「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

山紫陽花 (3)

ヤマアジサイ (アジサイ科アジサイ属)

一昨日、金沢市の新興住宅地で熊が人を襲いました。小熊が木に登っているのを見ていたら後ろから親熊に襲われたのだそうです。子を思う親の気持ちは人間も熊も同じです。小熊がいるところには親熊もいます。
この時期に桜の木にはサクランボが生ります、熊はサクランボが大好きです。
桜の木に登ってバキバキと枝を折って実を食べます。折った枝を尻の下に敷いて棚を作ります。
桜の枝が折れていたり、木の上に熊棚があれば、熊が出没する場所であるということです。ヤマアジサイ等撮っている場合ではありません。

熊注意の看板のある場所で撮った白いヤマアジサイです。

ヤマアジサイ1413


ヤマアジサイ1414


ヤマアジサイ1415


ヤマアジサイ1416


ヤマアジサイ1417


ヤマアジサイ1418


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/30(月) 23:47:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

山紫陽花 (2)

ヤマアジサイ (アジサイ科アジサイ属)

ヤマアジサイは林や林緑に自生していますが、この時期に林の中に入って写真に集中していると熊との遭遇ってこともあるので注意しましょう。山に入るには熊除けの鈴とか、携帯ラジオなど音で人間の存在を知らせましょう。
里山だからと安心していてはいけません。この時期の熊は子連れでサクランボの実を食べに来ますので、山桜の木がある場所では注意が必要です。

赤色系のヤマアジサイをアップしました。

ヤマアジサイ1407


ヤマアジサイ1408


ヤマアジサイ1409


ヤマアジサイ1410


ヤマアジサイ1411


ヤマアジサイ1412

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/30(月) 21:34:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

山紫陽花 (1)

ヤマアジサイ (アジサイ科アジサイ属)

ヤマアジサイは山に咲いているガクアジサイの原種です。
とっても綺麗な花ですが、撮影に集中していますと、トントンと背中を叩く人が・・・・・ 「ギャ~~!」
今年は熊の当たり年です。里山と言えども熊に注意しましょう。

紫陽花の色の変化は土壌のPHによるそうです。
PH7以下の酸性の土壌では青色系、PH7以上では赤色系の花ということですが、青色と赤色の混ざった紫色のヤマアジサイは中性(PH7)の土壌ってことなんでしょうか?

先ずは青色系のヤマアジサイです。



ヤマアジサイ1401


ヤマアジサイ1402


ヤマアジサイ1403


ヤマアジサイ1404


ヤマアジサイ1405


ヤマアジサイ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/30(月) 20:42:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

名作切籠曙

メイサクキリコノアケボノ (演劇脚本)

物置の整理をしていて、演劇の脚本が出てきたのでチラッと見てみたら検閲の印のところに赤ペンで何か書いてあるのを発見しました。
芝居の脚本に検閲印が押してあるのは知っていましたが、お役所仕事で適当にハンコを押していたものと思っていましたが、ちゃんと内容を確認していたのですね。
どんな内容で検閲に引っかかったのかと該当のページを広げてみましたが、相当の悪筆でまったく読めません、っていうか私には無理です。そこで国会図書館の検索で活字の印刷物と比較して見ましたが、案の定検閲に引っかかった部分は載っていませんでした。全文を読みたい方はこちらからどうぞ、(日本戯曲全集. 第九卷)
映画館ができる前の金沢では多くの芝居小屋があって、名作切籠曙も人気があった芝居だった様です。

脚本 名作切籠曙 1401


脚本 名作切籠曙 1402


脚本 名作切籠曙 1403


↓国会図書館デジタルライブラリーよりコピー
脚本 名作切籠曙 1404


↓国会図書館デジタルライブラリーよりコピー
脚本 名作切籠曙 1405

↓石川県県立図書館 芝居番付よりコピー
川上南芝居 1401

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/29(日) 23:11:02|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

岩絡み

イワガラミ (アジサイ科イワガラミ属)

