「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

小車

オグルマ (キク科オグルマ属)

キク科の黄色い花はどこにでもありそうなのですが、オグルマを見ることは稀です。
田んぼの畔に咲いていましたが、草丈は50cm以上もあって枝分かれしていて大きな雑草です。
田の中に生えることは無いので、畔に咲くオグルマはお目こぼしなのでしょう。

オグルマ1201



オグルマ1202



オグルマ1203



オグルマ1204



オグルマ1205



オグルマ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/28(火) 23:22:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

残暑御見舞

残暑お見舞い申し上げます。

うだるような、やけるような毎日です。

昨日は久しぶりに山代温泉に行きました。
何年ぶり、いや何十年ぶりでしょうか。
総湯が新しくなっており、おまけに古総湯までできていました。
今日は、暑い中を九谷窯跡展示館(吉田窯)、「湯の曲輪」という温泉街、魯山人寓居跡などを散策しました。


↓明治時代の総湯を復元した古総湯
山代温泉120827-01


↓魯山人寓居跡 いろは草庵 の庭
山代温泉120827-03


↓魯山人寓居跡 いろは草庵 の庭
山代温泉120827-02


↓魯山人寓居跡 いろは草庵 の庭
山代温泉120827-04


テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/27(月) 21:12:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

残暑見舞い

残暑お見舞い申し上げます。

連日の猛暑で、外出することもできません。
休日はエアコンをガンガンかけて、節電など考えることもできません。
愛人が、テレビにも飽きて「私を温泉に連れてって」などと訴えるものですから、休暇をとって温泉に行ってきました。日帰りですけど・・・・。

17日は片山津温泉、20日は白山里温泉
明日は久しぶりに、お泊りで山代温泉です。

片山津温泉の総湯が新しくなりましたので紹介します。

↓銭湯(420円)とは思えない全面ガラス張りのモダンな建物
片山津温泉街湯1201


↓2階は食事もとれる「まちカフェ」、味も良いけど眺めも最高!
片山津温泉街湯1202


↓1階の「潟の湯」からは窓から見える柴山潟の水面と湯船の水面が連続して見え、あたかも潟に浸かっているような気分が味わえるそうです。この日は女湯となっていたので私は見ていません。(写真は1階受付裏より撮影したもので、浴槽からの眺めとは違います)
片山津温泉街湯1203

テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/25(土) 22:08:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

禊萩

ミソハギ (ミソハギ科ミソハギ属)

お盆に咲くので盆花の別名があって、わたしが子供の頃はどこのお墓にもミソハギが供えてありました。
コンビニに仏花が売っている今日、お盆のお墓にミソハギを供えることも無くなりました。
実家のお墓参りの後でボンバナの群生地で、長花柱花、中花柱花、短花柱花を探してみました。

ミソハギ1201



ミソハギ1202



ミソハギ1203



ミソハギ1204

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/21(火) 23:22:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

姥百合

ウバユリ (ユリ科 ウバユリ属)

テッポウユリに少し似ていますが、太い茎に沢山の花を付けます。
狭い花の中のメシベの奥にぎっしりとオシベが並んでいて、吸蜜に来た昆虫に花粉が付きやすく、虫媒花としては理想的な構造です。花弁は殆んど開かず写真の状態で満開です。
名前の由来は、葉が枯れて無くなったころに花が咲くことから、葉(歯)が無い老婆(姥、ウバ)にたとえて名づけられたそうです。

ウバユリ1201



ウバユリ1202



ウバユリ1203



ウバユリ1204



ウバユリ1205



ウバユリ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/20(月) 22:41:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

桔梗

キキョウ (キキョウ科キキョウ属)

お寺の参道に咲いていました。参道といっても両脇にお墓がありますので、お墓の横に咲いていたと言うほうが正しいのでしょうか。一株だけでは寂しいので、縦横遠近と4枚アップしました。

キキョウ1201



キキョウ1202



キキョウ1203



キキョウ1204

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/19(日) 21:37:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

洋種山牛蒡

ヨウシュヤマゴボウ (ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属)

お墓参りのお寺の玄関横に咲いていました。
孫が「あのブドウのような実は食べられるの?」と聞きましたので、
『この実は「ヨウシュヤマブドウ」と言って食べられないのだよ』と教えてあげました。
ヤマブドウではなくヤマゴボウの間違いに気が付かずに・・・・。

