「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

蔓竜胆

ツルリンドウ (リンドウ科ツルリンドウ属)

龍の胆嚢はこのような赤紫なのでしょうか?
竜胆は中国で漢方薬として使われますが主に根を煎じて飲用するようです。
富山の置き薬の熊の胆(クマノイ)は子どもの頃に胃腸薬として服用した記憶があります。苦いです。

ツルリンドウ1301


ツルリンドウ1302


ツルリンドウ1303


ツルリンドウ1304


ツルリンドウ1305


ツルリンドウ1306

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/31(木) 22:29:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

雄山火口

オヤマボクチ (キク科ヤマボクチ属)

花はアザミと殆んど同じですが葉はまったく違って、棘はなく裏が真っ白でゴボウの葉に似ています、信州ではオヤマボクチの葉から採った繊維を蕎麦のつなぎにするそうです。オヤマボクチの繊維で蕎麦の味や食感が違うのでしょうか? 一度食べてみたいところです。

花の構造はアザミと同じで、尖った総苞片が何列もあります。小花は赤紫で筒状花のみです。
オシベは基部が白色で途中から黒色です。オシベどうしがくっ付きあって筒状となった集約雄髄となっており筒の先端部に約が詰まっています。メシベが集約雄髄の中で伸びて葯を押し出しますと黒いオシベの先端に白い粉が付いた状態となります。この状態ではオヤマボクチは黒い色の花と見えるわけです。
葯を押し出したメシベはピンク色でどんどんの延びます。この状態では赤い色の花と見えます。
その後、黒いオシベは薄茶色に代わり、ピンクのメシベも色あせて花弁が朽ち落ちると金色に輝く綿毛に覆われます。


オヤマボクチ1301


オヤマボクチ1302


オヤマボクチ1303


オヤマボクチ1304


オヤマボクチ1305


オヤマボクチ1306


オヤマボクチ1307


オヤマボクチ1308


オヤマボクチ1309


オヤマボクチ1310


オヤマボクチ1311


オヤマボクチ1312

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/30(水) 22:45:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

SEIKO SPIRIT 電池交換

父親が生前に使っていた時計の電池交換をして見ました。
銀色の時計は釣り好きの父親から「防水の時計を買ってきてくれ」と頼まれて、私が選んだ私好みのシンプルな腕時計です。
金色の時計は私の時計ですが、出番がなくて使わないうちに電池切れで止まったままです。
腕時計の電池交換は裏蓋を開けて電池を交換するだけで、簡単ですが適切な工具が必要となります。


↓こちらは父親の防水時計で裏蓋はネジ式です。カメラのレンズを分解する為に使用するレンズオープナーで蓋を回転して開けました。
SEIKO 腕時計の電池交換1301


↓前回の電池交換は1999年10月だったようです。
SEIKO 腕時計の電池交換1302


↓こちらは私の時計。パッチンと嵌め込むだけの蓋なので先が薄くて尖ったものを裏蓋の隙間に入れてこじると簡単に開きました。
SEIKO 腕時計の電池交換1303



SEIKO 腕時計の電池交換1304



SEIKO 腕時計の電池交換1305



SEIKO 腕時計の電池交換1306

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/10/29(火) 23:51:03|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋桐

アキギリ (シソ科アキギリ属)

アキギリの名前の由来は葉が大きく桐の葉ににているから、と言うのですが私はアキギリの葉を見て、桐の葉に似ていると思ったことはありません。本当は葉が桐の葉に似ているのではなく、花の形や花序の形が桐の花に似ているからではないでしょうか?(写真の花は花序が短いですが、一般的なアキギリの花序は葉より上に輪状に何段もの花を付けています)

アキギリの花の面白い所は、なんといってもオシベが天秤の様な形をしており、昆虫(主に蜂)が吸蜜する為に花の奥に入ろうとすると花粉の付いたオシベが虫の背中に付くように動くところです。マメ科の花とは違う方法です。


