「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

鼬萩

イタチハギ (マメ科イタチハギ属)

環境省の要注意外来生物の別途総合的な検討を進める緑化植物に指定されています。
「自然性の高い地域への侵入がみられることから、そうした地域での法面緑化にはより影響の少ない種類を利用できるか検討する等の配慮が必要である。また、在来郷土種と誤解されている場合もあるので、外来種であることを理解した上で注意して利用する必要がある」って事です。

写真は手取川の中流域の河原で撮ったものです。木の葉の中から楽しく遊んでいるイタチのシッポがたくさん見えました。


イタチハギ1001



イタチハギ1002



イタチハギ1003



イタチハギ1004



イタチハギ1005



イタチハギ1006

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/06/21(月) 21:24:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<河原撫子 | ホーム | 毒溜>>

コメント

外人さんはあまり好きではないのですが これは見たことがないんです~
濃い紫にオレンジのしべがすごいですね~
旗弁しかないので 雄しべが花の外へ出ているんですね~
遠目には枯れたようにしか見えませんが・・・
今日 偶然にもイタチハギを他のブロガーさんのところで拝見したのですが 何でイタチなのかわかりませんでした~ 群生したお写真を拝見して なるほどね~納得です。

  1. 2010/06/22(火) 00:34:57 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

なんのこっちゃ分かりませんでしたが5枚目以降で ハイハイ納得
しかしどうしてこんな者が見つかるの?
県内植物植生地図なんて頭の中にあるの?
(巻いている舌が見えますか?)
  1. 2010/06/22(火) 18:45:36 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

fairy ringさん
こんばんは。
>旗弁
って初めて聞きました。
おるごどんは詭弁は良く使いますが・・・v-8
昔はイタチがたくさんいて稲藁を積み上げたニウなどでイタチがピョンピョン跳ねて楽しく遊んでいましたが、近ごろはさっぱり見かけません。
枝から枝を飛び交うイタチの尻尾を連想するのは昔を知っているG3だけでしょうねv-8
  1. 2010/06/22(火) 22:57:03 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

kaachさん
こんばんは。
「こんな植物みたことない」って、普通の人は河原などには遊びに行かないものね~。
これは先日ムシトリナデシコを見つけた河原に咲いていたものです。
べつに探しているのではないのですが、そこに咲いているから撮ったまでですよ。
巻いている舌は窒息の原因となりますから注意しましょうv-8
  1. 2010/06/22(火) 23:04:00 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1637-e10f6304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する