「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

松明草

タイマツソウ (シソ科モナルダ属)

今年は4株のタイマツソウが咲きました。宿根草ですから毎年同じところに咲きます。花期も一月ぐらいと長いので旬を見逃しても燃え残りの赤黒い松明をみることができます。
先週から咲き始めましたので、4株がそれぞれ点火時期から燃え盛っている様子までを見せてくれます。
オシベは2個ですが先端で葯がくっ付いています。自家受粉を防ぐ為にメシベはオシベより長く伸びて先端が割れてカギ状になります。



タイマツソウ1301


タイマツソウ1302


タイマツソウ1303


タイマツソウ1304


タイマツソウ1305


タイマツソウ1306


タイマツソウ1307


タイマツソウ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/30(日) 22:11:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

NTT FX-DCL-TEL

FX-DCL-TELはNTTのホームテレホン ディジタルコードレス電話機です。離れに設置してあるのですが、ついに壊れて、愛人の「ごはんですよ~」とかドアホンの「宅急便で~す」が聞こえなくなってしまいました。分解していろいろ試しましたが、どうしても直らないのでネットをググりまくってようやく手に入れました。白色が欲しかったのですが黒色しかなかったので黒色を買って、内部の電子基板を壊れた白色子機に入れ替えました。
基盤の入れ替えの為の分解方法はここ過去のブログを参照してください。

設定手順書はこちら


↓左の黒いのが今回手に入れたコードレス。黒色電話の電子基板を白色電話に入れ替えました。(分解方法は上記過去ブログを参照)
FX-DCL-TEL1301

↓ここから下は設定方法
コードレス電話機の電源を切ります。(電池の下にある小さなスイッチ)
FX-DCL-TEL1302

↓接続装置をひっくり返して裏面にします。
FX-DCL-TEL1303

↓接続装置の設定スイッチと番号設定スイッチ、電話機ケーブルの位置を確認します。
FX-DCL-TEL1304

↓ドライバーを差し込んでいる赤マルが設定スイッチ、青〇が電話機コードのコネクター。
①電話機コードを抜きます。
②ドライバーなどの細い棒で設定スイッチを押します。(設定スイッチは電話機コードを入れた後も10秒ほど保持すること)
③電話機コードを入れます。注:③~⑪までの操作は10分以内に行うこと、途中でエラーになったら①からやり直し。
FX-DCL-TEL1305

④接続装置の表にあるランプが赤緑の交互点滅するのを確認、赤だけとか青だけとかオレンジの点滅などの場合は再度①からやりなおします。
FX-DCL-TEL1306

⑤コードレス電話機の保留/内線ボタンを押しながらコードレス電話機の電源を入れます。
液晶画面に「登録」と表示されます。
FX-DCL-TEL1307

⑥コードレス電話機の「再送」ボタンを押します。
液晶画面にはPSゾウセツ プライオリティー:と表示されます。
プライオリティーは通常1なのでコードレス電話機の数字の1のボタンを押します。「:数字の1のボタンとは下の写真に映っている1-2のボタンではありません。電話番号を押す時の1のボタンです」
FX-DCL-TEL1308

⑦PSゾウセツ ナイセンNo:と表示されますので、コードレス電話機の内線番号を入力します(01~07)
FX-DCL-TEL1309

⑧PSゾウセツ アンショウNo:と表示されますので呼び出し名称ラベルの下段の数字の右端の数字と番号設定スイッチの値(1~3)を入力します。番号設定スイッチの値は、全て左(Off)なら1、スイッチ1だけ右(ON)なら2、スイッチ2だけ右(ON)なら3となります。
FX-DCL-TEL1310

⑨この例では写真4の名称ラベルの下段の数字は791111なので右端の数字は1で、番号設定スイッチの値は1なのでアンショウNoは11を入力します。
FX-DCL-TEL1311

⑩暗証番号11を入力の後、「保留/内線ボタン」を押して、設定が完了するとコードレス電話機でピーと音が鳴り、液晶画面には PSゾウセツ SOカンリョウと表示されます。

⑪外線1ボタンを押すと「トウロク OK」と表示され、接続装置のLEDが緑色の点灯になります。
⑫コードレス電話機の「切」ボタンを押して設定操作を完了させます。
FX-DCL-TEL1312

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/06/30(日) 01:39:04|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車輪梅

シャリンバイ (バラ科シャリンバイ属)

