「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

檜扇

ヒオウギ (アヤメ科アヤメ属)

葉の形が檜扇に似ているからヒオウギと名付けられていますが、実は真黒なことから濡ば玉(ヌバダマ)といわれています。
花は色形ともにスカシユリに似ています。

ヒオウギ 1701


ヒオウギ 1702


ヒオウギ 1703


ヒオウギ 1704


ヒオウギ 1705


ヒオウギ 1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/08/28(月) 22:16:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

窓鋸 (その3 完成)

初めての鋸の目立てでしたが、完成記念に試し切りをしてみました。



--------------------------------
茨目のマドノコをSilky BIGBOYのように江戸目に改良することにして、目立ての道具を揃えました。
「江戸目を擦るときにヤスリのエッジで裏刃に傷を付けてしまうから」とオークションでエッジを丸めたヤスリを購入したところ、ヤスリと共に出品者のお手紙が入っていました。
会津最後の鋸鍛冶の中屋伝左衛門さんで、「自分でノコギリの目立てをする人の為にブログでノウハウを公表している」ということが書かれていました。
そこで今回の目立てで疑問に思っていることをメールで質問させてもらいました。
-----------------------------------
中屋伝左衛門様

刃渡りは45cm 幅6cm 柄を付ける部分は鍛接で長さは30cm程でややカーブし
ています。銘は山形の中屋何某です。

茨目4枚とガガリ目1枚で窓は9個です。このままでも使えますが錆を落として、目立
てをして上目(江戸目)を付けたいと考えています。
自作で鋸万力も作りまして、ヤスリも用意し、目立てをと準備しましたが、ガガリ目
の高さをどうするのかがわかりません。

現在は茨目ですので、これに上目を付けると高さが低くなります、当然ガガリ目も上
目の先端と同じか低くしなくてはならないと思いますが、

「ひっこき」をして目の高さを揃えるてから目摺りをするのが基本というのは理解で
きますが、その後の上目摺りで江戸目の高さが微細に不揃いになると思います、多少
の不揃いは仕方がないとしてもガガリ目の高さの基準はどこにするのでしょうか?
-----------------------------------

おるごどん 様
過日は有難うございました。
目立てを身に付ける人が増える事を望んでいる、先が無い鋸鍛冶屋です。

Q 江戸目が ひっこき をしても、凸凹 になってしまうのではないでしょうか?
A ひっこきをすれば、目の先端は削られて光りますね。
万力を立て掛ける角度を、上目摺りの際に自分の眼で、光を見える角度に据えて、弱い力で削れば、光は少しずつ小さくなります。
光が見えなくなった瞬間が、刃が付いた! です。凸凹にはなる筈がありません。

Q ガガリ目の高さの基準はどこにするのでしょうか?
A 江戸目よりも、少し低くします。
では、どの程度か?木の堅さによります。
堅い木材でしたら、僅かにしますが、柔い対象でしたら、多くする事で効率が上がります。
江戸目4本が2本の平行した切り溝を作ります。
その溝の間を 鑿 の様にがガリ刃が刈り進みます。
短くしてしまえば、元には戻せませんから試しに0.5mm程にして下さい。
あとは程度を変えながら感じ取れば良いでしょう。

中屋伝左衛門
-----------------------------------


↓鋸の目立てをするには刃を交互に曲げる為の刃槌(先端に溝が沢山付いている金槌)と目立てヤスリが必要です。
刃槌はヤフオクでも3~4千円もするのでパスしました。写真の一番上のペンチの様な器具はアサリ出しで450円でした。今回はアサリ出しは必要ないので未使用です。
小さなヤスリは江戸目を擦る為の物ですが、小さいし単目じゃないので使いづらいので未使用です。
今回使用したのは一番下の大きなヤスリのみです。
目立て道具 -17082


↓鋸の刃の高さを均等にするために、「ひっこき」といって、鋸の刃の先端を削ります。
窓鋸 170811


↓上目(江戸目)を擦る時に隣の刃の裏刃を傷つけないようにカバーをかけます。
窓鋸 170812


↓上目(江戸目)が付いた刃。
窓鋸 1788


↓柄の付け根に針金を巻くために溝を掘ります。
窓鋸 170813


↓柄に銅線を巻きます。
窓鋸 170814


↓完成しました。
窓鋸 170815


↓カバーを掛けて、私の民具コレクションに追加です。
窓鋸 170817

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/24(木) 22:24:37|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

窓鋸 (その2)