↓長いメシベは自家受粉しないように花からかなり前に出ています。
アキギリ1301


↓花弁はラッパ状で上唇は細長く、幅広の下唇は浅く3裂しています。
アキギリ1302


↓ハチが吸蜜の為に花の中に入ろうとすると、上唇からオシベ出てハチの背中に花粉がくっ付きます。
アキギリ1303


↓花の構造はどうなっているのかと下から覗いてみました。
アキギリ1304


↓よく分からないので、上唇を千切って見ました。
アキギリ1305


↓それでもよく分からないので、下唇を裂いてみました。
アキギリ1306


↓それでもよく分からないので、裂いた下唇の片方を千切って、ようやくオシベの構造がよく分かりました。
メシベはラッパ状の花弁の基部から出ています。
オシベはシーソー(天秤またはヤジロベイ)の様に、花弁の途中から立ち上がった部分が支点となり、力点側は短く仮オシベの様です、作用点側は長く先端に葯が付いています。
オシベより少し後ろに小さな突起が出ていますが、これはなんの役目があるのでしょう?
アキギリ1307


↓、と言う訳で、どの花も私の好奇心の犠牲となって、ガクだけが残りました。(嘘です)
アキギリ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/28(月) 21:41:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CRSHARP 美品だがジャンク

SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR

【注意】ストーブやファンヒーターの分解修理は専門の事業者に依頼しましょう。素人修理は火災、ガス中毒など重大な事故につながります。

「お父さん電子レンジが届いたよ~」と愛人。俺はお前のお父さんじゃなくって情夫だろう!
オークションで落札した石油ファンヒーターが届いたようです。石油ストーブでは危険物なので品名は電子レンジとなっていました。

オークションで石油ストーブを購入する場合は、
①使用頻度の少ない温暖な気候の地域の物に限ります。かといって沖縄では送料が高くつきます(沖縄でストーブ使う?)。
②「通電確認OK」などと言うのは電源が入ったというだけで、しばらく使うと「換気エラー」とか「勝手に止まる」などの問題が発生する可能性大です。そもそも廃品回収や捨てられた物の可能性大です。
だから、故障している物の方が安くて安心です(無償で直せるなら)。

今回のファンヒーターも「美品だがジャンク、しばらくすると『E-1』とエラーメッセージが出ます。
メーカー取り説によりますと、予熱時気化器温度が上がらないエラーだそうです。」とのこと。
出品地は福岡県筑紫郡 価格は3000円です。


↓美品です。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1301


↓ファンに埃も付いていません。使用頻度が少なそうです。
SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1302


↓電源を入れてしばらくすると「E-1」のエラー表示です。
SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1303


↓制御回路、組み立て時に配線ミスをしないように配線の写真を撮っておきます。赤い線が付いているのがヒーターのコネクターです。
SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1304


↓ヒーターの導通を測定します。導通がありません、ヒーターが断線しているようです。
SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1305


↓こちらは、我が家にあるジャンクから外したヒーターの導通確認、約0.8Ωと思われます。
SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1306


↓我家のジャンクから外したヒーター。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1307


↓我家のジャンクから外した温度センサー(念のために交換)
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1308


↓燃焼室のユニットを外す為に、配線(電子基板側のコネクター)と給油パイプ(2ヵ所)を外しておきます。
SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1309


↓給油パイプをレンチで外します。(管の中に残っていた灯油が漏れますので注意)
SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1310


↓左のナットを固定して右側のナットを緩めます。給油ポンプの方は下を固定して上のナットを緩めます
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1311


↓電子基板のコネクターを全部はずして、基盤を取り付けてある金属フレームごと外します。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1312


↓電子基板を外し燃焼室の前にある金属のガードやフレームを外します。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1313


↓燃焼室ユニットを手前に引き出します。残るのは裏の送風ファンだけとなります。8年使ってこの程度のホコリです。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1314


↓燃焼室ユニットの下側にあるバーナーユニットをバラします。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1315


↓オレンジ色の線につながっているのが気化器の予熱ヒーター。今回はこのヒーターが断線しているようです。
白い線につながっているのはヒーターの温度センサーです。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1316


↓ヒーターを固定している金具を外します。この金具は中にバネが入っていてその力でヒーターを気化器に圧着しているのです。金具を上から押してフックを外して後ろへずらすと外れます。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1317


↓左がヒーターを固定する金具、右がヒーター、下がヒーターのホルダーで白く写っているのは断熱用の石綿です。(アスベストではないよね?)
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1318


↓分解したついでに気化器のニードル弁をクリーニングしておきます。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1319


↓分解したついでに、炎センサーをクリーニングしておきます。
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1320


