FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

フジ (マメ科フジ属)

山に生えているのでヤマフジだろうと思っていましたが、そうではないような・・・・。
ウィキペディアによると、
「一般名称としての藤には、つるが右巻き(上から見て時計回り)と左巻きの二種類がある。右巻きの藤の標準和名は「フジ」または「ノダフジ」、左巻きの藤の標準和名は「ヤマフジ」または「ノフジ」である(牧野富太郎の命名による)。」
なのだそうです。
上から見て時計回りとは、下から見て反時計回りってことになります。

先日撮ったフジはどっちだろうと蔓の巻き方を調べたら、左巻きのようです。
そもそも右巻きだの左巻きだのと言われても、上から見たのと下から見たのでは巻きの方向が違うのだそうです。
「フジの蔓が上に伸びている場合と、下にぶら下っている場合とでは向きが逆になるのではないか?」
などと、いった疑問も湧いてきました。

↓一般的に写真の巻き方だと「左巻き」と言われています。
ヤマフジ 1901


↓この写真は上から下方に下がってきている蔓で、左巻きです。
ヤマフジ 1902


↓写真を上下逆にしてみましたが、やはり左巻きでした。
ヤマフジ 1903


ヤマフジ 1904


ヤマフジ 1905


ヤマフジ 1906


ヤマフジ 1907


ヤマフジ 1908

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/30(木) 20:40:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カクダイ サーモスタットシャワー混合栓 174-323

お風呂の温水シャワー混合栓から水漏れがするようになりました。
長年使っていると漏れるのは人間と同じです。
交換するか、修理するかと聞かれれば、お金があれば業者を呼んで交換してもらいます。
お金が無いので、自分で修理します。と答えます。
ネットでググると新品は2万円くらいです。部品なら3千円くらいです。

↓止水レバーを閉めてもポタンポタンと水漏れします。蛇口から漏れている水滴を撮ってみました。タイルの目地が汚れているのは見なかったことにして下さい。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1901


↓どういう構造なのか? ネットをググって展開図を見つけました。
カクダイ 混合栓 174-323 展開図


↓展開図Aの切り替えしハンドルをどう外すか? ネジは見えませんので強引に右側へ引っ張ったら取れました。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1902


↓展開図Bの止水固定ナットを外す前にプラスネジを外します。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1903


↓六角形の止水固定ナットが見えます。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1904


↓大きなモンキーレンチで止水固定ナットを外します。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1905


↓止水固定ナットが外れると展開図Cの混合栓切替部が取り出せるようになります。手で引っ張っても簡単には外れません。
何かを手掛かりにして強引に引っ張るしか方法が無いので、止水固定ナットを外す前に外したプラスネジに大きなワッシャーを入れて取り付け、そのワッシャーを手掛かりにして、強引に引きます。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1906


↓写真下の黒い部品が展開図Cの混合栓切替部です。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1907


↓混合栓切替部のクリップを外して軸を抜き、Oリングの付いたプラスチックリングを抜き出します。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1908


↓写真上部の「竹輪リング」と写真下部の「豚の鼻」の間にОリングが挟まっている構造です。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1909


↓長年の使用でОリングが擦り減っています。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1910


↓さて、このОリングは何処に売っているのでしょう? 寸法を測ってホームセンターの水道用品売り場でそれらしきものを購入しました。混合栓と同じメーカーですからこれで問題ないのでしょう?
カクダイ 温水シャワー混合栓 1911


↓外した逆の手順で混合栓切替部を組み上げて止水栓に挿入します。取り付け位置決め切り込み線を真下にして普通に押し込めばピタッと入ります。後は外した手順と逆にして組み上げます。組み立てる時の注意点は、各部品は綺麗に掃除して、シリコングリスを塗布することです。
カクダイ 温水シャワー混合栓 1912


↓修理完了です。
カクダイ 混合栓 1913






テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/05/29(水) 12:49:06|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鬼胡桃

オニグルミ (クルミ科クルミ属)

白山麓の川岸には沢山のオニグルミの木があって、それらは昔から生えていて高木となっています。
熟して落ちたクルミの実は手取川を下って加賀や能登の海岸に流れ着きます。
白山麓の道の駅では胡桃の実が銀杏の実より安く売られています。
冬の夜に銀杏や胡桃の実を炒って食べるのは私の楽しみです。
オニグルミの花は雌雄同株で雌雄異花です。
雌花も雄花も変わった形をしています。
雄花は紐状に長く垂れ下がり、雌花は緑色で先端から赤色の柱頭(2裂)を出して受粉を待ちます。