シャリンバイは公園や道路脇の植込みに植え込まれていますが、本来は海浜植物です。
潮風にも耐える強靭な植物なので管理しやすいからでしょう。
磯のシャリンバイは、冬の塩交じりの強風を避ける為に岩の窪みに生えて大きく育ちませんが、過酷な環境を生き抜いたその白い花は素朴で愛おしさすら感じます。


シャリンバイ1311


シャリンバイ1312


シャリンバイ1313


シャリンバイ1314


シャリンバイ1315


シャリンバイ1316

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/27(木) 22:08:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

梔子

クチナシ (アカネ科クチナシ属)

向かいの家の入口に咲いていました。小さな木なので昨年までは花数が少なかったせいか気が付きませんでしたが、たくさんの花を咲かせています。咲き始めは真っ白ですが黄色く変色して落ちる様です。
冬に茜色の実が成るのか楽しみです。

クチナシ1301


クチナシ1302


クチナシ1303


クチナシ1304


クチナシ1305


クチナシ1306


クチナシ1307


クチナシ1308
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-645.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/26(水) 23:03:54|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

民具

民具とは、「一般庶民(常民)が日常、その生活の必要から製作あるいは使用している伝承的な器具・造形物の総称」なのだそうです。生活様式が変わって需要(必要性)がなくなることにより、作り手が少なくなり、技術の伝承もできなくなりつつあります。

昨日、愛人と白山麓の温泉へ行く途中の「道の駅」で素敵なプラかご(ポリプロピレンの荷造りバンドで編んだ篭)を見つけました。一年前には農具としてのカゴでしたが、すっかり技量が上達して今では工芸品の域に達しています。とても老人がボケ防止の為に作っているとは思えません。丈夫で使い勝手がよいうえにセンスが良いカゴに仕上がっています。ナスやキュウリ、トマトなどの収穫に丁度よさそうです(野菜つくってないけど)
値段は1200円。一日に1個ぐらいしか作れないでしょうから激安です。

温泉帰りに街中でカゴやザルをぶら下げたレトロな日用雑貨店を見つけて入ってみました。
コツラ細工のザルやカゴ、値段を聞いてひえぇぇ~!とてもわたしのような貧乏人が買える額ではありません。
もはや作る人がいないのだそうです。手作業で一日に1個つくれるかどうかですから売り値が2万円でも高くないのだそうです、この店で私が買えそうなのは亀の子束子ぐらいなものです。
私が持っているカゴとよく似た形のカゴがあったのでいくらか聞いてみましたら12000円だそうです。
金沢市の竹細工人の2代目が作ったものですが、その方もすでに亡くなったそうです。私の持っているものは初代が作られたものだろうとのことです。



↓愛人が気に入ったので買いました。素敵なプラカゴ。下にあるのは骨董価値が高いと分かったので綺麗に洗ったカゴ。買った時の10倍はすると思われます(誰が買う?)
プラかご1301


↓骨董屋で買った背負いカゴ。左から古い順にA・B・Cと並べています。値段も古いものほど高いです。
竹かご1301

↓背負いカゴB。紐を掛ける輪が取れていたので籐で補修しました。
竹かご1302

背負いカゴB。縁に籐の枠を付けているのでデザイン的に洗練されていています。
竹かご1303

↓背負いカゴB。
竹かご1304

↓背負いカゴB。
竹かご1305

------------------------------------------------------

↓背負いカゴA。
竹かご1306

↓背負いカゴA。
竹かご1307

↓背負いカゴA。
竹かご1308

------------------------------------------------------

↓背負いカゴC。
竹かご1309

↓背負いカゴC。
竹かご1310

↓背負いカゴC。
竹かご1311

------------------------------------------------------

↓荷カゴ。荷物運搬用のカゴです。天秤棒で担ぐ為のシュロ縄が付いていました。本来2個で一組です。
竹かご1312

↓荷カゴ
竹かご1313

↓荷カゴ
竹かご1314

------------------------------------------------------

↓ザル。底の編み込み模様が素敵です。
竹かご1315

↓ザル
竹かご1316

↓ザル
竹かご1317

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/06/25(火) 00:00:20|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山紫陽花

ヤマアジサイ (ユキノシタ科アジサイ属)

山に咲いていたのでヤマアジサイなのでしょう。園芸種が含まれているかもしれませんが、葉に艶が無いのでヤマアジサイでも間違いではないかと・・・・。


ヤマアジサイ1301


ヤマアジサイ1302


ヤマアジサイ1303


ヤマアジサイ1304


ヤマアジサイ1305


ヤマアジサイ1306


ヤマアジサイ1307


ヤマアジサイ1308


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/24(月) 00:04:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

