「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

黄連

オウレン (キンポウゲ科オウレン属)

猿山岬深見の雪割草の群生地に群生していました。
黄連は根茎が黄色いことから付いた名前で漢方薬として利用されます。
雌雄異株で、雄花、雌花、両性花の3つの種類の花を見ることができます。


↓雄花、花の中心部にある赤い点は退化したメシベの名残です。葯が開いて花粉が見えます
オウレン 1401


↓雄花、一番外側が萼片です。すこし黄色がかっているのが花弁です。
オウレン 1402


↓雄花。
オウレン 1403


↓両性花。見えづらいですが、花の中心部にメシベがあります。
オウレン 1404


↓両性花。メシベが緑色です。
オウレン 1405


↓両性花。全体的に薄黄色です。
オウレン 1406


↓両性花。雪割草と混ざって咲いています。
オウレン 1407


↓唯一の雌花。ガクと花弁とメシベ、どれも茶色なので地味です。
オウレン 1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/03/31(月) 22:33:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

雪割草

雪割草 (別称オオミスミソウ、 キンポウゲ科ミスミソウ属)

能登半島地震から7年たって、道路や建物は復旧しましたが観光客はかなり減ったようです。そういう意味では復興したとは言い難い状態です。能登有料道路が無料になったのが唯一の救いです。


輪島市門前町深見の海岸、ワカメ拾いのご婦人。
猿山岬の雪割草 1401

能登半島地震の前までは雪割草の咲く頃の土日は画面中央の道路の当たりまで車が駐車していました。地震から7年もたったのに今では20台ほどです。
猿山岬の雪割草 1402

群生地の手前で崖崩れとなった為に通行止めでしたが、手前から上方へ迂回の歩道が出来ていました。
猿山岬の雪割草 1403


猿山岬の雪割草 1404


猿山岬の雪割草 1405


猿山岬の雪割草 1406


猿山岬の雪割草 1407


猿山岬の雪割草 1408


猿山岬の雪割草 1409


猿山岬の雪割草 1410


猿山岬の雪割草 1411


猿山岬の雪割草 1412

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/03/30(日) 22:06:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

猿山岬灯台

能登有料道路が無料化して能登里山海道となってちょうど1年、能登半島地震からちょうど7年、
恒例の震災復興能登半島めぐりに行ってきました。

今年もいつもと同じく猿山岬の雪割草、輪島の朝市、海藻料理、馬繋の藪椿、を巡る1泊2日のコースです。

先ず、猿山岬が見える赤神の道の駅で猿山岬灯台(旧)のお勉強です。

海上保安庁のご厚意で、能登半島地震で損傷した猿山岬灯台のレンズが展示されていました。

猿山岬灯台(旧)1401


猿山岬灯台(旧)1402


猿山岬灯台(旧)1403


↓旧猿山岬灯台は水銀層式回転台に閃光レンズが乗っている構造でしたが、展示されているのは上段の閃光レンズ部分です。
猿山岬灯台(旧)1404


↓宗谷岬灯台の時は8面体でしたが、猿山岬では4面体となりました。後部に反射プリズムを取り付けて光を前方へ戻す構造に変更されています。
猿山岬灯台(旧)1405

↓後方の反射プリズムは真ん中が観音開きになっていて、レンズ内部のメンテナンスがしやすい様になっています。
猿山岬灯台(旧)1406

↓光源は2個あって小さい方が予備ランプで大きなランプが切れた時に自動で切り替わる?機構となっています。
猿山岬灯台(旧)1407

↓仕様電球は1500Wですからイカ釣り漁船の集魚灯と同じぐらいでしょうか。
猿山岬灯台(旧)1408

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/03/29(土) 23:45:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウメ (バラ科サクラ属)

お彼岸を過ぎてようやく春らしくなってきました。梅が咲けば桜ももうすぐです。

梅 1401


梅 1402


梅 1403


梅 1404


梅 1405


梅 1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/03/27(木) 23:44:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

トイストーリー スリンキードッグ

スリンキードッグは、アニメ映画トイストーにでてくる胴体がバネで伸び縮みする犬です。

トイストーリー


先日孫が「おじいちゃん、直して」と持ってきたのです。

↓これが、購入時のスリンキードッグです。胴体はビニールの蛇腹で出来ており伸び縮みします。
スリンキードッグ


↓こちらが、孫が持ってきた壊れたスリンキードッグ。経年疲労で胴体の蛇腹が破れてしまっています。蛇腹の中には両端を結んだ紐が入っていて無理に引っ張っても蛇腹が伸びきらない様になっています。
スリンキードッグ 1401