↓分解の逆の手順で組み上げます。

ヒーターが正しく動作しているかを確認します。
ヒーターのコネクターにテスターを取り付けて、電源をいれます。ヒーターに電圧がかかればOK、しばらくしてエラー表示がなく点火すれば問題なし。念のため点火後しばらくしてヒーターへの通電が無くなることを確認する。(ヒーターに電圧がかかりっ放しだと回路に異常がある。ただし燃焼中でもヒーターには時々1~2秒の通電があります。別の同型ファンヒーターでも確認済み)
\FC2新しいフォルダ\SHARP 石油ファンヒーター OK-S58CR1321


シャープ石油ファンヒーターの修理記録は別の記事もあります。下記のURLも参考にしてください。
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2580.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2412.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2391.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1971.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1845.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1834.html


テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/10/26(土) 22:23:25|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

蜂巣

蜂巣は蓮の種を包み込んでいるので果実なのでしょうか?

白山麓の谷間の小さな集落に小さなハス田があって、もうすぐ山に掛かりそうな西日を受けて、花も蜂巣も群れ飛ぶ赤トンボも秋色に染まってとても美しい光景でした。

蜂巣1301


蜂巣1302


蜂巣1303


蜂巣1304


蓮とトンボ1305


蓮とトンボ1306

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/25(金) 21:38:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

野紺菊

ノコンギク (キク科シオン属)

山際のあちらこちらにキク科の薄紫の花が咲いていましたが、こちらの花の群れが他の群れよりもきれいだったので撮りました。
ノコンギクとヨメナは同定に迷います。で、写真の花はどちらかと聞かれるとノコンギクではないかと・・・・、感です。(汗)


ノコンギク1301


ノコンギク1302


ノコンギク1303


ノコンギク1304


ノコンギク1305


ノコンギク1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/24(木) 23:01:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コンバインの刈跡

TPPで日本の農業はどうなるのでしょう。
以前のブログで昭和46年の金沢平野の航空写真を載せましたが、当時は手刈で、刈り取った稲は田んぼの中で干して「にゅう」に積み上げて乾燥しました。今は大型のコンバインで刈り取りカントリーエレベーターで乾燥保存しています。

先日、一向一揆の最後の砦である鳥越城の下の田んぼに野球のボールの縫い目のような刈跡を見つけました。
どうやってこのような刈跡が残るのかを考えて見ました。
稲刈り機で田の稲を刈り取るには外側から内側に渦巻きのように刈り取っていけば良いのですが、田んぼが四角なので畔に沿って直線的に刈り取る必要があります。農道からコンバインを入れて直線的に向うの端まで刈り取ったらコンバインを何度かスイッチバックして直角に方向転換しなくてはなりません。向きが変わったらまた直線的に刈り取り向うの端で再びスイッチバックを繰り返して直角に方向転換して刈り取る、これを繰り返して四角形の形を小さくしていきます。このスイッチバックするコンバインのキャタピラーの跡が田んぼに残る対角線上の線に見える訳です。
刈り残しの四角が小さくなるとスイッチバックは時間の無駄となりますので、直線端ではスイッチバックせずに円弧をかいて反対側へ進み刈り取ります。これを繰り返します。その為に田んぼの中心部ではキャタピラー跡が平行になるのです。
その他にもキャタピラー跡が見られますが、刈取りの途中でコンバインの籾タンクが一杯になると農道に停めてあるトラックに移しに行くための跡と思われます。

コンバインの刈り跡1301


コンバインの刈り跡1302


コンバインの刈り跡1303


コンバインの刈り跡1304


コンバインの刈り跡1305


鳥越城1501


昭和46年の金沢平野の航空写真
金沢平野の稲刈り

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/23(水) 21:51:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トマトとキツネとコサギと

私の家から海浜へ行く途中には加賀野菜の産地があります。
車道の横の田んぼに廃棄する加賀野菜が積み上げられていて腐っています、もったいないな~といつも思っています。
この時期はスイカやキュウリはありませんがトマトがたくさん捨てられています。
たくさん並んだハウスの中にはトマトがたくさん植えられていて、まるで野菜の工場です。
先日、トマトハウスを覗いていると、近くに痩せた犬が歩いていました。
どう見てもキツネにしか見えません。以前家のブロック塀の上をタヌキの親子が歩いているのを見たことがありますがキツネは珍しいので写真を撮ろうと構えると田んぼの中を一目散に逃げていきました。
安物のレンズはジーコジーコと焦点があいません。仕方なくマニュアルフォーカスで狙いましたがすでに100m先で犬かキツネか判別不能でした。細い顔に大きな耳、太く長い尻尾、ぴょんぴょんと跳ねながら逃げる様子はキツネの様でした。どこかに隠れているだろうと、カメラを構えてキツネが姿を消したあたりを調べていると田の溝の中から大きな白い鳥が飛び立ちました。コサギのようです。
キツネがサギに化けたのでしょうか? サギがキツネに化けていた?