渦紫陽花

ウズアジサイ (ユキノシタ科アジサイ属)

我家の雑草園の入口を塞ぐように大きくなったウズアジサイ。
実は一昨年、大きくなりすぎたので強剪定して花芽も切ってしまい昨年は枝だけ伸びて花が咲きませんでした。また剪定すると今年も花が咲かないだろうと剪定せずに放置しておいたところ、私の背丈より大きな木になってしまいました。どうしたら適度の大きさになるのでしょう?

ウズアジサイ1301


ウズアジサイ1302


ウズアジサイ1303


ウズアジサイ1304


ウズアジサイ1305


ウズアジサイ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/22(土) 22:59:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

弘法芝

コウボウシバ (カヤツリグサ科スゲ属)

コウボウムギとよく似ているが少し小さいので麦ではなく芝としたものでしょう。
コウボウムギは雌雄異株で雄花と雌花は別々の株ですが、コウボウムギは雌雄同株で、一つの株に下に雌花(写真では実になっている)が2~3個付き先端に雄花の穂が1本咲きます。


コウボウシバ1301


コウボウシバ1302


コウボウシバ1303


コウボウシバ1304

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/21(金) 22:43:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

弘法麦

コウボウムギ (カヤツリグサ科スゲ属)

雌雄異株で雌花が麦の穂に似ているのでイネ科の様にも見えますがカヤツリグサ科です。
名前の由来としては、雄花が筆の様に見えるとか、茎の繊維で筆を作ったからとかの説がありますが、砂丘の崩れで露出した根が黒く筆の様に見えることから書家の象徴である弘法大師の名を冠しているのではないかと思います。

コウボウムギ804


コウボウムギ1301


コウボウムギ1302


コウボウムギ1303


コウボウムギ1304


コウボウムギ1305


コウボウムギ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/20(木) 23:43:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

床の補強

リビングの床とトイレの手洗いの床が少しタワミはじめました。
玄関の上がり框とリビングの床の一部は前回の床の補強で修理しましたので問題はないのですが、前回補強しなかった部分がやはり弱ってきたようです。
構造合板の床板は床下の湿気と荷重によって強度が落ちて来るようで、入口とか人間の動線に当たる部分、とくに板と板の合わせ目あたりが早く弱くなります。
下地板を捨て張りして、フローリングにしようと考えて見ましたが、張り替えるとなると家具の移動とか、廃材の処理とかが面倒です。材料代もかなりかかるでしょう。
そこで、前回と同じく床下から根太を追加して補強することにしました。材料費は3000円ほどで済みました。


床の構造

↓トイレの手洗い(スリッパの履き替え場)、下地張りなしで合板のフローリングです。
床の補強1301

↓台所の床下収納ボックスを外して床下へ入ります。台所とリビングの間にある基礎の穴は30cmです。この日の為にダイエットしてきましたので難なく入れました。30x3.14=90cmですからウエスト90cm以下の人なら通過できるということです。
床の補強1302

↓今回は、既存の根太の間に長い根太を5本追加、大引の上に短い根太を25個追加します。
床の補強1303

↓大引と床板の間に打ち込むので、予め先端を面取りして入りやすくしておきました。
床の補強1304

↓大引と大引の間に床板と床板の合わせ目があります。この合わせ目の部分がたわみやすいので、ここを補強するには根太と根太の間にもう一本根太を追加しなくてはなりません。床下から根太を入れることは、構造上ほぼ不可能なので、根太をL型金具等で大引に固定します。我家のリビングの場合は特殊で、より長い根太スパンの場所から入れてずらしていく方法です。けっこう疲れます。
床の補強1305

↓大引の上に床板と床板の合わせ目がある場合は、大引の上に短い根太(長さ10cm)を打ち込むだけです。ずれたり軋まないように根太ボンドを塗って打ち込みます。
床の補強1306

既存の根太と根太の間は30cmでしたから1本追加することで根太間は15cmとなります。これだけでタワミがなくなります。
床の補強1307


テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/06/17(月) 23:05:11|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紫露草

ムラサキツユクサ (ツユクサ科ムラサキツユクサ属)

