「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

紫露草

ムラサキツユクサ (ツユクサ科ムラサキツユクサ属)

昨年のブログで、ムラサキツユクサで放射線量を測るなど全く馬鹿げていることだと理解したのですが、やっぱり家の前に咲いているムラサキツユクサの花の中を覗いてしまいます。
大飯原発も「必要悪」「背に腹は代えられない」と、の再稼働の模様です。この国の政治家は国民の命より経済優先なのでしょうか?

ムラサキツユクサ1201



ムラサキツユクサ1202



ムラサキツユクサ1203



ムラサキツユクサ1204



ムラサキツユクサ1205



ムラサキツユクサ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/31(木) 20:46:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

浜豌豆

ハマエンドウ (マメ科レンリソウ属)

名前のとおり、砂丘や海岸の草地に咲いています。
花は茎の途中から1本の花柄として出て3から4個の花が房状に咲きます。マキヒゲは偶数羽状複葉先端からでます。花色は赤紫から青紫に変わります。
写真の花は磯浜の草地や松林の中に咲いていたものですが、砂丘の物に比べると茎の延びが少なく花も立ち上がっている様です。

ハマエンドウ1201



ハマエンドウ1202



ハマエンドウ1203



ハマエンドウ1204



ハマエンドウ1205



ハマエンドウ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/30(水) 23:05:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

良い予約?

e5489 (JR西日本の切符予約システム)

テクノロジー(遅技爺)は切符の予約を電話でしました。
昨日切符を券売機で受け取ろうと操作したところ、「電話番号を4桁入力してください」との表示になりました。
電話番号? 以前はこんな表示はでなかったような・・・・。会社の電話で予約したので会社の電話番号を入力したところ、「取扱できません」となってクレジットカードが返却されました。もう一度やり直しましたがまた「取扱できません」。内勤の為自社へ電話をかけることがないので覚えられません。家へ帰ってからPCで券売機の操作方法を確認し、会社の電話番号をしっかり暗記しました。
今朝、券売機を操作しましたがやっぱり、「取扱できません」となりました。会社から電話でe5489に聞いてみました「予約時の電話番号を入力しても取扱できないのですが・・・・」
『予約時の電話番号ではありません、予約した時にお聞きしたいつでも連絡が取れる電話の電話番号です。携帯電話の番号をお聞きしております』
「ご親切にありがとうございました、これで大丈夫です」
会社の帰りに駅の券売機を使ってみました。今度は携帯電話の番号を入力したのですが「取扱できません」となりました。なんでかな~????????。
こんなアホなシステムには付き合ってられないので窓口で受け取りました。
遅技爺「電話番号が暗証番号になっていて、3回間違えると取扱できなくなるんですか?」
駅員『さぁ、なんでなのでしょうねぇ?』
ってことで、あまりe5489ではなかったようです。


e5489-01



e5489-02



e5489-03



e5489-04



e5489-05

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

  1. 2012/05/30(水) 20:31:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

菖蒲

アヤメ (アヤメ科アヤメ属)

カキツバタやハナショウブが湿地に咲いているのでアヤメも湿地に咲いているイメージがありますが、アヤメは乾燥した場所を好みます。
写真の花は、海浜のハマダイコンの群生の中に咲いていました。

アヤメ1201



アヤメ1202



アヤメ1203



アヤメ1204



アヤメ1205



アヤメ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/29(火) 23:27:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜旗竿

ハマハタザオ (アブラナ科ハタザオ属)

真直ぐに伸びた茎の頂部に白い花序があって、旗竿の様に見えることが名前の由来と思われます。
花は、成長しながら下部から上部へと咲いていきます。下の方から細長い実が出来ていきますが、その細長い実が松葉のように茎にびっしりとくっ付いているので頂部の花が終わってしまうと松の枝のように見えます。

ハマハタザオ1201



ハマハタザオ1202



ハマハタザオ1203



ハマハタザオ1204



ハマハタザオ1205



ハマハタザオ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/28(月) 23:07:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ガラケー 「。」の入力

ガラパコス携帯 (docomo Xperia acro SO-02C)

