「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

近畿延胡索

キンキエンゴザク (ケシ科キケマン属)

昨年まではヤマエンゴサクだと思っていたのですが、苞葉が櫛の歯状に切れ込む特徴からキンキエンゴサクとしました。キンキエンゴサクの苞葉の方がヤマエンゴサクより細かく切れ込むようです(写真5,8)

キンキエンゴザク1001



キンキエンゴザク1002



キンキエンゴザク1003



キンキエンゴザク1004



キンキエンゴザク1005



キンキエンゴザク1006



キンキエンゴザク1007



キンキエンゴザク1008



キンキエンゴザク1009



キンキエンゴザク1010

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/13(火) 23:13:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<深山黄華鬘 | ホーム | 小米柳>>

コメント

あらぁ
複雑な“作り”がよーく解る
最後なんかラインダンスしてるみたい…
  1. 2010/04/14(水) 01:22:29 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

流石

おはようございます!

良く観察されますね♪
そんなのも有るンですね。
次回出合った時その辺りを気をつけて見ましょう。
ありがとうございました。
  1. 2010/04/14(水) 06:19:03 |
  2. URL |
  3. 九ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

kaachさん
こんばんは。
草丈10センチ程の柔らかい草が半日陰の山地を覆っているんです。
花色は蕾から花後にかけて臙脂から薄い青紫へと変化していきます。
寝そべって花の目線でみると、まさに春を謳歌して踊っているようですね。
  1. 2010/04/14(水) 22:39:53 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

九ちゃん
こんばんは。
流石と言われても、ネットの世界はコピー&ペーストの世界ですから・・・v-12

ヤマエンゴサクとキンキエンゴサクの見分けはほとんど付かないということですが、ヤマエンゴサクは種子が平滑なのに対し、キンキエンゴサクは種子のふちに微細な乳頭状突起があるそうです。このあたりのエンゴサクを観察した人のブログでは顕微鏡で微細な突起を確認したそうです。
しかし、そこまでして同定する必要を感じないおるごどんです。
  1. 2010/04/14(水) 23:00:21 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1579-f982a223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する