「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

秋明菊

シュウメイギク (キンポウゲ科イチリンソウ属)

草丈が高く秋風に揺れる白い花は、色鮮やかなコスモスよりも清楚で爽やかです。


シュウメイギク1201


シュウメイギク1202


シュウメイギク1203


シュウメイギク1204


シュウメイギク1205


シュウメイギク1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/26(金) 22:24:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

花蓼

ハナタデ (タデ科イヌタデ属)

「タデ喰う虫も好き好き」と言いますが、私はタデ科の花が好きです。
タデ科の花には花びらがありません、花弁の様に見えるはガクです。
ガクは花弁の様にすぐには萎れませんからいつまでも美しいのです。


ハナタデ1201


ハナタデ1202


ハナタデ1203


ハナタデ1204


ハナタデ1205


ハナタデ1206


ハナタデ1207


ハナタデ1208


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/25(木) 22:44:32|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

矢の根草

ヤノネグサ (タデ科イヌタデ属)

葉が鏃(ヤジリ)の形に似ているのでヤノネグサと名付けられたようです。
矢の先端に付いているのがヤジリで後端に付いているのが矢羽です。
矢の先端を矢尻とか矢の根と呼ぶのはどうしてでしょう?

ヤノネグサ1201


ヤノネグサ1202


ヤノネグサ1203


ヤノネグサ1204


ヤノネグサ1205


ヤノネグサ1206


ヤノネグサ1207


ヤノネグサ1208


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/24(水) 22:53:37|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

秋の鰻掴

アキノウナギツカミ (タデ科イヌタデ属)

「秋の」とあるので、春にはどのような花なのかネットでググってみたらよく似ていました。
アキノウナギツカミの特徴は葉の基部が茎を抱き、ひょろっと長い茎には下向きの小さな棘があることです。
この棘は手に刺さることはなく、ザラザラしていてウナギを掴むときの滑り止めになる程度です。

アキノウナギツカミ1201


アキノウナギツカミ1202


アキノウナギツカミ1203


アキノウナギツカミ1204


アキノウナギツカミ1205


アキノウナギツカミ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/23(火) 23:01:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

水引

ミズヒキ (タデ科ミズヒキ属)

我家の雑草園に咲くタデ科は、サクラタデ、イヌタデ、マルバアイ、ヒメツルソバ、そしてミズヒキです。
玄関横や中庭や雑草園にたくさん咲いていますが目立たない上に小さくて撮りにくい花です。


ミズヒキ1201


ミズヒキ1202


ミズヒキ1203


ミズヒキ1204


ミズヒキ1205


ミズヒキ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/22(月) 21:05:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

姫蔓蕎麦

ヒメツルソバ (タデ科イヌタデ属)

今年は、毎年群生する物置の裏とか玄関脇に全く生えてこなくて、ブロック塀の基礎の割れ目から生えてきました。塀の影になって一日中陽が当たらないのですが雑草は良く伸びます。

ヒメツルソバ1201


ヒメツルソバ1202


ヒメツルソバ1203


ヒメツルソバ1204


ヒメツルソバ1205


ヒメツルソバ1206


ヒメツルソバ1207


ヒメツルソバ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/21(日) 22:33:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

犬蓼

イヌタデ (タデ科イヌタデ属)

イヌタデ属の本種です。昔はアカマンマといってままごとの赤飯の役割がありましたが、近頃はままごとをする子どもはいませんから、役に立たない雑草です。

イヌタデ1201


イヌタデ1202


イヌタデ1203


イヌタデ1204


イヌタデ1205


イヌタデ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/20(土) 21:58:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

丸葉藍

マルバアイ (タデ科タデ属)

今年の夏は暑くて雑草園の手入れをしなかったので、マルバアイとイヌタデが混生してどっちがどっちか分らない状態でした。花は良く似ていますがマルバアイは名前のとうり葉が丸いので見分けることは簡単です。

マルバアイ1201


マルバアイ1202


マルバアイ1203


マルバアイ1204


マルバアイ1205


マルバアイ1206



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/19(金) 23:12:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

柳蓼

ヤナギタデ (タデ科イヌタデ属)

刈取り後の田んぼの畔にたくさん咲いています。
葉を食むととても辛いので、蓼酢の原料となります。
イヌタデに対してホンタデと言われています。イヌタデ属ですが・・・。

