「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

椿

ツバキ (ツバキ科ツバキ属)

庭の椿は毎年チャドクガに葉を食べられて、私に枝を切られて花芽など付けたことがなかったのですが、久しぶりに花を咲かせました。
葉は細身でギザギザがあってサザンカの葉のようですが花は椿です。葉が細身でギザギザがあることから藪椿でないことは確かです。では雪椿なんでしょうか?
雪椿は藪椿に比べて花期が遅く、枝は細くしなやかで、葉も細く、葉柄は長く付け根に毛があります、また子房の先には毛が付いています。
庭の椿は「花期が遅く、枝は細くしなやかで、葉も細く、葉柄は長く」までは雪椿なのですが葉柄にも子房の先にも毛がありません。

藪椿でもなく、雪椿でもなく、山茶花でもないのでブログタイトルは「椿」としました。



椿1101



椿1102



椿1103



椿1104



椿1105



椿1106


椿1107



椿1108



椿1109

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/04/15(金) 23:15:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<喇叭水仙 | ホーム | 春蘭>>

コメント

チャドクガ いやですね~
うちにもツバキ チャノキがありますが チャドクガは見たことないです。
あはは~! 剪定ね。
私も適当です~~!
ユキツバキとも違うのですね?
ツバキはいっぱい品種があるからわかりません~~!
  1. 2011/04/16(土) 16:44:29 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

fairy ring さん
こんばんは。
チャドクガが数十匹一列に並んで葉を食べているのは感動的ですよ。一糸乱れず瞬く間に葉を食べつくしますv-12
>私も適当です~~!
私は真面目です。
>ユキツバキとも違うのですね?
検証しました(ブログ記事に追記しました)。
私は越後の雪椿ではありません、能登の藪椿です。

雪椿 (唄 おるごどんの妻)v-10
作詞 星野哲郎  作曲 遠藤 実
1 やさしさと かいしょのなさが
  裏と表に ついている
  そんな男に 惚れたのだから
  私がその分 がんばりますと
  背(せな)をかがめて 微笑み返す
  花は越後の 花は越後の 雪椿
2 夢にみた 乙女の頃の
  玉の輿には 遠いけど
  まるで苦労を 楽しむように
  寝顔を誰にも 見せないあなた
  雪の谷間に 紅さす母の
  愛は越後の 愛は越後の 雪椿
v-8
  1. 2011/04/16(土) 18:57:45 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1791-0f51334f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する