「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

富士薊

フジアザミ (キク科アザミ属)

花径が5~8㎝と日本最大のアザミです。といっても草丈はさほど大きくはなく50cm程です。
花茎は下部から多分岐して先端に下向きの頭花を付けます。総苞片は上に反り返りとても固く、トゲも鋭くて触ると危険です。
葉の表面はクモ毛に覆われています。

フジアザミ1101



フジアザミ1102



フジアザミ1103



フジアザミ1104



フジアザミ1105



フジアザミ1106



フジアザミ1107



フジアザミ1108



フジアザミ1109



フジアザミ1110

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/31(水) 22:32:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

畔筵

アゼムシロ (キキョウ科ミゾカクシ属)

夏水仙のオーナー様の田んぼは放置農法?らしく、雑草の宝庫です。写真のミゾカクシは畔も溝も埋め尽くして田んぼの周りに幅1mで繁茂していました。
この雑草の花は小さいですが面白い形をしています。



↓マクロレンズで等倍で撮ってもこの程度の大きさにしが写らない小さな花です。この小花が筵を敷いたみたいに群生して咲いているのです。
ミゾカクシ1101


↓薄いピンク色の可愛い花ですが、見方を変えると猛禽類が威嚇しているようにも見えます。
ミゾカクシ1102


↓バックから見ると背中がパックリと開いた素敵なドレスの様です。
ミゾカクシ1103


↓胸元には黄緑色のネクターガイドがありますが、内側は肌触りが良い様に毛が付いています。
ミゾカクシ1104


↓5本あるオシベのうちネクターガイドに面しているオシベにだけ毛が生えています。
ミゾカクシ1105


↓オシベは5本ですが隣同士でくっ付いているので筒状になっています。先端の葯はくっ付いて鳥の頭のような形をしています。
ミゾカクシ1106


↓メシベは筒状のオシベの中心に有ってオシベの葯を押し開いて出てきます。このように筒状のオシベを突き抜いて出て来る時に受粉する仕掛けはアザミやフキノトウにも見られます。
ミゾカクシ1107


↓こちらのメシベは固くくっ付きあったオシベを突き破って出てきたようです。
ミゾカクシ1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/29(月) 22:50:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

夏水仙

ナツズイセン (ヒガンバナ科ヒガンバナ属)

田んぼの畔に植えてあるので先月までは稲穂の間に隠れていて見えなかったのですが、今朝近くを通ったら見事に咲いていました。
所有者が近くにいなかったので無断で撮りました。

ナツズイセン1101



ナツズイセン1102



ナツズイセン1103



ナツズイセン1104



ナツズイセン1105



ナツズイセン1106



ナツズイセン1107



ナツズイセン1108


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/27(土) 23:36:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

蜻蛉

トンボ (トンボ科)

雑草撮りをしていて出会ったトンボ達です。

トンボ1101



トンボ1102



トンボ1103



トンボ1104



トンボ1105



トンボ1106



トンボ1107



トンボ1108



トンボ1109



トンボ1110



トンボ1111



トンボ1112



トンボ1113



トンボ1114
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1024.html

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/26(金) 23:30:49|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

藪茗荷

ヤブミョウガ (ツユクサ科ヤブミョウガ属)

葉はミョウガにそっくりで株元にミョウガの実(花)が出ていそうです。雑草園の雑草なので全て根こそぎで抜いてしまったのですが、ブロック塀とコンクリートの間の1cm程の隙間に数株生えています。
ミョウガはショウガ科ですがヤブミョウガはツユクサ科なので花は真っ白なツユクサです。

ヤブミョウガ1101




ヤブミョウガ1102



ヤブミョウガ1103



ヤブミョウガ1104



ヤブミョウガ1105



ヤブミョウガ1106



ヤブミョウガ1107



ヤブミョウガ1108
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/384-16b6f4bb

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/25(木) 22:53:08|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

擬宝珠

ギボウシ (ユリ科ギボウシ属)

今年の夏は暑い割には適当に雨が降ったので水遣りもせず雑草も抜かずに放置していました。
久しぶりに日当たりの良い離れの裏を覗くとオオバギボウシがフェンスを突き抜けて咲いていました。
日当たりの悪い雑草園ではコバノギボウシが雑草の間から紫色の花を見せていました。

