「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

年の市

勝山“年の市”

“勝山、年の市”は、山村の農家の人たちが自分たちで作った副業製品を売るため、城下町の路上で“市”をたて商ったことから始まりました。山村の農家の人たちは、その代金で正月用の魚や着物などを買って帰り、正月の準備をしました。
、昔は師走(12月)の26日と睦月(1月)の26日の年に2度、本町通りにおいて「市」が立ち、二十六日市とも呼ばれていた。約300年の伝統があるといわれています。

年の市で連想するのは笠地蔵の昔話です。極貧の老夫婦はお正月を迎えるのに食べ物がなくなって、おじいさんが笠を作って市に売りに行くのです。しかし笠は一つも売れなくて、何も買えずに落胆して帰ったお爺さんが「吹雪の中で寒そうなお地蔵さんに笠をかけてきた」ことを話すとお婆さんは「それは良いことをされた」と・・・・。赤貧の我家ですが笠売りのお爺さんがいたら笠を買ってあげようと、年の市に出かけて見ました。
需要と供給の関係で、工芸品などは少なく、笠売りのお爺さんはいませんでしたが、食べ物が多い市で私の左手は食材の入ったビニール袋でいっぱいでした。


↓老若男女、大勢の人で賑わっていました。
勝山 本町通り 年の市1401

↓木工品のお店。欄間や衝立まで売っています。餅つきの臼が1個売約済みとなっていました。
勝山 本町通り 年の市1402

↓こちらも木工品のお店。
勝山 本町通り 年の市1403

↓右側の白いテントの柱に掛けてあるカンジキを発見、伝統的製法ではないので購入を断念。
勝山 本町通り 年の市1404

↓こんな雪靴とカンジキが欲しかったのですが、売り物ではなくお店のディスプレイです。
勝山 本町通り 年の市1405

↓売り物ではない地機(じばた、いざりばた)ですが、奥様に買ってあげたいです。
勝山 本町通り 年の市1406

↓私が欲しいのは竹のタガで締めた桶です。こんな大きな味噌樽はいりませんが、上に乗っているような小振りのが欲しいです。
勝山 本町通り 年の市1407

↓奥様が子どもの頃によく食べたという福井名産の浜名味噌を買いました。
勝山 本町通り 年の市1408


↓報恩講料理。本来は親鸞さんの命日に遺徳をしのぶ報恩講で食べる料理でしたが、今はお盆やお正月の料理だとか。これで一人前です。
勝山 本町通り 年の市1409


↓奥様の財布の紐も緩んでいます。「大きい瓶の方が割高です」などと素人売り子のお婆さん。電卓があるのに暗算で計算が合わない売り場責任者。
勝山 本町通り 年の市1410


↓私が3年前から食べたかったもので今回はこれを買うのが目的でした。売り切れ間際にすべり込みセーフでした。
勝山 本町通り 年の市1411

↓市では売っていなかったが、奥様が買いたかった厚揚げです。
勝山 本町通り 年の市1412






 

テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/29(水) 22:51:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

和室 文机

久しぶりの骨董屋めぐりです。
民芸骨董店で大型の竹篭をゲットしました。ラッキーです。
別の大型骨董店で明日まで「家具半額」の看板を見つけて、おみくじで出た女難を回避するため「古い女房」(こいにょうぼう)殿をつれて「家具なら、なんでも買ってやるぞ」と・・・。
「わたし専用の机がほしい」という。
以前に買った文机があるじゃないか」
「大きいのが欲しい」
「コタツ兼用の座敷テーブルがあるじゃないか」
「小物を入れる引き出しが付いているのが欲しい~、足が伸ばせて、大きくて引き出しが付いているのが欲しい~!」


古女房殿の要求にピッタリのレトロで懐かしい机ですが、引き出しのキーが付いていません。
「カギなんかいらないよな~」
「銀行の通帳や恋文などを入れるのでカギを直してチャブダイ」

ロックをばらしてキーを作成して、複製を作りに行くとどの店でも「このカギに合うキーはありません。うちでは出来ません」とつれない返事です。犯罪に関わりたくないというのでしょうか?。
複製キーも自分で作らないといけないの?


↓古い女房(こいにょうぼう)に似合いのレトロな和室用文机です。
文机1401

↓引き出しのロック。キーがないのに押すと引き出しを開くことができなくなります。また、キーを引出しの中にしまって押すと開けることができなくなるので予備キーは必須です。
文机1402


↓引き出しを抜き出してロックを押してみました。案の定、元に戻せませんでした。
文机1403


↓キーを作るには完全分解してピンの高さに合わせてキーを削らなくてはなりません。
文机1404


↓ロックの溝に挿し込めれるようにキーの厚さを調整します。
文机1405


↓キーが回転できるように、キーの山を削って調整します。
文机1406


↓完成です。
文机1407


↓ホームセンターで複製を拒否されたので、自分で作った予備キー。お陰様で材料費140円で済みました。
文机1408

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/01/20(月) 22:54:52|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

女難

初詣は恋人の聖地と呼ばれる羽咋市の気多大社でした。縁結びにご利益が多いというこの神社で引いたおみくじが、小吉で女難となっていました。
この歳になってどんな女難があるというのでしょうか?想像もできません。

松が取れる前日(1月6日)、愛人が「目が回る、吐き気がする」とダウン。病名不明でそのまま一週間寝たきりでした。これが女難でしょうか? それとも、もっとすごいことが起きるのでしょうか?



