「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

浜旗竿

ハマハタザオ ( アブラナ科ハタザオ属)

ハマナス、ハマヒルガオ、ハマダイコン、ハマエンドウ、と海浜植物で名前に「浜」を冠する植物をアップしてきましたが、ハマハタザオも撮っていました。
小さな白い花を開きながら上に伸びてゆく細長い植物なのが、旗竿の名前の由来なのでしょう。
花の下は、短い松葉のような細い実がびっしりと付いていて、実るにしたがって茎にピッタリと張り付いたようになります。

ハマハタザオ 1501


ハマハタザオ 1502


ハマハタザオ 1503


ハマハタザオ 1504


ハマハタザオ 1505

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/31(日) 23:41:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

浜豌豆

ハマエンドウ (マメ科 レンリソウ属)

海浜の砂丘や松林などに群生して、マメ科の可愛い花を咲かせています。
ハマエンドウも食用のエンドウもマメ科なので花はよく似ていますが、名前の由来はサヤが食用のエンドウによく似ているからでしょう。
因みに食用のエンドウはマメ科エンドウ属ですが、ハマエンドウはマメ科レンリソウ属です。

ハマエンドウ 1501


ハマエンドウ 1502


ハマエンドウ 1503


ハマエンドウ 1504


ハマエンドウ 1505


ハマエンドウ 1506

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/30(土) 21:48:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜大根

ハマダイコン (アブラナ科ダイコン属)

ハマダイコンのオシベは6本ですが、長いのが4本と短いのが2本だということを、最近知りました。
なぜ、そのようになっているのかは分かりませんがこのオシベを4強雄蕊と言うそうです。

ハマダイコン 1501


ハマダイコン 1502


ハマダイコン 1503

ハマダイコン 1504

ハマダイコン 1505



ハマダイコン 1506


ハマダイコン 1507



ハマダイコン 1508

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/28(木) 22:27:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜昼顔

ハマヒルガオ (ヒルガオ科ヒルガオ属)

海浜や砂丘に群生します。ヒルガオとの違いは葉が丸くて厚いくらいです。
成育環境は陽当たりの良い乾燥した場所なので、河原でも見かけます。

ハマヒルガオ 1501


ハマヒルガオ 1502


ハマヒルガオ 1503


ハマヒルガオ 1504


ハマヒルガオ 1505


ハマヒルガオ 1506

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/26(火) 21:52:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黄菖蒲

キショウブ (アヤメ科アヤメ属)

手取川の濁りの影響が水辺の花の写真にも影響しています。
用水も濁っているので写真にも清爽感がでません。
快晴の空も灰色の水には写りません。

キショウブ1501


キショウブ1502


キショウブ1503


キショウブ1504

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/25(月) 23:32:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜茄子

ハマナス (バラ科バラ属)

青い海、白い砂浜、真っ赤なハマナス。
なのですが、
写真でも分かるように、今年は海の遠くは青色ですが近くは黄土色です。
原因は手取川の支流である尾添川の上流で大規模な崩落がありまして、雨も降らないのに手取川が濁っています。
このため手取川を水源としている加賀平野の用水はすべて濁っており、我家の横を流れる小さな側溝も春先から黄土色の濁った水が流れています。これらの濁った用水は合流して川となって海へと流れ出ますので加賀海岸の沿岸はどこも濁っているのです。このままでは海洋資源にも何らかの影響があるでしょう。
とうぜん、手取川の鮎釣りは絶望的でしょう。

ハマナス 1501


ハマナス 1502


ハマナス 1503


ハマナス 1504


ハマナス 1505


ハマナス 1506


ハマナス 1507


ハマナス 1508

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/21(木) 22:05:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

沢繁縷

サワハコベ (ナデシコ科ハコベ属)

日の当たらない山の斜面に咲いていたので、ミヤマハコベかとも思ったのですが、ミミナグサの花にそっくりです。葉が柔らかそうなのでハコベの仲間だというのが分かります。花の大きさはハコベより大きくウシハコベの花と同じぐらいです。

サワハコベ 1501


サワハコベ 1502


サワハコベ 1503


サワハコベ 1504


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/19(火) 23:41:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

薄黄瓔珞

ウスギヨウラク (ツツジ科ヨウラクツツジ属)

写真の花、ちょっと撮りづらい斜面の上部に咲いたのと、もっと撮りやすい場所に咲いているのを知っていたので手持ち撮影で簡単に撮ったもの。
で、撮りやすい場所の花、たしかこのあたりにあったはず、と三脚片手に探すのですが見つかりません。簡単に撮れる場所では簡単に盗られるのでしょう。残念です。


ウスギヨウラク 1501


ウスギヨウラク 1502


ウスギヨウラク 1503

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/19(火) 22:30:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

常盤碇草

トキワイカリソウ (メギ科イカリソウ属)

トキワイカリソウをネットでググると薄紫の花が圧倒的に多いのに気づきます。
金沢ではトキワイカリソウは白い色の花を咲かせます。
白色の花を咲かせるトキワイカリソウの南限は福井県で、九頭竜川より北は白色で南側は薄紫色なのだそうです。

トキワイカリソウ 1501


トキワイカリソウ 1502


トキワイカリソウ 1503


トキワイカリソウ 1504


トキワイカリソウ 1505


トキワイカリソウ 1506

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/19(火) 00:07:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