↓千切れた蛇腹を取り外す為に殻割します。
スリンキードッグ 1402


↓蛇腹を取り外すことができました。
スリンキードッグ 1403


↓新しい蛇腹をどうするか? 壊れた灯油ポンプのホースがあったので代用することにしました。
スリンキードッグ 1404


↓元の部品を両端に嵌めて、内部に紐を通して伸びてちぎれない様にしました。
スリンキードッグ 1405


↓上記胴体を嵌め込む為に完全に殻割りしました。頭の方は完全に割らなくても嵌め込むことができました。
スリンキードッグ 1406


↓バネや蛇腹のように伸び縮みはしませんが、雰囲気はでているのではないでしょうか?
スリンキードッグ 1407
スリンキードッグ 1408

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/03/09(日) 22:56:30|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

SONY MDP-711

SONY MDP-711 は 25年前に購入したレーザーディスクプレーヤーで、私の子供はこのレーザーディスクでアニメを見て育ちました。

昨日、孫が突然「長靴をはいた猫」を見たいと言いまして、プレーヤーにレーザーディスクを入れたのですが画像がでませんでした。
バカの一つ覚えで「ベルトでも切れているのだろう」とプレーヤーのフタを外して見てみましたが数年前に修理したベルトはしっかりと付いていました。
ピックアップのレンズが汚れているのだろうとクリーニング用のCDディスクを入れても回転しません。
綿棒でピックアップレンズの表面を拭いたところ回転するようになりました。でも音も映像もでません。
8cmCDとか12cmCDとか色々なディスクを入れたり出したりしていると中には音が出るのもあります。
これはレーザーの読み取りが弱いのではないか?とピックアップを分解してクリーニングしたところ直りました。
今日も孫が来て久しぶりに「長靴をはいた猫」を見て喜んでいました。


↓手回し式の蓄音機と同じくらい珍しいレーザーディスクプレーヤー。今ではオークションで1円で時々出品されている。
MDP-711 SONY 1401


↓再生できるディスクは、8cmCD、12cmCD、12cmCDV、20cmLD、30cmLDの5種類。DVDは再生できません。
MDP-711 SONY 1402


↓ピックアップを分解するには、黄緑の〇で囲った歯車の噛み合わせを外してピックアップアッセンブリーを分解しやすい場所へスライドさせます。
MDP-711 SONY 1403


↓黄色の〇で囲っているのがピックアップレンズです。綿棒などでそ~っと拭けば綺麗になります。中にもレンズが入っているので赤色の〇で囲ってあるネジを4個外します。
MDP-711 SONY 1404


↓ネジを外すとピックアップは上に持ち上げられますが、フレキシブルケーブルが付いているので強く持ち上げると切れます。
MDP-711 SONY 1405


↓黄色の四角で囲っているのがフレキシブルケーブルです。赤色の〇で囲っている部分にレンズらしきガラスが見えて少し曇っていたので、何も考えずに綿棒を突っ込んで掃除しました。こうやって写真で見るとレンズではなく透過鏡と反射鏡のようにも見えます。エアースプレーで汚れを吹き飛ばす程度が無難だったかも・・・・。
MDP-711 SONY 1406


ベルト交換の過去記事はこちら → http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1216.html

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/03/08(土) 21:54:43|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋人の聖地 露天神社

恋人の聖地 露天神社

恋人の聖地である能登の気多大社で女難のおみくじを引いたのがお正月のことでした。
先日、大阪駅の近くで昼間から一杯飲んだ帰りに、物知りの先輩から「そこの露天神は「テキヤ(露天商)の神様なんだけどグラマンの機銃掃射の跡があるので寄ってみないか」と誘われました。でも社名を書いた石柱の、露と天神の間が空いているところを見ますと露天(テキヤ)の神ではなく、露(つゆ)の天神様ってことではありませんか?
露天神1401



で、グラマンの機銃掃射の跡は本殿前のしめ縄用の左右の石柱にありました。
露天神1403



露天神1404


石柱の建立年は大正時代ですから、たしかに戦前からここに建っていたのでしょう。
露天神1405




石柱に書かれている漢字は「定醫薬禁厭」「人咸蒙恩頼」という少彦名大神の神徳が刻まれていますので、あながち露天商の神様(神農さん)と言うのも間違ってはいないようです。
露天神1402


「これって最近できた傷じゃないの? 本当に機銃掃射の痕なの?」
『以前どこかに書かれていたと思うんだが・・・』
彼方此方とさがしても見つからないので社務所で聞いたところ、以前はあったそうです。この神社は浄瑠璃、曽根崎心中で有名で、「恋人の聖地」に選定されているので戦争の傷跡など客寄せには不用ということで隠してしまったのでしょうか? 心中の現場が「恋人の聖地」というのも納得できませんけど・・・・。
露天神1406

で、グラマンはなんでこの神社の石柱に機銃掃射をしたのでしょうか?敵機の襲来に驚いて石柱の陰に隠れた人を狙って撃ったのでしょうか?
どこから飛来したのでしょうか?
ってことでネットをググってみましたがグラマン?なのかムスタング?なのか、硫黄島からなのか艦載機なのかよく分かりませんでした。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/03/06(木) 21:47:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する