FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

毒空木

ドクウツギ (ドクウツギ科ドクウツギ属)

美味しそうだけど、食べてはいけません。
熟して黒くなっても食べてはいけません。
ドクウツギはトリカブト、毒セリと並んで日本三大毒草です。
葉や茎にも毒があるそうです。
どんな味なのか? と試食してはいけません。
最悪の場合、死に至ります。

ドクウツギ 1901


ドクウツギ 1902


ドクウツギ 1903


ドクウツギ 1904


ドクウツギ 1905


ドクウツギ 1906

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/29(土) 21:49:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

糊空木

ノリウツギ (アジサイ科アジサイ属 )

とっても地味な白い花です。
枝ぶりは空木ですが、花はガクアジサイです。
雰囲気はイワガラミのように地味でありながら清楚なたたずまいです。

ノリウツギ 1901


ノリウツギ 1902


ノリウツギ 1903


ノリウツギ 1904


ノリウツギ 1905


ノリウツギ 1906

http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-1109.html
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1776.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/27(木) 10:57:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

岩絡み

イワガラミ (アジサイ科イワガラミ属)

岩に絡みついて登っていくのでイワガラミの名が付いています。
イワガラミが絡みやすい道路の法面は、コンクリートになっており、大きな木の幹に絡みついていることが多くなっています。
額アジサイのように花序の外側を装飾花がガクのように囲っているのですが、花弁が1枚のため白い葉のように見えます。
昨年の花が枯れたままぶら下っていることもあります。

イワガラミ 1901


イワガラミ 1902


イワガラミ 1903


イワガラミ 1904


イワガラミ 1905


イワガラミ 1906


イワガラミ 1907


イワガラミ 1908


イワガラミ 1909

http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-1109.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/26(水) 09:16:48|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

山紫陽花  (2)

ヤマアジサイ (アジサイ科アジサイ属)

ヤマアジサイは半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育していることから、サワアジサイの名前もあります。
写真のアジサイは日当たりの良い場所に咲いていたのでヤマアジサイではないのかも知れませんが、
咲いているのが山地なのでヤマアジサイで問題ないでしょう。
額の赤い色が目を引き、両性花が可愛いです。

ヤマアジサイ 1907


ヤマアジサイ 1908


ヤマアジサイ 1909


ヤマアジサイ 1910


ヤマアジサイ 1911


ヤマアジサイ 1912


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/25(火) 21:53:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

山紫陽花 (1)

ヤマアジサイ (アジサイ科アジサイ属)

山アジサイと聞くと、山に咲いている野生のアジサイというイメージがありますが、鉢植えで売られている園芸種もたくさんあります。
山にはいろいろなヤマアジサイが咲いていていますが、私が好きな野生のアジサイは花弁が緑色の素朴なガクアジサイです。
一枝盗って庭に挿し木で増やそうかとも思うのですが、毎年山へ会いに行くのも良いかなぁとも思うのです。


ヤマアジサイ 1901


ヤマアジサイ 1902


ヤマアジサイ 1903


ヤマアジサイ 1904


ヤマアジサイ 1905


ヤマアジサイ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/24(月) 21:39:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

渦紫陽花

ウズアジサイ (アジサイ科アジサイ属)

一昨年に強剪定したので昨年は花を付けませんでした。
アジサイは花が終わったらすぐに花を切らないと翌年の花芽が出ません。
花芽が出るように花の下を切る程度では年々大きくなりますので、数年に一度はバッサリと刈込が必要です。
強剪定した翌年は枝が伸びるだけで、花芽は付きませんのでお花見はお預けです。
今朝雨が降ったので2年ぶりに撮りました。
アジサイには雨が似合います。

ウズアジサイ 1901


ウズアジサイ 1902


ウズアジサイ 1903


ウズアジサイ 1904


ウズアジサイ 1905


ウズアジサイ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/23(日) 20:30:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

玄圃梨

ケンポナシ (クロウメモドキ科ケンポナシ属)

地面に小さな花がたくさん落ちていました。
何の木だろうと見上げると沢山の小花が咲いていてポトンポトンと落ちています。
蝶や蜂が次々に訪れて栄養補給に余念がありません。
昆虫写真が撮り放題でした。