オニグルミ 1901


オニグルミ 1902


オニグルミ 1903


オニグルミ 1904


オニグルミ 1905


オニグルミ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/27(月) 12:27:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雪笹

ユキザサ (キジカクシ科ユキザサ属)

白山麓の食堂で食べました。
小鉢に入った「おひたし」普通に美味しいので、
「これ何?」と聞いたら、
「ユキザサです」。
「エ”~、あんな可愛い花を咲かせるユキザサって食べられたの~!」
と言う訳で我が家のユキザサは絶滅しました。
写真のユキザサは白山麓の道路脇の急斜面に咲いていました。
こういう場所の小さな花を接写することはG3には命がけです。

ユキザサ 1901


ユキザサ 1902


ユキザサ 1903


ユキザサ 1904


ユキザサ 1905


ユキザサ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/25(土) 22:01:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

姫空木

ヒメウツギ (アジサイ科ウツギ属)

タニウツギは赤くて目立ちますがヒメウツギは白いのであまり目立ちません。
タニウツギもヒメウツギも崖地に咲きますが、
タニウツギは土質の崖で、ヒメウツギは岩質の崖に咲いています。
ヒメウツギは花糸が平たいのが特徴で、万年筆のペン先の様です。

ヒメウツギ 1901


ヒメウツギ 1902


ヒメウツギ 1903


ヒメウツギ 1904


ヒメウツギ 1905


ヒメウツギ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/23(木) 11:48:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

谷空木

タニウツギ (スイカズラ科タニウツギ属)

山道の崖に沢山咲いています。
空木と言っても全く空洞ってことではなく、スポンジのような髄があります。
花はスイカズラに似ていて、丸い雌しべの先端が花弁の外に飛び出しています。
丸くて白い大きな雌しべが鐘の玉のように見えますが、振っても音は出ません。
BA3が「可愛い花だから飾りたい」と殊勝なことを言うものですから、二枝ほど採って、
玄関に飾っていたところ、蝶々の子どもが葉を食い散らかして黒いゴマ粒がたくさん落ちていました。

タニウツギ 1901


タニウツギ 1902


タニウツギ 1903


タニウツギ 1904


タニウツギ 1905


タニウツギ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/22(水) 22:08:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

文目(菖蒲)

アヤメ (アヤメ科アヤメ属)

アヤメは漢字で文目や綾目と書くように花弁の基部にある模様から名付けられています。
アヤメは菖蒲(アヤメ)とも書きますが、菖蒲(ショウブ)のように水辺に咲く花ではありません。
我が家の雑草園(水やりしない敷地外の雑草地)も、昨年の干ばつに耐えてアヤメがきれいに咲きました。

アヤメ 1901


アヤメ 1902


アヤメ 1903


アヤメ 1904


アヤメ 1905


アヤメ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/20(月) 15:50:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

姫射干

ヒメシャガ (アヤメ科アヤメ属)

アヤメでもショウブでもなく、薄紫の小さなシャガです。
綺麗な花なので一株欲しいな! と思わないでもありませんが、
実はこの花、手の届かない急峻な崖に咲いています。
ほぼ垂直な岩場ですから、下からも上からもアタックでしません。
望遠レンズで撮るしかありません。

ヒメシャガ 1901


ヒメシャガ 1902


ヒメシャガ 1903


ヒメシャガ 1904


ヒメシャガ 1905


ヒメシャガ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/18(土) 21:27:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

射干

シャガ (アヤメ科アヤメ属)

同じような写真ばかりになりました。
青紫とオレンジ色の模様が印象的ですが、
白い花というイメージがあります。
ごく薄い紫色の花です。


シャガ 1901


シャガ 1902

シャガ 1903


シャガ 1904


シャガ 1905


シャガ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/16(木) 20:11:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

姫風露

ヒメフウロ (フウロソウ科フウロソウ属)

匂いが独特で、塩を焼いたような匂いがするので塩焼草ともよばれています。
種が飛んで増えるので、庭のあちこちに咲いている雑草です。
雑草と言っても外来園芸種なのでしょう。
絶滅危惧種に指定している地域もある様ですが、我が家では増えすぎて厄介者となっています。
根が地中に深く入り込まないので除草は簡単です。

ヒメフウロ 1901


ヒメフウロ 1902


ヒメフウロ 1903


ヒメフウロ 1904


ヒメフウロ 1905


ヒメフウロ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/15(水) 21:41:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

