「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

深山傍食

ミヤマカタバミ (カタバミ科 カタバミ属)

カタバミというと日当たりの良い道端に咲いている小さな黄色い花を連想しますが、近年はオキザリスという名の園芸種の花カタバミが群生しているのを見かけることもあります。
ミヤマカタバミは杉林の林床にひっそりと咲いている素朴な野草です。

ミヤマカタバミ1201



ミヤマカタバミ1202



ミヤマカタバミ1203



ミヤマカタバミ1204



ミヤマカタバミ1205



ミヤマカタバミ1206



ミヤマカタバミ1207



ミヤマカタバミ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/30(月) 22:31:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

片栗

カタクリ (ユリ科カタクリ属)

今年は咲くのが遅れてゴールデンウィークに咲くだろうと思っていたのですが・・・・。
先週さくらの花見に行ったらもう満開でした。それでも例年より1週間ほどおそかったのですが。

カタクリ1201



カタクリ1202



カタクリ1203



カタクリ1204



カタクリ1205



カタクリ1206



カタクリ1207



カタクリ1208



カタクリ1209



カタクリ1210


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/27(金) 23:15:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

菊咲一華

キクザキイチゲ (キンポウゲ科イチリンソウ属)

イチゲもニリンソウも花弁に見えるのはガクだそうですが、ニリンソウとちがいイチゲのガクは陽が透けるほど薄く風に揺れます。ニリンソウは可愛くイチゲは可憐ですね。

イチゲ1201



イチゲ1202



イチゲ1203



イチゲ1204



イチゲ1205



イチゲ1206



イチゲ1207



イチゲ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/26(木) 22:14:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

二輪草

ニリンソウ (キンポウゲ科イチリンソウ 属)

先日、ニリンソウとトリカブトを間違って食べて食中毒になったというニュースがありましたが、ニリンソウは春の山菜として食用になるようです。
写真の花はサクラのお花見にいって近くの森林で撮ったものです。杉林の緩やかな斜面にたくさん群生していて採りやすいのですが、こんな可愛い花が咲くのを採って食べる気にはなりませんね。

ニリンソウ1201



ニリンソウ1202



ニリンソウ1203



ニリンソウ1204



ニリンソウ1205



ニリンソウ1206



ニリンソウ1207



ニリンソウ1208



ニリンソウ1209



ニリンソウ1210

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/25(水) 21:47:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

蕗の薹

フキノトウ (キク科フキ属)

キク科ですから小花が集まって花序を形成しているのですが、舌状花がありませんので花らしくありません。山菜として味噌和えがお似合いです。
雄株の花は花粉が詰まっているので黄色く見えます。
雌株の花は糸状のメシベがたくさん顔をだしていますので白く見えます。

フキノトウ1201



フキノトウ1202



フキノトウ1203



フキノトウ1204


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/24(火) 22:46:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

沈丁花

ジンチョウゲ (ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属)

物置の屋根雪の下敷きになるので、上へ伸びられず何年経っても50cm程です。枝が柔らかいので折れることはありませんが、ミツマタの仲間なので三つ又の部分から裂けていることもあります。
例年だと3月に咲くのですが、今年は4月でも綺麗なままです。

ジンチョウゲ1201



ジンチョウゲ1202



ジンチョウゲ1203



ジンチョウゲ1204



ジンチョウゲ1205



ジンチョウゲ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/23(月) 22:04:59|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

春蘭

シュンラン (ラン科シュンラン属)

特に手をかけて育てている訳でもないのですが、日当たりの悪い我家の庭に毎年必ず咲いてくれます。
二株生えているのですが今年は一株だけに2本の花が咲きました。
食材として食べるそうですが、子どもの頃は山でこの花を見つけるとたいして美味いわけでもないのに空腹を満たすために生で食べました。

シュンラン1201



シュンラン1202



シュンラン1203

シュンラン1204



シュンラン1205



シュンラン120





テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/22(日) 21:29:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

加賀の雪椿

ユキツバキ (ツバキ科ツバキ属)

日本原産のツバキにはヤブツバキとユキツバキがあります。
能登ツバキはヤブツバキで、加賀ツバキはユキツバキです。
能登のヤブツバキは海岸沿いに群生し、樹高高く咲き揃った花は陽をいっぱいに浴びて美しく、春の到来を感じさせてくれます。
加賀のユキツバキは雪深い白山麓の山間に咲き、ヤブツバキに比べ、樹高は2m程と小さく、雪の重みに耐えやすい様に枝が細くしなやかなのが特徴です。花弁は水平に開き、オシベの花糸は黄色で短く合着も少ない、花期はヤブツバキより一月ほど遅く5月頃まで咲いています。
花のイメージは小林幸子の「雪椿」そのものです。


