FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

トビ (タカ科トビ属)

トビなのかトンビなのかタカなのかワシなのか分かりませんが、
魚市場の屋根に止まっていたし、羽の模様は皆同じだしトビでしょう。

トビ 2001


トビ 2002


トビ 2003


トビ 2004


トビ 2005


トビ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/28(金) 21:49:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

嘴細烏

ハシボソガラス (カラス科カラス属)

黒くて美しい鳥です。
漢字で烏(カラス)と書いても鳥(とり)と同じ様に見えますが。
の違いがあります。
象形文字にすると烏(カラス)には目がありません。
黒い頭に黒い目だから目がないように見えるということのようです。
烏は、童謡「七つの子」でお馴染みの母性愛の象徴です。
頭も良く、近所の人がゴミを漁っているカラスを追っ払ったところ、プランターの花の苗を全て引き抜かれたそうです。

ハシボソガラス 2001


ハシボソガラス 2002


ハシボソガラス 2003


ハシボソガラス 2004


ハシボソガラス 2005


ハシボソガラス 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/27(木) 21:36:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

青鷺

アオサギ (サギ科アオサギ属)

灰色のサギを青サギというのは詐欺だぁ!
と思っていたのですが、よく見ると薄青い色もあるではないか(1枚目)
2枚目以降は背景が青空なのでサギは青色には見えません(´・_・`)

amazonでマスクを調べたら10000円以上でした。
これはサギです。

アオサギ 2001


アオサギ 2002


アオサギ 2003


アオサギ 2004


アオサギ 2005

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/26(水) 16:28:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

白鷺

シラサギ (ペリカン目サギ科)

シラサギとは、ダイサギ、チュウサギ、コサギなど白いサギの総称です。
白いサギを撮ったけど、大か?中か?小か?同定できない時に使う便利な呼称です(・Д・)ノ

シラサギ 2001


シラサギ 2002


シラサギ 2003


シラサギ 2004


シラサギ 2005


シラサギ 2006


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/25(火) 17:00:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

川秋沙

カワアイサ (カモ科ウミアイサ属)

連休最後の日、天気が良いので近所の小川の土手を散歩していたら、カワアイサを見つけました。
メスのみ一羽でしたが、しつこく付きまとって撮りまくりました。
先月別の小川で撮ったオスも一緒に載せました。
オスよりメスのほうが美しいです。

カワアイサ 2001


カワアイサ 2002


カワアイサ 2003


カワアイサ 2004


カワアイサ 2005


カワアイサ 2006


カワアイサ 2007

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/24(月) 18:25:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

カイツブリ (カイツブリ科カイツブリ属)

尾羽が短いのか無いのか分からない。
飛べるのか飛べないのかも分からない。
雄なのか雌なのかも分からない。
成鳥なのか幼鳥なのかも分からない。
潜って魚を捕ることは分かった。

カイツブリ 2001


カイツブリ 2002


カイツブリ 2003


カイツブリ 2004


カイツブリ 2005


カイツブリ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/23(日) 21:47:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

冠鳰

カンムリカイツブリ (カイツブリ科カンムリカイツブリ属)

なかなか撮るのが難しい鳥です。
ピント合わせをしているうちに潜ってしまい、浮き上がるのはかなり遠くです(´・Д・)」。
冬羽は冠が貧弱ですが、夏羽は見事らしいです(見たことが無い)。
19世紀末、この立派な羽根を採るために大量に捕獲したために絶滅が危惧され、
カンムリカイツブリを守ろうと英国王立鳥類保護協会が設立されたそうです。
Wikipediaのコンニャクによると
『英国王立鳥類保護協会の起源は2つの女性グループにあり、どちらも1889年に形成されました。PlumageLeague は、エミリーウィリアムソンによってマンチェスターのディズベリー(現在はフレッチャーモス植物園)の家で設立されました。カンムリカイツブリとキティウェイクの毛皮と毛皮の衣類での羽毛の使用に反対するキャンペーン。ファー、フィン、フェザーフォークは、エリザフィリップス、エッタレモン、キャサリンホールなどによってクロイドンに設立されました。これらのグループは人気を集め、1891年に合併してロンドンの鳥類保護協会を設立しました。協会は1904年に王立憲章を取得しました。』

カンムリカイツブリ 2001


カンムリカイツブリ 2002


カンムリカイツブリ 2003


カンムリカイツブリ 2004


カンムリカイツブリ 2005


カンムリカイツブリ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/22(土) 18:03:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

巫女秋沙

ミコアイサ (カモ科アイサ属)

暖かな日になると川土手を散歩の老人に混ざって「白い巨塔」とか「黒い巨峰」を担いだ鳥撮りが出没します。
照準器を付けたバズーカ砲を持ったゲリラも出没します。
でも獲物は確実に減ってきました。珍しい渡り鳥は北帰行を始めたのでしょう。
わたしもリハビリの為に川土手を徘徊して、遠くの白い水鳥を撮ってみました。
肉眼では同定不能ですが、パソコンでトリミングすると巫女秋沙でした。
空飛ぶパンダみたいです。

ミコアイサ 2001


ミコアイサ 2002


ミコアイサ 2003


ミコアイサ 2004


ミコアイサ 2005


ミコアイサ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/20(木) 19:38:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