久しぶりの雨でムラサキツユクサも生き生きしています。
乾燥して縮れていたオシベのヒゲもスッキリ伸びています。

ムラサキツユクサ1301


ムラサキツユクサ1302


ムラサキツユクサ1303


ムラサキツユクサ1304


ムラサキツユクサ1305


ムラサキツユクサ1306


ムラサキツユクサ1307


ムラサキツユクサ1308


ムラサキツユクサ1309


ムラサキツユクサ1310


ムラサキツユクサ1311


ムラサキツユクサ1312

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/16(日) 23:02:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

毒痛

ドクダミ (ドクダミ科ドクダミ属)

ドクダミは清貧な家によく似合います。
我家でも、玄関の左右にたくさん咲いています。無精だから雑草取りをしていないと思われそうですが、この花が好きだから大切に育てているのです。それに雑草園にも離れの裏にも沢山咲いています。
玄関には清貧らしく清楚な一重、雑草園では一重と八重が混在で、離れの裏は八重が主です。

ドクダミ1301


ドクダミ1302


ドクダミ1303


ドクダミ1304


ドクダミ1305


ドクダミ1306


ドクダミ1307


ドクダミ1308


ドクダミ1309


ドクダミ1310

http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-640.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/15(土) 22:35:42|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

浜防風

ハマボウフウ (セリ科ハマボウフウ属)

こんな背丈の低い草で風を防ぐことができるのだろうか? 風で砂が飛ぶのを防ぐことができるくらいかな、などと思っていませんか?
浜暴風というくらいだから、山防風とか、丘防風とかがあるのではないかとネットでググったところ、ボタンボウフウ(牡丹防風)やイブキボウフウ(伊吹防風)とかがあるようです。

ウィキペディアによると
ボウフウの名を持つセリ科植物には、エゾボウフウ、イブキボウフウ、カワラボウフウ、ボタンボウフウ、ハマボウフウ、アメリカボウフウなど「○○ボウフウ」と名づけられたものが多い。しかし、これらの植物はボウフウとは別属であり、薬として使用されることもなく(薬になる物もあるが薬効は防風とは異なる)、植物学的にも薬用としてもボウフウとは無関係である。

ハマボウフウ1301


ハマボウフウ1302


ハマボウフウ1303


ハマボウフウ1304


ハマボウフウ1305


ハマボウフウ1306


ハマボウフウ1307


ハマボウフウ1308



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/14(金) 22:44:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜苦菜

ハマニガナ (キク科ニガナ属)

ハマニガナはニガナ属の中では草丈が短く、地下茎が砂丘の内で延びるので砂の上に葉だけが現れ、砂の中から直ぐに花柄と花弁が出ているように見えます。
ニガナ属は傷めると苦い乳液を出すことから苦菜と言われているのでしょう。花弁が6枚以下がニガナで7枚以上がハナニガナとされています。ハマニガナは16枚なのでハナニガナになります。ハマハナニガナ(浜花苦菜)というのが本来の名前となるべきなのですが「くちがままらない」のでハマニガナになったのでしょう?

ハマニガナ1301


ハマニガナ1302


ハマニガナ1303


ハマニガナ1304


ハマニガナ1305


ハマニガナ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/13(木) 22:04:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

小待宵草

コマツヨイグサ (アカバナ科マツヨイグサ属)

我家から海岸までは車で10分ほどです。そろそろキス釣りのシーズンになりますので、釣れているかと早起きして出かけてみました。朝凪の砂浜には釣り人の姿はなく、海浜植物が朝日を浴びています。潮風が爽やかでとても気持ちがいいです。
梅雨に入るとキス釣りの人、梅雨が明けるとサーファーがやってきます。
コマツヨイグサは砂丘に生えるマツヨイグサの仲間で草丈は10cm弱、花は陽に当たると赤く縮みます。

コマツヨイグサ1301


コマツヨイグサ1302


コマツヨイグサ1303


コマツヨイグサ1304


コマツヨイグサ1305

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/12(水) 23:57:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

藤箕

フジミ (穀物選別用の農具)

藤箕と書いてフジミと読みます。トウミと読んではいけません、トウミは中国から伝わった唐箕のことになるからです。唐箕も藤箕も用途は穀物の選別ですが、唐箕は穀物の選別以外には使われませんが藤箕は一時的な容器や運搬具としても使われます。
以前から一つ欲しいと思っていましたが、近年藤で作った箕は殆んど見かけません。先日、民藝骨董店で見つけたので早速購入しました。
庭の雑草取りをするときに、抜いた雑草を入れたり運んだりゴミ袋に入れたりと、とても便利で使い勝手良いのです。