テクノロジー(遅技爺)は携帯メールが苦手です。キーボードが見えづらいうえにキーが小さすぎるからです。
携帯メールの返信は手書き電話かPCメールでするのですが、たまには携帯のメールで返信してみようとやってみました。ところが段落の終わりで句読点の「。」が入力できません。表示されている50音キーボードのキーには「、。」と書いてあるのですがボタンを押しても「、」しか表示されません。
「。」はどうやって入力するのでしょうか? PCではキーに2文字書かれている場合シフトキーを押して入力するのですが、そのようなキーは見当たりません。
PCネットで検索したり、マニュアルをダウンロードして読んでみましたが、どこにも書いてありません(見当たりません)。恥ずかしくて子供にも聞けません。
こんなつまらないことに悩んでいても仕方がないのでドコモショップに聞きにいきました。混んでいて1時間近く待たされた上、『ダブルタップで出来ますよ』と3秒で解決してしまいました。
これって、世間の常識だったのでしょうか? それともガラケーの常識?


ガラケー1201



ガラケー1202



テーマ:XPERIA - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2012/05/27(日) 13:06:22|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

車輪梅

シャリンバイ (バラ科シャリンバイ属)

本来は海浜植物で磯の岩礁部の窪みなどに咲いています。
潮風や乾燥、寒さも強く、管理が楽なので公園の植え込みや道路脇などに植えられることが多いようです。

シャリンバイ1201



シャリンバイ1202



シャリンバイ1203



シャリンバイ1204



シャリンバイ1205



シャリンバイ1206



シャリンバイ1207



シャリンバイ1208
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1136.html



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/26(土) 00:03:54|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

海緑

ウミミドリ (サクラソウ科ウミミドリ属)


海浜植物は磯の岩礁や砂礫や砂丘等の海岸に生育する耐塩生植物の総称です。満潮時に海水に水没する汀に生育する植物にはイネ科のアシ属やカヤツリ科のカヤツリ属等の雑草が多いですが、サクラソウ科のウミミドリも海水に浸る塩生湿地や岩礁の砂礫に生育し小さな可愛い花を咲かす雑草です。

ウミミドリ1201



ウミミドリ1202



ウミミドリ1203



ウミミドリ1204



ウミミドリ1205



ウミミドリ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/25(金) 23:14:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜爪草

ハマツメクサ (ナデシコ科ツメクサ属)

磯浜の比較的乾燥した場所に群生していました。いつも見慣れている我が家のツメクサより数倍大きいので肉眼で観賞できます。
名前の由来は葉の形が鳥の爪の様に細く尖っているからです。クローバーのツメクサの方は詰草と書きます。

ハマツメクサ1201



ハマツメクサ1202



ハマツメクサ1203



ハマツメクサ1204



ハマツメクサ1205



ハマツメクサ1206


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/24(木) 22:14:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蓮華草

レンゲソウ (マメ科ゲンゲ属)

正式名はゲンゲ(紫雲英)で中国原産です。紫雲英は一面に群生した様子が紫色の雲のように見えるところから付けられたそうです。
昔の人は誰でも知っているレンゲソウ。この花をみて「ゲンゲが咲いている」とは言わないでしょう。童謡「春の小川」でレンゲとうたったから殆んどの人がレンゲと言うようになったのでしょうか?

♪春の小川は、さらさら行くよ。
 岸のすみれや、れんげの花に、
 すがたやさしく、色うつくしく
 咲けよ咲けよと、ささやきながら。

レンゲソウ1201



レンゲソウ1202



レンゲソウ1203



レンゲソウ1204



レンゲソウ1205



レンゲソウ1206



レンゲソウ1207



レンゲソウ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/23(水) 22:11:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜大根

ハマダイコン (アブラナ科ダイコン属)

海岸沿いに群生してとても春らしい風情を感じさせてくれます。花期が長く、花序の下にはすでに実が成っていますが先端部ではまだ花が咲いています。
クマバチがフンブンと羽音をだして花から花へと忙しそうに飛び回っています。
先日家のドウダンツツジに来ていたクマバチは花を抱きかかえて花の中に顔を突っ込んで吸蜜していましたが、ハマダイコンの花の場合は花の外から蜜のある場所に直接口吻を突き刺して蜜を吸っていました。これは吸蜜ではなく盗蜜です。

