「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

床下換気口

建築基準法施行令第22条第2項では、「外壁の床下部分には、壁の長さ五メートル以下ごとに、面積三百平方センチメートル以上の換気孔を設け、これにねずみの侵入を防ぐための設備をすること」となっています。
我が家の床下の換気口は30cmX15cmですから面積的にはOKなのですが、ねずみの侵入を防ぐ為の設備としてはNGの様です。ただし近所のネコが時々出入りしているのでネズミの防除は問題ないものと・・・・。
いずれにしてもせっかく床下に入れるのだから床下換気口も修理することにしました。


↓ネズミも入るがネコも入るという、防鼠機能?つきのレトロ(超オンボロ)な換気口です
床下換気口1001



↓ホームセンターで一番安いものを買って、コンクリートボンドで固定しました。
床下換気口1002



↓これでネズミもネコも入れなくなりました(今回は10数カ所のうち5ヶ所だけ交換)。でもシロアリは入れます。
床下換気口1003

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2010/12/15(水) 19:43:05|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<台所の床の補強 | ホーム | 床の補強>>

コメント

 この夏 実家もこの状態でしたので やり変えました。ときがたてば ふるくなる 
 不都合が出る にんげんとおなじだなと 
 いやいや おるごどんさんは おわかいですよv-91
  1. 2010/12/17(金) 19:41:51 |
  2. URL |
  3. 小紋 #-
  4. [ 編集 ]

小紋さん
こんばんは。
昔の家は基礎石の上に柱を乗せて建てていますので床下に換気口など必要なかったのですよね。うちの実家もそのような高床(低床)で換気口などありません。
確かに人間も家も古くなると不都合な箇所が増えますね。
私は、循環器に不都合がありますv-12
  1. 2010/12/18(土) 21:53:51 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

床下換気口はどのようにしてはずしましたか
  1. 2015/05/15(金) 21:39:38 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集 ]

質問に対する回答

>床下換気口はどのようにしてはずしましたか
床下換気口は外側の寸法が換気口カバーより狭くて換気口カバーが外側に外れないように押さえています。一方換気口の内側(基礎のコンクリートの内側)は換気口カバーを嵌め込めるように広くなっています。したがって換気口カバーを外すには内側より引っ剥がせばよいのです。
換気口カバーが簡単に外れない様にモルタル等で押さえてあるのでドライバーやタガネでカバーが外れないように押さえている部分を剥がすとか削るとかすればカバーは簡単に外れます。
写真のように錆びてボロボロになっている換気口なら問題なく外れます。
  1. 2015/05/15(金) 22:38:08 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1748-ba03e94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する