「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

毒溜

ドクダミ (ドクダミ科ドクダミ属)

ドクダミの白い花のアクセントには梅雨の雫が良いか?、ヒラタアブのボケた顔が良いか?
晴れた日が良いか?、雨の日が良いか?
季節がら、梅雨に濡れたドクダミの花が良いと、長い間雨が降るのを待っていたら花弁が枯れてきました。
金沢もようやく梅雨入りしたようです。

ドクダミ 1701




ドクダミ 1702




ドクダミ 1703



ドクダミ 1704



ドクダミ 1705



ドクダミ 1706


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/22(木) 23:59:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ビーチコーミング

wikipediaによると、ビーチコーミング(Beach combing)とは、海岸などに打ち上げられた漂着物を収集の対象にしたり観察したりする行為。 漂着物を加工したり標本にしたり装飾にしたりして楽しむ。 本来の意味は売り物になる漂着物を拾い集めること

↓冬にはソデイカという大きなイカが生きたまま流れ寄りますので、たくさん見つけた人は捕って魚屋さんに卸します。
度座衛門とか機雷とか北朝鮮の漁船を見つけてしまった人は、110番して事情聴取を受けなくてはなりません。
ビーチコーミング 1701

↓能登半島は昔からビーチコーミングのメッカでした。今はハングル文字が書かれたプラスチック容器が大量に寄り、クリーンビーチというボランティア活動も追っつきません。
ビーチコーミング 1702

↓今回ヤフオクで売れそうな物は椰子の実と集魚灯でした。椰子の実は持って帰るとBA3に叱られるので集魚灯だけゲットしました。
ビーチコーミング 1703

↓長さ45㎝もあるメタルハライドランプはコツラ細工(アケビ細工)のカゴに入れて素敵なオブジェになりました。
ビーチコーミング 1704

↓庭に放置してある、過去にビーチコーミングで拾ったヨットのエアーフェンダーとプラスチックの浮子。
ビーチコーミング 1705

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/21(水) 23:02:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界初の新素材コンクリート橋

能登半島でも特異な防風形態の集落である赤崎地区は、狭い県道を挟んで両脇に建物が密集していて車をUターンすることができません。
村外れの橋を渡った空地で車の向きを変えたところ、目に入ったのが「世界初のコンクリート橋」という立派な立て看板?。
ここ志賀町の増穂浦にはかつて「世界一長いベンチ」がありました。ベンチは残っていますが世界一ではなくなっています。
「記録は破られるためにある」のですが、破ることができないのは「世界初の・・・」です。
タイムマシンでもない限り過去へもどって記録を書き換えることはできないからです。

↓橋長6100m、幅員7000m、長さは日本一ですが幅は世界一です。
新宮橋 1701

↓で、実物は、ちっちぇ~!!
新宮橋 1702

↓橋の外に余分な橋桁が2本あって、なにやら計測器の様なものが付けられています。
新宮橋 1703

↓橋桁の断面の鉄筋に錆びが出ているのは、炭素繊維ケーブルではないのでしょうね!
新宮橋 1704


テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/20(火) 23:51:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

能登の漁村

能登半島でのんびりと海浜植物の観察をしたり漂流物拾いなどを楽しんだ後、
遠くに見える小さな漁村の、黒瓦の妻きり屋根が気になって行ってみました。

↓海浜段丘の先に漁港の白い建物が見えます。
志賀町赤崎 1701

↓前は日本海で裏が山の狭い土地に集落があります。能登の漁村特有の風よけの間垣はなく、黒瓦の屋根の妻入り側が海に向いています。日本海から吹きつける強風から家屋を守る為でしょうか? 道路を挟んで海側にある建物は船小屋の名残でしょうか?
志賀町赤崎 1702

↓県道を挟んで、海側(右)には納屋(作業小屋?車庫?)らしき建物が連なっています。山側(左)には母屋(住宅)と思われる建物が妻入り屋根を道路側に向けて、ひしめき合って建っています。
志賀町赤崎 1703

↓海を背にした納屋(作業小屋?車庫?)の入口や窓は道路側に広くとられています。すぐ裏が磯海なので奥行の短い建物です。
志賀町赤崎 1704

↓道路の向かいの納屋(車庫?)を風よけとして母屋(住宅)は道路に面しているのかというと、そんなに甘いものではなく、下見板を張り巡らした建物は蔵?の様で住居となる母屋はもっと後ろにあるようで、奥行のある敷地のようです。
志賀町赤崎 1705

テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/19(月) 22:57:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トベラ (トベラ科トベラ属)

管理しやすので、庭木や公園の植え込みなどで見られる木ですが、海浜では自生で防風林として役立っています。
河岸段丘では木本として前線で潮風から国土を守っています(ちょっと大げさかな)。
花は、純白から薄い黄色に変化して、鼻のきかない私でも感じることができる爽やかな香りを放ちます。


トベラ 1701


トベラ 1702


トベラ 1703


トベラ 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/17(土) 23:59:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大唐米

タイトゴメ (ベンケイソウ科マンネングサ属)

多肉植物というと、オッシャレ~ですが、海浜の岩場や砂地に咲いている普通の雑草です。
真っ赤に紅葉した葉に、真っ黄色の花がとっても美しい雑草です。

タイトゴメ 1701


タイトゴメ 1702


タイトゴメ 1703


タイトゴメ 1704


タイトゴメ 1705

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/15(木) 22:12:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

都草

ミヤコグサ (マメ科ミヤコグサ属)

名前からは風雅な都を連想しますが、砂丘や草地を匍匐して群生している黄色い小さな花です。
漂流物で汚れた海浜に彩を添えてくれています。
海浜植物なのでしょうか?