ケンポナシ 1901


ケンポナシ 1902


ケンポナシ 1903


ケンポナシ 1904


ケンポナシ 1905


ケンポナシ 1906


ケンポナシ 1907


ケンポナシ 1908


ケンポナシ 1909


ケンポナシ 1910


ケンポナシ 1911


ケンポナシ 1912

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/22(土) 20:17:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

軽自動車税納税期限切れ

愛車の三菱ケロッピーの納税通知書、昨年は突然督促状が届いて慌てて支払いましたが、ことしもいまだに納税通知書は届いていません。
ところが、先日BA3が「これ、あなたの分ね」と金沢市の納税通知書をくれました。昨年はBA3がゴミ箱に捨てていたのでしょう?
「をいをい! 納付期限が5月31日となっているし、支払うまで日割りで延滞金が生ずるとかいてあるよ。コンビニで受付けてくれるだろうか?」
納税通知書のコンビニ受付用バーコードの下に番号が振ってあって20190630となっています。多分6月30日まではコンビニで支払うことが可能の様です。まだ期限に余裕があるのですが、コンビニで支払ってきました。延滞金は取られませんでした。

このBA3は自分の乗っている車(名義は私)の税金も未だ払っていません。
来月廃車にすることにしたので、「税金は払わなくても良い」などとのんびりしたことを言っています。
ボーっと生きているんじゃね~よ!

先日BA3から「事故っちゃいました、レッカー車を手配したから立ち会ってほしいとの電話があり、炎天下に締め切った車内からシャクヤクの生花を救出しました。葉が萎れていましたが、花瓶に生けてしばらくしたら元気を取り戻して、数日後には開花しました。


↓見事に開花したエアーバッグ。
衝突安全装置 1901


↓助手席のシートベルトの取り付けボルトが曲がっています。プリテンショナーの作動で強力に引かれたようです。
衝突安全装置 1902


↓前部大破で衝撃吸収しています。
衝突安全装置 1903


昨年末に私が直したバンパーがもったいない。
衝突安全装置 1904


私が苦労して取り付けたエアロパーツがもったいない
衝突安全装置 1905



テーマ: - ジャンル:写真

  1. 2019/06/22(土) 14:22:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山桑の実

ヤマグワ(クワ科クワ属)の実

お蚕さまに食べさせる桑の葉は大きいですが、写真の桑の葉は小さいので山桑と思います。(山の河原に生えていたし)
実も昔食べた実よりも小さく、黒く熟した実は美味しいはずなんですが、さほど美味くありませんでした。
熟し方が足りないのか、トゲトゲの花柱の名残が食感を悪くしているのかもしれません。

ヤマグワの実 1901


ヤマグワの実 1902


ヤマグワの実 1903


ヤマグワの実 1904


ヤマグワの実 1905


ヤマグワの実 1906

テーマ:赤い実 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/20(木) 22:42:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

枇杷の実

ビワの実 (バラ科ビワ属)

近所の用水の上に枇杷が成っていました。
欠食児童のころ、他所んちの庭のを頂いた(もらった)のは美味しかったのですが、
スーパーで買って食べるとさほど美味しくありません。
口が肥えたのか? 安物は糖度が低いのか?
果物屋で売っている高級ビワの実の味はどうなんだろう?

用水の上のビワの実は誰の所有物なのでしょうか?
用水組合の所有でしょうか?
それとも、用水の敷地に隣接しているお宅の物でしょうか?
私が採って食べても良いのでしょうか?

