「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

関東大震災90周年 復興とナショナル金銭登録器

1923年9月1日(大正12年)に関東大震災が発生しました。
今年は各地で震災90周年記念の催しが行われました、当ブログでも遅ればせながら東日本大震災の復興を祈念して関東大震災当時の資料を掲載します。
と言っても米国ナショナル金銭登録器の「事例広告」ですけど・・・・。
関東大震災の翌年に発行された、この企業広告は新聞紙より一回り大きく、二つ折れ6ページの巨大なパンフレットです。写真をクリックすると実物の1/3のサイズ(2000X2800ピクセル)で表示しますので掲載内容を確認できます。


東京三越、東京松坂屋、東京白木屋、東京高島屋
復興とナショナル金銭登録器 page01 (表紙)


明治屋本店、南天堂(松岡虎王磨)、富谷製薬所、五車堂、金鳳堂眼鏡店、近江屋呉服店、白十字堂
復興とナショナル金銭登録器 page02


文詳堂、菊島大正堂薬局、堀良助商店、牛鳥肉松喜屋、澤崎義三商店、十字堂蓄音器店、博品堂洋品店
復興とナショナル金銭登録器 page03


和田木商店、三上新治朗、文展堂書店、〇〇履物店、亀楽商店、阿波屋本店、騎西屋、
復興とナショナル金銭登録器 page04


立花屋呉服店、戸田蓄音器店、伊藤本店(長野県)、永藤麵〇店、近江屋西川商店、榛原商店、内藤毛織物店
復興とナショナル金銭登録器 page05


東京堂、風月堂、伊勢丹呉服店、弘集堂書店、松芳商会、岸上〇三郎、田中林蔵
復興とナショナル金銭登録器 page06








テーマ:*写真で残す日常* - ジャンル:写真

  1. 2013/09/29(日) 22:35:18|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニラ (ユリ科ネギ属)


田んぼの畔に群生していましたが、これが食用のニラなのかどうか知りません。昔は田んぼの畔にニラは生えていなかったように思うのですが・・・・。

ニラ1301


ニラ1302


ニラ1303


ニラ1304


ニラ1305


ニラ1306


ニラ1307


ニラ1308
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-684.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/28(土) 00:15:10|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

カマス(カマス科カマス属)

お彼岸に里帰りしていた釣り好きの次兄が、毎日海へ行って坊主で帰ってくるのでお隣の船長が「カマス釣り行こう」と誘ってくれました。私は「自分で釣った魚は自分で始末しなさい!」と言われて以来10年間釣りは止めていたのですがせっかくなので同船させてもらうことにしました。
船酔いは陸から100~200m程度なのでの心配ありません。能登志賀原発も停止中なので放射能の心配もありません。趣味の釣りなら10匹も釣れれば十分なのですが、漁船ですから釣れるだけ釣ります。漁協へ持っていくほど釣れたのを実家の冷蔵庫に入れて10匹ほどを持って帰りましたが、「自分で釣った魚は自分で始末しなさい!」と愛人に言われてすっかり生臭くなってしまいました。

↓釣り場は、陸から200m、原発から1km、海底から5mです
カマス1301

↓小一時間の漁で日が沈む前に帰ります。(僚船)
カマス1302

↓おこぼれ頂戴のカモメ。
カマス1303

↓船長が釣ったカマス。
カマス1304

↓これ全部を長兄と猫とで食べれるだろうか?
カマス1305

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/09/26(木) 23:06:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

弁天島

弁天島は私が時々海浜植物を撮りに行く能登のマイナーな景勝地です。
昔は三味線島とも呼ばれていました。岩礁の小島が砂州で陸続きとなった形が三味線に似ていたからでしょう。
島の東側は遠浅の海浜で波も少ないことから絶好の海水浴場です。
南側と西側は岩礁地帯で青松原との境にある草地には色々な海浜植物群が見られます。
北側の潤間は天然の良港です。
島の中央にはイツクシマ神社や東屋もあって、ちょっとした散策コースとなっています。

弁天島1301


弁天島1302


弁天島1303


弁天島1304


弁天島1305


弁天島1306


カワラナデシコ1311


カワラナデシコ1312


ノブドウ1301


ノブドウ1302


ハマゴウ1301


ハマゴウ1302

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/09/26(木) 21:54:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

土臼

ドウス (籾摺器・民具)

昔、稲の脱穀は千歯扱きや足踏み式の脱穀機で行っていたことは知っていましたが、籾摺りはどうやっていたのでしょう。
先日、実家の土蔵になにか金目のものはないじゃろか?と探っていて、土臼を見つけました。
庭に出して、本当に籾摺りができるかどうか実験しようと、上臼をよっこらしょと持ち上げて運ぼうとしたときドカッと土が落ちてしまい修復不能となりました。