トマトとキツネとコサギと1301


トマトとキツネとコサギと1302


トマトとキツネとコサギと1303


トマトとキツネとコサギと1304


トマトとキツネとコサギと1305


トマトとキツネとコサギと1306


トマトとキツネとコサギと1307


トマトとキツネとコサギと1308

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/23(水) 00:18:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沢薊

サワアザミ (キク科アザミ属)

林緑の湿った崖に見られる大きなアザミです。
総苞片の付け根に何枚もの苞葉が見られるのが特徴で、同定しやすいです。
アザミは全てが筒状花ですが、サワアザミは総苞の先端部の2~3列の総苞片が赤く花弁のようにも見えます。

サワアザミ1301


サワアザミ1302


サワアザミ1303


サワアザミ1304


サワアザミ1305


サワアザミ1306


サワアザミ1307


サワアザミ1308


サワアザミ1309

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/21(月) 22:50:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白山薊

ハクサンアザミ (キク科アザミ属)

今までホッコクアザミだと思っていましたが、ホッコクアザミでググると私のブログがヒットします。
どうやら、このアザミはハクサンアザミと言うことらしいです。
カガノアザミにも似ていますが、総苞片が反りかえっているということで違いが分かります。
写真のアザミは白山麓の標高300~500m程の低山に咲いていたもので、ハクサンアザミの低地型としてホッコクアザミでもいいような気もするのですが、そもそもホッコクアザミと言うアザミはないのでは?と不安になるのです。

ハクサンアザミ1301


ハクサンアザミ1302


ハクサンアザミ1303


ハクサンアザミ1304


ハクサンアザミ1305


ハクサンアザミ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/20(日) 20:45:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

裏波小灰蝶

ウラナミシジミ (シジミチョウ科ウラナミシジミ属)

シジミチョウの名前の由来はシジミ貝が開いた様で羽表がシジミ貝の内側のように薄っすらと紫色に輝いているからと思われます。漢字で書くと「小灰蝶」の漢字があてられていますが、羽裏の色が灰色のものが多いからでしょう。
ウラナミシジミは羽裏に波の文様があるから付けられた名前であることは容易に想像できます。
オレンジ色に縁どられた黒い斑点と触覚に似た尾状突起は、眼と触覚に似せて、吸蜜中に外敵から防衛する役割を持っているのでしょうか?

ウラナミシジミ1301


ウラナミシジミ1302


ウラナミシジミ1303


ウラナミシジミ1304


ウラナミシジミ1305


ウラナミシジミ1306


ウラナミシジミ1307


ウラナミシジミ1308
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1349.html

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/17(木) 23:16:41|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

黄立羽

キタテハ (タテハチョウ科キタテハ属)

キタテハは夏生まれと秋生まれでは色合いが違うそうです。どうしてなのでしょう?
写真の1~4枚目まではニラに訪れた秋のキタテハで、5~6枚目はママコノシリヌグイに訪れた夏のキタテハです。
秋のキタテハは黄色というより鮮やかなオレンジ色です。

キタテハ1301


キタテハ1302


キタテハ1303


キタテハ1304


キタテハ1305


キタテハ1306
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-692.html

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/16(水) 23:36:40|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

黒揚羽

クロアゲハ (アゲハチョウ科アゲハチョウ属)

エネルギッシュな赤と力強い黒。
真赤な曼珠沙華に真っ黒な揚羽蝶、気品すら感じます。

クロアゲハ1301


クロアゲハ1302


クロアゲハ1303


クロアゲハ1304


クロアゲハ1305


クロアゲハ1306

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/14(月) 21:53:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

浴室換気扇

浴室換気扇(レジスターファン)