オオバギボウシ1101



オオバギボウシ1102



オオバギボウシ1103



コバノギボウシ1101



コバノギボウシ1102



コバノギボウシ1103
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/tb.php/1027-fabca1ab

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/24(水) 22:20:34|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

藪蘭(斑入り)

ヤブラン (ユリ科ヤブラン属)

ドクダミの花が枯れて貧乏臭くなってきたので全部抜いてしまうとドクダミの影になっていたヤブランの花が数本顔を見せました。
ヤブランなのかヒメヤブランなのかコヤブランなのか同定不能ですが薄紫の小さな花と緑色の実がとっても可愛いです。


ヤブラン1101



ヤブラン1102



ヤブラン1103



ヤブラン1104



ヤブラン1105



ヤブラン1106
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-376.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/23(火) 23:43:19|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

棕櫚草

シュロソウ (ユリ科シュロソウ属)

花被片の縁が赤紫なのでアオヤギソウとの交雑種のようにも見えます。日当たりの悪い中庭のカエデ木陰に生えていてほとんど日が当たらないので色付きが悪いのでしょうか?
花被片は6枚で内側の3枚の花被片が外側の花被片より縁の赤紫色が濃いので花弁で、外側の3枚がガクなのでしょう。花被片の中心部には蜜を出す蜜腺が発達した盛り上がった部分があって、これが花弁のように見えて、その外側にガクがあるように見え、花弁が6枚ガクが6枚のようにも見えます。
雌雄同株で一つの株に雄花と両性花があり、主軸の茎には両性花が、枝の花序には雄花が咲いているようです。
名前の由来は前年の朽ちた葉が棕櫚の繊維状に残っていることによるものですが、近くにたくさん咲く紫蘭も同じですし、葉も紫蘭とよく似ていて花が無い状態では紫蘭との見分けがつきません。

シュロソウ1101



シュロソウ1102



シュロソウ1103



シュロソウ1104



シュロソウ1105



シュロソウ1106



シュロソウ1107



シュロソウ1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/22(月) 23:25:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

水葵

ミズアオイ (ミズアオイ科ミズアオイ属)

水田の強力な雑草で、ミズアオイの近くに稲は生えていません。
稲作農家の強敵として駆除されしすぎて絶滅危惧種に指定されているとかいないとか・・・・。
雑草の割には美しい花を咲かせます。6本あるオシベの5本が黄色で1本が紫色というのがこの花の特徴です。

ミスアオイ1101



ミスアオイ1102



ミスアオイ1103



ミスアオイ1104



ミスアオイ1105



ミスアオイ1106

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/18(木) 23:22:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蓮の葉

蓮の葉 (ハス科ハス属)

早朝のレンコン田で蓮の葉に付いた朝露を撮ってみました。
蓮の葉は良く水を弾いて濡れることがありません。これは葉の表面にある微細な凹凸が水の表面張力と相まって超撥水性を得ていることによるものです。
濡れないお風呂の床とか汚れが付かない壁塗料なども同じ原理だそうで、ロータス(蓮)効果と言われています。

蓮の葉1101



蓮の葉1102



蓮の葉1103



蓮の葉1104



蓮の葉1105



蓮の葉1106



蓮の葉1107



蓮の葉1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/17(水) 22:24:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

DVD-8150

DVD-8150は中国製のラジカセで、DVD・CD・MP3・カセットテープ等、機能満載のマルチコンポです。

お盆休みを実家で過ごし、お土産をたくさんもらって帰ろうとしたら、「忘れものだよ」と兄貴が持ってきたのが壊れたラジカセです。「秋祭りに来る時に直して持ってきてね」だって・・・・。

二宿四飯の恩義に報いる為に、汗をかきながら直しました。


↓①テレビに繋ぐとDVDも見れるという優れものですが、電源が入りません。
DVD-8150 1101


↓②安物の割にはネジが多くて10カ所もあります。
DVD-8150 1102


↓③基盤に3.15Aと書いてあるのに2Aのヒューズが嵌めてあって切れていました。案外簡単に原因が分かってラッキーとパーツ屋で3.15Aのフューズを買ってきて嵌めてみましたが、ぶっ飛びました。コネクターを全部外して電源回路だけにしてもフューズが切れるので原因は電源基盤内にあることが判明しました。
電源基盤のネジは赤○で囲んだ2ヵ所のネジです。青○で囲った部分は②で外したネジが嵌る箇所です。
DVD-8150 1103


