「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

姫立金花

ヒメリュウキンカ (キンポウゲ科キンポウゲ属)

陽を浴びて金色に輝く花は春の陽光の暖かさを感じさせてくれます。風はまだ冷たいのですが・・・。

この花は日光に敏感で、日が陰ると閉じてしまいます。なぜこんなに敏感に反応する必要があるのでしょうか?
たぶん、日が陰ると昆虫も活動が鈍り花に訪れることがなくなり、そのまま開いていると花粉が風で飛んでしまったり雨に流れてしまうからではないでしょうか。

それに葉も花も日光を反射してピカピカ光るのもどういう必要からなのでしょうか?
たぶん、春先のまだ暖かさが十分でない時期なので昆虫の数も少なく、遠くからでも蜜や花粉の在りかが分かりやすい様に光り輝いているのではないでしょうか。写真②の花が昆虫には写真③(又は、写真③の反転画像)
の射的のマトの様にみえるのではないでしょうか。
そのために写真⑥⑦⑧の様に花弁(正確にはガク)の外半分が黄色く輝くように光沢のある組織が発達しているものと思われます。

と、自問自答してみましたが、正確な情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えてください。


↓写真①
ヒメリュウキンカ1301


↓写真②
ヒメリュウキンカ1302


↓写真③
ヒメリュウキンカ1303


↓写真④
ヒメリュウキンカ1304


↓写真⑤
ヒメリュウキンカ1305


↓写真⑥
ヒメリュウキンカ1306


↓写真⑦
ヒメリュウキンカ1307


↓写真⑧
ヒメリュウキンカ1308


↓写真⑨
ヒメリュウキンカ1309


↓写真⑩
ヒメリュウキンカ1310

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/30(土) 22:15:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

椿

ツバキ (ツバキ科ツバキ属)

私は嫁シャンです。
資生堂の椿とかラックススーパーリッチとかを使っています。
シャンプーはみんなが使えるもの一種類でよいと思います。お風呂場に娘のシャンプーとコンディショナー、嫁さんのシャンプーとコンディショナー、息子の育毛シャンプーとリンスがあると私のシャンプーとリンスの置き場がありません。

つばき1301


つばき1302


つばき1303


つばき1304


つばき1305


つばき1306


つばき1307


つばき1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/26(火) 23:47:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

尾山神社の梅

オヤマジンジャのウメ (バラ科サクラ属)

尾山神社は加賀藩前田家の藩祖前田利家を祀る金沢市の神社です。
前田家は菅原道真を祖先と仰ぐことから梅の花を家紋とし、ここ尾山神社でも梅の木がたくさん植えてあります。
殆んどが八重咲きの梅で名前はわかりませんが、淋子紅梅にのみ立札がありました。
この日は陽射しがあるものの冬の様な寒さでしたが、淋子紅梅の香に誘われて来たアホな家族が携帯電話で写真を撮っていましたのでデバガメで撮ってあげました。

尾山神社の梅1301


尾山神社の梅1302


淋子紅梅(紅梅?なのに白い花)
尾山神社の梅1303


尾山神社の梅1304


尾山神社の梅1305


尾山神社の梅1306




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/24(日) 10:16:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

座禅草

ザゼンソウ (サトイモ科ザゼンソウ属)

残雪を融かして咲くザゼンソウの花は風媒花でも虫媒花でもないと思っていました。
昨日、ザゼンソウの花の入口に小さな蜘蛛の巣が張られていることを発見しました(写真3)。蜘蛛の巣があるということは蜘蛛が昆虫を捕まえる為にどこかに潜んでいるということだし、今年は残雪も少なく暖かな日が続きましたのでザゼンソウの悪臭に誘われて小さなハエの仲間が訪れているということなのでしょう。

昨年のブログ(座禅草の花)で、「雌性先熟なのは、残雪の侯では昆虫による受粉が期待できないから・・・」と考察しましたが・・・(汗)


↓写真1(座禅草の紅い仏炎苞と黄色い肉穂花序。黄緑色は巻いた葉)
ザゼンソウ1301

↓写真2(仏炎苞の内部に飛び散った黄色い花粉)
ザゼンソウ1302

↓写真3(座禅草の仏縁苞に張られた蜘蛛の巣)
ザゼンソウ1303

↓写真4(蜘蛛、写真をクリックすると拡大します)
ザゼンソウ1304

↓写真5(仏炎苞の中で潜む蜘蛛)
ザゼンソウ1305


写真6(肉穂花序と同色の蜘蛛。写真をクリックすると拡大します)
ザゼンソウ1306

写真7(カメラのレンズに睨まれて苞の上に退避した蜘蛛)
ザゼンソウ1307

写真8(座禅草の咲く杉林、雪は殆んどありません)
ザゼンソウ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/21(木) 20:46:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

気多大社の梅

ケタタイシャの梅 (バラ科サクラ属)

「寒さも気多のおいでまで」。
能登一宮の気多大社の「おいで祭り」は毎年3月18日~23日にかけて羽咋市一宮の気多大社から七尾市にある気多本宮までの約300km・200ヶ所以上を神馬を先頭に巡行する、万葉の時代から行われている能登路に春の到来を告げる神事です。
父親の法事の帰りに気多大社の梅を撮りに寄ったところ、いつもにはない巫女のお出迎えがあって「おいで祭り」の日であったことに気が付きました。すでに行列が出発していて「あとのまつり」でした。