先日発生した福岡市の病院火災では10名が死亡しました。痛ましいことです。
原因は調査中ですが、加温器の周辺の燃え方が激しく、電源プラグにはショートした跡があったようです。

換気扇の調子が悪いからといって自分で分解修理をしてはいけません。
単に軸受の油切れだとしても、最悪の場合火災が発生して家族全員死亡となります。
本体交換か専門のメーカーに修理依頼をしてください。

先週、我家の浴室換気扇の調子が悪くなりました。愛人が「お風呂の換気扇が回らない」というので、カバーを外してファンを手で廻したところ正常に復旧しました。原因は分かりません。
モーターが途中で止まった場合はモーターが過熱して燃えるので火災の危険があります。簡単に復旧したからといってそのまま使用してはいけません。夜間に換気扇が止まって出火したら2階で寝ている家族は・・・・と不安がよぎって眠れません。
早速アマゾンで浴用換気扇を注文しました。

交換用の換気扇が届いたので、旧換気扇を分解してみました。
古い換気扇を取り外すために電源プラグ抜こうとしたところプラグが少し変形していました。
プラグを分解したところ内部が焦げていました。
どうして電源プラグが熱をもったのでしょうか?
①プラグ内のケーブル取り付けのネジの締め付けが弱くて電気抵抗となって熱を持った。
②換気扇のモーターが止まったので大電流が流れてプラグ内のネジ部で熱を持った。
の二つの原因が考えられるのですが、②の場合だと電源プラグを交換しても発火の可能性は否定できません。



↓不調?な換気扇
浴室換気扇1301


↓焼けた電源プラグ
浴室換気扇1302


↓取り外した換気扇。中央に見えるのがモーターです。
浴室換気扇1303


↓どうせ捨てるのでモーターの軸受構造を知るために分解してみました。
浴室換気扇1304


↓ベアリングではなくメタル軸受で周りのフェルトから注油される構造です。フェルトには十分オイルが充填されていました。軸受に問題はなかったようです。
浴室換気扇1305


↓交換した新しい換気扇。電源プラグは一体成型なのでプラグ内での接触不良の心配はありません。
浴室換気扇1306

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/10/13(日) 22:07:49|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の鰻掴

アキノウナギツカミ (タデ科イヌタデ属)

アキノウナギツカミはヒョロッとした雑草ですが蔓性ではありません。茎全体に小さなトゲがあって滑りにくいのでウナギを掴むのに都合がよいだろうと付いた名前ですが、このトゲの役割は他の雑草や仲間同士に絡んで倒れないようにする為のものと思われます。
まっすぐ上に伸びると草丈は50~80Cmにもなります。
相変わらずの日の丸構図ですが、小花をマクロで撮ると被写界深度が浅いので周りに何も映りません。


アキノウナギツカミ1301


アキノウナギツカミ1302


アキノウナギツカミ1303


アキノウナギツカミ1304


アキノウナギツカミ1305


アキノウナギツカミ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/12(土) 23:30:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

花蓼

ハナタデ (タデ科イヌタデ属)

イヌタデ属は日当たりの良い草地や湿地に咲くものが多いですが、ハナタデは林の日陰に群生します。
最後の写真以外のハナタデは日当たりの良い場所に咲いていたもので色付きが鮮やかです。

ハナタデ1301


ハナタデ1302


ハナタデ1303


ハナタデ1304


ハナタデ1305


ハナタデ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/11(金) 23:50:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

加賀野薊

カガノアザミ (キク科アザミ属)

春のアザミは色鮮やかですが、秋のアザミは地味な色合いです。
カガノアザミはうつむいて咲き、地味な花は控えめで目立たないことから「加賀の女(ひと)」を連想させます。(ウソです)

カガノアザミ1301


カガノアザミ1302


カガノアザミ1303


カガノアザミ1304


カガノアザミ1305


カガノアザミ1306


カガノアザミ1307


カガノアザミ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/10(木) 22:16:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

溝蕎麦

ミゾソバ (タデ科タデ属)

金平糖の様な赤やピンクの小花があまりにも可愛いのでついつい撮り過ぎます。
蝶やハチが訪れるとまたまた撮り過ぎます。時間を忘れます。

ミゾソバ1301


ミゾソバ1302


ミゾソバ1303


ミゾソバ1304


ミゾソバ1305


ミゾソバ1306


ミゾソバ1307


ミゾソバ1308


ミゾソバ1309


ミゾソバ1310


ミゾソバ1311


ミゾソバ1312

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/09(水) 21:21:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

