FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

尾長鴨

オナガガモ (カモ科マガモ属)

野鳥のブログで鳥料理を話題にするのは不謹慎なのですが、
オナガガモは、カモを食肉と思っている人にとっては美味しい鳥なのだそうです。
金沢にはカモの治部煮という郷土料理がありますが、この料理に使うのはマガモだそうです。
加賀大聖寺藩の伝統的な狩猟方法で捕らえたカモはラムサール条約で保護された片野鴨池から飛んでくるカモで、
大聖寺の料亭の名物料理です。
我が家でも時々鍋料理にカモ肉を使いますが、カモの種類は分かりません。

オナガガモ 2101


オナガガモ 2102


オナガガモ 2103


オナガガモ 2104


オナガガモ 2105


オナガガモ 2106



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/27(土) 22:31:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サギ (サギ科)

昨年末に迷惑電話やサギ防止の為に電話器の設定を留守電にしました。
携帯電話の普及によって固定電話に掛かってくることはほとんどないのですが、
先日留守電に、
「西警察署交通課の○○です、先日の事故の件で・・・・、また電話します」というメッセージが残されていました。
事故を起こした記憶もないし、事故を目撃した記憶もありませんので無視していたところ、
先日、お巡りさんが訪ねてきました。警察手帳を提示しましたが、本物かどうか疑わしいです。
「事故の目撃者を探しています。事故の時刻に現場を通る緑色の車のを調べておりまして、何度かお電話差し上げたのですが・・・・・」
比叡~!、私のこと疑っているのでは内科外科耳鼻咽喉科・・・・・。
警察からの留守電を無視してはいけません。

とにかく、近頃は詐欺が多いので注意が必要です。
サギにもいろいろありまして、
薄い灰色にしか見えないのに、アオサギという名前のサギがいますが、これも特殊詐欺なのでしょうかね?
アオサギとシロサギぐらいの見分けは出来るのですが、
シロサギがダイサギかチュウサギかコサギかはよく分かりません。


サギ 2101


サギ 2102


サギ 2103


サギ 2104


サギ 2105


サギ 2106


サギ 2107


サギ 2108

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/22(月) 10:52:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

葦鴨

ヨシガモ (カモ科マガモ属)

メスはいたって地味ですが、
オスは派手でナポレオンハットと長い羽が特徴です。
尾羽のように見える長い羽は、三列風切羽で翼の付け根付近に生えている羽です。


ヨシガモ 2101


ヨシガモ 2102


ヨシガモ 2103


ヨシガモ 2104


ヨシガモ 2105


ヨシガモ 2106


ヨシガモ 2107


ヨシガモ 2108

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/18(木) 21:58:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

真鴨

マガモ (カモ科マガモ属)

飛来数が多いと言われるマガモですが、近所の川では見かけないので、河北潟や柴山潟でないと見られません。
晴天で暖かな日の湖での野鳥観察は命の洗濯にもなって、コロナ過の日常を忘れさせてくれます。

マガモ 2101


マガモ 2102


マガモ 2103


マガモ 2104


マガモ 2105


マガモ 2106

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/14(日) 18:21:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

羽白鳰

ハジロカイツブリ (カイツブリ科カンムリカイツブリ属)

野鳥観察舎の黒板の今日のメニュー?にハジロカイツブリと書いてあったので湖面を見てみると、普通の茶色いカイツブリが泳いでいました。
どこがハジロなのと見ていると黒っぽいカイツブリが浮かび上がりました。
黒っぽいですが確かに白い部分もあります。
ネットでググるとハジロカイツブリというカイツブリもいるようです。
でも「カイツブリ属」ではなくて「カンムリカイツブリ属」なのです。
なんでだろう?