↓④赤□で囲った部分が3.15Aのガラス管フューズです。フューズの上の4個のダイオードが整流ダイオードです。中学生が作ったような非常にシンプルな電源回路ですからパーツを全て交換しても大したことはなさそうです。
DVD-8150 1104


↓⑤どこかショートでもしているのかと探してみると、コンデンサーの線がハンダから外れて接触不良を起こしていました。
DVD-8150 1105


↓⑥コンデンサーのもう片方のピンには赤と黒の2本の配線が後付けされています。なにかいわくがあるのでしょうか?
DVD-8150 1106


↓⑦コンデンサーはどうなっているかと基盤の裏をみると、コンデンサーが膨れて爆発寸前でした。
DVD-8150 1107


↓⑧平滑用のコンデンサーが壊れるとなぜフューズが切れるのか理論は分かりませんが、とりあえず壊れたコンデンサーと同じ耐圧・容量のコンデンサーを買ってきました。
左が新しいコンデンサー、右が肥満した不良コンデンサー(25V4700μF)
DVD-8150 1108


↓⑨黄色○で囲ったのが新しいコンデンサー。念の為整流ダイオードも外して異常がないことを確認して組み上げました。(費用は私の日当440円+部品代500円でした)
DVD-8150 1109

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2011/08/16(火) 22:36:39|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山母子

ヤマハハコ (キク科ヤマハハコ属)

高地に咲くのが山母子で、河原に咲くのが河原母子です。石川県では白山麓に咲くのが山母子で手取川の中下流域の河原に咲くのが河原母子です。
雌雄異株で雌株と雄株があります。雌花は正確には両性花でオシベとメシベがあり、雄花はオシベだけです。


ヤマハハコ1101



ヤマハハコ1102



ヤマハハコ1103



ヤマハハコ1104



ヤマハハコ1105



ヤマハハコ1106


-------------------以下参考画像------------------------

↓カワラハハコ (雄花)
カワラハハコ804


↓カワラハハコ (両性花)
カワラハハコ806

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/15(月) 22:24:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

唐糸草

カライトソウ (バラ科ワレモコウ属)

たくさんの蕾を付けた花序は組紐のように美しい、唐糸とは中国から輸入した絹糸のことです。
開いた蕾に花弁は無くオシベのみで花糸を唐糸に見立てて唐糸と名付けられたようです。

カライトソウ1101



カライトソウ1102



カライトソウ1103



カライトソウ1104



カライトソウ1105



カライトソウ1106



カライトソウ1107



カライトソウ1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/12(金) 18:48:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

糊空木

ノリウツギ (ユキノシタ科アジサイ属)

樹皮の用途と枝の特徴から付けられた名前で、樹皮の粘液を和紙を漉くときの糊として使用したことからノリ(糊)、茎が空洞だからウツギ(空木)の名が付いたようで、アジサイの仲間です。
装飾花もの両性花も白色で花序もカシワバアジサイによく似ています。
地味ですが清楚で清々しさを感じます。

ノリウツギ1101



ノリウツギ1102



ノリウツギ1103



ノリウツギ1104



ノリウツギ1105



ノリウツギ1106

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/11(木) 22:43:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

令法

リョウブ (リョウブ科リョウブ属)

ノリウツギの花を撮っていたら隣りに咲いていました。名前は聞いたことがあるけど木も花も見たことがない、なんども見ているのに名前を知ろうとも思わないそんな目立たない花。名前を漢字で書くと「令法」だとは知らなかった。
スズメガ(スカシバ)が無警戒に飛び回るのでたくさん撮りすぎました。

リョウブ1101



リョウブ1102



リョウブ1103



リョウブ1104



リョウブ1105



リョウブ1106



リョウブ1107



リョウブ1108



リョウブ1109
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/tb.php/1000-a9913682

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/10(水) 22:06:19|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

夏櫨

ナツハゼ (ツツジ科スノキ属)

半世紀も前ですが、海で泳いだ後は体に付いた塩を流す為に山の堤(用水用のダム)へ泳ぎに行きました。
山道でナツハゼを採って食べた記憶があります。西瓜や瓜も盗って食べたような記憶もあります。
味はチョット酸っぱくてチョット苦いけど爽やかで後味の良いものでした。
先日も写真を撮る最中に一粒食べてみましたが記憶の中の味とおなじでした。
花は2カ月前に撮ったものです。