ノコギリの目立てをするにあたって、ノコギリの構造を調べてみました。


↓我が家にあるノコギリです。電動丸ノコを除くと一番上右のシルキー・ビッグボーイが一番切れます。10年程前に物置小屋を解体するのに買ったものです。ノコギリは息が切れるものという概念をひっくり返すほどの切れ味にビックリしました。
ノコギリ 170801


↓シルキーの刃の先端はキリのように尖がっていません。先端が彫刻刀の様に斜めになっています。(先端が尖っている刃は茨目と言い、先端が彫刻刀の刃のように斜めになっているのを上目とか江戸目とか言います)
シルキー ビッグボーイ 170801


↓昔のノコギリは刃が互い違いに外側に反っていました(これをアサリという)が、シルキーは刃が真っすぐです。ノコの刃側が峰側より分厚くなっていて、さらに側面を湾曲ぎみに切削させていることでアサリ効果を持たせているようです。
シルキー ビッグボーイ 170802


↓骨董店で買った窓鋸も刃側が峰側より厚くなっています。鋸は柄側が先端より厚く、刃側が峰側より厚く作られているようです。
ただしこの程度の厚さでは生木を切るにはアサリが必要なようです。
窓鋸 170809


↓川原で拾ってきた桐の枝です。
桐の枝 170801


↓柄を付けました。
窓鋸 170808


↓目立てをするにはノコギリを固定する鋸万力が必要です。木工万力に床材を取り付けて代用しました。
木工万力 170801



↓鋸の目立てするにはヤスリとかアサリ出しなどの道具が必要です、。窓鋸 (その3)に続く
昔の目立て道具 170801

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/23(水) 21:41:49|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

窓鋸 (その1)

そろそろ夏休みも終わりに近づいてきました。
今年の夏休みの自由研究はノコギリの目立てです。

骨董品店でカゴを物色していると、普通のカゴが13,000円です。オイオイこの値段は一桁間違っていませんか?
↓私、過去にこのお店でいくつも買っていますがカゴは1500円程でしたよね~。
民具 170801


↓カゴは諦めて竹箕と古いノコギリを持って「親父さん、この鋸値札が張ってないけどいくら?」
「2000円かな~」
窓鋸 170801


↓作者は山形の中屋氏
窓鋸 170802


↓錆びを落としました。
窓鋸 170803


↓この鋸、売れ残りの不良在庫だったようで未使用です。一カ所、窓の間隔を間違えたようで通常5枚の刃が6枚となっている部分があります。
窓鋸 170804



↓後日、目立ての見本用にもう一枚買いに行ってきました。店主が不在だったので不安でしたが、店主に電話で確認してくれて、
「2500円でいいよ」でした。
窓鋸 170805


↓こちらの作者は秋田の中屋氏です。鋸鍛冶は99%中屋姓です。
窓鋸 170806


↓この鋸は非常に程度が良くて、錆びているように見える部分はオガクズが樹脂でこびりついているのです。チェーンソーに取って代わられて、手入れもせずに放置されたのでしょうか。
窓鋸 170807



↓チェーンソーに取って代わられた窓鋸や製材所のバンドソーに仕事を奪われてしまった鋸のことを「白山ろく民俗資料館」で調べてきました。写真中央に写っている「ガンド」は能登の実家にありました。ガンドは漢字では「雁頭」なのでしょう。能登ではハマチのこともガンドといいます。
ガンド 170801


↓写真の一番下に写っているのが窓付のガンド(メヌキガンド)です。切りくずが刃に詰まらないように大きな窓をあけてあるので窓鋸(マドノコ)と言います。土佐から伝わったので土佐物と言ったそうです。窓鋸 (その2)へ続く
メヌキガンド 170801

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/23(水) 18:56:46|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サクラダファミリア

バルセロナにある有名な建築物の名前をサクラダファミリアだと思っていましたが、
訳あって、ググってみたらサラダファミリアだったのですね~。
で、その訳とは下の写真。先日お墓参りに行ったときに近所で見かけたものです。
日本の住宅事情を考えて建築家の桜田建造氏が設計したアートな建物です(嘘です)

桜田家 1787


スイレン 1701


スイレン 1702


馬頭観音 1701


終戦記念日 1701


お墓参り 1701



テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/21(月) 16:49:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

落とし穴

砂丘の草原にもたくさんの植物が群生しています。希少な海浜植物を交通事故から守るにはコンクリートブロックという手段がありますが、こちらでは草原の中に落とし穴が仕掛けられています。
海浜へ入る小道の両脇に深さ70~80cm程の穴を四駆のタイヤ間隔で開けてあったものです。
四輪駆動車がここに落ちると前進はできません、たぶん後退も容易ではなかったようで、近くにあった砂袋を使って脱出したようです。
落とし穴 17081