立浪草

タツナミソウ (シソ科タツナミソウ属)

初夏の陽気が続き、暑くて庭の雑草取りもする気になりません。
庭にはいろいろな雑草が伸びてとっても綺麗です。
雑草の中に白いタツナミソウも群生しています。
以前は紫色のタツナミソウも咲いていたのですが、最近見かけません。
紫色のタツナミソウは近所の庭や干上がった用水に咲いています。
この花、下からアップで撮るとウサギかネズミの口に見えます。

タツナミソウ 1905


タツナミソウ 1901


タツナミソウ 1902


タツナミソウ 1903


タツナミソウ 1904


タツナミソウ 1906
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1774.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/14(火) 09:07:22|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

羅生門蔓

ラショウモンカズラ (シソ科ラショウモンカズラ属)

秋に咲くアキギリによく似ていますが、アキギリはアキギリ属です。
ラショウモンカズラの名前の由来は羅生門で切り落とされた鬼の腕に似ているからだそうです。
花は気持ち悪いですが、どう見ても切り落とされた腕には見えません。
どちらかというと蕾の方が腕に似ています。すでに切り落とされた傷口は直っていますが・・・・。

ラショウモンカズラ 1901


ラショウモンカズラ 1902


ラショウモンカズラ 1903


ラショウモンカズラ 1904


ラショウモンカズラ 1905


ラショウモンカズラ 1906
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-1105.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/13(月) 10:58:17|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

深山黄華鬘と紫華鬘

ミヤマキケマン (ケシ科キケマン属)
ムラサキケマン (ケシ科キケマン属)

実は豆の鞘(サヤ)状なのでマメ科ではとも思うのですが、深山華鬘でググるとケシ科となっています。
ケシ科といわれても所謂ケシの花とは大違いで全く似ておりません。
ウィキペディア(Wikipedia)でケシ科を見ると
「近縁な群としてケマンソウ科(コマクサ、ムラサキケマンなど)があり、これをケマンソウ(キケマン)亜科として含める場合もある(新エングラー体系など)。クロンキスト体系ではこの広義ケシ科をケシ目としている。現在のAGPIIIではケシ科に含めている。」
と書かれています。


ミヤマキケマン 1901


ミヤマキケマン 1902


ミヤマキケマン 1903


ミヤマキケマン 1904


ムラサキケマン 1901


ムラサキケマン 1902


ムラサキケマン 1903

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/11(土) 22:49:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

坪菫

ツボスミレ (スミレ科スミレ属)

とっても小さく、群生していないと目に入りません。
名前に付いている「ツボ」が漢字では坪か壺か迷うところです。
距が壺のように丸いので壺スミレかと思いがちですが、
庭(坪)に咲くスミレということから坪スミレが正しいらしい。
でもそんな紛らわしさを回避する為に「ニョイスミ」という名前を使う人もいる、らしい。

ツボスミレ 1901


ツボスミレ 1902


ツボスミレ 1903


ツボスミレ 1904


ツボスミレ 1905


ツボスミレ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/09(木) 20:06:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

菫細辛

スミレサイシン (スミレ科スミレ属)

名前は「細くて辛いスミレ」というから根が細くて辛いのかと思ってしまいます。
名前の由来は、葉がウマノスズクサ科の薄葉サイシンに似た葉形をしているからだそうです。
林道の法面に咲いていたものは、大株となって、まるでスミレのブーケのようでした。

スミレサイシン 1901


スミレサイシン 1902


スミレサイシン 1903


スミレサイシン 1904


スミレサイシン 1905


スミレサイシン 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/05/08(水) 18:38:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

とも旗祭り

10連休、毎日が日曜日の私にも長いなが~い連休でした。毎日タケノコ生活の老人はタケノコの皮の処理が大変です。
連休中にゴミ出しの日が3回もあるのでゆっくりと旅行にも行けません。
そこで日帰りで能登半島、能都町小木の春祭りに行ってきました。
漁業の町の氏神様の春祭りなのですが、大漁と漁の安全を祈願して、お神輿と二艘並べた小舟に20メートルほどの旗竿を取り付け、漁船で牽いて港内を巡航するという、ちょっと変わったお祭りです。





とも旗祭り 1901


とも旗祭り 1902


とも旗祭り 1903


とも旗祭り 1904


とも旗祭り 1905


とも旗祭り 1906

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/05/06(月) 22:54:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する