葉の形がゴボウの葉に似ている訳でもありませんし、この実の色と形からしてブドウに似ていると思うのが普通の感覚です。ヨウシュヤマブドウとすると誤って食べる人がいるとでもいうのでしょうか? それならヨウシュドクブドウっていうのはどうでしょう。

ヨウシュヤマゴボウ1201



ヨウシュヤマゴボウ1202



ヨウシュヤマゴボウ1203



ヨウシュヤマゴボウ1204

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/18(土) 21:37:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

瑞源寺

瑞源寺(ズイゲンジ)

お盆は家族で愛人の先祖のお墓参りに行ってきました。
愛人はご高齢の為か?急斜面にあるお墓まで行けず本堂で待機していました。

福井市足羽山の麓にある臨済宗妙心寺派の寺院で、旧福井城本丸の御小座敷を移転したものです。
寺院由来の詳細は最後の写真をクリックするとお読みになれます。


瑞源寺 1201


瑞源寺 1202



瑞源寺 1203



瑞源寺 1204



瑞源寺 1205



瑞源寺 1206

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/18(土) 12:59:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

National ES8259

ナショナルシェーバー ラムダック 洗浄充電器 (National ES8259)

昨年の父の日に息子から貰った壊れた髭剃り器、分解清掃で直ったと思っていたのですが、直っていなかったようです。コースセレクトのボタンを押しても充電以外は機能しません。
コースセレクトのスイッチが壊れているか、電子基板の接触不良なのでしょう?

早速分解してスイッチをテスターで確認したところ、スイッチの正面をそ~っ触っただけで導通してしまいます。正常ならスイッチを押してカチッとクリックした時に導通するはずなのですから、なにか金属の異物でも入っているのでしょうか?
部品交換したいところですが、電子基盤もスイッチも持っていませんのでスイッチを分解修理することにしました。


National ES8259 1134


↓電子基板の左端に銀色に輝いているのがコースセレクトのスイッチです。この写真は修理後に撮ったものです。
National ES8259   1201


↓スイッチを分解するといっても非常に小さいので、スイッチの表面をドライバーの先端に引っ掛けてを強引に引っ剥がしました。(ワイルドだろぅ!)
National ES8259   1202


↓剥がれてきた部品、この他にもあったのかもしれませんが、ぶっ飛んだ部品を拾い集めたらこれ3つでした?。
National ES8259   1203


↓スイッチのベースを基板から外しました。ハンダゴテを持つ手が震えるのでアルコールで補助しました。
National ES8259   1204


↓スイッチは4つのパーツで構成されています。左端はスイッチのカバー。次はアクチエーター、その次が接点、右端がスイッチのベースとなります。右から2番目のバネ式の接点に何かリークしたような痕がありました。製造工程で組み立て不良だったのではないでしょうか?
National ES8259   1205


↓上の写真の右の部品からじゅんに組み立てて最後にカバーの端を裏側に曲げて組み立て完了です。
National ES8259   1206


↓スイッチ中央の金色部分を押すと程よいクリック感があって、スイッチが導通することを確認できました。
National ES8259   1207


↓スイッチを基板にハンダ付けして完了です。
National ES8259   1201


---------------------------------------------------
此処からの写真は過去記事より分解の手順を示します。詳しくはこちらで確認してください。

National ES8259 1132



National ES8259 1131



National ES8259 1130



National ES8259 1128



National ES8259 1127



National ES8259 1126



National ES8259 1125



National ES8259 1124



National ES8259 1123



National ES8259 1122



National ES8259 1112



National ES8259 1111



National ES8259 1110



National ES8259 1109

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2012/08/16(木) 20:48:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

松明草

タイマツソウ (シソ科モナルダ属)

今日もうだるような暑い日でした。
昨日は私の両親のお墓参り、今日は妻の両親のお墓参りに行ってきました。
私の故郷の能登ではお盆の8月13日に先祖の精霊を迎える為に、海岸で大きな松明を燃やすオショウライという行事があります。
家の雑草園にもこの時期には燃えるような真っ赤なタイマツソウが咲きます。

タイマツソウ1201



タイマツソウ1202



タイマツソウ1203



タイマツソウ1204



タイマツソウ1205



タイマツソウ1206



タイマツソウ1207



タイマツソウ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/15(水) 23:33:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

檜扇

ヒオウギ (アヤメ科アヤメ属)