気多大社1401



気多大社1402



気多大社1403



気多大社1404




テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/19(日) 22:56:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

七尾一本杉通り

北陸にしては珍しく雪の少ないお正月でした。
年末年始の休暇は趣味のDIY三昧でしたが、1月3日に所用で七尾市に行ったついでに一本杉通りの商店街を徘徊してみました。

能登食祭市場の駐車場に車を停めて御祓川を七尾駅に向かって歩き、資生堂の看板がある薬局の手前を右に曲がると一本杉通り商店街です。お正月ですから人通りも車の通行もなく寂しい限りですが、個性的な意匠の商店がいくつもありました。

七尾一本杉通り14<br />01

↓店構えは寿司屋風ですが時計店でした。
七尾一本杉通り1402

↓メガネ店の駐車場入口には、七尾市出身のパティシエ辻口博啓氏のご幼少の・・・・・?
七尾一本杉通り1403

↓衣料品店のショーウィンドウには私好みのレトロなミシンと扇風機が・・・
七尾一本杉通り1404

↓このミシンはとても美しく今でも使えるのでしょう。
七尾一本杉通り1405

↓文房具店? インク壺とペン(万年筆かも)。
七尾一本杉通り1406
七尾一本杉通り1407


↓ニットショップの壁に嵌め込まれたタバコの自販機、横一列同じ銘柄が・・・。二階は編み物学園なのでしょうか?
七尾一本杉通り1408

↓なんでも短縮するご時世ですから、自動販売機が自販機なら能登編物学園は「能・編・学」ってことなんですね?
七尾一本杉通り1409

↓花嫁のれん館。昼ドラでお馴染みの花嫁のれんを展示しているのでしょう?
七尾一本杉通り1410

↓銅板葺のレトロで重厚な酒屋の看板。
七尾一本杉通り1411
↓宝の焼酎・ミリン
七尾一本杉通り1412
↓アサヒビール・三ツ矢サイダー
七尾一本杉通り1413
↓月桂冠
七尾一本杉通り1414


↓蝋燭時計、今何時でしょう?
七尾一本杉通り1415
↓時計屋ではなくて蝋燭屋でした。
七尾一本杉通り1416
↓蝋燭屋ですから耐火を重視した重厚な土蔵造りです。
七尾一本杉通り1417



↓昆布屋も立派な土蔵造りです。
七尾一本杉通り1418
↓耐火造りなのに松明?花火? ブリの塩干を藁で巻いた保存食です。
七尾一本杉通り1419


↓唯一お客さんが来ていたお茶屋さん、一階の屋根が丸く湾曲しているのが素敵です。
七尾一本杉通り1420

↓何を売っているのか中が見えないので分からない本田羅館、なんと読むのでしょう、ポーランドかな?それともオランダかな?。暫し考えてようやく分かりました「本田羅館」の文字を囲っているのは「阿」という漢字です。アホンダラ館なのですね。
七尾一本杉通り1421

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/15(水) 22:50:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シャープ 石油ファンヒーター気化器のクリーニング

我家のシャープ製の石油ファンヒーターが換気エラーとなる頻度が高くなってきました。
この換気エラーは炎センサーに流れる電流が変動すると発生するのですが、正常な場合は室内の酸素が不足して本当に換気が必要な場合に発生します。
ところが石油ファンヒーターは古くなると、いろいろな原因で燃焼不良が発生して換気エラーが多発します。
 メーカーでは「一般に、前年の使用期間から持ち越した変質灯油あるいは不純灯油等を使用した場合は、気化器内の気化素子やノズル等にタールが付着し、この付着したタールが原因で気化器が詰まった状態となってその内圧が上昇し、燃焼不良や燃焼量の低下等の不都合な現象を起こすことがある」と言っており、その解決方法として「気化器内部に付着したタールを除去するには、気化用ヒータによって気化器を一定時間(例えば2時間)、通常の制御温度以上の高温に制御してタールの酸化燃焼を促進させることにより気化器内のタールを焼き切る、いわゆるクリーニングを行っている。」としています。
でもこの「いわゆるクリーニング」では十分に気化器内のタールが焼ききれないのです。
そこで気化器を外し、ガスバーナーで赤熱させて気化器内を完全に焼切ることにしました。


