「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

万両

マンリョウ (ヤブコウジ科ヤブコウジ属)

冬に赤い実を付ける万両ですが、夏になっても実は残っています。
その赤い実になる花は盛夏の今頃咲くのです。
花弁は基部がくっ付いた5枚。オシベは5個でメシベを囲んでくっ付きあっています。
花弁とオシベがくっ付いて落ちるところはツバキの花とにています。
花が落ちるとガクとメシベが残ります。


マンリョウ1401


マンリョウ1402


マンリョウ1403


マンリョウ1404


マンリョウ1405


マンリョウ1406


マンリョウ1407


マンリョウ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/31(木) 21:34:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

檜扇

ヒオウギ (アヤメ科アヤメ属)

名前の由来は写真でお分かりだと思いますが、葉の付き方が檜扇に似ているからで、
檜扇とは(デジタル大辞泉の解説により引用)

、 ヒノキの細長い薄板を重ね、上端を糸で下端を要(かなめ)で留めた扇。近世の板の数は、公卿は25枚、殿上人は23枚、女子は39枚。男子のものは白木のままとするが、女子のものは、大翳(おおかざし)・衵扇(あこめおうぎ)ともいい、表裏ともに美しく彩色し、親骨に色糸を長く垂らして装飾とした。→扇

、 アヤメ科の多年草。本州中部以西の山野に自生。剣形の葉が2列に互生し、扇形に広がる。夏、黄赤色で内側に多数の暗紅色の斑点をもつ6弁花を開く。実は秋に熟すと裂け、光沢のある黒い種子を現し、うばたま・ぬばたまとよばれる。からすおうぎ。《季 夏》

ヒオウギ1408


ヒオウギ1401


ヒオウギ1402


ヒオウギ1403


ヒオウギ1404


ヒオウギ1405


ヒオウギ1406


ヒオウギ1407

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/29(火) 22:42:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鬼百合

オニユリ (ユリ科ユリ属)

ようやく梅雨があけました。
あけてもあけなくても暑いことには変わりないのですが、湿度が下がって木陰の風が爽やかに感じられます。
この時期になると海岸に群生したオニユリが花を咲かせます。

オニユリ1401


オニユリ1402


オニユリ1403


オニユリ1404


オニユリ1405


オニユリ1406


オニユリ1407


オニユリ1408
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-792.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/28(月) 22:26:31|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

駒繋

コマツナギ (マメ科コマツナギ属)

名前の由来は漢字名のとおり、馬を繋ぐことができる低灌木から。
地下に十分根を張った木本ですから、簡単に根が抜けたり枝が折れたりはしません。
花序は円錐形で下から上に向かって順番に咲いていきます。
小花はマメ科の特徴的な形で旗弁が1枚、翼弁2枚、竜骨弁が1枚となっています。
たくさんの花序のひとつひとつに小花がたくさん咲きますので、実(鞘豆)はさぞかし多く実るように思われますが結実する数はさほど多くはないようです。

コマツナギ1401


コマツナギ1402


コマツナギ1403


コマツナギ1404


コマツナギ1405


コマツナギ1406


コマツナギ1407


コマツナギ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/24(木) 23:42:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

屁糞蔓

ヘクソカズラ (アカネ科ヘクソカズラ属)

近くの高速道路のフェンスにヘクソカズラが絡んで咲いています。
名前が屁糞蔓は可愛そうということで、早乙女花とか灸花と呼んでいる方もいらっしゃいます。
この花のどこを見て早乙女を連想するのか知りません。
灸(やいと)花を連想するのはお灸を知っている人でしょう。
写真はお灸をイメージして撮ってみました。

アッツゥーー!!

ヘクソカズラ1401


ヘクソカズラ1402


ヘクソカズラ1403


ヘクソカズラ1404


ヘクソカズラ1405


ヘクソカズラ1406


ヘクソカズラ1407


ヘクソカズラ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/19(土) 19:59:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

向日葵

ヒマワリ (キク科ヒマワリ属)

お盆なので、今日は会社をお休みしてひまわりを見に行ってきました。
里山の小さなひまわり畑には誰もいなくて撮り放題、至福のひと時でした。

ヒマワリ1401


ヒマワリ1402


ヒマワリ1403


ヒマワリ1404


ヒマワリ1405


ヒマワリ1406


ヒマワリ1407


ヒマワリ1408
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-798.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/15(火) 22:19:58|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

姫檜扇水仙

ヒメヒオウギスイセン (アヤメ科モントブレチア属)