名前の由来は蔓性で岩に絡み付くことによるのですが、木に巻き付いて木の幹全体が白い花で覆われるている様に見える方が多いです。写真の木の場合は杉林で何本もの木がイワガラミに覆われて白い花を巻き付けている様に見えました。
アジサイ科の装飾花は花弁が4枚が一般的ですが、イワガラミは1枚なのが特徴です。

イワガラミ1401


イワガラミ1402


イワガラミ1403


イワガラミ1404


イワガラミ1405


イワガラミ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/27(金) 23:13:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

糊空木

ノリウツギ (アジサイ科アジサイ属)

名前に空木の文字がありますが、アジサイの仲間です。
花はガクアジサイと同じく多くの外側に装飾花、内側に中性花をたくさん付けます。
花の形状はカシワバアジサイと同じように円錐花序となっています。
紫陽花は青色や赤色ですが、ノリウツギは白一色です。

ノリウツギ1401


ノリウツギ1402


ノリウツギ1403


ノリウツギ1404


ノリウツギ1405


ノリウツギ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/26(木) 22:57:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

柘榴

ザクロ (ザクロ科ザクロ属)

小学校の中庭に大きなザクロの木があって、その実が給食に出たのを思い出します。
お庭に植えているお宅もあって、初夏に鮮やかなオレンジ色の花が目立ちます。
先日樹木公園でザクロの花を撮っていて、今までザクロの小さな実だと思っていたのが蕾だと知りました。
オレンジ色の蕾に5本のスジがあって、そのスジが割れ開くと6枚のガクとなり、その中からオレンジ色の花びらが出て広がり、受粉して花びらが散ると蕾の下部が膨らんで実となるようです。

ザクロ1401


ザクロ1402


ザクロ1403


ザクロ1404


ザクロ1405


ザクロ1406


ザクロの花式図

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/25(水) 22:56:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

紫露草

ムラサキツユクサ (ツユクサ科ムラサキツユクサ属)


梅雨になると咲き始めるのですが梅雨草とは書きません。たしか梅雨入り宣言がでたはずなのですが雨が降らないので紫露草の花の寿命は短いようです。11時には萎んでしまいます。

紫露草1401


紫露草1402


紫露草1403


紫露草1404


紫露草1405


紫露草1406
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1439.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/19(木) 23:28:46|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

蕺草

ドクダミ (ドクダミ科ドクダミ属)

ドクダミは漢字で「蕺草」と書くんだと初めて知りました。
我家のドクダミは私の好きな花なので、毎年この時期には玄関も雑草園もドクダミの花で覆われています。
ドクダミは地下茎で繁殖するので、花が終わったら根元からきれいに刈り取っておくと来年もたくさん咲きます。



ドクダミ1401


ドクダミ1402


ドクダミ1403


ドクダミ1404


ドクダミ1405
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1441.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/18(水) 22:00:20|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

蛇結茨

ジャケツイバラ (マメ科ジャケツイバラ属)

真っ黄色の花序がとても美しいのですが、観賞用として植えているのは見たことがありません。
花期が過ぎれば目立たないし、大きな刺がたくさん付いているので扱いが厄介なのでしょう。
昨年の種が残っていましたが大きな鞘に黒い豆がくっ付いたまま残っていました。

ジャケツイバラ1401


ジャケツイバラ1402


ジャケツイバラ1403


ジャケツイバラ1404


ジャケツイバラ1405


ジャケツイバラ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/16(月) 23:46:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鉞(マサカリ)

マサカリの柄の取り付け

♪マサカリ担いで金太郎・・・・
金太郎が担いでいたのは斧(オノ)でしょうか鉞(マサカリ)でしょうか?
斧はキコリが木を切り倒す時につかうもの、又、マキを割るときに使うもので刃の幅がマサカリに比べて細いです。
鉞(マサカリ)は大工が材木を斫る(ハツル)ときに使う道具で、刃の幅はオノより広くなっています。