ハジロカイツブリ 2101


ハジロカイツブリ 2102


ハジロカイツブリ 2103


ハジロカイツブリ 2104


ハジロカイツブリ 2105


ハジロカイツブリ 2106


ハジロカイツブリ 2107


ハジロカイツブリ 2108

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/09(火) 20:28:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

冠鳰

カンムリカイツブリ (カイツブリ科カンムリカイツブリ属)

潜水時間が長いので何処に浮上するか予測しずらいのですが、
橋の上から狙っていたら撮り易い場所に浮上しました。
普段は遠くて鮮明に撮れなかったので、幸運でした。

カンムリカイツブリ 2101


カンムリカイツブリ 2102


カンムリカイツブリ 2103


カンムリカイツブリ 2104


カンムリカイツブリ 2105


カンムリカイツブリ 2106

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/06(土) 10:44:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

軽鴨

カルガモ (カモ科マガモ属)

鳥類はオスがメスより格段に美しいとされていますが、カルガモは雌雄の判別がつかないほど似ています。
美しさも珍しさもあまり感じないので撮り甲斐もないのですが、近所の用水に年中住んでいて、撮るものが無い時には撮っちゃいます。
漢字で「軽鴨」と書くと名前の由来など気になるところですが、上記のように私から軽く見られる鴨だから・・・、ではありません。
万葉集で「軽の池」の鴨と歌われていることに由来しているとか・・・・。


カルガモ 2101


カルガモ 2102


カルガモ 2103


カルガモ 2104


カルガモ 2105


カルガモ 2106

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/03(水) 17:36:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

(続) ノーリツ石油給湯機 OQB-407F

昨年末に修理した石油給湯器が不調です。
前回は水漏れでしたが、今度は電子回路の異常です。
症状は、お湯を止めると時々ボイラーから「ファァー」と大きな音がしてエラーコード「71」となります。
説明書によると、エラー71は「電子回路不良なのでサービスセンターへ連絡」となっています。
ネットでググると「電装基板異常」、「空焚き安全装置作動」、「接点の溶着」などがヒットします。
エラーの解除は台所の給湯器モニターの運転ボタンを押して「切」→「入」するだけなのですが、厳冬期に裸で何度も風呂から台所へいくのは面倒です。
モニターでメンテナンス情報を確認すると、03-1390 通電時間が139000時間ということで、使用年数を計算しますと139000÷24=5,791.66÷365=15.8 ということは15.8年 納入が2004年だから約16年使用していたことになります。
奥様に「もう寿命だから 買い替えに20万円程かかるんですけどぉ、大丈夫?」とお願いすると、
「もう古希(体がコキコキする年齢)なのに20万円で新しくなるなら安いわねぇ~」と相手にしてもらえません。
しかたがないので、自分で直すことにしました。

↓先ずは台所に取り付けてあった給湯器のモニターをお風呂の窓を開けると操作できる場所に仮設しました。
ノーリツ石油給湯機 OQB-407F 2101

↓エラー71は電装基板の接点の溶着ということなので電磁ポンプのリレーが濃厚接触していると思われます。
電子基板に実装されている立石電機のリレーをモノタロウで注文しました。
リレーを交換してもダメなら給湯器本体を交換する必要から本体も注文しました。70%引きとお安いので奥様がだしてくれないのならと私のヘソクリから出しました。
ノーリツ石油給湯機 OQB-407F 2102

↓電装基板には3個のリレーが並んでいます。
ノーリツ石油給湯機 OQB-407F 2104

↓基盤の裏側からリレーの半田を外しました。
ノーリツ石油給湯機 OQB-407F 2105

↓リレーを外しました。
ノーリツ石油給湯機 OQB-407F 2106

↓リレーを交換しました。直ったかどうか分からないので当分モニターは元に戻せません。
ノーリツ石油給湯機 OQB-407F 2107

↓厳冬期に水道工事はしたくないので、交換用給湯器は暖かくなったら交換することとして軒下に保管しています。
ノーリツ石油給湯機 OQB-407F 2108

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2021/02/01(月) 22:34:08|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する