「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

筵機(むしろばた)

念願のムシロ機に出会うことができました。
場所は、七尾市中島町の室木家の米蔵を民俗資料展示室として修復した土蔵で、民俗資料展示施設としては比較的新しいものです。
不要となった農機具は農家の納屋や土蔵に残っていることが多いのですが、ムシロ機は農機具としては大きなもので、場所をとるためほとんど残っていません。私の実家でも分解して捨ててしまい、金属の部分のみが残っています。今まであちこちの博物館や民俗資料館へ足を運びましたが足踏み式の筵機を見たのは初めてです。
展示室内の写真での説明でもありましたが、筵は能登半島の南部である羽咋郡や鹿島郡の主要な生産品で、七尾港からニシン漁が盛んな北海道の各地に出荷されてきました。
「建筵」の積込みの様子 (昭和初期の七尾港)
【「七尾筵」積込の様子 昭和初期】
(「七尾港」、昭和12年版、七尾町役場発行)

北海道で大量に捕れたニシンは肥料の鰊粕(〆粕)として本州各地に出荷されました。この鰊粕は粉末であったために梱包用資材として通常の筵より大きくて緻密に織り上げられた「建筵」と呼ばれる専用のものが使用されていました。
鰊粕俵詰め作業(余市鰊漁場)
函館市中央図書館デジタル資料館
(余市鰊漁場) 鰊粕俵詰め (pc002303-012)

この「建筵」の主要な生産地が石川県の七尾市近郊だったわけです。
大正10年の鹿島郡の「建筵」の生産額は307,311束(1束=10枚) 売上高614,622円に上ります。これは生産者の1戸平均平均42.5束(425枚)84円となります。月給が30円ほどの時代ですから、農家の副業としてはかなりの収入になったようです。

そもそも農家にとって筵は穀物を干したり、包んだり、敷いたりする為の自家消費の用具であったのですが、能登の七尾市近郊では、北海道のニシンの大漁により大量の「建筵」が必要となり、効率よく製造する必要がでてきました。従来のように筬木を操作して二人がかりで作っていたのでは手間がかかりすぎてもうけになりません。そこで農家の副業として婦人が一人ででも製造できるようにと開発された足踏み式の筵機が使われるようになったのです。
北海道のニシン漁は戦後数年で不漁となり、鰊を肥料にすることもなくなり、肥料は化学肥料となりました。
七尾市近郊でしか見られなかった「建筵」の足踏み式筵機もニシンの不漁とともに使われなくなり、居場所がなくなって殆どが廃棄されてしまったようです。



↓筵機(正面から撮影) 着物の機織り機(高機)を縦にしたと考えれば分かりやすいです。
筵機-1601

↓筵機(正面左側から撮影) 高機(たかばた)の踏み木は綜絖(そうこう)を上下するものですが、筵機はシャトルと筬(おさ)を動かすものです。
筵機-1602

↓筵機(正面右側から撮影)
筵機-1603

↓筵機(裏から撮影)
潤滑用の油が木に浸み込んだ部分が黒くなっています。
筵機-1604

↓「建筵」を織っている様子。顔の高さの位置にあるのが綜絖(そうこう)部分、胸のあたりの高さにある、下の鉄棒(機織り機でいうところの千巻のロット棒)と上の鉄棒(機織り機でいうところの筬)に挟まれている部分が織り込まれた藁です。
筵機-1605

↓織機の主要機構、上から縦縄を交互に出し入れする綜絖、横方向に藁を通す為の竹の棒、織った藁を締める筬、筵の下端となる縦の細縄を引っ掛ける鉄の棒。藁を通す為の竹の棒の本来の位置は、綜絖で前後に分けられた縦縄の間で、筬が上がっている時に藁を通し、筬が降りる時には機の左側に出ている必要があります。
筵機-1606

↓足踏み式の織機です。左足で横方向に藁を通す竹の棒を動かします。踏むと左から右へと竹の棒が縦縄の間に入ってきます。足を離すとバネの力で竹の棒は左へ戻ります。
筵機-1607

