FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

小春日和

小春日和(こはるびより)は、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天である。 移動性高気圧に覆われるなどして発生する。 冬の季語である(陰暦の冬は旧暦10月~12月)

奥様より、「明日、七五三に行くから写真撮ってね」と突然の依頼がありました。
「ええ~っ! 明日は天気が良いからレジスターの塗装をする予定で、ペンキも買ってあるんですけど~」

隠居老人の私は、天気が良いと雑草の写真を撮りに行き、天気が悪いときはDIYの毎日です。
死ぬ前にレストアしておかなくてはならない骨董の金銭登録器が何台も残っていますので、冬場の暇つぶしとして、先月より作業中です。
今回はメッキも自分で済ませて、メッキ保護の為のウレタンクリアーを上塗りする為に準備してきました。
塗装は晴天無風で気温が高い日でないと出来ないので、小春日和が訪れるのを待ちに待っていたのでした。

「じゃぁ、来なくていいわ」
「なんとか、都合付けるから~」
ということで小春日は大変忙しいことになってしまいました。

↓レストア前の National Cash Register Class500 アンティークレジスター
NCR Class500 1701


↓パーツのメッキ
Class500 メッキ 1701


↓メッキ保護の為のウレタンクリアー塗装
Class500 ウレタンクリアー塗装 1701



↓本体レバー部のクリアー塗装
NCR Class500 レバー塗装 1701



↓尾山神社で七五三
七五三 1701

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/29(水) 21:50:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヒイラギ (モクセイ科モクセイ属)

西洋ではキリストの受難を象徴してクリスマスにヒイラギの葉と赤い実を飾りますが、
日本では魔除けの庭木として東北の方角に植えます。
ヒイラギは雌雄異株で雌株には実が付きますが、熟すと紫色になります。
我が家のヒイラギは雄株なので実は付きません。
初冬に花が咲くので冬の木と書くのでしょう。
枝に初雪が積もった様な小さな白い花も今日の雷と霰(アラレ)で散ってしまいました。

ヒイラギ  1701


ヒイラギ  1702


ヒイラギ  1703


ヒイラギ  1704


ヒイラギ  1705

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/11/24(金) 22:30:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

箒菊

ホウキギク (キク科シオン属)

近くの農地がなショッピングモール建設予定地となっていて、広大な敷地には雑草が生い茂っています。
季節は晩秋となり、雑草も枯草となっていますが、刈り込まれて再生したホウキギクに花が咲いていました。


ホウキギク  1701


ホウキギク  1702


ホウキギク  1703


ホウキギク  1704


ホウキギク  1705


ホウキギク  1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/11/19(日) 00:18:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黒木間蝶

クロコノマチョウ (ジャノメチョウ科コノマチョウ属)

セイタカアワダチソウが群生している耕作放棄地で蝶々を追っかけていると、茶色い大きな蝶が飛んできました。
しばらくは草間を飛び回っていましたが、熟して落ちそうな柿に止まりました。
柿の果汁を吸っているようで翅を閉じたまま動きません。木の葉に擬態した薄汚い蛾に見えましたが、蝶のようです。

クロコノマチョウ  1701


クロコノマチョウ  1702


クロコノマチョウ  1703


クロコノマチョウ  1704


クロコノマチョウ  1705


クロコノマチョウ  1706


テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/14(火) 22:38:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大和小灰蝶

ヤマトシジミ (シジミチョウ属ヤマトシジミ属)

今日は晴れて日差しが暖かく絶好の散歩日和でした。
セイタカアワダチソウにアブやチョウが集まって最後の栄養補給をしていました。
キチョウ、シロチョウ、イカリモンガ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミなど。
花と蝶で目の保養できるのも今日が最後かもしれません。


ヤマトシジミ  1701

ヤマトシジミ  1702


ヤマトシジミ  1703


ヤマトシジミ  1704

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/13(月) 22:12:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

木立紺菊

キダチコンギク (キク科シオン属)

今日は寒い日でしたが、昨日までは暖かい日が続いてお散歩も距離が伸びました。
川沿いの舗装された土手と田んぼの間のちょっと広い畔に綺麗な菊が咲いていました。
舌状花の花弁は白と薄紫の2色で中央の筒状花は黄色と茶色の2色がありますので、
何種類もの小花がついているように見えます。
蕾から花後までの間に舌状花は白から薄紫色に変り、舌状花は黄色から濃い赤茶色に変るようです。

キダチコンギク  1701


キダチコンギク  1702


キダチコンギク  1703


キダチコンギク  1704


キダチコンギク  1705


キダチコンギク  1706


キダチコンギク  1707


キダチコンギク  1708


キダチコンギク  1709


キダチコンギク  1710

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/11/11(土) 21:45:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

野紺菊

ノコンギク (キク科シオン属)

防風林の散策路脇で数株の紫色の菊の花を見つけました。
あまりの美しさに、ただただシャッターを切り続けました。
現像するときになって、ヨメナだろうか? ノコンギクだろうか?と悩みましたが、
花の色が濃いし、名前もノコンギクの方が相応しいのではないだろうかと・・・・・・・。

ノコンギク  1701


ノコンギク  1702


ノコンギク  1703


ノコンギク  1704


ノコンギク  1705


ノコンギク  1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/11/09(木) 22:49:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

紅葉と赤とんぼ

近所の散歩道の桜並木が紅葉して、歩道にも川の中にも赤や黄色の葉でとても美しいです。
終活中のアキアカネが葉っぱの上で日向ぼっこをしています。
普通より翅の多いトンボもいました。(嘘です)

桜の落ち葉 1701


桜の落ち葉 1702


桜の落ち葉 1703


落ち葉とアキアカネ 1701


落ち葉とアキアカネ 1702


落ち葉とアキアカネ 1703

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/08(水) 21:57:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

石蕗

ツワブキ (キク科ツワブキ属)

明日11月6日は立冬です。
暦の上では冬に入りましたが、平地では紅葉が始まったばかりでまだまだ秋です。
天気の良い日にはお日様が温かく、お散歩が気持ち良いです。
他所の庭のツワブキの花が満開で、昆虫が日光浴と栄養補給に余念がありません。

ツワブキ  1701


ツワブキ  1702


ツワブキ  1703


ツワブキ  1704


ツワブキ  1705


ツワブキ  1706

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/11/06(月) 20:51:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

千里浜なぎさドライブウェイ

絶滅が危惧されている、なぎさドライブウェイへ夕陽を見に行ってきました。
平日なので車は少なくとても走りやすいので、調子に乗って波打ち際をはしって海に嵌っている車もいました。

千里浜なぎさドライブウェイ  1701


千里浜なぎさドライブウェイ  1702


千里浜なぎさドライブウェイ  1703


千里浜なぎさドライブウェイ  1704


千里浜なぎさドライブウェイ  1705


千里浜なぎさドライブウェイ  1706


千里浜なぎさドライブウェイ  1707

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/01(水) 21:30:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する