一日花で朝開いて夕方にはタオルを絞ったように萎みます。種子は漆黒で「ぬばたま」と呼ばれます。

インターネットの百科事典Wikipedia(ウィキペディア)によると、「従来はヒオウギ属に属するとされていたが、2005年になって分子生物学によるDNA解析の結果からアヤメ属に編入された」そうです。
よく似た花のヒメヒオウギズイセンはアヤメ科ヒメヒオウギズイセン属です。
ヒオウギとヒメヒオウギズイセンの見た目の違いははっきりしているので見分けは簡単です。しかし呼び方の似たような名前の花として、ヒオウギズイセンやヒメヒオウギズイセンがありますので私は時々名前を間違えます。


ヒオウギ1201



ヒオウギ1202



ヒオウギ1203



ヒオウギ1204



ヒオウギ1205



ヒオウギ1206



ヒオウギ1207



ヒオウギ1208

---------------------------------------------------


↓ヒオウギと名前が似ている一般的なヒメヒオウギズイセン。
ヒオウギ1211


↓上の写真のヒメヒオウギズイセンより草丈が低いので、この写真の花の方がヒメヒオウギズイセンの名に相応しい。
ヒメヒオウギズイセン1211



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/14(火) 23:20:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

悪茄子

ワルナスビ (ナス科ナス属)

茎にも葉にも鋭い棘があって非常に性質が悪いので、ワルナスビとよばれています。
植物にしてみれば食害を防ぐ為に有効な手段ですし、白や薄紫の花も、熟すと黄色くなる縞模様の実もそれなりに可愛いのですが、人間にとって都合の良くないものは全て「悪」なのです。畑の雑草としては厄介な代物です。

ワルナスビ1201



ワルナスビ1202



ワルナスビ1203



ワルナスビ1204



ワルナスビ1205



ワルナスビ1206



ワルナスビ1207



ワルナスビ1208



ワルナスビ1209



ワルナスビ1210

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/12(日) 22:35:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

いちび

イチビ (アオイ科イチビ属)

トウモロコシ畑にたくさん生えていました。葉が桐の葉に似ていますのでキリアサ(桐麻)の別名があります。
シベがアオイやムクゲ等と同じ形をしていますのでアオイ科であることが分かります。
独特の形をした実にはたくさんの種が入っていて、これが撒き散らされると毎年大変な数のイチビが生えるのは想像に難くありません。なかなか可愛い花を付けていますが、農家にしてみれば強靭な外来雑草で厄介者です。

イチビ1201



イチビ1202



イチビ1203



イチビ1204



イチビ1205



イチビ1206



イチビ1207



イチビ1208
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-487.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/12(日) 01:07:23|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

南天萩

ナンテンハギ (マメ科ソラマメ属)

一般的に秋に咲く萩はマメ科ハギ属ですが、ナンテンハギはソラマメ属です。
カラスのエンドウやハマエンドウの花に似ていて数個の花が房状に付きます。
名前の由来は葉の形が南天に似ている事によります。

ナンテンハギ1201



ナンテンハギ1202



ナンテンハギ1203



ナンテンハギ1204



ナンテンハギ1205



ナンテンハギ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/11(土) 00:06:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大亀の木

オオカメノキ (スイカズラ科ガマズミ属)

林道をドライブしていると真っ赤な花が咲いているので、車を停めて見に行くとガマズミの実の様に見えました。
葉もガマズミとそっくりなのですが、この時期にガマズミの実が赤くなっているはずもないのでネットでググってオオカメノキであることを知りました。
名前の由来は葉の形が亀の甲羅に似ているからだそうで、葉が虫に食われて穴だらけになることからムシカリ(虫狩?)とも呼ばれるそうです。
石川県ではキツネノシリフキとも呼ばれるそうで、山で用を足した時にトイレットペーパーに使ったのでしょうか?

