FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

小哨吶草

コチャルメルソウ (ユキノシタ科・チャルメルソウ属)

♪チャララ~ララ チャラララララ~
どれがガクやら花弁やら・・・・

コチャルメルソウ901



コチャルメルソウ902



コチャルメルソウ903



コチャルメルソウ904

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2009/03/24(火) 23:12:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<嫁入り | ホーム | 北陸猫の目草>>

コメント

ネコノメソウもいいけど このコチャルメルソウ! 本当に面白いですよね。
自然の造詣って実に不思議です!
色合いもとっても素敵です!
私も逢いたい!v-8
  1. 2009/03/25(水) 00:07:37 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

な~~んじぁこの花は?
摩訶不思議…
それに名前もふ・し・ぎ
  1. 2009/03/25(水) 00:50:29 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

あっ同じ物だ!
奇遇ですね、って言うか季節物のUPは早いか遅いか、ですね。
よく撮れてますね、流石です♪
うちのは、蜘蛛の糸巻きでしたv-8
  1. 2009/03/25(水) 07:36:22 |
  2. URL |
  3. 九ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

fairy ringさん
こんばんは
都会の街中では逢えないでしょうねv-239
沢沿いの湿地に群生しているんですよ。
ネコノメソウもコチャルメルソウも花も目立たなくて知らない人から見れば雑草ですね。
なぜ花びらがこのような形になったのか調べて見るのも面白いかもv-8
  1. 2009/03/25(水) 22:47:32 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

kaachさん
こんばんは
チャルメラの漢字は「哨吶」なんです。
百科事典マイペディアの解説 - 中国のオーボエ属の管楽器。中国語ではスオナー。ソーナーとも。中央アジア起源。渡来した当初(16世紀初めころ)は軍楽に,後には劇音楽や民謡,民俗舞踊に・・・
ということです。
花の形が「哨吶」に似ているからというのですが、似ていないようなv-8
  1. 2009/03/25(水) 22:58:52 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

九ちゃん
こんばんは
そちらでは一歩歩くごとに違う花が咲いているようでうらやましいですね。
こちらでは一日中山野を探し回っても花らしきものに出会う機会が少ないです。
従いましてこのような山の雑草でさえ後生大事に撮っているのでございます。v-509
  1. 2009/03/25(水) 23:04:19 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1267-24793b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する