つらくても がまんをすれば
きっと来ますよ 春の日が
命なげすて 育ててくれた
あなたの口癖 あなたの涙
雪の谷間に 紅さす母の
花は越後の 花は越後の雪椿


ユキツバキ1201



ユキツバキ1202



ユキツバキ1203



ユキツバキ1204



ユキツバキ1205



ユキツバキ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/21(土) 22:28:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

一人静

ヒトリシズカ (センリョウ科チャラン属)

先週ようやく雪吊りを外して、離れの裏のヒトリシズカは芽をだしているだろうか?と覗いてみると、もう花が咲いていました。群生するので一人静とは言い難いですが素朴な花です。
センリョウ科チャラン属のチャランとは中国原産の茶蘭(金粟蘭)のことで、葉がお茶の若葉に似ているからその名が付いているようです。

ヒトリシズカ1201



ヒトリシズカ1202



ヒトリシズカ1203



ヒトリシズカ1204



ヒトリシズカ1205



ヒトリシズカ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/20(金) 22:21:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

花桃

ハナモモ (バラ科モモ属)

お向かい花壇の石垣に50cm程の桃の木があって、全く放置されていて、大雪に折れかかっているのですが、毎年綺麗な花を咲かせ、時々小さな実も付けます。
今年は桜の花と同時に咲きました。

花桃1201



花桃1202



花桃1203



花桃1204



花桃1205



花桃1206
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-464.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/19(木) 20:53:07|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

猩々袴

ショウジョウバカマ (ユリ科ショウジョウバカマ属)

日陰の湿った斜面に咲いていることが多いですが、山際の日当たりの良い場所に咲いていることもあります。
花の色は基本的に薄紫で、鮮やかな色から橙色がっかたもの、稀に白色のものもあるようです。
見た目の花色の違いは生育状況や生育環境の違いによるものと思われますが、写真の場合はカメラのカラーバランスや撮影時の色温度などの撮影環境によっても違って見えます。

ショウジョウバカマ1201



ショウジョウバカマ1202



ショウジョウバカマ1203



ショウジョウバカマ1204



ショウジョウバカマ1205



ショウジョウバカマ1206
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-451.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/18(水) 22:15:59|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

越の小貝母

コシノコバイモ (ユリ科バイモ属)

素朴な山野草で、目立たないので探すのに苦労します。ショウジョウバカマを撮っているとき、脇に生えていたので気が付きました。
草丈は15cm程で、葉はシンプルで下に対生の双葉、上には対生の双葉に一枚追加したような輪生の三枚葉の計五枚です。花は茎の頂部に一輪のみで、六角形の竹カゴを逆さにしたような形で、花弁の内側や縁に小さな突起がたくさん付いています。


越の小貝母1201



越の小貝母1202



越の小貝母1203



越の小貝母1204



越の小貝母1205



越の小貝母120


↓花の中を覗いたら、蜘蛛が入っていてビックリ!
越の小貝母1207



越の小貝母1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/17(火) 23:09:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

金沢市 市民芸術村の桜

サクラ (バラ科サクラ属)

快晴の日曜日、寒くもなく暑くもなく絶好のお花見日和です。
毎年恒例の老木の写真を撮ろうと早起きしてやってきたのに、ブルーシートを敷いていました。この桜の木の下は近くにトイレがあるのでお花見には絶好のポジションなのです。
ブルーシートが風で飛ばないように、3枚はテーブルの脚・椅子・石・傘・ペットボトルなどで押さえていましたが、1枚はなんと、芝生にガムテープで固定してありました。
ブルーシートを敷き終わると朝食を食べに帰ったようで、誰もいなくなりました。



市民芸術村の桜1201



市民芸術村の桜1202



市民芸術村の桜1203



市民芸術村の桜1204



市民芸術村の桜1205



市民芸術村の桜1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/15(日) 22:39:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サクラ (バラ科サクラ属)

通勤途上、椿と梅と桜のコラボレーションが見られました。今年は梅の開花が一月近く遅かったようです。
ようやく夜の散歩ができるくらいの暖かさとなりました。いつものコースを散歩していると、桜並木がライトアップされていました。