ハマダイコン1201



ハマダイコン1202



ハマダイコン1203



ハマダイコン1204



ハマダイコン1205



ハマダイコン1206



ハマダイコン1207



ハマダイコン1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/22(火) 22:44:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

春紫菀

ハルジオン (キク科ムカシヨモギ属)

昔のハルジオンの花は白か薄いピンク色でしたが最近はピンクの方が多く色も濃くなったように感じます。
色が濃くなるのは生育環境になにか変化があったということでしょうか?
色が濃い方が生殖能力に長けているからでしょうか?
もともと名前が「紫苑」なのですから昔は紫色だったとか?属名が「ムカシヨモギ」だし?
シロバナでも蕾はピンク色なので本来はピンク色の花なのでしょうね。

ハルジオン1201



ハルジオン1202



ハルジオン1203



ハルジオン1204



ハルジオン1205



ハルジオン1206
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-473.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/21(月) 21:51:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

フジ

フジ (マメ科フジ属)

日本のフジには山藤と野田藤の2種類があるそうです。見分け方としては蔓が左巻きだとか右巻きだとか、花序が短いとか長いとか・・・・。いずれにしてもどっちがどっちかは私には分かりません。
わたしの見分け方は文字どおり、山にあるのが山藤、野(野原)や田(平野)にあるのが野田藤といういい加減なものです。
で、写真のフジは手取り峡谷に咲いていたので谷藤じゃなくて山藤ということにしておきましょう。

フジ1201



フジ1202



フジ1203



フジ1204



フジ1205



フジ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/20(日) 23:20:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

丸葉柳

マルバヤナギ (ヤナギ科ヤナギ属)

樹高10mにもなる丸い葉の柳ですが、河原生えていたのは樹高2m程でした。雌雄異株で雌株の種は綿毛なって飛散します。この綿毛が飛散することを中国では柳絮(りゅうじょ)といって、この季節に雪が降っているように見えるそうです。中国の柳絮はシロシダレという柳の綿毛らしいですが、日本ではポプラ(ハコヤナギ)の綿毛のようです。

マルバヤナギ1201



マルバヤナギ1202



マルバヤナギ1203



マルバヤナギ1204



マルバヤナギ1205



マルバヤナギ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/17(木) 23:11:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

瘡王

クサノオウ (ケシ科クサノオウ属)

河原に咲いていました。ガクやクキに毛があることや花柄が非常に長いことでケシ科だと直ぐにわかります。
ケシというとアヘンを連想しますが、この花も毒となったり薬となったりします。
名前の由来は、薬効が著しいことから「薬草の王(草の王)」との謂れがあるそうです。特に皮膚病(瘡(クサ))に効くので「瘡の王」というとか?。
子どもの頃に頭にできた吹き出物のことを「瘡(クサ)」と言っていましたが、どういう治療をして直したかは記憶にありません。病院へ行ったり薬局で薬を買ってつけた記憶もありません。たぶん化膿するだけさせて膿を出して直したか、ツワブキの葉っぱでも貼ったんだろうと思われます。

クサノオウ1201



クサノオウ1202



クサノオウ1203



クサノオウ1204



クサノオウ1205



クサノオウ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/16(水) 20:08:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

紫華鬘

ムラサキケマン (ケシ科キケマン属)

花は同じキケマン属のヤマエンゴサクを全体的に大きくしたような感じです。
華鬘とは花を糸でつないで輪にして胸にかけた花輪のことです。
毎年日陰の鉢に咲いていたのですが、花期が短く、知らないうちに咲いて知らないうちに萎れてしまいます。
写真は山に咲いていた自生です。

ムラサキケマン1201



ムラサキケマン1202



ムラサキケマン1203



ムラサキケマン1204



ムラサキケマンソウ1205



ムラサキケマン1206
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-469.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/15(火) 22:58:40|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

射干

シャガ (アヤメ科アヤメ属)

竹藪や雑木林の縁のちょっと湿った場所は蛇が出そうなイメージですが、そんな場所に群生している為に私にはちょっと気色の悪い花のイメージがあります。
よく見ると、花弁の縁はフリルのように波打っていて、内側の花弁は薄っすらと紫がかって、外側の花弁(実はガク)にはネクターガイドとしてのオレンジ色を澄んだ青紫の点々が囲っていてとても爽やかで上品な感じを受けます。