↓ハマナスの花が夏を惜しんで咲いていました、実は熟れて美味しそうです。
ハマナス 17081
ハマナス 17082

↓彼方此方に素朴なホタルブクロも咲いていていました。
ホタルブクロ 17081
ホタルブクロ 17082

こちらは何という植物でしょうか? 初めて見ました。半寄生植物のヒキヨモギでした(九ちゃんに教えてもらいました)
同定不能 17081
同定不能 17082

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/08/19(土) 17:47:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

後の祭り

お盆の15日、早起きして、能登の海浜植物を見に行ってきました。

道路わきに昨日のお祭りの名残跡がありました。「後の祭り」ってこういう風景なんでしょうね。
祖先の霊をお迎えするにも、里帰りの肉親を迎えるのにも「お祭り」って良いですよね。

後の祭り 17081


後の祭り 17082

↓ハマゴウの群生が汀線の近くまで伸びています。
ハマゴウ 17801
ハマゴウ 17802

↓ネコノシタも群生しています。
ネコノシタ 17801
ネコノシタ 17802

↓先日の台風のせいで波を被ったのでしょうか? スナビキソウの葉が黒く枯れています。
スナビキソウ 17801
スナビキソウ 17802

↓漁港では若者達が祭の後の片づけをしていました。近くの岸壁には釣り人がたくさんいました。お盆だというのに・・・・・。
祭の後 17081
祭の後 17082

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/08/19(土) 16:58:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

夏水仙

ナツズイセン (ヒガンバナ科ヒガンバナ属)

早朝に能登半島の県道を走っていて見かけた夏水仙です。
あまりの美しさに通り過ぎてから車をバックさせて撮りました。
お散歩の方が「何という名前ですか?」と訊くのですが、
「彼岸花の仲間で、え~っと、思い出せません」
花好きなご近所の方が植えたのでしょうか?
ありがとうございます。

ナツスイセン  1701


ナツスイセン  1702


ナツスイセン  1703


ナツスイセン  1704


ナツスイセン  1705


ナツスイセン  1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/08/17(木) 20:04:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

合歓の木

ネムノキ (マメ科ネムノキ属)

犀川沿いのサイクリングロードにネムノキの花がたくさん落ちていました。
脇には4~5mの合歓の大木が、道路に覆いかぶさるように生えていました。
何年間もこの道を通って通勤していたのですが、大きなネムノキがあったなんて気が付きませんでした。

ネムノキ 1701


ネムノキ 1702


ネムノキ 1703


ネムノキ 1704


ネムノキ 1705


ネムノキ 1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/08/14(月) 09:18:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

木槿

ムクゲ (アオイ科フヨウ属)

日本でアオイ科の植物は多いですが、アオイとかフヨウのほとんどが草本です。
ムクゲは木本で管理がしやすいので公園や道路脇の植え込みに利用されています。
一日花ですが毎日たくさんの花が開き、早朝のムクゲは爽やかな気分にさせてくれます。

ムクゲ 1701


ムクゲ 17010


ムクゲ 1703


ムクゲ 1704


ムクゲ 1705


ムクゲ 1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/08/12(土) 20:06:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

NCR 2114 組立完了

レジスターを構成する各パーツの修理や調整が終わったら順番に組立ます。
組立が正常に完了し、電源を入れてエラーが出ないことを確認してから、日本仕様のプログラムをローディングし、使用者固有のプログラム変更をして、レジスターの完成です。

↓完成したレジスターの動作やカタログ、仕様は下の動画でご覧になれます。



↓塗装し直した木製ベースに金属製のフレームを取り付けます。
NCR 2114  セットアップ 1702


↓メインボードPCB、キーボード、レシートプリンターを取り付けて各部が正常に働くかチェックします。
NCR 2114  セットアップ 1703


↓正常に動くことが確認できたら、標準プログラムをローディング後、お店に合うようにプログラムを変更します。キーチップのキーシートもキーボード配置のプログラムに合わせて入れます。
NCR 2114  セットアップ 1704


↓キャビネットを被せて完成です。
NCR 2114 セットアップ 1701

ゴム足の修理はこちら
プリンターの修理はこちら
キーボードの修理はこちら
電子基板の修理はこちら
外装の塗装修理はこちら

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/10(木) 11:54:27|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NCR 2114 ゴム足の作成

NCR2114は故障すると引き出しが空かなくなるので、レジスターの底のレバーを押さないと引き出しが開きません。
その為に、いちいちレジスターをずらす為、ゴム足が千切れたり変形したりします。
この中古レジではゴム足が千切れて無くなっていました。

