FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

小改造!! 非劇的ビフォーアフター(床の基礎)

大改造!! 劇的ビフォーアフターでは、「匠」のネットワークを駆使し資材のコストダウン を行っているそうですが本当かどうかは分かりません。
小改造!! 非劇的ビフォーアフターの「匠」のネットワークはオークションのみです。とりあえず庭側には透明で網戸付き、物置側には型ガラス(半透明)入りの既存のアルミサッシ窓を2個注文しました。その他の材料は近所のホームセンターで揃うので自家用車で運搬する予定でした。
ところが劇的のはずが悲劇的な事態が発生しました。
奥様が交通事故で自家用車をデンタルオフィス=歯医者=廃車にしてしまったのです。代車は軽自動車です。
「をいをい、材料が運べないじゃないか、どうしてくれるんだ!」
「何を心配してるのよ、DIYと私とどっちが大切なのよ!」
ということで奥様はしばらく実家に帰らせていただきますと整形外科に入院してしまいました。
材料運搬はホームセンターのトラックを貸してもらいました。90分以内ならレンタル料が無料です。柱や構造合板や外装パネルなどを買って、家まで運んで降ろした後、床材を買うために別のホームセンターへも行ってきましたので10分ほどオーバーしましたが、ガソリン代も要らないのです(感謝感激)

前置きが長くなりましたが早速作業工程を説明しましょう。

↓①離れの玄関が一段高くなっていてその両脇にタイル張りの出っ張りがあって床を張った上に出っ張るのでハツラなくてはなりません。どうせハリボテで木の上にタイルを貼っただけだろうとタイルをハンマーで叩いて割ることにしました。ところがコンクリートの上にタイルを貼ってありました。鏨(タガネ)とハンマーで砕こうとしましたが時間が掛かるばかりでちっとも削られません。やむなくダイヤモンドカッターで切り取ることにしました。この方法でも一度に少しづつしか切り取れませんので丸一日掛ってしまいました。おまけに粉塵がひどくて屋根の上まで黄砂が降ったように白くなりました。匠の肺の中も塵肺でいっぱいになりました。予定外でした。
ハツリ


↓②新設の廊下は母屋の縁側と接続するので同じ高さにしなくてはなりません。基礎となる大引きの高さは床上面から床板の厚さ-15mm 床下地合板-12mm 根太-45mmの計72mm下げた位置に設置しなくてはなりません。母屋との接合部は簡単に位置決めできますが、離れ側の高さを正確に母屋側と同じ高さにするにはどうするか、安物の水準器では正確に測定することができません。そこで透明ビニールホースに水を入れて両端の水面の高さが一定となる原理を利用して位置決めしました。ピラミッドの基礎もこの原理で測定したそうです。
水準器


↓③大引き(土台となる横置きの柱)は高さ調整ができるプラスチックの束(ツカ)で支えることにしました。上からの支えは根太(垂木)で止めました。これで大引きは上にも下にも動かなく所定の位置に固定されたはずです。ホゾは加工が面倒だし、高さの位置調整ができないので却下です。
束(ツカ)


↓④母屋側の接合部の大引きは廊下の中心部を貫く大引きと交わるのでプラスチック束が使えないので金属の束を使いました、これもネジ式で高さ調整ができます。この大引きは離れと廊下の間に隙間が出来ないようにきっちりとサッシ枠の下にはめ込んであります。
大引き


↓⑤廊下を付けるときに奥様のご意見をお聞きしたところ、「離れに別居した亭主が勝手に母屋に入って来てはこまるので母屋側から窓を閉めて鍵が掛けられるように、既存の窓は開け閉めできるようにする様に」とのご要望がありましたので窓は残したまま廊下を接続しなくてはなりません。既存のサッシのレールを切り取ることができないので、網戸のレールだけを削り取ってその上に床の下地合板がかぶさるようにしました。柱とサッシ枠の間に隙間が開きますと風が通りますので、間に半円形のゴムチューブを貼りました。
これで私たち夫婦のように着かず離れず隙間風が通らない理想的な接合部となることでしょう。
サッシとの接合部(床).


↓⑥新規に追加した母屋との接合部の柱には加重が掛からないので簡易な接合金物を使って接合してあります。本物の大工さんならホゾを切って接合するのでしょうが、どうせ天井板と内壁に隠れる部分ですから手抜き工事をしました。
サッシとの接合部(天井)


↓⑦ハツリ(根太の右側に白く写っているのがハツったコンクリートの部分)で苦労した離れの玄関ですが、こちらはシッカリしたコンクリートの上にタイルが貼ってありますので頑丈です。しかし排水性を考えて斜めに作られているので根太を縦方向に斜めにカットしなくてはなりませんでした。タイル面も一枚一枚高さが微妙に違うので根太の高さ調整のカットに半日掛かりました。
離れ入り口の基礎部


↓⑧ようやく基礎構造が出来上がりました。
完成した基礎1


↓⑨母屋側の基礎
完成した基礎と柱(母屋側)


↓⑩離れ側の基礎
完成した基礎(離れ側)



テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2009/05/25(月) 23:21:57|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<小改造!! 非劇的ビフォーアフター(根太、下地板の貼り付け) | ホーム | 小改造!! 非劇的ビフォーアフター(Before)>>

コメント

あらぁ~~
えらい大工事ですね。
これは一年ががりじゃありませんか…
休日毎に作業してもえらいこってすわ。
がんばれぇ大工さん
  1. 2009/05/26(火) 00:38:02 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

なんとまぁ~だいそれたことをお始めになられたのですね~~
すごいです!
本格的ですね。
お休み度ごとに暫くは頑張らないといけませんね。
もうすぐ梅雨になってしまうし・・・
お体を壊さないよう頑張ってください。
あ~しよう! こうもしたい! などと夜も眠れないほど考え込まないでくださいね。
お仕事がありますから~~
  1. 2009/05/26(火) 17:23:24 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

kaachさん
こんばんは
ご声援、応援ありがとうございます。
これって趣味なのでちっとも苦労と思わないのですね。
時間さえあれば家だって建てるかもしれませんね。
雪が降る前までに完成すればよいんですから、どうってことありません。
ただ他のことが出来ないので体がもう一つ欲しいです。
  1. 2009/05/26(火) 23:48:17 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

fairy ringさん
こんばんは。
創造的な作業は楽しいですね、一工程が終わるごとに出来上がった喜びがあります。
写真撮りでもバドミントンでも会社の仕事でも味わえない充実感があるのです。
もともと屋根はありますから梅雨になっても大丈夫です。
この程度のことで夜も眠れないということはありません。眠れない原因は奥様の交通事故の罰金と車のローンです。
嗚呼、頭が痛いv-8
  1. 2009/05/26(火) 23:56:38 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1325-a936df55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する