↓藤箕の表。横は矢竹、縦は藤の皮で編んであります。持ち手は山漆の木を藤で巻いています。
藤箕1301

↓藤箕の裏。竹ざるの様な隙間はなく、お米や粉も漏れません。
藤箕1302

↓藤箕の先端。使う時に、地面に擦れて擦り切れるのでブリキを編み込んであります。山桜の皮を織り込んであるのもあります。見た目は山桜の方が素敵ですが、屋外で使用する場合はブリキの方が強く使い勝手も良いようです。
藤箕1303

↓かなり古い民藝骨董なので虫食い状態です。
藤箕1304

↓用途と強度を考慮して竹の表面と裏面を使い分けて編んでいます。
藤箕1305

↓虫食いと老朽化で竹がボロボロなので、1本だけ交換する為に外しました。
藤箕1306

↓庭に放置されていた植木鉢の竹カゴを分解して代替の竹ヒゴを取得しました。
藤箕1307

↓素人修理なので多少の隙間は見なかったことに・・・。粉や糠を入れるわけでもないので。
藤箕1308

↓買ったのは4月ですが、ようやく藤箕の出番がやってきました。ツゲの木の散髪剪定です。庭が荒れ放題でお恥ずかしい(なら、写真を撮るな!)
柘植の剪定1301

↓散髪する時は前掛けが必要ですね。後片付けが楽ですから・・・。
柘植の剪定1302

↓スッキリしました。夏用のヘアースタイルになりました。
柘植の剪定1303

↓ようやく藤箕の出番です。こうやって葉っぱを入れた藤箕の両端を持ってゴミ袋の口の大きさになるようギューッと絞り、ゴミ袋の中へスルスル~と葉っぱを入れるわけです。
柘植の剪定1304

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/06/10(月) 01:52:13|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

野薊

ノアザミ (キク科アザミ属)

あざみの歌の歌詞にあるように「くれない燃ゆるその姿」は、野にある雑草でありながら情熱的です。
花の構造を簡単に紹介しますが、詳細はここ(過去のブログ)を参照してください。

↓キク科の花なので花冠には小さな蕾が密集しています。花冠の円周に見えるヒゲは全ての小花に付いていて種を飛ばす時の羽根になる綿毛です。
ノアザミ1301

↓外側の蕾から開いていきます。花弁は先端が5つに裂けた筒状花で、濃い紫いろの棒はオシベがくっ付きあって筒状になっている集約雄髄です。
ノアザミ1302

↓集約雄髄(オシベ)の先に白い粒が見えますが、集約雄髄の中でできたオシベの花粉が集約雄髄の中から伸びてきたメシベに押し出されたものです。
ノアザミ1303


ノアザミ1304


ノアザミ1305


ノアザミ1306


ノアザミ1307


ノアザミ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/09(日) 17:57:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

煙草

タバコ (ナス科タバコ属)

「たばこを吸う奴は早く死んでしまえ!」と言うことなので、早く死のうと、猛毒のニコチンを含むタバコの葉を乾燥して刻んで紙に巻いて火を付けて煙を吸っています。家族に迷惑をかけてはいけないと、低煙低臭のルーシアを台所の換気扇の下で愛飲しています。

タバコの種類は多く、植物の名前を付けたものは、桔梗・山吹・あやめ・撫子・萩・山桜などがありました。

ニコチン (nicotine) はアルカロイドの一種であり毒物および劇物取締法に毒物として指定された物質である。揮発性がある無色の油状液体で化学式は C10H14N2。主にタバコの葉に含まれる。 天然由来の物質であり、即効性の非常に強い神経毒性を持つ。半数致死量は人で0.5mg~1.0mg/kgと猛毒で、その毒性は青酸カリの倍以上に匹敵する。人体に対して神経毒としての有害性は持つが、ニコチン自体に発癌性はない。

タバコ1301


タバコ1302


タバコ1303


タバコ1304


タバコ1305


タバコ1306


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/08(土) 22:03:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

マンテマ

マンテマ (ナデシコ科マンテマ属)

日当たりが良く比較的乾燥した場所に群生しています。
毎年、手取川の河原で撮るのですが、今年は能登の海岸沿いの道路脇で撮りました。
小さく可愛い花が見事な群生でより美しく見えました。

マンテマ1301


マンテマ1302


マンテマ1303


マンテマ1304


マンテマ1305


マンテマ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/07(金) 23:01:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

都草

ミヤコグサ (マメ科ミヤコグサ属)

ハマダイコンの群生よりも、ハマヒルガオの群生よりも、ハマエンドウの群生よりも、黄色いミヤコグサの群生がとても目立ちます。
海浜に咲く植物はどれも群生することが多く、過酷な環境下では群生することで種(しゅ)を保存しているのでしょうか?