ヤナギタデ1201


ヤナギタデ1202


ヤナギタデ1203


ヤナギタデ1204


ヤナギタデ1205


ヤナギタデ1206


ヤナギタデ1207


ヤナギタデ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/18(木) 21:29:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

凡篤蓼

ボントクタデ (タデ科イヌタデ属)

ボントクタデとは誰が名付けたのでしょうか?
デジタル大辞泉に「凡篤」の解説はありません。
個々の漢字には、
【凡】は、事物の形状や人の心情などが、はっきりしないさま。ぼんやりしているさま。「凡人」「凡愚」
【篤】は、よく念を入れて物事を行うさま。じっくりと。「篤と考えてみる」「篤と御覧ください」
という解説がありますので、「凡篤」とは、「じっくり見てもよく分からないタデ」ということでしょうか?

たしかに肉眼で見た限りでは小さくてよく分かりませんが、虫眼鏡で見ると蕾が真紅で、開いた花も可愛いです。


ボントクタデ1201


ボントクタデ1202


ボントクタデ1203


ボントクタデ1204


ボントクタデ1205


ボントクタデ1206


ボントクタデ1207


ボントクタデ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/17(水) 21:17:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

溝蕎麦

ミゾソバ (タデ科タデ属)

タデ属の仲間はたくさんありますがミゾソバの花が一番美しいと思います。
ソバの名が付いていますがソバ属ではなくタデ属なので実をソバとして食べることはできません。

ミゾソバ1201


ミゾソバ1202


ミゾソバ1203


ミゾソバ1204


ミゾソバ1205


ミゾソバ1206


ミゾソバ1207


ミゾソバ1208


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/16(火) 23:05:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蕎麦

ソバ (タデ科ソバ属)

ソバを「蕎麦」と書くのは何故でしょう? ネットでググっても、はぐらかされて終わりです。
白い花の蕎麦畑で、ピンクの花と赤い実を見つけて撮りました。

ソバ1201


ソバ1202


ソバ1203


ソバ1204


ソバ1205


ソバ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/15(月) 22:05:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

赤地利蕎麦

シャクチリソバ (タデ科ソバ属)

多年草なので種を蒔かなくても毎年同じ場所に群生します。でも二期作は出来ません。

シャクチリソバ1201


シャクチリソバ1202


シャクチリソバ1203


シャクチリソバ1204


シャクチリソバ1205


シャクチリソバ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/14(日) 22:53:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

疣草

イボクサ (ツユクサ科イボクサ属)

ツユクサ科の花はどれも可愛いですが、そのなかでもイボクサが最も可愛いです。
こんなに可愛い花なのに名前がイボクサというのは可愛そうです。
田んぼの雑草です。
小さくて分かりづらいですが、田んぼの畔を探すと見つかるかもしれません。

イボクサ1201


イボクサ1202


イボクサ1203


イボクサ1204


イボクサ1205


イボクサ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/13(土) 21:16:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

田村草

タムラソウ (キク科タムラソウ属)

アザミにそっくりですがアザミ属ではありません。アザミとの違いは葉にトゲがないくらいです。
他にタムラソウ属の花がある訳でもないので、アザミ属でも良いように思いますが・・・・・。

タムラソウ1201


タムラソウ1202


タムラソウ1203


タムラソウ1204


タムラソウ1205


タムラソウ1206
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1168.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/12(金) 22:58:59|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

北国薊

ホッコクアザミ (キク科アザミ属)

カガノアザミは主に石川県の加賀地方に咲くノアザミですが、ホッコクアザミはもっと範囲が広く福井県や石川県や富山県に咲くアザミです。北国(きたぐに)と北国(ほっこく)は同じではありません。

ホッコクアザミ1201


ホッコクアザミ1202


ホッコクアザミ1203


ホッコクアザミ1204


ホッコクアザミ1205


ホッコクアザミ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/11(木) 21:33:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

加賀野薊

カガノアザミ (キク科アザミ属)

白山麓のぬかるんでいる崖に群生していました。
総苞片はピッタリとくっ付いていて、その先端は赤っぽい長いガクとなって花序を包んでいますので、赤い花の蕾に見えます。開いた花はメシベが薄い赤紫ですがオシベと花弁が白っぽいので全体的には白色のアザミの花といった感じです。茎はたくさんに枝分かれしてその先に白っぽい花を下向きに付けますので遠目では花なのか綿毛なのかハッキリしません。