↓ホームセンターで買ったゴム板をゴム足の形に切断します。
ゴム足 1701


↓ネジ穴を開けます。
ゴム足 1702


↓ゴム足が回転しないようにイボが付いているので小さなゴムパッドを接着します。
ゴム足 1703


↓右が正規品、左が今回作成した模倣品です。固定のボルトは下側から入ってフレームにねじ込まれ、ゴム足が固定されます。
ゴム足 1704

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/10(木) 11:22:48|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NCR 2114 プリンターのオーバーホール

オーバーホールとは完全分解して再調整することです。

NCR2114のレシートプリンターは、30年も前に製造されたものでインクやほこりで動作不良となっています。
仮にプリンターが動いたとしても、インクロールもスタンプもインク切れと発泡ゴムの硬化で印字は全く見えません。
各種の売上レポートはレシートに印字する以外に取得方法がありませんし、プログラムの設定もレシートに印字しないと確認できません。レシートプリンターが正常に動かない電子レジスターはただの金庫でしかありません。

↓パーツを全て外してフレームだけにします。
2114レシートプリンター 1701


↓取り外したパーツをさらに分解してクリーニングと注油をして組み立てていきます。
2114レシートプリンター 1702


↓全ての部品を元通りに取り付けます。
2114レシートプリンター 1703


↓ギヤのタイミングや電気的なタイミングは接続してから確認します。エラーになるようならタイミングを確認しながら再度組み立てなおします。
2114レシートプリンター 1704


↓インクロールは経年劣化で固くなり、インクが浸み込まなくなっていますので、新しいロールと交換します。ロールは市販されていませんので、自分で作ります。
2114 インクロール 1701

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/10(木) 11:06:34|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NCR 2114 キーボードの防水

NCR2114のキーボードはシリコンゴムシートで防水されていたのですが、製造されてから30年以上経過しているのでシリコンゴムシートはボロボロに砕け散って機能を果たしていません。
薄いシリコンゴムシートは手に入りませんので、厚手で伸縮性のあるポリエチレンシートで代用しました。

↓キーチップを全て外したキースイッチの上にポリエチレンシートを広げます。
防水シート 1701

↓キーとキーの間に余裕がないとキーを押した際に周りのキーが引っ張られて同時に押されたようになってしまいます。
そこで、キーとキーの間のラップに余裕を持たせる為に錘(自転車のスポークで代用)を置きます。
防水シート 1702

↓錘の載っている状態でポリエチレンシートの上からキーチップを差し込み、錘を取り除いてキーボードの防水の完成です。
防水シート 1703

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/10(木) 10:45:01|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NCR 2114 PCB

PCBとはPrinted Circuit Boardの略で、日本語でいうなら電子回路基板ってことでしょう。
NCR2114クラシック電子レジスターにはPCBが一枚実装されています。
このPCBにはプリンターやキーボード、ディスプレイなどが繋がっており、
基盤の中にはCPUやKeyboard & Display Controollerなどの集積回路やRAMやROMが実装されています。
故障の原因となるのは経年劣化するコンデンサーやバッテリー、または接触不良を起こすICソケット等でしょう。
ただ、これらの不良コンポーネントを交換しても、電子回路のイニシャライズや国別に指定されている基礎プログラムのローディングが必要となります。お店に適したユニークなプログラム変更も必要となります。

NCR 2114 Main Board


テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/10(木) 00:13:38|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NCR 2114 塗装

4月の下旬にNCR 2114 クラシック風電子レジスターのカタログ付きが、ヤフオクに出品されていたので落札しました。
このレジスターは何台も持っているので、なるべく買わない様にしているのですが、分解されて直らないからと捨てられるのが忍びなくて、ついつい買ってしまいました。
キャビネットはアルミ鋳物にラッカー塗料を塗って真鍮に似せてあるのですが、多湿の日本では自動車のアルミホイールのようにミミズが這ったような錆が出てきます。
前回は塗装を全てやり直した上に、ウレタン塗装しましたが、そんな面倒なことがそう簡単に出来るわけでもないことから、今回は既存のラッカー塗装の上にウレタン塗装をしました。
塗装が十分に乾いて、組み立てる頃に、ボロ屋の屋根の塗装をしないと梅雨になってしまうことに気づきました。
屋根のメンテナンスは2ケ月かかって完成しましたので、自分へのご褒美にアンティークなレジスターを買いました。
その骨董レジスターを置く場所を確保する為に、分解して放置してあったNCR2114を緊急に組み立てることになりました。