先日、白山麓の骨董屋でマサカリが500円で売っていたので衝動買いしました。柄は付いていませんでしたが安さに負けてしまいました。愛人が買った桐の火鉢を薪にするときに使う予定です。

↓重さは1.5キログラム。ワイヤーブラシで錆びを落としてみましたが銘がありません。野鍛冶が造ったものなのでしょう。
マサカリ1401


↓ホームセンターで樫の木でできた柄を購入。
マサカリ1402


↓柄を付ける前に刃を研いでおきました。ディスクグラインダーで削ってオイルストーンで仕上げました。
マサカリ1403


↓材が固いので万力で固定して加工します。
マサカリ1404


↓材が固くてノミやカンナでは加工しづらいのでディスクグラインダーで削りました。鉄のクサビを打ち込むためノコギリで切り込みを入れておきます。
マサカリ1405


↓ヒツ穴(柄を挿げる穴)に柄を打ち込んで、鉄のクサビを打ち込みます。これで十分抜けないのですが念のために抜け防止のための金具もいれておきます。
マサカリ1406


↓抜け防止の金具に釘を打って止めます。
マサカリ1407


↓完成です。
マサカリ1408

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/06/15(日) 22:45:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

桐の火鉢

先日愛人が、骨董店で桐の火鉢を見つけて買うと言い出しました。
「そんなもん、どこに置くんだ。だいいち片づけておく場所もないし、使う時にはいちいち炭を熾さないと使えないよ!」 
と言いたいところですが、私も使う予定のない蓑(みの)や古い竹籠やカンジキ等いくつも買っているし、壊れたレジスターを十数台も蒐集しているので何も言えませんでした。
せっかく買ったのですから、普段使いできるようにテーブルに作り替えることにしました。


↓桐の木の株で作られています。拭き漆仕上げですが、鉄瓶でも乗せたのでしょうか、漆がやけています。
桐の火鉢 1401


↓樹齢25~30年程でしょうか。
桐の火鉢 1402


↓テーブルにすれば夏に片づける必要もなくなるので、ガラスの天板を買いました。オークションで1円で落札ですが、運賃が2000円も・・・・。
桐の火鉢 1403


↓灰の上に色紙を敷いて、大小のビー玉560個を入れました。この上にひまわりの造花でも乗せるとお洒落かも・・・。
桐の火鉢 1404


↓色紙は100円ショップで、ビー玉はオークションで運賃込みで2000円ほど。
桐の火鉢 1405


↓ガラスを乗せて完成です。
桐の火鉢 1406

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/06/14(土) 23:32:22|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリンタードラムの花瓶

ラインプリンターの活字ドラムで花瓶を作りました。
1960年代のコンピューターのプリンターは活字ドラム方式のラインプリンターでした。
活字ドラムは超硬合金で出来ていましたが、使用頻度の高い一部の活字が摩耗するとドラムごと交換する必要がありました。交換して不用となったドラムに落しを入れれば花瓶になります。



↓ドラムの直径は約16cm長さは35cm、重さは15kgです。とても重くて女性では持てません。
活字ドラム 1401


↓ドラムの1周に数字、アルファベット、記号、カタカナで128個の活字が刻まれておりそれが132行分並んでいるわけです。ドラム全体で126x132=16896個の活字が花瓶の文様となっています。
活字ドラム 1402


↓ドラムの両端は軸を通す円盤で蓋がされています。
活字ドラム 1403


↓片側のフタを外すと花瓶の口となります。
活字ドラム 1404


↓花瓶の底になる部分の座りが良くなるように、また床や板に傷がつかないようにフェルトを貼り付けます。
活字ドラム 1405


↓ドラムの内径より小さな花瓶を落としとして使用します。
活字ドラム 1406


↓落としを入れて花瓶の出来上がり。
活字ドラム 1407


↓世界でひとつのモダンな花瓶です。あまりの重さに床の間の床が抜けると困るので隅に置いておきます。
活字ドラム 1408

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/06/13(金) 23:29:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色絵 紫露草 青椿 花瓶