カガノアザミ1201


カガノアザミ1202


カガノアザミ1203


カガノアザミ1204


カガノアザミ1205


カガノアザミ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/10(水) 22:53:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

立薊

タチアザミ (キク科アザミ属)

湿地や崖地の水が浸みだすような場所に生えています。
葉が細く総苞片は花冠にくっ付かず反らずに長く伸びているのが特徴でしょうか。
花は垂れずにまっすぐ上を向いて伸び、草丈は1.5m~2.5mにもなります。

タチアザミ1201


タチアザミ1202


タチアザミ1203


タチアザミ1204


タチアザミ1205


タチアザミ1206


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/09(火) 23:06:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

彼岸花

ヒガンバナ (ヒガンバナ科ヒガンバナ属)

赤い花なら曼珠沙華。
昔は気色の悪い花だと思っていましたが、写真を撮るようになってからは好きな花になりました。

ヒガンバナ1201


ヒガンバナ1202


ヒガンバナ1203


ヒガンバナ1204


ヒガンバナ1205


ヒガンバナ1206


ヒガンバナ1207


ヒガンバナ1208
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-537.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/08(月) 21:59:27|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

豆朝顔

マメアサガオ (ヒルガオ科サツマイモ属)

先日、テレビのニュースで数年ぶりにサツマイモの花が咲いたと言っていました。
子どもの頃に見たように思っていたのでそんなに珍しいことなのかと思ったが、石川県ではサツマイモに花が咲くことは珍しいことなのだそうです。
河原の土手でマメアサガオの花を見つけました。蔓も葉もサツマイモとよく似ていると思ったら、サツマイモもアサガオもヒルガオ科サツマイモ属なのですね。
特にマメアサガオの葉はサツマイモの葉に似ているようです。

マメアサガオ1201


マメアサガオ1202


マメアサガオ1203


マメアサガオ1204


マメアサガオ1205


マメアサガオ1207


マメアサガオ1208
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1192.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/07(日) 23:05:30|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:8

ニラ (ユリ科ネギ属)

韮の漢字は土から沢山の茎と葉が伸びて茎の上に沢山の小花が咲いている様に見えます。草に非ずとも読めます。
昨晩の副食は餃子でした。ニラは餃子の具や炒め物など中華料理によく使います。

花びらが6枚あるように見えますが、よく見ると花弁3枚とガク3枚で、これはユリ科の特徴です。


蜂のどアップ写真では気分が悪くなる方もいますのでサムネイル表示としました。クリックで拡大します。
ニラ1201



ニラ1202



ニラ1203



ニラ1204



ニラ1205

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/05(金) 23:03:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

青紫蘇

アオジソ (シソ科シソ属)

紫蘇には赤紫蘇と青紫蘇があって、赤紫蘇は梅干を漬けるときに一緒に漬けて赤色を付ける為に使います。
紫蘇の芽は「芽シソ」と言って刺身のつまや薬味に使います、葉は「大葉」と言って天ぷらや刺身のつまに使います。花や実は「穂シソ」と言って花穂は刺身のつまに、実穂は刺身のつまや天ぷらや佃煮に・・・・。


アオジソ1201



アオジソ1202



アオジソ1203



アオジソ1204



アオジソ1205



アオジソ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/04(木) 22:08:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

露草

ツユクサ (ツユクサ科ツユクサ属)

ようやく夜露で草が濡れる時期となりました。夏の暑さと乾燥で萎れていた我が家のツユクサも盛りを迎えています。露草の名の由来は朝に咲いた花がお昼には萎むことから、朝露の様に儚いことに由来しています。
加賀友禅では露草の花弁から採った絵の具で下絵を描きますが、ツユクサの青色は水で洗うと簡単に退色する特徴を利用したものです。

ツユクサ1201



ツユクサ1202



ツユクサ1203



ツユクサ1204



ツユクサ1205



ツユクサ1206



ツユクサ1207



ツユクサ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/03(水) 00:01:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

桜蓼

サクラタデ (タデ科タデ属)

我家の雑草園にも秋の花が咲き始めました。
今年の夏は暑い日が続いたので、雑草園の水遣りも殆んどせず、伸び放題枯れ放題の放置状態でしたが、サクラタデとミズヒキはたくさん咲きました。

サクラタデ1201



サクラタデ1202



サクラタデ1203



サクラタデ1204



サクラタデ1205



サクラタデ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/01(月) 21:43:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する