赤地利蕎麦

シャクチリソバ(タデ科ソバ属)

蕎麦の仲間なので花も実もそばに良く似ています。実はえぐみがあって食べられないそうですが、根を薬用とするために栽培されたものが川に流れ出て河川の水辺に群生したそうです。多年草なので、毎年同じ場所で撮ることができます。

シャクチリソバ1301


シャクチリソバ1302


シャクチリソバ1303


シャクチリソバ1304


シャクチリソバ1305


シャクチリソバ1306


シャクチリソバ1307


シャクチリソバ1308
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-709.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/08(火) 23:36:23|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

並揚羽

ナミアゲハ (アゲハチョウ科アゲハチョウ属)

一般的にアゲハと呼ばれるのはこのナミアゲハのことで、どこでも見られる一般的な揚羽蝶、つまり「並のアゲハ」と言う意味で付けられた名前です。
春のアゲハは色鮮やかですが、秋のアゲハは色が薄いです。

ナミアゲハ1301


ナミアゲハ1302


ナミアゲハ1303


ナミアゲハ1304


ナミアゲハ1305


ナミアゲハ1306
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-689.html

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/08(火) 09:25:45|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

彼岸花

ヒガンバナ (ヒガンバナ科ヒガンバナ属)

山代温泉の近くの狐山古墳に咲く彼岸花を見てきました。
賞味期限ぎりぎりでしたがまだ少しは咲いていました。
今日は暑い一日で、強い日差しの中で彼岸花に訪れる蝶と戯れていて汗びっしょりとなりました。
温泉街で食事をとり、温泉に入ってさっぱりとして帰ってきました。

ヒガンバナ1311


ヒガンバナ1312


ヒガンバナ1313


ヒガンバナ1314


ヒガンバナ1315


ヒガンバナ1316


ヒガンバナ1317


ヒガンバナ1318


ヒガンバナ1319


ヒガンバナ1320

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/07(月) 00:45:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

水引草

ミズヒキソウ (タデ科ミズヒキ属)

花序が垂れ下がっていないとか、小花と小花の間隔が広いとか、殆んどのタデ科の花弁(ガク)は5枚であるのに対してミズヒキソウは4枚であるところなどがタデ科ではないような感じです。
でも葉柄や小花の根元に鞘状の托葉があったり、殆んどが閉鎖花であったり、花弁のように見えるのが実はガクである所を見るとやっぱりタデ科なんですね。

ミズヒキソウ1301


ミズヒキソウ1302


ミズヒキソウ1303


ミズヒキソウ1304


ミズヒキソウ1305


ミズヒキソウ1306

テーマ:*写真で残す日常* - ジャンル:写真

  1. 2013/10/05(土) 23:08:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

凡篤蓼

ボントクタデ (タデ科イヌタデ属)

ヤナギタデに似ていますが草丈はかなり大きく60cm~80cm程にもなります。
増水時に水に没するような川の縁に群生します。
花も蕾も鮮やかな赤色でとても綺麗なタデです。
イヌタデ属で花弁のように見えるのはガクで花弁は退化してありません。

ボントクタデ1301


ボントクタデ1302


ボントクタデ1303


ボントクタデ1304


ボントクタデ1305


ボントクタデ1306


ボントクタデ1307


ボントクタデ1308


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/04(金) 22:47:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

柳蓼

ヤナギタデ (タデ科イヌタデ属)

稲刈り後の田んぼにたくさん生えています。特に畔際はコンバインで刈り取られることが無いので大きいです。
稲と共に刈りこまれたものも脇の枝が伸びて花を付けています。
田んぼには熊も出ないし蚊もいませんが、風の影響をもろに受けて小さな花は撮りにくいです。

ヤナギタデはイヌタデ属ですが、「役に立たないタデ」という意味でのイヌタデとは違い「役に立つタデ」です。葉を噛むとピリッとした辛味がありタデ酢の原料となります。柳の様な葉であることからヤナギタデとか、「イヌタデ」ではないことから本蓼(ホンタデ)とも言われています。

ヤナギタデ1301


ヤナギタデ1302


ヤナギタデ1303


ヤナギタデ1304


ヤナギタデ1305


ヤナギタデ1306


ヤナギタデ1307


ヤナギタデ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/03(木) 22:58:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

