FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

狐の孫

キツネノマゴ (キツネノマゴ科キツネノマゴ属)

お稲荷さんは田んぼの稲穂が金色の狐の尻尾に見えるところから信仰の対象となったのですが、その田んぼの畦に生えている雑草の花穂が小さな小さな狐の尻尾に似ていることから狐の孫と名付けたのでしょう(たぶん)
狐の孫の下唇にはお爺さんのように髭が生えていて、蕾は金色のゴマ粒のように見えることから「キツネのゴマ」とか「キツネのタマゴ」とか呼ぶ人もいるようです(嘘です)。

花が小さくて構造が分りにくいのでトリミングして拡大して見ました。
オシベの花糸は上唇の縁に沿って奥の方から先端に向かって伸びており、その先に袋状の葯があります。この葯袋が狐の目玉に似て、花が狐の顔に似ていることから狐のマゴと名付けられたと勘違いする人もいます(おるごどんがそうです)。
メシベはオシベの葯の間に見えるノド○ンコで、花の奥から上唇の中央に沿って花の奥から伸びています。ノド○ンコの奥にも二股に分かれたノド○ンコが見えますがこれは葯の尻尾がたまたま重なって見えているだけです(気にしない気にしない)。

キツネノマゴ901



キツネノマゴ902



キツネノマゴ903



キツネノマゴ904



キツネノマゴ905



キツネノマゴ906



キツネノマゴ907

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2009/10/26(月) 18:36:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<LCX-MT22 (AIWA 2002年製) | ホーム | ドアクローザ (RYOBI ドアマン S-101P)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1440-4d9ba03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する