気多大社の梅1301


気多大社の梅1302


気多大社の梅1303


気多大社の梅1304


気多大社の梅1305


気多大社の梅1306


気多大社の梅1307


気多大社の梅1308


気多大社の梅1309


気多大社の梅1310

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/20(水) 00:23:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

淡紅梅

ウスコウバイ (バラ科ウメ属)

ウスコウバイという梅があるわけではありません。白梅でも紅梅でもなく、名前も分らないので私が勝手につけた梅の名前です。

(pole poleさんのコメントでブンゴウメ(豊後梅)と分かりました。でもウスコウバイも捨てがたい(笑))

淡紅梅1301


淡紅梅1302


淡紅梅1303


淡紅梅1304


淡紅梅1305


淡紅梅1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/18(月) 22:21:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

白梅

ハクバイ (バラ科サクラ属)


南の地方では桜の開花が始まったようですが、金沢ではようやく梅が咲き始め、兼六園の雪吊りも取り外しが始まりました。
石川県庁裏の公園でも、萌木色のガクが可愛い緑萼梅(リョクガクバイ)が咲き始めました。

白梅1301


白梅1302


白梅1303


白梅1304


白梅1305


白梅1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/16(土) 22:34:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

紅梅

コウバイ(バラ科サクラ属)

このところ暖かい日が続いています。
金沢の今日の最高気温は17.5度で、4月中旬の気温でした。
先週一輪だけ咲いていた近所の早咲きの紅梅がほぼ満開となりました。
このまま春になると良いのですが・・・・。

紅梅1301


紅梅1302


紅梅1303


紅梅1304


紅梅1305


紅梅1306


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/09(土) 23:26:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ひな壇

♪明かりをつけましょ雪洞に~・・・・ 今日は楽しい雛祭り~♪

政府は緊急経済対策として「祖父母が孫の教育資金を贈与する場合、孫一人当たり1500万円まで無税とする」なんちゃって言っています。そんなことしても孫名義の口座に1500万円振り込まれるだけで、孫に教育資金が必要となるまで使えません。
では何時使うか?「今でしょ!」
緊急経済対策なんだからすぐに使わないと意味がありません。「今でしょ!」

北陸地方では、娘の嫁ぎ先に孫が生まれると「孫渡し」といって祖父母が、鯉のぼりや武者人形や天神様やひな人形を贈るシキタリがあります。トラック3台分もの嫁入り道具を持たせて借金だらけになってその上「孫渡し」です。無税ではありません。嫁をもらう方も大変です、トラック3台分の嫁入り道具を入れられる新居を用意しなくてはなりません、もちろん大きな鯉のぼりを揚げれる大きな庭付きの新居です。

親孝行な「おるごどん」は親の反対を押し切って結婚したので大きな庭付きの新居を建ててもらえませんでした。
それでも孫が生まれると義父が大きな鯉のぼりと天神様とひな人形を贈ってくれました。
屋根の値段がいくらか知りませんが、屋根より高い鯉のぼりがお隣の鬼瓦に引っかかってしまうので風のない日にちょっとだけ揚げました。結局5mもある鯉のぼりは不便なので捨ててしまいました。
ズボラな娘がひな人形を出したり片付けたりできるはずがないと、ひな人形はガラスケース入りでした。それでも押し入れを1段占有してしまうので、後にガラスケースは分解して捨てました。人形は魂が宿っているので捨てるに捨てられず、箱にいれて片付けておきました。

昨年末に孫が生まれました。男の子ですが、上の二人(男の子)にも日本の伝統行事?を経験させたいと何十年ぶりにひな祭りをすることになりました。嫁に行っていない娘もいますので・・・・。
人形しか残してないのでひな壇も毛氈も屏風もありません。毛氈と屏風はネットオークションですぐに手に入りましたがひな壇は入札期間が6日もあって仮に落札してもひな祭りまでに入手できる保証がありません。新品をかうお金もありません。

嫁入り支度も教育資金贈与も「孫渡し」もできない甲斐性なしジジイのひがみで前置きが長くなってしまいましたが、さっそくひな壇を作ってみました。


♪僕には夢がある 希望がある そして痔病がある それに知恵がある~♪

↓ベニヤ板では面倒である! 紙の段ボールでは弱すぎる そこでプラスチックの段ボールである「プラダン」で作りました。仕事から帰って毎晩コツコツと加工しました。
ひな壇1301


↓嵌め込み式の組み立て仕様です。段ボールの折り曲げは設計図どおりにはいかないので苦労しました。
ひな壇1302


↓銀色のアルミテープはプラダンの長さを延長するため。
ひな壇1303


↓最後部は四角く折り曲げて強度と安定性をもたせてあります。
ひな壇1304


↓床の間には、梅の季節なので、義父から贈られた天神様の軸も掛けました。
家にひな人形を残してあったなんて誰も覚えていなかったのですが、ガラスケースに7段15人飾りがよくも入っていたものだと皆感心していました。
ひな壇1305


↓嫁にいっていない(行かない?行けない?)娘がいるので、すぐに片付けました。
ひな壇1306



テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/03/04(月) 18:59:54|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する