↓右が先日買った National Cash Register Class 1000 ,左が前回塗装をやり直したNCR2114で左端は数年前に買ったNCR2114です
National Cash Register Class 1000  1701

↓風のない日に屋外で塗装です。中性洗剤で洗って、ミッチャクロンで下地を付けて、2液ウレタン塗料を吹き付けました。
キャビネットの塗装 1701
キャビネットの塗装 1702
キャビネットの塗装 1703

↓表示器のガラス板は内側に黒色の塗料が塗られていましたが、ガラスと塗料との接着不良となって所々剥がれているので、再塗装しました。ここでもミッチャクロンで下地を作ってガラスと塗料の接着を強化しています。
表示器ガラスの塗装 1701

↓キャビネットのネジは寸法の合わないドライバーで回したらしく、傷ができていますのでネジの頭を修正しました。
キャビネット用のネジを研磨 1701


テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/09(水) 22:08:17|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蓮根の花

レンコンの花 (ハス科ハス属)

ハスが花でレンコンが野菜でしょうか?
近所にあった花ハスの田んぼに住宅が建ってしまい、近年は加賀野菜のレンコンの花を撮りに行っています。
早朝の蓮田に朝日に映えて可憐な花。
早起きのミツバチさんがたくさん訪れていて花の周りはにぎやかです。

レンコンの花 1701


レンコンの花 1702


レンコンの花 1703


レンコンの花 1704


レンコンの花 1705


レンコンの花 1706


レンコンの花 1707

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/08/06(日) 09:50:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

浜栲

ハマゴウ (シソ科ハマゴウ属)

北陸地方も梅雨があけました。
正確には「梅雨が明けたとみられる」です。
自信がないのか? 役所気質なのか? 忖度なのか?
気温は相変わらず真夏日ですが、風は涼しくなりました。

ハマゴウの花も涼しさを感じさせます。
花の色は上品な紫色、葉の裏や葉脈は涼しげな灰白色です。
加賀海岸の砂丘に群生していて、砂丘の形成に役立っています。
能登の岩礁にも群生しています。

ハマゴウ 1701


ハマゴウ 1702


ハマゴウ 1703


ハマゴウ 1704


ハマゴウ 1705

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/08/02(水) 22:07:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

National HK9327

National HK9327 (シーリングライトのリモコン)

暑いです。
毎日、冷房の効いたお部屋でテレビ三昧です。
テーブルの上にはリモコンが並んでいます。テレビ、ケーブルテレビ、エアコンです。
今は3つですが、寝たきりになったら、この他に携帯電話、照明のリモコンも脇に置いておかないと。
リモコンの文字を確認するには老眼鏡も。

リモコンのボタンの接触が悪いからといって、わざわざ電気屋さんを呼ぶことはできません。
先ず、分解修理の前に修理に失敗した場合でも購入できるかどうか調べます。
①オークションに出品されていないか調べます。②アマゾンでいくらか調べます。
③アマゾンより安い店がないか調べます。
そして、分解修理を始めます。

↓シーリングライトのリモコンの調子が悪いです。電池を替えても直りません。最近のリモコンは、コスト優先なので分解修理できるようには作られていません。電池を外して側面の隙間にマイナスドライバーを差し込んで無理やり殻割りします。壊れてもかまいません、1000円位で売っているのですから。
National Hk9327 1701

↓内部には基盤が1枚入っているだけです。ボタンとの接点部を掃除します。
National Hk9327 1702

↓台所用品のアルミホイルに両面テープを貼り付けます
National Hk9327 1703

↓ハサミで、両面テープ貼り付けたアルミ箔をボタンの大きさの幅に切ります。
National Hk9327 1704

↓更に、ボタンの大きさに切ります。わざわざ丸く切る必要はありません。多少はみ出しても多少小さくても問題ありません。
National Hk9327 1705

↓両面テープの剥離紙を外してボタンの黒い部分に貼り付けます。多少ずれても問題ありません。
リモコンボタンの接触不良はボタンの黒い部分の導電性塗料が剥げたからで、ここを拭くと接触が良くなるかと思いがちですが、この部分をクリーニングしても直りません、余計に接触が悪くなります。この導電性塗料(ゴム?)の代わりにアルミ箔を貼るのです。
これで接触不調はなくなります。後は分解した逆に組み立てます。殻割りに失敗し、ひび割れした部分はアクリルボンドを流し込むかセロハンテープで補強しておきます。
National Hk9327 1706


テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/01(火) 08:29:18|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する