「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

姫風露

ヒメフウロ (フウロソウ科フウロソウ属)

繁殖力が旺盛で我が家では雑草扱いです。
コンクリートの割れ目や砂利の隙間などに根を差し込んで根上の松のように生えています。
枝分かれして次から次ぎと咲きますが、開花に時間差があって先に咲いた花は五列したメシベだけだったり、後から咲いた花はメシベが未熟でオシベだけのように見えたりで、雌雄同株と勘違いします。
毎年撮っているのに良く分からなくて、今回は念入りに観察してみました。
結論から言うと雌雄同株でも雌雄異株でもありません、ごくありふれた普通の花でした。
花弁は5枚、オシベが10本、メシベが1本です。

以下、写真を使って説明します(写真が小さくて見づらい場合はクリックすると多少大きくなります)


↓花が開くと10本のオシベのうち内側の5本が先に熟して中央に寄り集まります。
この写真では中央に赤く見えるのがまだ熟していないメシベでオシベは1本だけ熟して葯袋を開いています。
ヒメフウロ1006



↓右の花はオシベ10本が中央に寄り集まってメシベが出てくるのを待っています。
左の花は葯の出尽くしたオシベの間から五裂したメシベが見えています(自家受粉)
ヒメフウロ1004


↓上の花はオシベが数本残っています。下の花はオシベが落ちてメシベだけ残っています。
ヒメフウロ1002


↓上の花には外側に開いた熟していない5本のオシベと、内側に寄り集まった熟して葯袋を開いた5本のオシベが見えます。下の花は花びらが散ってしまっていますがオシベは数本残ってしつこく受粉中です。
ヒメフウロ1003

------------------------------------------------------------------



ヒメフウロ1001



ヒメフウロ1009



ヒメフウロ1005



ヒメフウロ1007



ヒメフウロ1008

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/13(木) 23:43:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<紫露草 | ホーム | 都忘れ>>

コメント

説明も写真も

今日は。

いつもながら、写真も説明も両方楽しませて貰って居ます。

有難うございました。
  1. 2010/05/14(金) 11:16:01 |
  2. URL |
  3. ijin7wth2 #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

”学術発表”か、はたまた“夏休みの観察日記MAG3用”
10拍手でいかがでしょうか?
BA3も良くわかりました。ありがとう
  1. 2010/05/14(金) 18:08:20 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

ijin7wth2さん
こんばんは。
いらっしゃいませ~
ごゆっくり楽しんでいってください。
おるごどんはたまに毒を吐きますが、悪気はありません、大人に成りきっていない青二才と聞き流してくださいv-8
  1. 2010/05/14(金) 23:06:18 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

kaachさん
こんばんは。
BA3にも理解できたということは、百聞は一見に如かずってことですね。
分らないこと、疑問に思ったことをネットでググルだけでは身に付きませんから、自分で経験することも必要ですね。
いずれにしてもすぐに忘れるんですけどねv-8
10拍手、ありがとうございました。
  1. 2010/05/14(金) 23:10:56 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1603-070113e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する