↓気化器の断面図、6:ヒーター、7:気化素子、18:温度センサー

ポンプから送られた灯油は配管52を通って中空のセラミック(材質不明)製の気化素子7へ右から左へと送られます、気化素子7はヒーター6で高温に熱せられていますので液体の灯油は気化し、高圧となって気化器ノズルからバーナーへと噴出し、バーナーで点火されて炎となります。
石油ファンヒーター 気化器1401


↓気化器はあらかじめ、電磁ノズル、ヒーター、温度センサー、Oリングを外しておきます。
石油ファンヒーター 気化器1402


↓Oリングは大小2個あります。ピッタリ張り付いて取りづらいですが傷つけない様にツマヨウジ等で慎重に外します。
石油ファンヒーター 気化器1403


↓上記Oリングは本来は電磁ソレノイド側に付いていたものです。
石油ファンヒーター 気化器1404


↓耐火煉瓦の上に乗せてガスバーナーで気化器全体を焼きます。初期には内部の灯油やタールが気化してガスが出ます。このガスに着火して燃焼しますが、気化器内部にススが付きますのでなるべく燃焼させず、ガスのまま放出するようにします。内部よりガスが出なくなっても気化素子の入っている部分を集中的に熱して気化器が真っ赤になるまで焼きます。
石油ファンヒーター 気化器1405


↓Oリングが伸びきったり千切れた場合は新しいものに交換する必要があります。シャープのサービスセンターで4個入りのOリングキットを注文してください。
石油ファンヒーター 気化器1407


シャープ石油ファンヒーターの修理記録は別の記事もあります。下記のURLも参考にしてください。
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2580.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2391.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2364.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1971.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1845.html
http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1834.html

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/01/07(火) 23:29:50|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラムダッシュ 洗浄充電器

洗面所に息子の髭剃り器の充電器が放置されています。
この洗浄充電器は5枚歯のES-LV90やES-LV80用なのですが、私の使っている4枚歯のES8259にも使えるだろう(たぶん?)から、予備にとって置こうと掃除することにしました。

取扱説明書には洗浄充電器は水に漬けたり水洗いをしてはいけないと書いてあります。
そこで分解して水洗いすることにしました。


↓左が息子が使っていた汚れたPanasonicの洗浄充電器、右が私の使っているNationalの洗浄充電器(息子のお下がりです)です。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1401


↓洗浄液タンクとフィルターを外して底のゴム足3個を抜きます。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1402


↓カバーを固定している9個のネジを外します。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1403


↓①、②、③の順にカバーを外します。①のカバーは底の部分が引っかかって外れにくいですが強引に上に引き上げます。②は簡単に外れます。③は次の手順の写真の様にネジを2個外さないと取れません。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1404


↓上記③を外す為にネジを2個外します。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1405


↓大きな〇で囲ったマグネットを上へ持ち上げて外し、小さな〇で囲ったプラスチックの爪4個を広げて充電用接点を外します。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1406


↓充電用の接点と給水用のパイプがセットになって外れます。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1407


↓〇で囲った爪を押して次の手順の様に分解します。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1408


↓前の手順の詳細図です。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1409


↓乾燥用のファンとSELECTスイッチを外します。ファンは嵌っているだけなので持ち上げれば外れます。SELECTスイッチも真っ直ぐ上に抜き上げれは取れます。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1410


↓ファンを囲っていたプラスチック部品を外します。上に持ち上げるだけで外れます。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1411


↓刃を保護するためのゴムを抜き出します。左右の〇で囲ってある部分を持って引き上げます。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1412


↓洗浄中に刃を保護する為のゴムです、このゴムで髭剃り器を支えているのです。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1413


↓分解完了です。これ以上分解しても意味がありません。ラムダッシュ 洗浄充電器 1414


↓取り外した各部品を水洗いします。ファンやコネクター、ポンプユニット等の電気部品にはなるべく水がかからないように注意して下さい。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1415


↓充電用の接点は汚れていると接触不良となりますので念入りに清掃してください。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1416


↓十分に乾燥させた後、分解の逆の手順で組み立てます。
ラムダッシュ 洗浄充電器 1417

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/01/05(日) 23:28:45|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

譲葉

ユズリハ (ユズリハ科ユズリハ属)

正月の飾り物に使われるという縁起の良い植物らしいのですが、飾り物で見たことはありません。
黒い実はどうってことありませんが、赤い葉柄と葉脈が生命力を感じさせます。

ユズリハ1401


ユズリハ1402


ユズリハ1403


ユズリハ1404


ユズリハ1405


テーマ:黒い実 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/04(土) 18:21:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

元旦



年賀 平成26年


あけまして おめでとうございます。
旧年中はありがとうございました、本年もよろしくおねがいします。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/01/01(水) 10:05:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する