FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

イネ (イネ科 イネ属)

稲から米になるまで八十八手間かかると言いますが、機械化された今でもそうなんでしょうか?
一粒のモミが茶碗いっぱい(千粒)のご飯になるといいますが、植物の生産力と人間の労働によって美味しいご飯が食べられるんですね。
一粒からご飯になるまでとはいきませんが、稲の開花を撮ってみました。ほんの20分ほどのドラマです。



稲には花びらがありません。
二つに割れた籾(モミ)の間から6個のオシベが出てきます。オシベの透明な花糸にくっついている黄色い粉が花粉です。
メシベはモミの基部にあってオシベの花粉が落ちてくるのを待っています。下写真では花粉を受けて黄色くなったメシベが見えています。
スイトウ801



下の写真の中央部のオシベは葯の中に花粉が詰まっています。
写真上部の閉じた籾から出ている肌色の葯は花粉が出尽くした昨日のオシベです。
写真右下の開いた籾から出ている白い葯は花粉が出尽くして空っぽになった今日のオシベです。
スイトウ802



稲の開花は晴れた日の午前10時頃です。
稲の穂の全部がいっせいに開くわけではありません、何日かに分けて数粒づつ開きます。
開花に要する時間はわずか20分ほどです。
受粉が終わると籾は閉じて米粒になるまで実を守ります。
10時9分41秒、少し開き始めました。
スイトウ800_100941


10時12分14秒オシベが顔を出し始めました。透明の毛のようなメシベも見えます。
スイトウ800_101214


10時16分43秒、オシベが籾から完全に出ました。
スイトウ800_101643




オシベの葯は縦に切り目が入ったウインナーが背中合わせでくっついているような形をしています。
葯の上下の切り目の部分が先に開き始めるので花粉は下に落ち始めます。
スイトウ800オシベ01



稲は風媒花といわれていますが、風が無くても自花受粉します。
遺伝学的には他の花の花粉で受粉する方が理想的なのですが、食べる側(人間)にしてみれば自花受粉の方が純粋で美味しい御米ができるわけです。
スイトウ800オシベ02




メシベは籾の外へはあまり出ていません。イネ科の他の属では風媒花として、より花粉を受けやすいようにメシベが穂から大きく飛び出たものが多いですが、稲の場合はさほど出ていません。
スイトウ800メシベ01


風媒より自花受粉の方が美味しい御米ができるのであれば、なにも開花する必要はなく、開花せずに受粉する稲も研究中だということです。
スイトウ800メシベ02

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/07/24(木) 21:30:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<烏瓜 | ホーム | 木槿>>

コメント

感動のドラマを観察 ありがとうございます。
赤米 黒米 コシヒカリの種子をいただいて 育てたことがあります。
ちゃんとおコメができた時は感動でした~
おにぎりにするくらいは収穫できました~
美味しかったです。
おるごどん さんて素晴らしい観察をされるのですね~
改めて 尊敬です。v-8
  1. 2008/07/24(木) 22:39:21 |
  2. URL |
  3. pole pole #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

感激です。
すごいドラマです。
タダ”アオアオ”とした田んぼにそんなドラマがあったなんて…
だって≪稲に花が咲く≫という感覚さえなかったのですから…
有難うv-237
  1. 2008/07/25(金) 01:58:18 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

pole poleさん
おはようございます

私はただの変態ですが
pole poleさんは、籾の一粒からお米になるまで育てて、食べちゃったv-12
八十八手間かかりましたでしょうか?
そんなに苦労して大切に育てたらもったいなくて食べられないですねv-8
毎日食事のたびに、お米と農家の皆さんに感謝しなくてはいけません。
「もったない」「ありがとう」のことばが自然とでてきますねv-421
  1. 2008/07/25(金) 07:24:47 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

kaachさん
おはようございます。

鍬で田を耕し、早乙女が、一本一本手植えして、草取りして、一株づつ鎌で刈り取って、干して、脱穀して、精米して・・・・
それを知っているか否かでご飯の味が違ってきます。
コメの花など撮っているのは役立たずの変人です。
  1. 2008/07/25(金) 07:41:38 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1021-77e257a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する