金沢駅前の梅と桜1201



金沢駅前の梅と桜1202



金沢駅もてなしドーム地下の椿と梅1201



御経塚の夜桜1201



御経塚の夜桜1202



御経塚の夜桜1203

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/14(土) 23:27:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

気多大社の梅

ウメ (バラ科サクラ属)

先週能登の藪椿を見に行く途中、民家の庭に見事な紅梅を見ました。大木に八重咲きの梅が満開でした。
帰りには気多大社の境内に咲く可憐な梅も撮ることが出来ました。



気多大社の梅

\気多大社の梅1201



\気多大社の梅1202



\気多大社の梅1203



\気多大社の梅1204

----------------------------------------------------------------------------
能登路で見た紅梅の大木

能登の梅1201



能登の梅1202



能登の梅1203

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/13(金) 22:43:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

椿

ツバキ (ツバキ科ツバキ属)

能登半島の海岸線に自生するツバキの蕾は日本海から吹き付ける強風で傷みます、それでも開いた花には厳しい冬に耐えて咲いたという痛ましくも力強さを感じます。彼岸を過ぎた頃からは傷みのない美しく妖艶な花を咲かせます。曲がりくねった漁村の車道が落花した椿の花で真っ赤になるのもこの頃です。
写真の花は徳保の椿展望台、能登の実家、気多大社で撮った椿です。

能登の椿1201



能登の椿1202



能登の椿1203



能登の椿1204



能登の椿1205



能登の椿1206



能登の椿1207



能登の椿1208



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/12(木) 23:23:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

徳保八幡神社の藪椿

ヤブツバキ (ツバキ科ツバキ属)

徳保八幡神社の社叢は「徳保の千本椿」と言われ、対馬暖流に乗って流れ着いた実が数百年数千年を経て海岸の崖面に原生し密生したものと思われます。八幡神社の藪椿の木は、樹齢数十年で瘤のできたものやその孫や曾孫などが世代交代をしながら数千本の原生林を成し、鬱蒼とした樹下には陽も差さず落花がわずかに見られる程度です。


徳保八幡神社の藪椿1201



徳保八幡神社の藪椿1202



徳保八幡神社の藪椿1203



徳保八幡神社の藪椿1204



徳保八幡神社の藪椿1205



徳保八幡神社の藪椿1206



徳保八幡神社の藪椿1207



徳保八幡神社の藪椿1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/11(水) 20:12:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

能登半島椿の里の藪椿

ヤブツバキ (ツバキ科ツバキ属)

能登半島にはヤブツバキの原生林が多くあります。珠洲市馬繋町泊から木の浦にかけての原生林は日本最大とか?
珠洲市馬繋町泊の白山神社の椿の原生林は樹高が高く原生林の密生度も高く見事です。

馬繋海岸泊の藪椿1201



馬繋海岸泊の藪椿1202



馬繋海岸泊の藪椿1203



馬繋海岸泊の藪椿1204



馬繋海岸泊の藪椿1205



馬繋海岸泊の藪椿1206



馬繋海岸泊の藪椿1207



馬繋海岸泊の藪椿1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/09(月) 19:22:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雪割草

スハマソウ (キンポウゲ科ミスミソウ属)

2012年4月2日(月)、毎年恒例の輪島市門前町猿山岬の雪割草ハイクに行ってきました。
昨年と同じく深見地区から猿山灯台を目指すつもりでしたが、群生地手前の山が崩落しているということで、皆月海岸まわりの遠回りのドライブとなってしまいました。猿山灯台上の群生地は道がぬかるんでいるのでパスして、迂回の山道を深見の群生地へ向かったのですが、途中で立入禁止となっていました。
どの程度の崩落かしれませんが復旧には数年かかるのではないでしょうか?

ユキワリソウ1201



ユキワリソウ1202



ユキワリソウ1203



ユキワリソウ1204



ユキワリソウ1205



ユキワリソウ1206



ユキワリソウ1207



ユキワリソウ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/09(月) 18:49:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

垂水の滝

垂水の滝は、国道249号線輪島市と珠洲市の境にある、岩倉山の中腹から日本海へ注ぐ35mの滝です。
日本海からの強風で滝の水が逆流することから、吹上の滝とも言われています。
強風の日は、落下した水が飛沫となって滝口の上方に吹き上げられ、再び滝となって落下する循環式の滝となります。

垂水の滝1201



垂水の滝1202



垂水の滝1203



垂水の滝1204



垂水の滝1205



垂水の滝1206



垂水の滝1207

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/03(火) 22:49:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する