↓シャトル代わりの竹の棒は、綜絖で前後に分けられた縦縄の間を通るのですが、ここでは展示の為縦縄の外にあります。
筵機-1608

↓写真左中央に写っている黒い棒はシャトル代わりの竹の棒を戻すための長いバネです。
筵機-1609

↓右足で踏むとリンクや梃を通して筬枠が上に上がります。
筵機-1610

↓踏木を踏むとリンクがテコを引き、テコの右端(裏から見て)が下がります。
筵機-1611

↓テコに取り付けられているリンク(太い鉄線)が下がると織機上部のシーソーの右を引きます。
筵機-1612

↓織機上部のシーソーの右が引かれると左が上がってリンクしている筬枠が持ち上がります。
筵機-1613

↓筬枠は位置がずれないように機の両側と上部が金具でガイドでされています。Yの字に見えるのがガイドです。
筵機-1614

↓機枠の間に見えるのが筬枠です。後ろの機枠の鉄棒でガイドされています。
筵機-1615

↓写真中央に左から右に通っている油が浸み込んで黒くなった角棒が左右に回転すると角棒の左右の先端についている金具によって綜絖が交互に前後します。筬枠の下部に付けられている富士山の様な形をした黒い木型の左右の稜線には皮が貼ってあって、筬枠が上下するたびに木型が左右に傾き、角棒の下部に付けてある鉄の棒が山の左の稜線を滑ると右に回転し、右の稜線を滑ると左に回転する仕組みで2本の綜絖が交互に入れ替わるのです。
筵機-1616

テーマ:日本の産業遺産 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/26(火) 18:53:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

加賀繍(かがぬい)

石川県の伝統工芸で衣服に関するものには、牛首紬や能登上布の他に、加賀繍(加賀刺繍)があります。
加賀繍は、金沢市や白山市美川町で受け継がれてきた日本刺繍です。
加賀繍が受け継がれてきた背景には、金沢市や美川町は仏壇の製造が盛んな土地であり、仏具の打敷に施す豪華な刺繍だったことが挙げられます。また加賀友禅の着物への加飾として用いられたこともあるのでしょう。
先日、七尾市中島町の明治の館室木家で、大正時代の婚礼衣装に施された加賀繍と思われる刺繍を見る機会がありました。

↓♪窓に西日が当たる部屋で~♪  なので、ガラスに背景が映り込んでいます。この花嫁衣裳の黒い打掛は花嫁道中用で、黒い打掛に金糸銀糸で松と鷹が刺繍されています。す。
加賀繍-1604

↓左上に多少の映り込みがあります。黒羽二重?の生地に鷹匠の鷹が縫われています。松の枝ぶりも見事です。
加賀繍-1603

↓鷹の胸毛、羽毛が本物の様に表現されています。
加賀繍-1601

↓本物の紐が縫い付けられているのではないかと見まごう程です。
加賀繍-1602

↓白色の打掛は室内用で、刺繍された文様の説明が書かれています。婚礼衣装に「蛤」は厭らしいのかと思ったがそうではないみたいです。
加賀繍-1608

↓こちらも ♪窓に西日が当たる部屋で~♪  なので見ずらいですが、ハマグリが蜃気楼を吐いている図柄です。
加賀繍-1607

↓刺繍としては技巧を凝らしているのでしょうが、ハマグリが蜃気楼を吐いているのは空想の世界なので、図柄としては稚拙な感じです。
加賀繍-1606

↓下手な南蛮絵を写したような図柄ですが、生地は最高の綸子でしょうか? 現像技術の粋を集めて生地の文様を浮き出させました(苦笑)
加賀繍-1605

テーマ:日本の産業遺産 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/16(土) 21:37:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和箪笥(難あり)

「箪笥のこやし」が増えて箪笥に入らないものが彼方此方に放置されています。
親が持たせてくれた婚礼家具の中にぎっしりと詰め込まれた着物でさえ着ているのを見たことがないのに、なんで買うのでしょうか?
このままでは寝る場所もなくなるので、和箪笥を買うことにしました。
骨董店で8千円の2割引きの難ありの和箪笥と3千円の桐ダンスを買いました。
とってもお得なお買い物ですが、難ありとはどういうことかと言いますと、二段積みの上段のみの為に底になる部分が薄くてしなる為に扉が引っかかるのです。
それに、狭い家にはもう箪笥を置く場所がないというのも難ありなのです。


↓配達料が2千円だというので、自分で運んできましたが車から降ろすのに、やっとなのに重くて2階へ上げれません。すこしでも軽くしようと棚と扉を外しました。
和箪笥-1601

↓この扉、1枚で10kg、2枚で20kgもありました。
和箪笥-1602

↓非常に重い扉を支えるには強固な底板が必要なので、箪笥をひっくり返して使用することにしました。
和箪笥-1603

↓箪笥の置き場所は、納戸のDIYで作った「屋根裏収納庫」の入口にすることにしました。収納庫の扉は年に数回しか開閉しないので必要な時は箪笥を移動することにしました。
和箪笥-1604

↓箪笥の底になる部分にキャスターを取り付けました。6個のうち2個はストッパー付きです。
和箪笥-1605

↓引き出しを入れてみました。何の問題もありません。7段ありますから14枚は入るでしょう。
和箪笥-1606

↓一緒に買った3段の桐ダンスを上に載せました。これで合計20枚の和服が収納できます。これ以上買わなければ安泰ですが・・・。
和箪笥-1607

↓箪笥と箪笥の間にぴったりと収まりました。
和箪笥-1608

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2016/04/14(木) 22:29:55|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