色絵花瓶 (古九谷様式 五彩手  紫露草 青椿文様)

輪島の骨董屋で手に入れた「水の漏れる花瓶」を修理しました。ガラクタ(壊れた骨董品)を直して使うのが趣味の「おるごどん」です。
この九谷(古九谷様式、古九谷風味)の花瓶は水漏れの修理がしてあるのですが、傷(ニュウ)に沿って瞬間接着剤を盛り上げてあるという下手な方法なのでした。瞬間接着剤は水に弱いのです。
そこで、花瓶の内外の瞬間接着剤を綺麗に剥がして、花瓶の内側全面に透明アクリル塗装をして水止めしました。ガラスや陶器、メッキ部分に塗装する場合は塗装が剥がれないように「ミッチャクロン」で下塗りしてから塗装します。
高台がゆがんでいてガタつくのでディスクグラインダーで平らに削りました。これで骨董価値はゼロになりました。


↓絵の割り付けは、器の中央に「花鳥」その周辺を幾何学文様や小紋様等で埋めつくすものもで、中国の景徳鎮がはじめた「窓絵」という構図である。花は紫露草と思われます。鳥の種類は分かりません。
色絵 紫露草 花瓶 1401


↓ 紫露草の反対側の窓には竹と青い椿と思われる花が画かれています。こちらも鳥の種類は分かりません。
色絵 紫露草 花瓶 1402


↓大窓と大窓の間には小窓があって可愛い苺の実が画かれています。小窓の周りは幾何学文様で埋められています。
色絵 紫露草 花瓶 1403


↓九谷焼でいう色絵とは一般に五彩手を指し。五彩手の名は、赤、緑、紫、群青、黄の五彩を用いているところから付けられたものです。底にひび割れ傷が見えますが透明のアクリル塗装してありますので水は漏れません。
色絵 紫露草 花瓶 1404


↓自由で力強い筆致です。大胆に書かれていますが紫露草の葉の特徴がよく出ています。
色絵 紫露草 花瓶 1405


↓この窓の花は何の花なのか分らないのですが、蕊の特徴から椿と思われます。青い椿とはなんと自由な発想でしょうか。
色絵 紫露草 花瓶 1406


↓歪んだ高台を水平に削りました。がたつく花瓶は実用的ではないですから・・・・。
色絵 紫露草 花瓶 1407


↓「九谷」の銘が書かれています。古九谷は、実は伊万里焼であるという学説を否定しています。とても下手な字です。
色絵 紫露草 花瓶 1408
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1439.html

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/06/12(木) 23:38:41|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

波来草

ナミキソウ (シソ科 タツナミソウ)

砂浜の波が来そうな場所に咲いているので波来草と名付けられたのでしょう。
磯浜では岩場より陸よりの草地に咲いていますが、砂浜ではもう少しで波が来そうな場所でも見られます。
タツナミソウの仲間ですが花は穂状花序ではなく葉腋に1つずつ口唇状の花を咲かせます。


ナミキソウ1401


ナミキソウ1402


ナミキソウ1403


ナミキソウ1404


ナミキソウ1405


ナミキソウ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/11(水) 22:27:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

大唐米

タイトゴメ (ベンケイソウ科 マンネングサ属)

多肉植物なので乾燥した場所でも成育します。海岸の岩の窪みや砂丘の草地などに群生しています。
葉は水分を含んで丸くなり、乾燥すると紅葉します。黄色い花が緑色の葉や紅い葉に映えてとても美しいです。


タイトゴメ1401


タイトゴメ1403


タイトゴメ1404


タイトゴメ1405


タイトゴメ1406


タイトゴメとハマウツボ


タイトゴメ1407


タイトゴメの群生、ミヤコグサとカワラヨモギも見られます。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/10(火) 22:41:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

都草

ミヤコグサ (マメ科ミヤコグサ属)

名前の由来は奈良や京都にたくさん生えていたからという説と漢名のミャクコングサ(脈根草)が訛ったという説があるそうです。
日当たりの良い土地が好みの様で海岸に群生しています。