ミヤコグサ1301


ミヤコグサ1302


ミヤコグサ1303


ミヤコグサ1304


ミヤコグサ1305


ミヤコグサ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/06(木) 22:06:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜豌豆

ハマエンドウ (マメ科レンリソウ属)

砂丘や岩場などに普通に見られる海浜植物です。
花弁は5枚で、大きく立っているのが旗弁で切れ込みがあるので2枚に見えますが一枚です。前に突き出ているのが翼弁で左右対になっていますので2枚、翼弁の中に2枚合わさって船の様な形をした竜骨弁が2枚です。
花弁の部位によって色が違い、色違いの組み合わせによっていろいろな花色となり群生ごとに色と模様が違います。

ハマエンドウ1301


ハマエンドウ1302


ハマエンドウ1303


ハマエンドウ1304


ハマエンドウ1305


ハマエンドウ1306


ハマエンドウ1307


ハマエンドウ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/05(水) 21:55:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜大根

ハマダイコン (アブラナ科ダイコン属)

川原や海浜に群生していてとても美しい花ですが、あまりにも多すぎて目に入らないというか気にならない花です。
縮んだ4枚の花弁の微妙な色合いがとても美しく、私はこの花大好きです。

ハマダイコン1301


ハマダイコン1302


ハマダイコン1303


ハマダイコン1304


ハマダイコン1305


ハマダイコン1306


ハマダイコン1307


ハマダイコン1308

http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1421.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/04(火) 23:36:56|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

蛇結茨

ジャケツイバラ (マメ科ジャケツイバラ科)

能登の海岸沿いの山道(県道)でときどき見かける黄色い花ですが、急な斜面に咲いていて近寄ることができませんでした。たまたま道路の下の崖に生えていて、花序がちょうど道路の横でしたのでマクロレンズで撮ることができました。花弁の数が分かりづらいのですが、完全に開ききると、後ろに反った5枚のガクと5枚の花弁であることが分かります。5枚の花弁の内一番上の花弁には独特の文様があって蜜標の役割があります。
蔓や幹には鋭い棘があって、他の木に絡んで上方に伸びることが名前の由来になっているようです。

ジャケツイバラ1301


ジャケツイバラ1302


ジャケツイバラ1303


ジャケツイバラ1304


ジャケツイバラ1305


ジャケツイバラ1306


ジャケツイバラ1307


ジャケツイバラ1308


ジャケツイバラ1309


ジャケツイバラ1310

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/03(月) 21:22:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜昼顔

ハマヒルガオ (ヒルガオ科ヒルガオ属)

石川県の砂丘は白山の砂防工事やダムの影響で年々減少しており千里浜海岸の渚ドライブウェーも存亡の危機にありますが、塩屋海岸は長さ4km余りで幅は広いところで100m以上の砂丘で海浜植物の群生も見事です。
砂丘下部にはハマヒルガオやコウボウムギの大群生が見られます。
ハマヒルガオは潮風にも乾燥にも強いですが、アメリカネナシグサには敵いません。

ハマヒルガオ1301


ハマヒルガオ1302


ハマヒルガオ1303


ハマヒルガオ1304


ハマヒルガオ1305


ハマヒルガオ1306



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/02(日) 22:33:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜茄子

ハマナス (バラ科バラ属)

能登有料道路が無料化になって能登の里山里海街道となりました。能登の人々には基幹道路であり、当初から「無料にすべき」との声がありましたが、ようやく実現されたわけです。
能登から金沢へ、金沢から能登へと通行量が大幅に増えて経済効果が大いに期待されます。

加賀の砂丘海岸にもハマナスはたくさん咲いていますが、能登の海浜に咲くハマナスは磯の景観に映えて格別に美しいです。

ハマナス1301


ハマナス1302


ハマナス1303


ハマナス1304


ハマナス1305


ハマナス1306


ハマナス1307


ハマナス1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/01(土) 12:07:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する