シャガ1201



シャガ1202



シャガ1203



シャガ1204



シャガ1205



シャガ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/12(土) 23:04:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

踊子草

オドリコソウ (シソ科オドリコソウ属)

たいして綺麗な花ではありませんが、見事に群生しているので毎年撮っています。
クマバチらしき蜂が吸蜜にやってきましたのでピンボケを覚悟の上で撮ったのですが、昨日アップしたクマバチと比較すると、大きさは殆んど変わらないのですが、クマバチは背中が黄色でシッポが黒色なのに、この蜂は背中が黒色でシッポが黄色です。ネットでググるとミツバチ科マルハナバチ亜科のクロマルハナバチらしく、よくクマバチ(ミツバチ科クマバチ属)と間違えられるそうです。

オドリコソウ1201



オドリコソウ1202



オドリコソウ1203



オドリコソウ1204



オドリコソウ1205



オドリコソウ1206 (クロマルハナバチ)


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/11(金) 23:31:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

青木

アオキ (アオキ科アオキ属)

アオキは雌雄異株で雌株には雌花が、雄株には雄花が咲きます。我家には2本の青木がありますが、2本とも雌株です。花を見るとメシベしかないのでオシベが落ちてしまったように見えます。少ないながらも赤く色づいた実も成っているので近所に雄株があるのでしょう。
写真は雌花と雄花を交互に掲載しました。雄花は山に自生しているものを撮りました。

アオキ1201



アオキ1202



アオキ1203



アオキ1204



アオキ1205



アオキ1206



アオキ1207



アオキ1208



アオキ1209



アオキ1210

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/10(木) 22:14:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

満天星躑躅

ドウダンツツジ (ツツジ科ツツジ属)

毎年撮っていた、近所の庭園業の資材(植木)置き場のドウダンツツジが無くなったので、我が家のドウダンツツジを撮りました。日陰なので花付きは貧弱で、葉も少ないので紅葉しても映えません。
望遠マクロで撮っていると運よくクマバチが吸蜜にやってきました。どうやって壺の中の蜜を吸うのかと見ていると、逆さまの壺を両手で抱きかかえて、強引にくちばし(口吻?)を突っ込んでいます。蜂は鳥じゃないんだからクチバシで蜜を吸わないだろうと拡大してみると、口吻?の中から舌(中舌?)が出ています。たぶんこの舌で蜜を吸うものと思われます。

ドウダンツツジ1201



ドウダンツツジ1202



ドウダンツツジ1203



ドウダンツツジ1204



ドウダンツツジ1205



ドウダンツツジ1206



ドウダンツツジ1207



ドウダンツツジ1208



ドウダンツツジ1209



ドウダンツツジ1210

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/09(水) 23:00:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

白雪芥子

シラユキゲシ (ケシ科シラユキゲシ属)

可憐な白い花ですが、繁殖力が旺盛で地下匍匐で蔓延って姫檜扇水仙の群生の中にまで入っていきます。
根は丈夫ですが、花期が短いのでちょっと撮り時が遅れると、真っ白な花弁に傷みが出たり、シベが萎れていたり、花びらが散っていたりとなかなかデリケートな花でもあります。

シラユキゲシ1201



シラユキゲシ1202



シラユキゲシ1203



シラユキゲシ1204



シラユキゲシ1205



シラユキゲシ1206



シラユキゲシ1207



シラユキゲシ1208



シラユキゲシ1209



シラユキゲシ1210

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/08(火) 22:40:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蒲公英の綿毛

タンポポ (キク科タンポポ属)

タンポポといえば春の花でしたが、近年は年中咲いています。日本タンポポが激減して西洋タンポポに駆逐されつつあります。
タンポポの花は黄色というイメージでしたが、最近は白いタンポポも増えてきましたし、園芸種ではピンクのタンポポもあるそうです。

タンポポの綿毛1201



タンポポの綿毛1202



タンポポの綿毛1203



タンポポの綿毛1204



タンポポの綿毛1205



タンポポの綿毛1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/07(月) 22:37:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