繁殖力が旺盛で、春には分球した球根がゴロゴロと露出していて、梅雨時期には鮮やかなオレンジの花を多数つけます。
捨てられた球根が野生化したのでしょうか、在来の野草の様に村外れの草地や畑の土手などに群生しています。
写真の花は我家の雑草園で撮ったもので、今日は朝から小雨でたくさんの水滴が付いて鬱陶しいほど瑞々しいです。

ヒメヒオウギスイセン1401


ヒメヒオウギスイセン1402


ヒメヒオウギスイセン1403


ヒメヒオウギスイセン1404


ヒメヒオウギスイセン1405


ヒメヒオウギスイセン1406


ヒメヒオウギスイセン1407


ヒメヒオウギスイセン1408
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1447.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/13(日) 21:31:40|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

コンクリート骨材プラント

コンクリート骨材プラント

これまでに近所のビルの解体工事や牧場のラップサイロ作りなど、珍しいものに出会うと時間を忘れて見入ってしまう癖がありましたが、今回は手取川の土手下にある、大きな砕石(製砂?)プラントです。


↓ベルトコンベアーが上下左右に入り乱れて設置されています。
コンクリート骨材プラント1401


↓河原の砂を採取して製砂しているのかと思っていましたが、奥のダンプトラックから降ろされているのはどうやら山土の様です。手前のダンプトラックは荷台が空なので、これから原料置き場の土を積んでプラントの入口まで運ぶ様です。
コンクリート骨材プラント1402


↓土置場の石交じりの山土をトラクターショベル(ショベルローダー?)でダンプトラックに積み込みます。
コンクリート骨材プラント1403


↓ダンプトラックは原料置場からプラントの土砂投入口まで土を運びます。
コンクリート骨材プラント1404


↓プラント入口でダンプトラックから回転しているドラムに土砂を流し込み大きな石と土砂に分けます。
コンクリート骨材プラント1405


↓粒子の大きさによって粉砕機や振るいなどのそれぞれの場所へベルトコンベアーで運ばれます。
コンクリート骨材プラント1406


↓こちらは石を粉々にする粉砕機です。
コンクリート骨材プラント1407


↓粉砕し振るいにかけられ選別された砂は最終的に粒子の大きさで分けられて、ベルトコンベアーでそれぞれの砂置場へと集積されます。
コンクリート骨材プラント1408

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/12(土) 23:33:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

捩花

ネジバナ (ラン科ネジバナ属)

ネジバナを漢字で書くと螺旋花かと思ったが捩花でした。
写真1~3が金沢駅屋上駐車場で撮ったもので、あちらこちらに群生しています。
写真4~6は河原で撮ったものです。

ネジバナ1401


ネジバナ1402


ネジバナ1403


ネジバナ1404


ネジバナ1405


ネジバナ1406


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/10(木) 22:35:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

昼顔

ヒルガオ (ヒルガオ科ヒルガオ属)

朝咲いて昼間も開いていて、夕方には萎むので昼顔です。
日が長くなって午後の4時半でも写真の様に開いていますし、開きかけの蕾もあります。
ヒルガオ科にはヒルガオ、コヒルガオ、セイヨウヒルガオがありますが、見分けるポイントは、
花の付け根の苞葉の当たりです。
ヒルガオは写真5の様にガクを苞葉が包んでいます。
コヒルガオはヒルガオと同じですが苞葉の付け根あたりの花柄にギザギザが付いています。
セイヨウヒルガオは萼片から離れた場所に苞葉が付いています。
確認したい方は自分でググってください。


ヒルガオ1401


ヒルガオ1402


ヒルガオ1403


ヒルガオ1404


ヒルガオ1405


ヒルガオ1406
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1446.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/09(水) 20:41:45|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

河原撫子

カワラナデシコ (ナデシコ科ナデシコ属)

ナデシコは秋の七草のひとつ、6月の下旬頃より咲き始めます。
河原や海岸の草地に群生します。

カワラナデシコ1401


カワラナデシコ1402


カワラナデシコ1403


カワラナデシコ1404


カワラナデシコ1405

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/07(月) 21:24:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

車庫の柱がぁぁぁ・・・

一昨日のことですが、
BA3(婆さん)が「お友達が車でこすって柱が・・・」
「比叡~ッ、なんちゅうことを・・・」


↓誰でも一度はこするという我家の車庫の柱。何度もこするので緩衝材を貼り付けてあるのですが・・・・。ここまで柱がズレルってことは車にもかなりのダメージがあったでは・・・。
車庫の柱がぁぁぁ1401