更紗満天星

サラサドウダン (ツツジ科ドウダンツツジ属)

山に咲いていたサラサドウダンです。公園や洋館の庭木になら可愛い花なのですが、素朴で清楚な白いドウダンツツジを見慣れた目には、この花は日本の山には似合わないなぁと感じました。

サラサドウダン 1501


サラサドウダン 1502


サラサドウダン 1503

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/14(木) 22:54:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

躑躅

ツツジ (ツツジ科ツツジ属)

庭のツツジが咲きました。ありきたりのツツジなので名前も知らないのですが、ヒラドツツジの仲間でしょうか?
虫眼鏡で覗いて観たところ、オシベの葯の先端に穴が空いているのに気づきました。
数日後に見たところ葯袋となって中に花粉がいっぱい入っているのが見えました。
メシベに脱皮した虫の殻がくっ付いていたので周りを探してみたら白く小さなセミがいました。

ツツジ 1501


ツツジ 1502


ツツジ 1503


ツツジ 1504


ツツジ 1505


ツツジ 1506



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/13(水) 22:52:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

姫射干

ヒメシャガ (アヤメ科アヤメ属)

垂直の崖の僅かに堆積した土に数株が叢生していました。岩場なので土を抱けない根が株の下に露出して垂れ下がっています。
シャガの仲間ですが、花が薄紫なのでアヤメのようにも見えますし、葉には艶がなく薄く柔らかいのでシャガとは違うように見えます。

ヒメシャガ 1501


ヒメシャガ 1502


ヒメシャガ 1503


ヒメシャガ 1504


ヒメシャガ 1505


ヒメシャガ 1506


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/13(水) 22:16:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

稚児百合

チゴユリ (ユリ科チゴユリ属)

ホウチャクソウと同属です。草丈も花もホウチャクソウとは似ていませんが、成育環境が同じで日陰の林床です。
名前の由来が、稚児のように「小さくて可愛い」からというだけでは無理があります。
ホウチャクソウと同じ場所に咲いているので、背の高いホウチャクソウを寺院の棟、花を宝鐸と見立て、小さなチゴユリをお稚児さんと髪飾りと見立てたのでしょう。ホウチャクソウとセット(対)で付けられた名前なのでしょうね。

チゴユリ 1501


チゴユリ 1502


チゴユリ 1503


チゴユリ 1504

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/10(日) 23:55:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

宝鐸草

ホウチャクソウ (ユリ科チゴユリ属)

林床などの日陰に咲く山野草で、地味な花です。
陽当たりの悪い我家の庭や屋陰に繁茂しています。
宝鐸とは寺院の堂塔の軒の四隅などに、飾りとしてつるす大形の風鈴のこと、
なので下から見上げて見ました。

ホウチャクソウ 1501


ホウチャクソウ 1502


ホウチャクソウ 1503


ホウチャクソウ 1504


ホウチャクソウ 1505


ホウチャクソウ 1506

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/07(木) 23:06:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

満天星躑躅

ドウダンツツジ (ツツジ科ドウダンツツジ属)

満天の星のように、沢山の白い花を咲かせるドウダンツツジですが、今年は違いました。
酸性雨にでもあたったように茶色いのです。
よそのお宅のドウダンツツジは真っ白なのに、家のは陽当たりが悪いのにもはや茶色くなって落花しそうです。
どうして家のドウダンツツジだけが茶色くなるのか?分らないでいたのですが、先日原因がわかりました。
原因はクマバチが吸蜜するときに横から花弁を突き破って蜜腺にアタックしていたのでした。

ドウダンツツジ 1501

ドウダンツツジ 1502


ドウダンツツジ 1503


ドウダンツツジ 1504


ドウダンツツジ 1505


ドウダンツツジ 1506

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/05(火) 23:44:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白雪芥子

シラユキゲシ (ケシ科エオメコン属)

地面から伸びたひょろ~っとした花柄のせいか、同じく地面からひょろ~と伸びた葉柄に波打った大きな葉のせいか、
ちょっと気色悪い感じがしないでもないのはケシの仲間のせいでしょうか?

シラユキゲシ 1501


シラユキゲシ 1502


シラユキゲシ 1503


シラユキゲシ 1504


シラユキゲシ 1505


シラユキゲシ 1506

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/04(月) 23:34:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雪笹

ユキザサ (ユリ科 ユキザサ属)

花が雪のように白いのと、葉が笹ににていることから雪笹と名付けられているのでしょう。
宿根なので毎年同じ場所に咲きます。
花序が伸びてきた頃に周りの雑草を抜いておいたので、今年は沢山の花を見せてくれました。

ユキザサ 1501


ユキザサ 1502


ユキザサ 1503


ユキザサ 1504


ユキザサ 1505


ユキザサ 1506

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/03(日) 22:48:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

常磐万作

トキワマンサク (マンサク科トキワマンサク属)

真っ白な細い花びらが雪のように降り積もっています。
早春に咲く黄色いマンサクと同じ仲間とは思えない雰囲気です。
早春のマンサクが葉に先立って花が咲くのに比べて、トキワマンサクは葉が茂ってから花が咲くことから常磐(常緑)万作と名付けられたのでしょう。

トキワマンサク 1501


トキワマンサク 1502


トキワマンサク 1503


トキワマンサク 1504


トキワマンサク 1505


トキワマンサク 1506
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-875.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/02(土) 22:46:25|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する