犬蓼

イヌタデ (タデ科イヌタデ属)

草むらで雑草らしく地味に群生して咲いています。
昔のように子どもにママゴトで遊んでもらうこともありません、可哀そう。

イヌタデ1301


イヌタデ1302


イヌタデ1303


イヌタデ1304


イヌタデ1305


イヌタデ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/02(水) 23:50:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

枸杞

クコ (ナス科クコ属)

海浜の林縁で見かけるので海浜植物かと思っていましたが、どこにでも生えているようです。
木本ですがナス科らしく花の色が茄子の色に似ています。薄い茄子紺色の花は次第に白くなり縮れます。
殆んどの花でメシベが途中でカクッと折れ曲がっているのが面白いです。

クコ1301


クコ1302


クコ1303


クコ1304


クコ1305


クコ1306
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-707.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/01(火) 22:52:39|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

TOTO 小便器用フラッシュバルブ

我家の男子用小便器の流れが悪くなりました。歳と共に出が悪くなるのが小便です。
こういう場合はフラッシュバルブのピストンを交換すれば簡単に直るのですが、とりあえず分解掃除してみました。



TOTO 小便用フラッシュバルブ1300


↓黄色〇で囲まれた水量調整弁をマイナスドライバーで廻して止水します。赤〇で囲った部分のナットをスパナで廻してフラッシュバルブ内のピストンを取り出します。緑色〇で囲ったナットを回して押しボタンを外します。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1301


↓中央のネジを持って上へ引き上げればバルブピストンが外れます。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1302


↓バルブピストンと押しボタンを外した状態。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1303


↓取り外した部品、左から 押しボタン、バルブピストン、蓋。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1304


↓ホームセンターで売っているであろうバルブピストン。(買えないのでネットでパクッた新品部品の写真)
TOTO 小便用フラッシュバルブ1305


↓バルブピストンの分解手順(1) 白いプラスチックをモンキーレンチで廻して外します。
ステンレス製のプラスネジはフラッシュバルブの作動時間を調整するものですから回したり外したりしてはいけません。(右回りで閉めれば排水時間が長くなり、左回しで緩める方向に回すと排水時間が短くなります)
TOTO 小便用フラッシュバルブ1306


↓バルブピストンの分解手順(2)
TOTO 小便用フラッシュバルブ1307


↓バルブピストンの分解手順(3) 白色のプラスチックリングを反時計方向に回して外すと下のゴムパッキンを取り外すことができます。
黄色〇で囲った穴が詰まっていると水が止まらない等の原因となりますので詰まっている場合は掃除が必要です。分解手順(10)(11)(12)を参照。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1308


↓バルブピストンの分解手順(4)
TOTO 小便用フラッシュバルブ1309


↓バルブピストンの分解手順(5) 網目状のプラスチックリングはストレーナ(ゴミフィルター)ですから、汚れていたり目詰まりしていたら歯ブラシ等で掃除します。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1310


↓バルブピストンの分解手順(6)
TOTO 小便用フラッシュバルブ1311


↓バルブピストンの分解手順(7)
TOTO 小便用フラッシュバルブ1312


↓バルブピストンの分解手順(8) 
TOTO 小便用フラッシュバルブ1313


↓バルブピストンの分解手順(9) バルブピストンは以下の部品で構成されています。組立は分解手順の逆で行ってください。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1314


↓バルブピストンの分解手順(10)
TOTO 小便用フラッシュバルブ1315


↓バルブピストンの分解手順(11) 手順(3)手順(10)で黄色の〇で囲った穴の拡大写真、穴の直径は1mm程ですが、反対側では0.5mmですから、ゴミが詰まっている場合、こちらから突っついたら中でゴミが詰まってしまう可能性があります。したがって、詰まったゴミを撮る場合は手順(12)の要領で行った方が安全です。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1316


↓バルブピストンの分解手順(12) 上記分解手順(11)の反対側です。穴はかなり小さく肉眼では見えません。この穴はストレーナの内側にありますので分解手順(6)まで分解しないと掃除できません。太さは0.5mm程でしょう。釣り糸の4号か5号でこちら側から突っついて掃除します。
TOTO 小便用フラッシュバルブ1317

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2013/10/01(火) 00:10:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する