↓ほぼ完全な形で出土した土臼。木と竹と土で出来ています。重くて一人では移動できません。
土臼 1301


↓上臼、真ん中の穴は下臼の中心から出ている軸を通す穴です。左右の四角い穴は回転用の取っ手を取り付ける穴です。
土臼 1302


↓上臼、上の桶に籾を入れて回転させます。竹カゴの部分に土に木片を挿した土臼が入っていました。
土臼 1303


↓上臼、すっかり土が落ちてザル状の上臼。
土臼 1304


↓バラバラになった上臼の一部分。土臼の籾を摺る部分は粘土に堅木の薄い歯を差し込んで乾燥させたものです。
土臼 1305


↓ほぼ完全な下臼、上臼の摺り面も同じ様な模様になるよう木の歯が並んでいたのでしょう。石臼の模様と似ています。
土臼 1306


↓下臼の下も桶になっています。空なのか、安定の為に土が入っているのかは持ち上げられなかったので分かりません。
土臼 1307


↓土臼を回転させるための取っ手。柄の大きさからして二人がかりで廻していたようです。
土臼 1308

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/09/25(水) 23:22:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

創和(SOWA) GW-7

創和(SOWA) GW-7 は カラオケ歌手愛用のダブルカセットデッキです。

お彼岸の連休で実家に帰ったら、早速「カセットが壊れて練習ができないので直してくれ」との長兄から頼まれました。持って帰って直すと直った後でまた持ってこなくてはならないので、ホームセンターでベルトを買って直すことにしました。

↓カラオケテープを左側に入れて演奏し、右側に録音テープを入れて歌うと、自分の歌が伴奏付で録音できます。
創和 GW-7 1301



↓左から、代用にならない輪ゴム、切れていた黒いベルト、作成中の代用ベルト、完成したベルト、下がホームセンターの手芸品売り場で買った98円のパンツのゴム。
創和 GW-7 1302


↓取り付けたベルト(白色のベルト)。ピンチローラー用のベルトなので多少の回転ムラは問題ありません。
創和 GW-7 1303

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/09/25(水) 22:17:04|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大犬蓼

オオイヌタデ (タデ科イヌタデ属)

草丈が1.5mにもなるタデ科の雑草です。茎が赤いものと白いものがあり、紅い茎の草には赤い花序、白い茎の花は白い花序が付いています。分類上はどちらも「オオイヌタデ」というか、どうでも良い雑草としか見られていないようです。
イヌタデのあかまんまが赤飯ならオオイヌタデは稗飯でしょうか?
先端部の花序の殆んどは閉鎖花で開花率は1パーセント以下でしょう。
下の方の葉の付け根から出ている小さな花序には開いた花が見られます、でも虫眼鏡がないと肉眼ではほとんど見えません。

オオイヌタデ1301


オオイヌタデ1302


オオイヌタデ1303


オオイヌタデ1304


オオイヌタデ1305


オオイヌタデ1306


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/21(土) 00:06:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

箒菊

ホウキギク (キク科シオン属)

成育環境の違いで草丈は20cm~150cmとかなりの差がありますが、花はどれも5mm程度とかなり小さいです。草丈が大きい割に花付きは疎らで全く目立たない雑草ですが、花は薄紫の可愛い菊の花です。

ホウキギク1301


ホウキギク1302


ホウキギク1303


ホウキギク1304



ホウキギク1305


ホウキギク1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/19(木) 22:55:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

疣草

イボクサ (ツユクサ科イボクサ属)

田んぼの雑草としては美しいのですが、花が小さすぎて観賞するには虫眼鏡が必要かも。
草は横に這って群生しますので、ミゾカクシより強力な雑草です。
花弁の中心を見ると、一本のメシベの周りに6本のオシベがありますが、3本は葯が細長く花粉を作っており3本の丸い葯は花粉を作っていないようです。
他のツユクサ科と同じで午後には花が萎みます。

イボクサ1301


イボクサ1302


イボクサ1303


イボクサ1304


イボクサ1305


イボクサ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/18(水) 21:42:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

彼岸花

ヒガンバナ (ヒガンバナ科ヒガンバナ属)

もうすぐ秋のお彼岸、ヒガンバナが咲き始めました。

ヒガンバナ1301


ヒガンバナ1302


ヒガンバナ1303


ヒガンバナ1304


ヒガンバナ1305


ヒガンバナ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/17(火) 23:23:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

白花桜蓼

シロバナサクラタデ (タデ科イヌタデ属)


先日、能登の海岸の湿地に咲いているものを撮りに行って、蚊の襲撃に遭い、1枚撮って退散しました。
家の横の雑草地にも咲くのですが、ここも蚊が多くて撮影に集中できません。
写真の花は近所の用水脇の農道に群生していたものです。ここには蚊の代わりにイチモンジセセリさんがたくさん訪れていました。


シロバナサクラタデ1301


シロバナサクラタデ1302


シロバナサクラタデ1303


シロバナサクラタデ1304


シロバナサクラタデ1305


シロバナサクラタデ1306


シロバナサクラタデ1307


シロバナサクラタデ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/14(土) 23:29:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

