夏は扇風機がバカ売れだとか? 節電するならエアコンの使用をやめなくてはなりません。
冬も暖房は石油ストーブがバカ売れ? それともコタツが主流となるのでしょうか?
震災のあと家電量販店からストーブが消えましたし、大手家電メーカーが石油ストーブの販売をやめて久しく、ネットオークションでも初夏の今は石油ファンヒーターは冬場に買い手が付かなかった廃棄品ばかりとなっています。我が家の大型石油ファンヒーターも8年も使用していて不調になっています。
とりあえず、我が家のより古くても程度の良さそうなのを2台落札して分解掃除をしました。

↓我が家のシャープ石油ファンヒーター OK-R58CR クラスターイオン付きで らくらくタンク9リットルの大型石油ファンヒーター。12月から7月まで毎日20時間使用するので3年に一度は分解掃除が必要です。
シャープ石油ファンヒーター1101



↓ネットオークションで手に入れたOK-P58SR 大容量 らくらくタンク で古いけど使用頻度がすくなく内部に埃も殆どなく機能も正常でした。
シャープ石油ファンヒーター1102



↓ネットオークションで手に入れたOK-M40GX 中型で、外見は綺麗ですが内部は埃だらけでした。機能は正常でしたが分解掃除をすることにしました。
シャープ石油ファンヒーター1103



↓OK-R58CR 組み立て時に配線を確認するために写真を撮っておきます
シャープ石油ファンヒーター1104



↓OK-M40GX
シャープ石油ファンヒーター1105


↓OK-R58CR
シャープ石油ファンヒーター1106


↓燃焼部ユニット OK-R58CR
シャープ石油ファンヒーター1107



↓給油管の接合部を外します OK-M40GX
シャープ石油ファンヒーター1108


↓燃料ポンプの接合部を外します OK-M40GX
シャープ石油ファンヒーター1109



↓燃焼室ユニットを引き出してひっくり返します。
シャープ石油ファンヒーター1110



↓燃焼室下のバーナーのカバーを外します。
シャープ石油ファンヒーター1111



↓電磁バルブと気化器とヒーター。
シャープ石油ファンヒーター1112


↓電磁バルブと気化器弁。
シャープ石油ファンヒーター1113


↓気化器弁に焼きついたカスとOリング。OK-R58CR
シャープ石油ファンヒーター1114



↓焼きついたカスを削り落とします。OK-R58CR
シャープ石油ファンヒーター1115



↓電磁バルブのOリング、上がOK-M40GXの古くなったもの、下が交換用の新品。
シャープ石油ファンヒーター1116


↓気化器の入口の大きなOリングは電磁バルブ側に嵌めてあったものですが劣化していません、奥のOリングも異常なし。
シャープ石油ファンヒーター1117


↓元通りに組み上げて、燃焼テストして異常がなければ完成です。
シャープ石油ファンヒーター1118

シャープ石油ファンヒーターの修理記録は別の記事もあります。下記のURLも参考にしてください。
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2580.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2412.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2391.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2364.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1971.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1845.html






テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2011/06/01(水) 23:19:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する