枇杷は琵琶に似ているからビワと名付けられたようで、木辺が付いています。
琵琶は琴の一種なので上に王が二つ付いています。

枇杷の花は11月~12月頃に咲きます。
あまりきれいな花ではないので咲いていることすら気づきません。

ビワの実 1901


ビワの実 1902


ビワの実 1903


ビワの実 1904


ビワの実 1905


ビワの花 1901


ビワの花 1902


ビワの花 1903

テーマ:黄色い実 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/19(水) 22:10:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

蝋梅の実

ロウバイの実 (ロウバイ科 ロウバイ属)

梅雨の晴れ間に近所を徘徊しました。
枇杷の実が熟して美味しそうですが、他所のお宅の庭木に手を出してはいけません。
蝋梅の実も美味しそうです。
どれだけ熟しているのか?手で触ってみました。硬いです。
中はどうなっているのか見てみたいのですが、他所の畑の作物に手をだしてはいけません。

ロウバイの実 1901


ロウバイの実 1902


ロウバイの実 1903


ロウバイの実 1904


ロウバイの実 1905

↓以下の写真は昔のブログに掲載したもので、早春に撮ったものです。中にはゴキブリの卵がたくさん入っています。
ソシンロウバイ807

ソシンロウバイ808

ソシンロウバイ809

テーマ:黄色い実 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/17(月) 21:49:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

姫丸鰹節虫

ヒメマルカツオブシムシ (カツオブシムシ科マルカツオブシムシ属)

♪ 卯の花の 匂う垣根に時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ
夏は絹、冬はウール、どちらも虫食いには注意が必要です。
虫食いの虫はヒメマルカツオブシムシの幼虫です。
そもそも名前からして、鰹節を主食とする昆虫ではないでしょうか?

ヒメマルカツオブシムシ 1901


ヒメマルカツオブシムシ 1902


ヒメマルカツオブシムシ 1903


ヒメマルカツオブシムシ 1904


ヒメマルカツオブシムシ 1905


ヒメマルカツオブシムシ 1906

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/15(土) 21:37:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

瓜の木

ウリノキ (ミズキ科ウリノキ属)

瓜の木といっても、キュウリやメロンが成るわけではありません。ツメの木でもありません。
葉が瓜の葉に似ているから「ウリノキ」なのです。
日陰の斜面に沢山生えていて、葉が茂っていて花は見えません。
風が吹いて葉が裏返り、白い花がいっぱいぶら下っているのが見えました。

ウリノキ 1901


ウリノキ 1902


ウリノキ 1903


ウリノキ 1904


ウリノキ 1905


ウリノキ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/13(木) 22:22:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

どくだみ

ドクダミ (ドクダミ科ドクダミ属)

梅雨に似合う花はドクダミとアジサイだと思います。
庭の日当たりの悪い場所に群生して、取っても刈っても一向に減らない雑草です。
取るのをあきらめると益々蔓延って見事な群生となり、美しいと思えるようになります。
梅雨のこの時期、我が家の玄関口は見事な群生となっています。
「雑草取りもしない、不精な家」と思われてもかまいません。
でも白い花が茶色になったら全部引っこ抜いています。
地下茎があるので、翌年も咲いてくれます。

ドクダミ 1901


ドクダミ 1902


ドクダミ 1903


ドクダミ 1904


ドクダミ 1905


ドクダミ 1906
http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-1777.html

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/12(水) 22:48:41|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

三葉風露?

ミツバフウロ? (フウロソウ科フウロソウ属)

春なのにゲンノショウコが咲いている?
どうみてもゲンノショウコの花なのですが、
花柄が異常に長い。
ゲンノショウコの茎は細くて横に這っているのですが、
このゲンノショウコは異常に太い茎で立っています。
草丈は30~40cmもあります。
葉も異常に大きいです。
同定不能なのですが、ここに晒しておけば誰かが教えてくれるかも・・・・。

ミツバフウロ 1901


ミツバフウロ 1902


ミツバフウロ 1903


ミツバフウロ 1904


ミツバフウロ 1905


ミツバフウロ 1906


ミツバフウロ 1907


ミツバフウロ 1908


ミツバフウロ 1909

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/11(火) 23:00:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

雪ノ下

ユキノシタ (ユキノシタ科ユキノシタ属)

先日庭の雑草取りをしていて、絶滅したと思っていた雪の下をみつけました。
雑草の影で生き延びてきたので小さく花も咲いていませんでした。
増やして天ぷらにして食べようかな~。