白花鴎蔓

シロバナカモメヅル (ガガイモ科カモメヅル属)

久しぶりに出会った花です。
花径が10mm程で花の色も葉の色と同じでとても地味です。
花の構造は星形の花弁の中心に副花冠に包まれた蕊柱があります。
時々副花冠と蕊柱の間に手足を挟まれて動けなくなってミイラ化した蚊の仲間を見ます。


シロバナカモメヅル1301


シロバナカモメヅル1302


シロバナカモメヅル1303


↓蚊の脚が残っています。足を捨てて逃げた?
シロバナカモメヅル1304


↓ミイラ化した蚊の仲間、手足が千切れています。
シロバナカモメヅル1305


↓過去2008年に撮った写真、奥の花の副花冠が開いて蕊柱の周りに蜜が溢れています。この蜜に手足を捕られてジタバタしている間に副花冠が閉じると副花冠と蕊柱の間に手足が挟まって身動きできなくなるのです。
シロバナカモメヅル02

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/12(木) 23:21:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

現の証拠

ゲンノショウコ (フウロソウ科フウロソウ属)

紅い花と白い花、それにピンクの花と三色咲いていました。
よくよく見るとオシベの葯が5個のと10個のとがあるのに気づきました。
どうして5個のと10個のとがあるのか調べていると、どうやら10個の葯の内5個が先に開いて落ちてしまい、あとに5個残っているようです。それも一つ置きに5個が先に開いているのです。

↓赤花のゲンノショウコ
ゲンノショウコ1301


↓ゲンノショウコは花びらが5枚、オシベが10本、メシベが1本です。
ゲンノショウコ1302


↓オシベの10本のうち一つ飛びに5個の葯が開いています。
ゲンノショウコ1303


↓オシベが5本の白花のゲンノショウコ。よく見ると5本のオシベの葯が落ちている。
ゲンノショウコ1304


↓ピンク色のゲンノショウコ、赤色と白色の自然交配と思われます。
ゲンノショウコ1305


↓ヒラタアブが葯の花粉を食べにきています。
ゲンノショウコ1306


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/11(水) 22:09:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小葉の擬宝珠

コバノギボウシ (ユリ科ギボウシ属)

小葉なのか大葉なのか気にもせずに撮ったのでどの写真も葉が写っていません。やや湿った草地の彼方此方に咲いていました。

コバノギボウシ1301


コバノギボウシ1302


コバノギボウシ1303


コバノギボウシ1304


コバノギボウシ1305

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/10(火) 23:05:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

盗人萩

ヌスビトハギ (マメ科ヌスビトハギ属)

ドロボウをヌスビトなどと上品に言いますかね~。
盗っ人(ヌスット)の方がドロボウに相応しいと思います。
名前の由来は、実の形が女性の下着に似ているので下着泥棒?、それとも、サングラスに似ていてこのサングラスをかけると泥棒のように見えるから?、それともドロボウの足跡に似ているから?
わたしには、足袋のコハゼに見えます。だからと言って別名をコハゼハギとしたところで「コハゼって何?お魚?」ってことになりますね。
花は5mm程でとても小さく、チャーミングです。

ヌスビトハギ1301


ヌスビトハギ1302


ヌスビトハギ1303


ヌスビトハギ1304


ヌスビトハギ1305


ヌスビトハギ1306


ヌスビトハギ1307

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/09(月) 22:10:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

継子の尻拭い

ママコノシリヌグイ (タデ科タデ属)

あまりにもインパクトのある名前なのでボケ老人でもすぐに思い出します。
「きれいな花にはトゲがある」のとおり、鋭いトゲで動物の食害からも乙女の手からも守られています。


ママコノシリヌグイ1301


ママコノシリヌグイ1302


ママコノシリヌグイ1303


ママコノシリヌグイ1304


ママコノシリヌグイ1305


ママコノシリヌグイ1306


ママコノシリヌグイ1307


ママコノシリヌグイ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/08(日) 22:47:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

秋海棠

シュウカイドウ (シュウカイドウ科シュウカイドウ属)

『わたしを温泉に連れてって』
最近、愛人の温泉コールが激しいので敬老の日キャンペーン中の楽天トラブルで温泉に行ってきました。
例によって私の引き回しで徘徊も兼ねてのプチ旅行ですけど・・・・。
加賀市の全昌寺(曹洞宗)の裏庭で秋海棠の群生を見つけました。このお寺は芭蕉の奥の細道で知られているのですが、五百羅漢も有名らしいのです。

シュウカイドウ1301


シュウカイドウ1302


シュウカイドウ1303


シュウカイドウ1304


シュウカイドウ1305


全昌寺五百羅漢1301


全昌寺五百羅漢1302


全昌寺釈迦三尊像1301

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/02(月) 23:18:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する