兼六園菊桜

ケンロクエンキクザクラ (バラ科サクラ属)

兼六園の名物、黄緑の若葉に薄桃色の花が映えてなんとも清々しさを感じさせてくれます。

兼六園菊桜1201



兼六園菊桜1202



兼六園菊桜1203



兼六園菊桜1204



兼六園菊桜1205



兼六園菊桜1206



兼六園菊桜1207

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/06(日) 23:10:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鵯桜

ヒヨドリザクラ (バラ科サクラ属)

日本一の花弁数(220~650)を誇る石川県指定の天然記念物です。
同じく石川県指定の火打谷菊桜より花弁数が多く、完全開花すると薬玉のように丸くなります。
花の中央に小さな葉が見えますが、これはメシベが葉に変化したもので、菊咲きのサクラにはよく見られる現象です。(6枚目の写真では葉緑体の先端がメシベになっています)


\ヒヨドリザクラ1201



\ヒヨドリザクラ1202



\ヒヨドリザクラ1203



\ヒヨドリザクラ1204



\ヒヨドリザクラ1205



\ヒヨドリザクラ1206



\ヒヨドリザクラ1207



\ヒヨドリザクラ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/05(土) 23:02:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雪笹

ユキザサ (ユリ科ユキザサ属)

いつ絶滅するかと心配していた我が家のユキザサ、ことしは沢山咲きました。雪が多かったせいでしょうか?
小さな花ですが真っ白な6枚の花弁が雪の結晶の様で、ユキザサの名に相応しいです。

ユキザサ1201



ユキザサ1202



ユキザサ1203



ユキザサ1204



ユキザサ1205



ユキザサ1206



ユキザサ1207



ユキザサ1208



ユキザサ1209



ユキザサ1210

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/05(土) 00:14:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鈴蘭水仙

スノーフレーク (ヒガンバナ科スノーフレーク属)

お向かいの家の庭に咲いています。水仙と同じヒガンバナ科ですから葉はスイセンに似ています。
花はスイセンの様に全開せず、うつむき加減でちょっとスズランにも似ています。

スノーフレーク1201



スノーフレーク1202



スノーフレーク1203



スノーフレーク1204



スノーフレーク1205



スノーフレーク1206
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1125.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/03(木) 19:51:46|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

山延胡索

ヤマエンゴサク (ケシ科キケマン属)

ヤマエンゴサクなのかキンキエンゴサクなのか同定できません。キンキエンゴサクはヤマエンゴサクの変種ということなので表題はヤマエンゴサクということにしました。
林床に群生している弱々しい雑草です。葉の色も花の色も淡くなんとなく儚い感じです。


ヤマエンゴサク1201



ヤマエンゴサク1202



ヤマエンゴサク1203



ヤマエンゴサク1204



ヤマエンゴサク1205



ヤマエンゴサク1206



ヤマエンゴサク1207



ヤマエンゴサク1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/02(水) 22:56:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

山吹

ヤマブキ (バラ科ヤマブキ属)

積雪に押しつぶされないように、束にして縄で縛っていたのを解いたとたんに、花が咲いて一週間で散ってしまいました。
「七重八重 花は咲けども山吹の 蓑ひとつだになきぞかなしき」は「八重咲きの山吹には実が付かない」との教えで、そんなことも知らない無知を恥じなさいという教訓でしょうか?
実際に八重咲きの山吹はオシベが花弁に変化して実が付かないのだそうですが、家の庭に咲く一重のヤマブキに実が付いたことはありません。
マクロで撮ってみましたが、チャンとオシベもメシベもありました。なかにはオシベの一本が花弁に変化している花もありましたけど。
「一重二重 花は咲けども山吹の 実のひとつだになきぞかなしき」は、ヤマブキの花は咲くけど、ヤマブキ色の貴金属は皆無である、という我家の経済状況を悲しんで詠んだものですが、実が成っていても気が付かない乏しい観察力をも悲しんでいるのです。

ヤマブキ1201



ヤマブキ1202



ヤマブキ1203



ヤマブキ1204



ヤマブキ1205



ヤマブキ1206


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/05/02(水) 00:21:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する