写真の雪の下は、県道の法面に群生していたものです。
山菜として採取するなら、ここのを使いましょう。
砂利運搬のトラックが頻繁に通るので写真をとるのも命です。

ユキノシタ 1901


ユキノシタ 1902


ユキノシタ 1903


ユキノシタ 1904


ユキノシタ 1905


ユキノシタ 1906


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/10(月) 14:20:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

野薊

ノアザミ (キク科アザミ属)

「綺麗な花には棘がある」といいますが、ノアザミの花は美しいです。
ノアザミの棘はバラの様に幹や表皮が変化したものではなく、
動物の食害から身を守るために、葉の先端が堅く尖ったものです。

ノアザミ 1901


ノアザミ 1902


ノアザミ 1903


ノアザミ 1904


ノアザミ 1905


ノアザミ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/08(土) 21:19:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

虫取り撫子

ムシトリナデシコ (ナデシコ科マンテマ属)

緑化やグランドカバーに広範囲に種を播いたのでしょうか?
辺り一面真っ赤というほどの見事な群生した。
茎に粘着物質を付けているので、虫取りと名付けられていますが、
食虫植物ではありませんし、蚊より小さな虫がたまにくっ付いている程度です。
細い茎の割には花がたくさんついているので、茎どおしがくっ付きあって支え合う為なのでしょうか?

ムシトリナデシコ 1901


ムシトリナデシコ 1902


ムシトリナデシコ 1903


ムシトリナデシコ 1904


ムシトリナデシコ 1905


ムシトリナデシコ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/07(金) 23:55:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

薮手毬

ヤブデマリ (スイカズラ科ガマズミ属)

梅雨入り前の里山に白い花を咲かせて、小さな昆虫を引き寄せています。
山紫陽花のような派手さはありませんが、素朴な美しさを持っています。

ヤブデマリ 1901


ヤブデマリ 1902


ヤブデマリ 1903


ヤブデマリ 1904


ヤブデマリ 1905


ヤブデマリ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/07(金) 00:03:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

薄羽白蝶

ウスバシロチョウ (アゲハチョウ科ウスバシロチョウ属)

名前のとおり翅が薄い蝶です。
この蝶の目立った特徴は、交尾の後に雌は雄によって貞操帯(交尾嚢)を付けられて、
他の雄との交尾が出来なくなるところでしょう。
出遅れた雄は貞操帯が付いていようがいまいが、種の保存の為に彼方此方の雌に手を出して疲れ果てています。

ウスバシロチョウ 1901


ウスバシロチョウ 1902


ウスバシロチョウ 1903


ウスバシロチョウ 1904


ウスバシロチョウ 1905


ウスバシロチョウ 1906

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/05(水) 21:41:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白糸草

シライトソウ (シュロソウ科シライトソウ属)

白糸草とは関係ありませんが、「しらいとそう」と入力すると白井塗装に変換されます。(笑)
この花、ちょっと変わった花なので、花の構造を接写レンズで撮りたいのですが湿った崖に咲いていて、近寄れません。
花序には細い花弁の小花が沢山付いているようです。

シライトソウ 1901


シライトソウ 1902


シライトソウ 1904


シライトソウ 1903


シライトソウ 1905


シライトソウ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/03(月) 21:53:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

野原紫

ノハラムラサキ (ムラサキ科ワスレナグサ属)

小さい花ですが、とっても美しい花です。
よく似た花にキュウリグサやヤマルリソウがあります。
花の大きさはキュウリグサと同じくらいでヤマルリソウの半分くらいで、5mmと小さいです。

ノハラムラサキ 1901


ノハラムラサキ 1902


ノハラムラサキ 1903


ノハラムラサキ 1904


ノハラムラサキ 1905


ノハラムラサキ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/02(日) 22:08:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

キリ (キリ科 キリ属)

川原や廃村の山や畑に、紫色の花を咲かせた大きな桐の木が目立ちます。
昔はタンスや下駄を作るのに利用されたのでしょうが、
山奥の崖地や車も入らない川原では伐採もできないのでしょう。
新緑の山にはフジとキリの薄紫の花が映えて美しいです。

キリ 1901


キリ 1902


キリ 1903


キリ 1904


キリ 1905


キリ 1906

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2019/06/01(土) 22:49:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する