↓割れてはいるけど、これは毎度の事で、基礎石の上から外れていないのでセーフです。
車庫の柱がぁぁぁ1402


↓「修理代払うから直してチャブダイ」とのことですが、この柱は車庫の柱ではありますが、我家の屋根を支えている重要な柱です。完全修復するとしたら数十万円かかるでしょう。
車庫の柱がぁぁぁ1403


↓柱を持ち上げて元の位置に戻せば良いので、柱をジャッキで持ち上げられるように金具を取り付けて持ち上げることにしました。
車庫の柱がぁぁぁ1404


↓車のタイヤ交換で使うジャッキで柱を持ち上げます。取り付けた金具をフックして持ち上げるので金具に当たる部分とジャッキの先端が当たる部分に金属のステーを当てがいます。
車庫の柱がぁぁぁ1405


↓ジャッキで柱を持ち上げて、大型のハンマーで柱を叩いて元の位置に戻します。
車庫の柱がぁぁぁ1406


↓柱が基礎の元の位置に戻りました。
車庫の柱がぁぁぁ1407


↓割れた柱を金属バンドで固定するのですが柱の角がバンドで凹まないようにコーナーに金具を当てます。
車庫の柱がぁぁぁ1408


↓本来は円形の大型パイプを固定する金属バンドですが、柱を締めるので円形のバンドを四角く曲げてネジで固定します。柱と金具を塗装すれば完了ですが、面倒くさいのでこれでお終いです。総費用は2千円ほどでした。
車庫の柱がぁぁぁ1409

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/07/06(日) 20:25:25|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

野良人参

ノラニンジン (セリ科ニンジン属)

道路脇や河川敷に群生しています。群生といっても密生しているのではなく広範囲に咲いているといった感じです。
風に揺れている様は風情があるのですが、マクロでは撮りにくいです。

ノラニンジン1401


ノラニンジン1402


ノラニンジン1403


ノラニンジン1404


ノラニンジン1405


ノラニンジン1406


ノラニンジン1407


ノラニンジン1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/05(土) 23:31:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

靫草

ウツボグサ (シソ科 ウツボグサ属)

矢を入れる区画のひとつひとつがしっかりしていて、ハマウツボよりは良くできた道具のような気がします。

ウツボグサ1401


ウツボグサ1402


ウツボグサ1403


ウツボグサ1404


ウツボグサ1405


ウツボグサ1406


ウツボグサ1407

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/04(金) 23:06:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

渦紫陽花

ウズアジサイ (アジサイ科アジサイ属)

剪定に失敗してとても大きくなったウズアジサイです。
私の背丈を超えて2m程に育ち、横にも広がって雑草園の入口を塞いでしまいました。

一枚目、八重咲きを発見しました。
ウズアジサイ1401


ウズアジサイ1402


ウズアジサイ1403


ウズアジサイ1404


ウズアジサイ1405


ウズアジサイ1406


ウズアジサイ1407


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/03(木) 23:45:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

半夏生

ハンゲショウ (ドクダミ科ハンゲショウ属)

節季の半夏生は、夏至の日から数えて11日目にあたる日
もしくは、その日から5日間で、今年は7月2日(~7日)ということです。
半夏生の「半夏」は「烏柄杓(からすびしゃく)」という薬草の漢名からきており、
ちょうど「半夏」の「生」える時期にあたることから、半夏生と呼ばれるようになった。
それは「半夏生」の花が咲く時期だからというものです。

一方植物の「半夏生」は葉の数枚の一部、しかも表側だけが白くなることから、半分化粧をしているように見えることから付いた名前が「半化粧」で、転じて「半夏生」となったと言われています。

ハンゲショウ1401
ハンゲショウ1402
ハンゲショウ1403
ハンゲショウ1404
ハンゲショウ1405
ハンゲショウ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/02(水) 22:39:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

山紫陽花 (4)

ヤマアジサイ (アジサイ科アジサイ属)

アジサイの花の色が土壌のPHによって変化するというのは成る程と思うのですが、酸性では青色系 アルカリ性では赤色系となると中性は何色なのでしょうか?
青でも赤でもないので白色でしょうか? 
青紫とか赤紫とかがあるので中間は紫でしょうか?

ヤマアジサイ1419


ヤマアジサイ1420


ヤマアジサイ1421


ヤマアジサイ14212


ヤマアジサイ1423

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/01(火) 22:19:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する