ミヤコグサ 1701


ミヤコグサ 1702


ミヤコグサ 1703


ミヤコグサ 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/15(木) 20:11:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浅葱

アサツキ (ヒガンバナ科ネギ属)

山菜なのでしょうか?
ヒガンバナ科と云われると食べる気にはなりません。
花は素朴で美しいです。


アサツキ 1701


アサツキ 1702


アサツキ 1703


アサツキ 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/14(水) 23:29:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

浜靭

ハマウツボ ( ハマウツボ科ハマウツボ属)

砂丘のカワラヨモギに寄生している、寄生植物です。
カワラヨモギの群生の中にポツンと咲いています。
蕾や花は薄紫で美しいのですが、茶色い部分も多いので意外と見つけづらい花です。

ハマウツボ 1701


ハマウツボ 1702


ハマウツボ 1703


ハマウツボ 1704


ハマウツボ 1705

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/12(月) 22:01:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

空穂草

ウツボグサ (シソ科ウツボグサ属)

矢を入れる靭(空穂)に似ているので靭草と名付けられています。
海浜から里山などの日当たりの良い場所が生育に適しているようです。
写真のウツボグサは海浜段丘の上部の草地に群生していたものです。

ウツボグサ 1701


ウツボグサ 1702


ウツボグサ 1703


ウツボグサ 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/11(日) 18:53:58|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

野薊

ノアザミ (キク科アザミ属)

アザミの漢字って莇と薊がありますが、莇はクコで薊はアザミらしいです。
莇より薊の方が痛い感じがします。

ノアザミ 1701


ノアザミ 1702


ノアザミ 1703


ノアザミ 1704




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/11(日) 01:00:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜茄子

ハマナス (バラ科バラ属)


♪ 夏がく~れば思い出す~( ^ω^)・・・
私にとって、初夏の風物詩といえば、海岸に咲く赤いハマナス、
(空も海も写し忘れましたが)
青い空に白い雲、青い海と真っ赤なハマナスの花です。


ハマナス 1701


ハマナス 1702


ハマナス 1703


ハマナス 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/11(日) 00:38:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜豌豆

ハマエンドウ (マメ科レンリソウ属)

砂丘のやや草地側に群生していたり、深い草地や松林の林床にも咲いています。
花も実も葉も食用のエンドウとよく似ています。
巻き蔓もありますが、砂丘なので立ち上がることはありません。棒を立てると伝うかもしれませんね。

ハマエンドウ 1701


ハマエンドウ 1702


ハマエンドウ 1703


ハマエンドウ 1704


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/08(木) 22:43:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浜昼顔

ハマヒルガオ (ヒルガオ科ヒルガオ属)

青い空に青い海、群生するピンクのハマヒルガオが砂丘に初夏の訪れを感じさせてくれます。
海浜植物のなかでも汀線の一番近くで生育しています。
種子が海流によって運ばれ、波打ち際の上部に流れ着いた種子が発芽し、地下に根を張り、地上を匍匐して大群生となるようです。

ハマヒルガオ 1701


ハマヒルガオ 1702


ハマヒルガオ 1703


ハマヒルガオ 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/08(木) 21:44:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

亜米利加根無蔓

アメリカネナシカズラ (ヒルガオ科ネナシカズラ属)

能登半島の海浜には沢山の漂流物が打ち上げられています。
殆どがハングル文字が書かれたプラスチック容器や漁具です。
韓国や北朝鮮ではゴミを川へ流したり、海へ捨てることが普通のことなのでしょうか?
中にはアメリカから流れてきた黄色い釣り糸も見かけます。
アメリカから能登半島へ流れる海流って??

アメリカネナシカズラ 1701


アメリカネナシカズラ 1702


アメリカネナシカズラ 1703


アメリカネナシカズラ 1704


アメリカネナシカズラ 1705


アメリカネナシカズラ 1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/05(月) 21:27:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浅葱斑


アサギマダラ (タテハチョウ科マダラチョウ亜科)

旅する蝶と云われるアサギマダラ、能登半島では5月に見られます。
数年前には志賀町北部の砂浜で、今回は南部の砂浜で見かけました。
この時期、海浜では多くの花が咲いていますが、アサギマダラはスナビキソウを好むようです。
スナビキソウに含まれてるピロリジジンアルカロイドという物質が、オスの性フェロモン分泌に必要だという。
ここでは2羽のオスが飛び回って、枯れかかった茎や花から汁液を吸っていました。

アサギマダラ1701


アサギマダラ1702


アサギマダラ1703


アサギマダラ1704


アサギマダラ1705


アサギマダラ1706


アサギマダラ1707




テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/01(木) 22:14:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する