葦鴨 (雌)

ヨシガモのメス (カモ科マガモ属)

ヨシガモのオスは特徴がハッキリしていて同定は簡単です。
では、メスはどのような特徴があるのでしょうか?
どれがヨシガモのメスなのか? はっきり言って全く分かりません。
番い(つがい)でいる時のオスでない方がメスなのでしょうね(^-^)/。

ヨシガモ♀ 2001


ヨシガモ♀ 2002


ヨシガモ♀ 2003


ヨシガモ♀ 2004


ヨシガモ♀ 2005


ヨシガモ♀ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/18(火) 17:39:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

嘴広鴨 (エクリプス)

ハシビロガモ (カモ科マガモ属)

先月アップしたハシビロガモは採石場の水たまり(貯水池?、用水池?)で撮ったもので、遠くて肉眼ではよく見えなかったのですが、
最近近くの小川でよく見かけるのは肉眼でも確認できます。
それでも雌雄の違いは確認できません。
エクリプス期(元に戻る場合)の雌雄確認は目を見れば分かるとのことなので、強引にトリミングしてみました。
わっかるかな~ わかんないだろうな~ 。
『ハイッ! 分かりません』

ハシビロガモ 2011


ハシビロガモ 2012


ハシビロガモ 2013


ハシビロガモ 2014


ハシビロガモ 2015


ハシビロガモ 2016


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/15(土) 11:37:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

川鵜

カワウ (ウ科ウ属)

コンドルではありません、鵜の繁殖羽根です。
中州の木に止まっている鵜を、望遠レンズで撮って確認したら、
止まり木が鵜の頭でした??
いずれも安物レンズで撮って無理やりトリミングです。

カワウ 2001


カワウ 2002


カワウ 2003


カワウ 2004


カワウ 2005


カワウ 2006


カワウ 2007

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/12(水) 10:04:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

豊後合鴨

ブンゴアイガモ (カモ科マガモ属)

柴山潟の餌場に今年もマガモ紛いの鴨の番い(つがい)がいて、胴長短足で飛べない様で、どうも昨年と同じ番いの様です。
昨年、同定に迷ってアオクビアヒルとしましたが、
先日アイガモをググっていたら、
『ぶんご合鴨は、マガモの味の良さ、青首アヒルの太りの良さ、カーキーキャンベルの産卵とふ化率の良さを兼ね備えた大分県オリジナルの合鴨で、肉質が軟らかくて美味しい』と載っていました。

ブンゴアイガモ 2001


ブンゴアイガモ 2002


ブンゴアイガモ 2003


ブンゴアイガモ 2004


ブンゴアイガモ 2005


ブンゴアイガモ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/09(日) 20:52:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大鷭

オオバン (クイナ科オオバン属)

クチバシと額が白く眼が赤いのが特徴で、あとはカラスと同じ。
と、思っていましたが、風切り羽の端が白いことを見つけました。
近所の小川のは、人馴れしていて近づいても飛び立たないのですが、
禁漁区のオオバンは飛び立ちました。

オオバン 2001


オオバン 2002


オオバン 2003


オオバン 2004


オオバン 2005


オオバン 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/06(木) 21:33:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

星羽白

ホシハジロ (カモ科ハジロ属)

どうしてこのような名前をつけたのでしょう?
キンクロハジロと同じような分かりやすい名前をつけて下さればよかったのにぃ。
例えば、朱茶羽白とか赤緋羽白とか・・・・。
どこに星があるのかアップしてみましたが良く分かりません。
少女漫画のように瞳に有るのでしょうか?

ホシハジロ 2001


ホシハジロ 2002


ホシハジロ 2003


ホシハジロ 2004


ホシハジロ 2005


ホシハジロ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/05(水) 17:49:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

印判皿

印判皿は、骨董店で売っている昔の転写絵付けの皿です。

今朝食器洗い中に、煮物を入れるBA3のお気に入りの皿を割ってしまいましたぁ~。
たった2枚しかない桜と菊模様の皿ですからすぐバレます。
「お菊や、皿が一枚足りませんよ」って言われたらどうしましょう。
飛び込む井戸もありませんし~。
気づかれないように接着剤でくっつけました。
100円ショップで売っている瞬間接着剤ですが、
名前がすごい「Strong Super Glue -Professional High Glade Type」です。
見た目は綺麗にくっつきましたが、強度は不明です。
間違っても、くっ付いているかどうかを試してはいけません。
奥様が落とすのを待ちましょう。

印判皿 2001


瞬間接着剤 2001


印判皿 2002


印判皿 2003

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2020/02/03(月) 16:14:01|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

尾長

オナガ (カラス科オナガ属)

遠くて良く分からないオナガガモを撮るのを諦めて、野鳥観察舎から出たところ、向かいの藪に青い鳥が数羽いました。
「オナガかも?」と野鳥観察舎に戻って撮りました。
薄青い鳥なので「幸せの青い鳥」ではなく、「薄幸の青い鳥」でしょうか?
遠いし小さいので、最大限にトリミングしました。

オナガ 2001


オナガ 2002


オナガ 2003


オナガ 2004


オナガ 2005


オナガ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/02(日) 21:40:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する