オオカメノキ1201



オオカメノキ1202



オオカメノキ1203



オオカメノキ1204



オオカメノキ1205



オオカメノキ1206

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/09(木) 22:58:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

白山大戟

ハクサンタイゲキ (トウダイグサ科トウダイグサ属)

大戟とは中国での灯台草の名前で、白山大戟とは白山に咲く灯台草ということです。
トウダイグサ科の花は種類も多く私のブログでもよく登場します。
特に多肉植物ではトウダイグサ科ユーフォルビア属の花キリン、紅キリン、白樺キリン、亀甲キリン、オオマトイ、バリダ、彩雲閣、紅彩閣 など小さな花がとても可愛くてよく撮ります。

トウダイグサ科の花は雌雄同株で杯状花序が特徴です。雄花と雌花がくっ付きあって杯(カップ)状の一つの花を構成しています。花といってもガクや花びらが退化していますので、苞葉や蜜腺体が花弁の様に見えます。


↓茎の先端に花を付け、その花の脇から枝が伸びて2段3段と伸びていきます。写真では最初に5つに枝分かれして次に3つに枝分かれしています。
ハクサンタイゲキ1201


↓茎の先端に付いた花の横に丸まった葉芽が5個ついていますが、この葉の茎が伸びて↑の写真の様に5つに枝分かれします。
ハクサンタイゲキ1202


↓花の付け根に葉芽がないのでこれ以上枝分かれしない先端の花となります。
ハクサンタイゲキ1203


↓オレンジ色の花弁の様に見えるのが腺体(蜜腺)で、写真では蜜でキラキラと光って見えています。
ハクサンタイゲキ1204


↓ハクサンタイゲキではオレンジ色の4個の蜜腺体に囲まれた部分に数個の雄花が有り、その中心に雌花があります。雌性先熟で、杯状花序の中心から伸びた子房は蜜腺体の外へ倒れて雄花のオシベが出るのを待ちます。自家受粉を防ぐ為なのでしょうか?
ハクサンタイゲキ1205


↓上段の花は蜜腺体が付いていますが、下段の花は役目を終えた雄花や腺体は枯れて落ちています。
ハクサンタイゲキ1206


↓全ての花序が果実となって成熟を待ちます。
ハクサンタイゲキ1207

-----------------------------------------------------------------

↓ハナキリンの杯状花序。 花弁の様に見えるのが真っ赤な苞葉で、オレンジ色の5個の腺体の中に5個の雄花がありその中心に雌花があって、雌性先熟で雌花のメシベが出た状態です。オシベは未だ出ていません。
ハナキリン1004


↓ユーフォルビア・バリダ(トウダイグサ科)の杯状花序。緑色の腺体が花序の外側を覆って、カップ状であることがよく分かります。
ユーフォルビア・バリダ1004

↓ユーフォルビア・バリダ。サボテンではありません、多肉植物です。(サボテンも多肉植物ですが・・・・)
ユーフォルビア・バリダ1001

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/08(水) 23:15:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

深山鍬形

ミヤマクワガタ (ゴマノハグサ科クワガタソウ属)

マツムシ(スズムシ?)はたくさん見られましたが、ミヤマクワガタはあまり見かけませんでした。
この虫も名前の由来が分かりづらいです。
私の持っている図鑑には載っていませんでした。

ミヤマクワガタ1201



ミヤマクワガタ1202



ミヤマクワガタ1203

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/06(月) 22:54:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

松虫草

マツムシソウ (マツムシソウ科マツムシソウ属)

キク科の花と似ていますがマツムシソウ科です。
泣かないので松虫でないし、形が虫に似ているようにも見えません。
松虫という名の鉦(カネ)に似ているという説もあるようですが、どこが?
私の持っている図鑑では「松虫が泣く頃に咲くから」となっていますが、実はこの写真7月2日に撮っています。


マツムシソウ1201



マツムシソウ1202



マツムシソウ1203



マツムシソウ1204



マツムシソウ1205



マツムシソウ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/05(日) 23:09:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

九蓋草

クガイソウ (ゴマノハグサ科クガイソウ属)

蓋(傘)の様に輪生した葉が九層なることから九階草と言われるとか?
円錐状の総状花穂の色合いが涼しげです。
小花の先は四裂して、オシベが二本、メシベが一本です。


クガイソウ1201



クガイソウ1202



クガイソウ1203



クガイソウ1204



クガイソウ1205



クガイソウ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/02(木) 20:48:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

伊吹麝香草

イブキジャコウソウ (シソ科イブキジャコウソウ属)

私は「鼻が利かない奴」なのですが、この花の名前を知っていれば臭いを嗅いでいたのに、と後悔しています。良い香りがするそうです。それが名前の由来らしい。

イブキジャコウソウ1201



イブキジャコウソウ1202



イブキジャコウソウ1203



イブキジャコウソウ1204



イブキジャコウソウ1205



イブキジャコウソウ1206


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/01(水) 23:25:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する