ミヤコグサ1401


ミヤコグサ1402


ミヤコグサ1403


ミヤコグサ1404


ミヤコグサ1405


ミヤコグサ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/09(月) 22:48:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

浅葱

アサツキ (ユリ科ネギ属)

ネギってユリ科だったんですね。鱗茎があるところはユリと似ていますが、花と葉は全く違うので納得できません。
アサツキの名前の由来はネギより色が薄いからだそうです。浅葱色は薄い青緑色でアサツキの葉の色です。
蝶のアサギマダラは羽根の色が浅葱色だからその名が付いています。

アサツキ1401


アサツキ1402


アサツキ1403


アサツキ1404


アサツキ1405


アサツキ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/07(土) 23:39:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜昼顔

ハマヒルガオ (ヒルガオ科ヒルガオ属)

ヒルガオ科の多年草で匍匐性で花は殆んどが結実するので大群生となります。
石川県では加賀の砂丘から能登の海岸段丘の下部まで各所で群生が見られます。
見慣れているせいか、さほど美しいと思える花ではありませんが、砂丘の形成には役立っている植物です。

ハマヒルガオ1401


ハマヒルガオ1402


ハマヒルガオ1403


ハマヒルガオ1404


ハマヒルガオ1405

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/06(金) 22:49:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜靫

ハマウツボ (ハマウツボ科ハマウツボ属)

海浜のカワラヨモギの根に寄生する一年草です。
ハマウツボ属は葉緑素を持たないので、必要な栄養素は、完全に他の植物に依存している。ハマウツボの種子は、長年にわたって土壌中で休眠状態となり、宿主の植物の根から生じる特定の化合物の刺激によって発芽する。ハマウツボは発芽すると根のように成長し、近くの宿主の根に付着する。一度宿主に付着すると、宿主から水と栄養素を奪い始める。(Wikipediaよりコピベ)

ハマウツボ1401


ハマウツボ1402


ハマウツボ1403


ハマウツボ1404


ハマウツボ1405


ハマウツボ1406


ハマウツボ1407


ハマウツボ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/05(木) 23:04:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜茄子

ハマナス (バラ科バラ属)

名前の由来が浜茄子なのか浜梨なのか?とか、漁網の柿渋染めにハマナスの根を使ったのはどういう理由があるのだろうかなど疑問は解決されないままなのですが、能登半島の初夏の海浜の風景として子どもの頃から馴染んだ花なので、ただ純粋に綺麗な花だなぁと思います。

ハマナス1401


ハマナス1402


ハマナス1403


ハマナス1404


ハマナス1405


ハマナス1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/04(水) 22:27:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

合田草

ゴウダソウ (アブラナ科ゴウダソウ属)

白山麓の廃居に咲いていた花です。
果実がやたらと大きく薄っぺらなので菜種や浜大根ではないだろうとは想像できましたが、名前はこの花をフランスから日本に持ち込んだ合田清さんにちなんで付けられたそうです。
別名は「大判草(おおばんそう)」 「銀扇草(ぎんせんそう)」 「銀貨草(ぎんかそう)」などと種の特徴から名付けられているようです。

ゴウダソウ1401


ゴウダソウ1402


ゴウダソウ1403


ゴウダソウ1404


ゴウダソウ1405

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/03(火) 23:01:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

待宵草

マツヨイグサ (アカバナ科マツヨイグサ属)

夕方から咲き始めて翌日の朝には萎むのだそうな。(本当に夜に咲いているのかどうか知りません)
早く宵にならないかなと待っているのでヨイマチグサとかマツヨイグサとか言われ、月が出る頃に開き始めるのでツキミソウとも名付けられていいます。
夜咲いた花は昼間は萎んでいるのですが、昼間に開いている花も見られます。


ツキミソウ1401


ツキミソウ1402


ツキミソウ1403


ツキミソウ1404


ツキミソウ1405

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/02(月) 23:44:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する