菜の花

ナノハナ (アブラナ科 アブラナ属)

金沢市内のサクラ(そめいよしの)は散ってしまいました。
白山麓ではまだ咲いているので、昨日は鶴来町のサクラを見に行ってきました。
暖かな日差しに恵まれて、樹木公園やパーク獅子吼は駐車場がいっぱいになるほどの人出でした。
さくらも綺麗なのですが、途中で見かけた菜の花の色がとてもきれいでした。
菜の花の写真を撮っているとパラグライダーが下りてきたので、上を見上げると沢山のパラグライダーが降りる順番待ちをしていました。

ナノハナ-1601


ナノハナ-1602


ナノハナ-1603


ナノハナ-1604


パラグライダー-1601


パラグライダー-1602

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/04/11(月) 21:44:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

片栗

カタクリ (ユリ科カタクリ属)

タケノコが旬です。朝掘りタケノコはエグミがなくてとても美味しいので、カメラをもって内川地区の山間部へ行ってきました。
タケノコの漢字は筍です。タケノコは一節伸びるのに10日ほどかかるのだそうです。
竹藪にはカタクリが群生していました。早春のカタクリはオヒタシにして食べるのだそうですが、根ではなく葉だそうです。
ギフチョウがカンアオイの葉にとまっていました。
残念ながら、タケノコはまだ出ておらず途中の直売店で買いました。

カタクリ-1601


カタクリ-1602


カタクリ-1603


カタクリ-1604


ギフチョウ-1601


内川のタケノコ-1601

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/04/09(土) 20:40:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

おまる塚の桜

サクラ (バラ科サクラ属)

金沢市の二塚地域にはおまる塚とびわ塚の二つの塚があります。
びわ塚には大きな桜の木があって白色の花が満開でした。
塚の周りは広い草地になっていて、シートを広げて大勢がお花見できそうなのですが誰もいません。
この大きな桜の木は塚の上部に生えていて四方八方に枝分かれしているのでより高く大きく見えます。
花弁は白色ですが、花糸が赤いのと白いのとがあってちょっと不思議です。

おまる塚のさくら-1601


おまる塚のさくら-1602


おまる塚のさくら-1603


おまる塚のさくら-1604


おまる塚のさくら-1605

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/04/08(金) 00:13:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

市民芸術村の桜

サクラ (バラ科サクラ属)

金沢市大和町の市民芸術村のサクラ。
市民芸術村と名付けられているこの公園は大和紡績工場の跡地です。
この桜の木は工場のどのあたりにあったものでしょうか?
サクラの開花時期になると、老若男女がこの桜の木の元に集い、春のおとずれを喜び合うのです。
2本の桜の木が1本に見える場所から撮りました。

市民芸術村のさくら-1601


市民芸術村のさくら-1602


市民芸術村のさくら-1603


市民芸術村のさくら-1604


犀川のさくら-1601

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/04/05(火) 23:57:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

藪椿

ヤブツバキ (ツバキ科ツバキ属)

ヤブツバキが旬です。
写真は気多大社のヤブツバキです。
次から次へと花を咲かせ、苔の上に落ちた落ち椿は美しいです。
水面に落ちた花もすてきです。

ヤブツバキ-1601


ヤブツバキ-1602


ヤブツバキ-1603


ヤブツバキ-1604


ヤブツバキ-1605

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/04/03(日) 22:07:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雪割草

ユキワリソウ (キンポウゲ科ミスミソウ属)

能登半島地震から今年で9年になります。
能登半島地震復興支援として毎年この時期に能登半島を一周する小旅行をしています。
婆さんは温泉に朝市、私は藪つばきや雪割草を見るのが楽しみです。
雪割草の自生地である猿山岬へのアクセスは新しいトンネルができて少し便利になりました。
猿山灯台側の群生は白色の花が多いので、赤色の花が多い深見集落側の群生地まで2KMほど歩きました。
程よい運動でしたが翌日は筋肉痛になってしまいました。

ユキワリソウ-1601


ユキワリソウ-1603


ユキワリソウ-1602


ユキワリソウ-1604


ユキワリソウ-1605

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/04/02(土) 23:35:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

花ノ木

ハナノキ (カエデ科カエデ属)

満開でも気が付かないほど小さな花です。知っている人でも近づいて確認しないと何分咲きなのか分かりません。

ハナノキ-1601


ハナノキ-1602


ハナノキ-1603


ハナノキ-1604


ハナノキ-1605


ハナノキ-1606

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/04/01(金) 00:44:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する