ナツハゼ1101



ナツハゼ1102



ナツハゼ1103



ナツハゼ1104



ナツハゼ1105



ナツハゼ1106



ナツハゼ1107



ナツハゼ1108



ナツハゼ1109

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/09(火) 19:18:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

禊萩

ミソハギ (ミソハギ科ミソハギ属) 別名:盆花(ボンバナ)、溝萩(ミゾハギ)

子どもの頃、「お墓の掃除をするからボンバナをとってきて」と言われて水辺へ取に行ったものです。
大人になって気づいたのですが、花屋にもコンビニにも霊園の臨時売店にもミソハギはありません。お墓にミソハギを供えられているのを見たこともありません。
私が死んだら、お盆の墓参りにはミソハギを供えてほしいものです。(ハカがないのにバカなことを言っている)


ミソハギ1101


ミソハギ1102



ミソハギ1103



ミソハギ1104



ミソハギ1105



ミソハギ1106



ミソハギ1107


ミソハギ1108
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-364.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/07(日) 00:27:13|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

檜扇

ヒオウギ (アヤメ科アヤメ属)

名前の由来は檜の薄板で造った扇に似ていることから檜扇と名付けられたようです。
光合成しやすい様に葉は南向きに開いているので、方向指標植物のようですが、お日様が出ている場合にはどちらが北でどちらが南なのかわかりますが、日光が全く出ていない日の野山では北向きなのか南向きなのかを判断することはできません。
花弁は6枚ですが、蜜腺から蜜が溢れているように花弁の付け根にピカピカ光った溝がある3枚はガクが変化したもののようです。
1日花で夕方には萎みますが縦絞りに巻いて強制受粉するようになっています。

ヒオウギ1101



ヒオウギ1102



ヒオウギ1103



ヒオウギ1104



ヒオウギ1105



ヒオウギ110



ヒオウギ1107



ヒオウギ1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/05(金) 23:45:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

鶏頭

ケイトウ (ヒユ科ケイトウ属)

子供の頃、この花の名前は毛糸(ケイト)だと思っていました。
昨日オニユリを撮りに行ったらオニユリの里の農村公園を挟んだ向かいの畑に群生していました。オニユリは推定1万8千本ですが、ケイトウはその数百倍はあるでしょうか。家族総出で朝飯前に刈り取り中でした。すでに3分の1ほどが刈り取られていましたが、それでも見事な群生です。
来るのが1日、いや2時間遅れていたら刈り取られて何もなくなっていたことでしょう。早起きは三文の(得)です。

ケイトウ1101



ケイトウ1102



ケイトウ1103



ケイトウ1104



ケイトウ1105



ケイトウ1106

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/04(木) 22:08:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鬼百合

オニユリ (ユリ科ユリ属)

歳をとると朝早く目が覚めます。遅寝しても早起きしてしまいます。
今朝は隣りの白山市八田町の「あじち山」へ登ってオニユリを撮りました。
標高20mのこの山には地元のオニユリ保存会が管理しているオニユリが群生しています。
家のオニユリは推定4本しか生えていませんが、今朝保存会の会員さんに聞くと推定で1万8千本のユリが咲いているそうです。

オニユリ1101



オニユリ1102



オニユリ1103



オニユリ1104



オニユリ1105



オニユリ1106



オニユリ1107



オニユリ1108



オニユリ1109



オニユリ1110


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/03(水) 20:31:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

鼈甲羽衣

ベッコウハゴロモ (ハゴロモ科)

桑の枝に超小型のヘリコプターが何台も待機していました。
近くにステレス戦闘機も数台待機していました。
ステレス戦闘機もヘリコプターも顔の部分が同じなので、ヘリコプターが進化するとステレス戦闘機になるのでしょう。
ヘリコプターの羽根(ローター)の位置とが戦闘機の翼の位置は全く違うのにローターが進化して翼になる過程がよく分からないのでネットでググってみました。
ヘリコプターのローターは尻尾から分泌されるロウ物質で取れてもまた生えてくるそうです。一方戦闘機の翼は頭部の付け根から生えてくる羽根でヘリコプターのローターが進化したものではありませんでした。

ベッコウハゴロモ1101



ベッコウハゴロモ1102



ベッコウハゴロモ1103



ベッコウハゴロモ1104



ベッコウハゴロモ1105



ベッコウハゴロモ1106



ベッコウハゴロモ1107

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/02(火) 23:12:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する